ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    茶房 古久家【中土佐町】のわらび餅セット  
    0
      定食を二つ食べて。

      まちをぶらぶら。


      1時間半ほどか。

      ちょっとお腹に余裕。
      時刻は15時くらい。

      ふう、ムシマル的には『撮れ高OK』です。カフェに行こう。
      (『モヤモヤさまぁーず2』の影響を受けた部分)

      ただ闇雲に散歩していたわけではあったが、目についた店は自然チェックしていた。


      けっこう、カフェや喫茶が何店かあったな?
      役場近くの『艶嫉瑠』、市場のそばに『びすたりずむ』、あとここ。

      ふるさと海岸駐車場から大正市場までにある、古民家カフェ。


      『古久家』

      チャリで中土佐町に来たときも、実は気になっていた。


      入店。
      おお、けっこうお客さん。

      地元の方が多いっぽい。
      こう、言い方は間違ってるのかもだけど寄り合い所というか、
      会話に花が咲きやすそうな場所。

      その花もいつか散るのだ。
      しかし落ちた種はやがて芽をつけ、来年はまたここが一面の会話花畑になるであろう。


      入り口右手のテーブルが空いてる、と単に思ったが
      お店の人に「奥があいちゅうろう」と案内してもらう。
      お店は老夫婦が切り盛りされている。

      漆を塗られたような木の雰囲気、天井高め。

      奥の席。

      おお、ここ特等席!?


      なんだか茶室?
      にじる?にじっちゃう?
      そんな雰囲気を醸す。

      窓から苔むした小庭が見える。
      けっこうなお手前で・・・・・・まだ何も来てないのに何かをいただいたような。
      おままごとみたいな箱庭感、好きだ、正直。


      うーわ、調度や小品もシック。
      彼女を連れてきたら喜ぶ・・・・・・、彼女いないんだった。
      まったく、誰かいないのか。

      ひゃー、とにかく注文。

      飲み物はコーヒーからジュースまで。だいたい350円〜400円。
      わらび餅は単体350円、ドリンクとセットだと600円。

      150円お得、とコーヒーとわらび餅セットを注文。

      来た。

      あ、ちょっとわらび餅がイメージと違う。
      つるつると、寒天のよう。


      ぱくり。
      イメージと違うがちゃんと美味しい。
      やっぱりつるりとしている。

      上品だねこれ。
      きれいに濡れるようなわらび餅と、摩擦係数を与えるようなきな粉。


      パウダースノーの降り積もる道道を、四駆のオフロードタイヤで踏み越えていくのと、ちょうど真逆!

      真逆!

      ちょっと甘い。べとつかない甘さ。



      コーヒーもしっかり美味しい。
      容器の周辺50cm、上空1mに香りをもたらすコーヒー。

      飲む前から香っていたが、飲むとより香る。
      飲むこととは鼻が近づくことに等しいのだな、と実感する。

      予感していた苦みが、期待を越えて液体で流れ込む。


      パラパラと、持ってきた『ガソリン生活』伊坂幸太郎を読んでいる。

      と、隣のテーブルの女性グループが「まあこれきれいやねえ」みたいなことをお店の人に言っている。

      振り返る。
      あ、ひな祭り、ここにも。


      しかし女性が指していたのはその手前の椿のことみたいではあった、

      自然美と様式美というか日本の風習の美しさ。
      絵になるなあ。

      ねえ、彼女でも娘でも女友達でもいいけれど、ここは女性が一緒にいたほうがいい空間だねえ。

      いい春だねえ。

      高知文化らしく、コーヒーのあとでお茶。



      あーこれは良かった。
      長居しちゃう。

      お魚でちょっと血合い風になったお口をリフレッシュできた。


      休んでいる間。
      中土佐町でもし『洋』が出たらどこがあるんだろう?ってことを喫茶でボーっと考えた。

      しばらく回って、お寿司カツオ天ぷらドンブリ定食お好み焼きうどんトコロテンらーめんカツ丼カレー大福は見つけたけど、洋っぽいの見つからなかった。

      喫茶の中に洋食出すお店あるのでしょうか?

      気になりながらあとにする。

      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。





      | ムシマル | 甘味・デザート | 13:04 | comments(2) | - |
      パティスリー Potiron 南国市隠れ家的新店を忌憚なく世界に晒す!
      0
         
        住宅街。

        いや、街っていうかもう少しそっけないイメージ。
        住宅群くらいだよね。


        一見、普通の民家。
        その実はケーキ屋さんというお店。

        南国バイパスとか高知東道路(って言い方でよかったんでしたっけ?)にこそ近いけれど、

        ぐぐっと1本ローカルに行かないと行けない。
        店があるぞって知るか、勇気がないとなかなか行けない。

        もう道路は一車線だし。


        たまたまムシマルはこの辺に地の利があり、通りかかって、

        (嘘ぉう!!こんなところに店できてるよ!)


        と驚いたのだ。

        2015年2月ーーーー3日くらいにできたのかしらん。


        そのときは通り過ぎてしまったけれど、

        気になって、行ってやるんだーって思って

        日曜日に行って日曜定休だったときのがっかり!
        水曜も休みだったかも。


        それで、三度目の正直 土曜日にやっと行けたのです。
        でもさっき(3/1日曜日に)前を通ったら営業してたっぽい?

        外観はこんな感じ。
        DVC00220.jpg


        リノベーションっていうのでしょうか。

        元は古民家までもいかず、普通の家だったって外装。

        っていうか瓦屋根
        なかなかパティ何とかのお店で瓦屋根がいらかの波でトタンはりはりって言うのもないね。
        イイネ。


        和魂洋才みたいなものが好きなムシマルには、割とビンビンよアンテナ。



        中を一枚撮らせてもらう。
        DVC00218.jpg
        割とファンシー系というか、メルヒェン系かも。

        お家の中でも、半分以上が厨房、ケーキ作りスペースで(窓から覗ける)
        売り場は小さめ。

        入り口左手の窓下に焼き菓子系を売られている。
        で、まっすぐ進んだところにキオスク雑誌販売くらいの(キオスクあんまり使わないのでサイズ感は適当)ショーウィンドゥとケーキ。



        小さいかわいらしい感じ。


        キョロキョロと見回す。

        (内装的には女の人の感性っぽいかも?
         ここの家の人がお店を始めたとかそんなんだらうか?)


        ケーキを品定め。

        ホールケーキはなかったような気がします。

        モンブランに苺ショートに、チョコケーキにと、目移りするくらいは種類ある。
        価格は350円〜400円(1カットで)って感じだったと思う。


        一個なんだっけ、
        100円で、プリンみたいなやつで、「注文後に表面に焼き色をつけます」
        っていうような文言が書かれたものが。気になる。


        よし!
        「とろけるガトーショコラ(¥350)とモンブラン(¥380)、一個ずつ」

        購入。


        買ったあとで、自分は何人目の客だろうと考える。
        オープン後数週間、100人くらいはいっているのか?



        帰宅して、
        カメラ撮影。






        なかなか美しい。


        こういう言い方はあれですが、
        ケーキの造形見て
        料理好きの主婦が趣味を嵩じての店開きでなく、
        プロの御業だな、と思ったのです。


        趣味とプロの違いは味以外の部分に、細部にどれだけこだわるか、ってムシマルは勝手に思っている節がある。


        よし食おう。

        ムシマル、無類のモンブラン好き。
        17時30分という微妙な時間にケーキを食す。


        (ほら、逆にここで食べたらお腹たって晩御飯少なくて済むかもだから)
        言い訳ばっかりムシマル。

        コーヒーをインスタントで淹れる。





        最初の見た目インプレッションでは大きさはそれほどでもないかと思ったら、
        なかなかの厚み。

        ぱくり。
        生クリームがソフト&ウェット。


        ああ、栗!

        ムシマルの欠点は大好物だと大体なんでも最高!ってなっちゃうところ。
        モンブランにも点が(栗クリームのように)甘くなっちゃうんですが
        がんばって記す。

        栗クリームがしっとり。
        生クリームがやわくて細い泡のようなのにうまく対している、
        棲み分けできている感じ。

        栗の粒のカリッとした食感とも。





        あ、チョコ。
        下底部(と外壁部も?こっちはうろ覚え)にチョコが。
        板のように貼られている。

        これもまた食感の補強。


        モンブランって栗の実部分以外は柔らかーいことが多いんですが、
        チョコのおかげでパキポキと折る歯応えを楽しめる。


        あんまりなかったかもなーこういうモンブラン。


        完食。

        晩御飯をしっかり食べ、
        翌日の朝食にガトーショコラ



        ぱくり。

        あーブラックコーヒーの摂取がはかどるんじゃーー。


        甘い。

        ちゃんと甘いんですが、
        クロマティというよりイチローみたいな甘さ。

        わからん。例えてるムシマル自身もわからん。


        たまに喩えておいて、どういう意味かよくわからないことがある。
        ええと、ホームランみたいに飛び出す甘さでなくて、ヒットみたいに手の届く感じの甘さ。

        あんまり甘いと胸焼けしちゃうときもあるムシマル、
        でもこれは大丈夫。



        甘さの安打製造機。


        とろける部分はしっかりやわい。
        流砂と同じくらい引き込まれる。



        うん、一晩寝かせたのに柔らかさのグラデーションはそのまま。


        おいしゅうございました。


        うんうん、


        もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
        よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
        クリックするとムシマルが喜びます。




        最後に店名「ポティロン」って何ぞなと検索。
        ほほう、カボチャのフランス語らしいですよ。

        あ!シンデレラ、馬車!なるほどそういう寓意か。

        細かい場所はまだ教えられないな。



        | ムシマル | 甘味・デザート | 14:07 | comments(0) | - |
        福ちゃんパン 高知市介良 パンパンブレッド。
        0




          これで480円。


          お得品:パン3個セットで180円。
          クッキーメロンパン(あんこ入り)150円。
          ぼうしパン(カスタード)150円。

          合計480円。たしか。


          いい買い物をした。

          クッキーメロンパン、食べる。

          あー、これおいしい。


          クッキーがあって、帽子っぽいところまであって、
          オマケにあんこが入っていて。

          あんこが・・・好き。


          上にもクルミが乗っていて、

          いやこれ凄く重複が重なっている。
          味の重曹。











          ムシマルはこれ好き。
          いやハマッちまう旨さ甘さ。

          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。




          あんこが主張ではなくコーディネート。





          | ムシマル | 甘味・デザート | 14:31 | comments(2) | - |
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          282930    
          << June 2020 >>
          + SELECTED ENTRIES
          + RECENT COMMENTS
          + CATEGORIES
          + ARCHIVES
          + 人気記事ランキング
          人気記事ランキング
          + ブログゲスト数
          ブログゲスト数

          + カウント開始 2015.1.1〜
          + はてな
          + 忍者
          + MOBILE
          qrcode
          + LINKS
          + PROFILE
          + PR