ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    JakaJaka  カフェドブルーの音楽イベント
    0
      2015/8/16の日曜日、高知のおまちへ。

      大丸近くのcafe de Blueさんに。



      知人がイベントに参加するのでよかったら来てね、と。

      へー。
      気まぐれ、というか知らない世界への興味半分で行くことに。

      ムシマルは高知の音楽はよく知らない。
      テレビに出ているビスコッティやジャアバーボンズが高知で活躍しているグループなのだなーと思うばかりだ。


      あとアーケードでたまに歌ってる人を見かけるとかそのくらい。
      アーケードで歌って自信と知名度をつけてロックスタジオとかなんかイベントに参加してメジャーデビュー夢見るのかしら?
      そこまでいかなくて自分の曲を聴いてもらえるだけで幸せという方も多数なんだろうかね。


      とことこ。

      B1F。
      なかはカフェというよりBarのようなイメージ。
      キレイだけど暗くて雑多。どきどきしてしまう。


      知人の紹介だったらちょっと安くなりますよと言う助言をお店からいただく。
      知人の名を伝えるがまごつく。本名だけで音楽活動名を知らないのだ。

      その方の写真を出したりして何とか先方に「ああ!○○っさんですね」と納得していただく。

      お安くなると入場料1,000円+ワンドリンクで500円。
      「ドリンクはコーラで」。
      1,500円を払っていると高知の婚活有名ブロガー『はる』さんが。
      共通の知人なのだ。


      画像はカフェドブルーさんフェイスブックから拝借。


      はるさんと一緒のテーブルに座る。
      あ、ミラーボール。


      ミラーボールのある店に行くのは2回目?ひょっとしたらもう少しはあるかもしれない。


      ここのはミラーボールが中央にない。
      いや中央かもしれないが、L字型っぽい部屋の曲がり角部分にボールがあるのだ。
      光の感じがだから均一ではなく近いところ遠いところでスピード感が変わる。

      (ほう、なかなか良いぞこのミラーボールというもの)
      (このムシマルが青年時代には家にはなかったものだ)


      のんびりと近況報告していると時間。


      感想をだらだらと言っていく。
      まず最初。
      『あまのじゃく』さんと言ったか?
      年齢がおいくつくらいなのかよくわかりませんがキレイな方。
      これがなかなかインパクトあった。

      こんな歌手が集い聴くようなミュージックイベントは初めてのムシマルに
      とってもすこぶるな先制パンチ。

      ちょっと慣れていなくてどきどきしながら聴いたムシマルに落ち着く暇を与えない感じ。

      なにせ最初の歌が『おやつ中毒』・・・か『お菓子中毒』のどっちか。

      過食と拒食を繰り返すみたいなちょっと病んだ系の歌に
      また歌い手さんの歌い方もちょっと独特の感じ。

      生命力を歌唱に全振りしているような、イントロの間は立つのもしんどいみたいな不健康さを含んだ歌い方。


      うひゃー。ちょっとなんていうんでしょうね。
      鳥居みゆきを見ているような不安さ。
      目が離せない。


      2曲目は海外の歌、3曲目はなんだっけ?最後の曲はまた『嫉妬』かなんかテーマで病んでいたような。

      ジャンルが判らんです。
      あのー、椎名林檎とかシャンソンみたいな雰囲気?って思ったけどムシマルの知識がないだけなので全然違う気がする。
      胡乱なやつ、と笑っていただければ。


      ひとグループ25分ほど。

      2組目は女性。
      若そうに見える。学生っぽくも見えるがよくわからない。
      音楽者は年齢がよくわからないと思ったが、そういえばムシマルは人間全般あんまりよくわかっていないのだ。


      3人目は男性。
      いつもはグループで活動しているが今日は一人で、ということだったような気がする。

      さて、4組目が吾等が知人の「オヤス」さんだ。

      あ、トーク力がある。
      尾崎豊とか、エコーズの『ZOO』とか、世代的にぐわーってなる。
      『ZOO』サビしか知らなかったけれど良い。

      30分くらい歌われる。
      同じタイミングで帰路に着く。

      何しろ明日も仕事。



      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルがきっと喜びます。






      | ムシマル | イベント | 20:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
      によどかあにばる 2015年7月25日 【越知町】
      0
        ボウリングを、したのです。

        DVC00442.jpg

        生まれて初めてスコア100over!
        ボウリングの神様ありがとう。


        UFOキャッチャー無料カードとメダルいただき、ちょっと遊ぶ。
        DVC00443.jpg


        楽しかったです。

        ボウリング。


        ちょっと休憩して、17時に出発。

        夏。
        祭り。

        17時出発で18時半前くらい到着。

        越知町のによどかあにばる。


        途中、
        渋滞を避けるために狭道を行き、

        行き違いの難しいところで運転の苦手そうなおんちゃんとすれ違う。


        そんなこんなで到着。

        屋台やでー。
        DVC00444.jpg
        焼きそばやお好み焼やカラアゲやー。




        カラアゲからのカラオケ。

        聞くだけですが楽しそう。
        淀家萬月さんがいらっしゃる。

        司会してはる。

        高知のお祭りだとだいたいある!
        ハイパーよさこいタイム。

        花火大会。
        20時半くらいからの開始。
        DVC00446.jpg
        演出で電気が消えたかと思いきや、
        ただの漏電かなんかの停電だったりもしながら。


        お祭り会場が公園で、
        花火は公園の横、雑木林を越えた川原で上げるのです。

        花火のために越知町の消防隊(団?)はみんな集まっています、と言っておられました。


        よし、林に移動しようかー?
        は!
        あなたは!


        部活後輩君。
        職場がこっちで仕事の関係でお祭り参加中。
        偶然だね。

        そうこうしているうちに逸れたりするが、
        まあいい出会いでした。



        からの、花火大会。
        確か1,000発か1,200発。


        このために、野球観戦とかそんなとき用の太いカメラ:ニコン号で撮影。


        ぶっしゃー。
        花火汁ぶしゃー。


        で、花火と一緒に祭り太鼓。

        燃えるね。
        日本の夏バーニングですね。

        途中、凄くけぶる。


        花火写真。



        うん、負けていない。
        何に?

        どかーん。

        よ、越知土建!

        せっかくなのでカメラのモードをいろいろいじってみる。


        花火がリアル。現実なんです。
        夢のようですが。


        木々をフロント、花火をバックに。

        すごい火事直前みたい。


        ムシマル的ベスト花火ピクチャー。

        夜のこの切り取られた一面が火花なのだ。

        ホーミング弾が全弾襲って来そうなこの弾けんばかりの攻撃性。
        キレイだね。

        でも、○○の方がもっとキレイだよ。
        ○○には好きな言葉を入れよう!



        発光体がもう、手塚治虫の火の鳥が具現化する瞬間みたい。
        適当に言いすぎかもしれない。



        淀家さんが閉会アナウンス。




        もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
        よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
        クリックするとムシマルが喜びます。



        帰り。


        提灯が結構あって、幻惑される。

        あと、カッパ(多分)のせいで帰り道を迷う。

        楽しゅうございました。
        | ムシマル | イベント | 09:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
        南国市〜安芸市への自転車道2015(往路)
        0
          突然の衝動で、ムシマル、
          夢中で何かを探したね。

          朝10過ぎに南国市を出る。


          出発から40分後とかそれくらい。
          DVC00269.jpg
          野市ちょっと過ぎ。

          いつも気になっている、『一発太郎』の看板。
          お好み焼き屋さんのような様子。

          いつか行く日が来るんだろうか。
          そんなことを思いながら野市を過ぎる。



          ヤ・シィパークにちょっと寄る。
          すごーく、悩む。
          ここで「ちゅうにち」を食べちゃうかどうか。

          うわ、長平ラーメンって言うのもあるのか。
          けっこう気になる。


          でも、いいか。
          もっと遠くまで行く予定だ。
          遠くでご飯食べよう、いつも行かないところで。


          お餅屋さんのある山から、自転車道路に移る。


          トンネル。

          うーーん、この間のやすだじかんもそうでしたが、
          ムシマルは閉所と暗所が嫌いな割にトンネルの出口の写真を撮るのは好き。

          ムシマルは自転車を降りてカメラを構えた。

          いやよいやよも好きのうちというものか。

          うーん、お、このぐらいの位置だと向こうの木々がわかるなあ。
          木漏れ日も出ている。

          うんうん。
          あー、でもこのままだとちょっと画的に寂しい?

          あとは、ここに何か動きのあるものでも来ればいいけれど。
          それを望むことはわがままだよね。

          と!来た。
          自転車で来るお子様だ!


          おお、これは天佑!
          いい感じの画になった。
          無邪気との邂逅があるかないかで画ぢからが違うよ(それっぽいことを言ってみる)


          「こんにちわー!」挨拶されながら元気に去っていくお子さま。
          ありがとうありがとう。
          どーもと挨拶を返す。



          芸西村メランジュ
          という立て札があったので寄ってみる。
          メレンゲみたいな地層だよ、って書いてあった。

          かっかっか。
          孔明もたいしたことないのう。
          ワシならここに洋菓子屋さんを配置して「芸西村メランジュ○○」みたいなスイーツを配備するのじゃが。

          げえっ!関羽。


          関羽はいなかった。ムシマルは先に進んだ。
          ※横山光輝の『三国志』をお読みいただいてからムシマルブログをお読みいただくともう少しピンと来られて面白くなられると思います。



          芸西村の道の駅?カッパなんちゃらに寄る。

          初めて寄ったよ。

          いろいろあったけど気になったのはかき氷。
          芸西村って江戸時代に砂糖作りで名を馳せたところらしい。
          その自慢の黒蜜を使ったかき氷が、
          130円。
          やすっ!

          お弁当もあり、お刺身もあり、駄菓子ポン菓子もありパンやらお惣菜、はてはお花までアリという地域密着型スーパーみたいな感じ?この道の駅は。

          あれ、かっぱバーガーって売っていなかったっけ?

          かっかっかっか、孔明もあほよのう。
          わしじゃったら、四万十町のカッパ館と協力して、
          あの変の雰囲気のいい川地にカッパのフィギュアを設置させてもらうのに。


          げえっ、カッパ。

          カッパはいるかもしれなかった。みんなの心とかに。
          ムシマルは先に進んだ。


          進む。進む。

          犬。

          猫。


          あー、ネコ優雅。
          いつでもリビングー、みたいな感じ。

          気にせずに進行は進んでいく。
          DVC00292.jpg

          道、一直線。
          消失点に向かってみなが遠近のXを描く。



          絶好調である。留まるところを知らぬ。



          いよいよ安芸市。

          安芸市到着。
          しかし、目的地を決めていない。

          安芸市のどこを折り返し地にするか、
          そこは適当にめらっさめらっさで。

          と、ネコ。

          白(っぽい)ネコに横切られる。
          よっしゃよっしゃ。

          このネコは車の往来を確認してから渡る良いネコ!
          グッドキャット!

          立派なヒゲをセンサーにしているのだろうなー。
          はっ!

          安芸市のヒゲの人!
          岩崎弥太郎さん。

          そう、岩崎弥太郎さんの像が、いつのまにかこっちにあるんだって。
          そういえば生家見に行ったことないや。


          行く。今日の目的地にする。



          後編、生家観光と復路は明日。

          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。



          | ムシマル | イベント | 21:39 | comments(6) | - |
          英屋 ブロガーオフ会2015春(後編)。 肉と昭和とGO!日本酒GO!
          0
            この記事の続きです。
            バーニャカウダー。
            英屋さんのバーニャカウダーですぞ。

            バーニャをカウダーする発想はなかったのです。
            ここは
             
            タマネギもあるやつははじめてかも。
            過去2回のバーニャ歴では。

            あ、お酒に合う味つけに晶華している。
            ソース?っていう呼び名でいいんでしょうかそれがお酒進ませる力を持つ。
            苦手なタマネギもバーニャでカウダーしたら大丈夫だった。

            そう、印象ではバーニャカウダーってキュウリとかニンジンとか棒状っぽくできる野菜ばかり使われると思っていましたが、なんかいろいろ彩り鮮やか。


            結晶のように、旨さがきらめく。


            次。
            ムシマルがチョイスしたタラの芽の天ぷら。

            450円でした。
            この苦み。ほろほろ。
            あ、やっぱり天ぷらになんかもっちり感。
            臼歯にはさまれてもちょっとがんばる、みたいながんばりやの雰囲気。

            こちらは春の別れの苦みを体現したか。

            歯車が噛み合う。
            酒にあう。


            フルーツトマトもいいんですよねー。
            糖度計が振り切れ・・・はしないんですがいい感じの数字に収まる糖度。
            フリーザ様の糖度は53万位らしいのでそれくらいでしょうか。



            こう、トマトでちょっと甦って、その勢いでまたお酒という感じ。
            記事の続きに。

            続きを読む >>
            | ムシマル | イベント | 22:12 | comments(2) | - |
            英屋 ブロガーオフ会2015春(前編)。 キャメラと鮮魚と飛行機
            0
              こんにちは。
              あるいはグーテンモーゲン、ムシマルです。


              ブロガーオフ会といいますか、
              ブロガー写真部春の会合といいますか名目はわかりませんが、
              ともかくお酒を呑むことに。

              『のんびりと高知で』ふぉんさん
              『Another sceneryゆみさん
              『ちゅるちゅる系!ライダー』せとさん
              『自分的備忘録』がちゃさん

              『石松』オフ会以来のメンバー。

              2015/4/21 19:00開始。


              皮ハギ!

              高級魚ですねー。お刺身880円。

              お魚の外殻(ないけど)、こんな姿でしたよというよすがを残しての登場。

              肝つき。

              ぷるぷるしている。きっと悪いスライムではないだろう。


              料理が来る、パシャパシャと写真。
              この流れです!この流れなのです。


              これがブロガー写真部、あるいはカメラでいっぱいの卓上。



              乾杯。

              グラスをカチンと合わせる。
              カチンとなるのに全然怒ってないものなーんだ?
              答え?答えなんて野暮なものフフフふふ。


              フルーツトマトうつぼから揚げ
              ほかに撮ったうつぼがなんかピンボケ写真しかなかった不思議。


              のどぐろ。1,200円。違うか藁焼き1,500円?
              ちょっと炙られ。
              劫火の向日葵のような情熱。


              皮ハギのお味はキレッキレ。
              のどぐろは爪痕を残そうとするかのように情念を残し。



              あおさのり。その天ぷら。



              ずっと噛みしめていられる。
              いつまでもグニグニ。
              きっと、ずっとグニグニ。

              この粘り、なんともいえない。言葉にできない。
              オヤオヤなんてミダラなミドリな食べものだろう。


              ・・・・・・。
              そろそろ、会話に咲いた花の話をしようか。

              ブログ記事のお話もしました。
              〇〇の記事、コメントいっぱいでしたねー、とか。

              ムシマル、このあいだ芸西村うろうろの記事をアップしていたんですが、

              東が主戦場のがちゃさんから、
              あそこの中華やさんは〇〇でーとか、あそこの居酒屋さんの前店舗はなんとかーみたいな
              地域情報をいただいたりもする。


              あと写真のはなし。

              ムシマルは普段使っているコンパクトデジカメではなく
              ちょっと大きいの。
              「ブロガーなんだからいいのもね」って前職場先輩に言われて購入したやつを持っていく。

              ニコンで、アイアンマンみたいな色をしたやつです。
              ただムシマルはカメラ疎くて、ほかの方々が持っているやつ、
              レンズ筒部分が短いのはそういう近距離用なのか、ミラーレスなのかもわからない。

              一眼ってのもよくわかっていません。


              あんまりわかってなくてもいいのだ。

              で、写真のはなし。

              飛行機の着陸シーンを撮られる方がいて、
              これがけっこう難しいそうな。

              遠くから見ているからそんな速く見えないだけで、
              実際は高速なので、ピントやらフォーカスやらが大変なのだとか。


              夕焼けに照らされる飛行機着陸とか、テクニックいりそう。
              空港とかにはけっこうそういういい写真撮りたいーズが集まるそうな。

              あとは廃墟も。
              廃墟にもメジャーなところがあるそう。
              うむむむ。



              バーニャカウダー。英屋さんのバーニャカウダーですぞ。


              しかし、今宵はこの辺りにしとうございます。

              後編に続く。

              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。




              ムシマルは、ちょっと怖じる。
              実はムシマル、体調自己評価で「少し疲れめ」。仕事や歩いたせい。
              寝てしまうかもしれない、その恐れ。



              白子天ぷらとかもあったんですが、魅惑だったんですが
              天ぷら率が高まりすぎる?と思ってしまったのです。
              | ムシマル | イベント | 06:39 | comments(6) | - |
              食1グランプリ2015 後編(高知駅編)
              0
                私の心は雨模様。

                バスに乗る。
                岡豊山から高知駅行きのバスがあるので、それに乗っています。



                14時半とかそこら。
                少し前から降り出した雨に、むーー、と思う。

                桜落としの雨に、まあ残念に思うが、
                精神的に処理する。

                到着。

                高知駅。

                高知県の陸の玄関と言って言えなくもない、


                こうち旅広場で23のご当地グルメが集積している。

                こちらは主に県中西部が中心とのこと。




                きじ重!
                売り切れてらっしゃる!

                高知駅に着いたらどれを頼もうとバスの中で考えていたものであったが、
                いきなり歯車のラック・アンド・ピニオンが狂った感じです。

                きじ重!
                キジ肉の重箱的な感じですごく興味。
                お値段も200円とエスペランザあふれる感じ。

                しょうがない、妥協って言い方はすごく失礼だけれど別メニューのきじつみれ汁に。

                しかし、その光景を日陰から見ている謎のブロガーが!!


                ここで、ムシマル。
                今まで買っていなかった他県グルメに手を出すことに。

                理由としてはもう15時ごろで、グランプリ投票券タイムをオーバーしてしまったため。
                いわばエキシビジョン。

                ちょっと他県の選抜にうつつを抜かすのも悪くないであろう。

                候補
                ・石鎚いのししカレー
                ・阿波尾鶏とり天
                ・さぬき焼肉たべまい丼
                ・かっしゃ焼き


                かっしゃ?
                ネットで検索・・・・・ほう、たこ焼きの具が鳥肉。

                どうしようかな。
                実は、このタイミングで言うのもあれですが、
                缶発泡酒を買ってある。

                高知駅構内の、セブンイレブンに行って買ったんさ。
                初セブンイレブン。

                お酒のアテとして考えると、
                これか。



                ということで、買って席に着き、
                食しはじめる。

                きじのつみれ汁。



                あらあらお上品ざます。
                スネちゃまに食べさせたいざますな逸品。

                すっきりとした味、透明感がある。

                ネギがアクセントになって、
                つみれの香りは正拳突きのように直義にさわやか。

                なんとなくクリスタルな感じ。


                むしろ〆的な品でした。
                このつみれ汁。


                するともう、こちらお酒消費の大本命。

                ここが本部の大本営、
                阿波尾鶏とり天。


                500円分の存分な量。

                とり天のからあげにないしとやかさ。

                これおいしいね、おいしさの受け皿が立派。
                美味しさのノリタケ。

                うん。
                ぐび。
                ぷはあとしていると。

                突然に後ろから。

                誰か?
                生姜農家の野望Online竜一さんと!

                その新婚奥さん!


                「きじのつみれ汁買うところから見てましたよー」
                わーお!
                家政婦は見られた。

                すごい入「こうち旅広場」初期から見られていた!

                情報交換。
                何を食べられたとかをちょっと聞く。
                あとブログの話題とかも(お礼を言われる)。

                ムシマルが『圧倒的』の話題で記事を乗せていたため。
                ひょっとしたら世界で一番圧倒的・・・って言っているブログかもしれないのです。
                福本さんマンガよりも。


                コメントで言おうと思っていたような挨拶をリアルで交わしてしまう。
                なんか変な気分を感じているのは多分きっとムシマルだけで。


                平和に別れ、
                ムシマルの食欲は〆に向かう。

                ガリあじ



                前回優勝の一品が160円。でかいよ。

                がり。
                ワイルド。

                一種予想していた魚の味に
                予想よりも積み立てられた風味。

                ガーリックの風味と、フライ衣のがりがりした歯ざわり。

                これは「ガリあじ」という名にとってもふさわしい。


                そして生姜王子に会ったこと、
                王子がうどんを食べたということ、
                〆を食べようと思ったこと、それで。



                うどんは2種あった!
                「日高トマトうどん」「うるめ釜玉うどん」

                どっちにするか迷って。
                トマトはイタリアンっぽいか?という思いでより和のテイストうるめに。


                350円のうるめ釜玉
                ウルメのオイルサーディンが混入しているとのこと。

                ずるる。

                あああーらら。
                濃い。

                ウルメがどっしりと重厚な味つけ。
                磯磯マジック。


                ずるるるるる。


                ああ、濃い。


                麺を啜り終えたこの汁にご飯をかけてお茶もぶっかけて
                かっ込みたい。



                しかしそれにはいろいろ足りない。
                がっかし。


                おいしいけど濃厚すぎてムシマルの現在ストマックにはつよかった。

                もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                クリックするとムシマルが喜びます。





                お土産にドーナッツの、さくら150円購入。


                甘いものといえばアンコ維新志士こと武市半平太氏のさよならイベントが開催されていた。
                卒業じゃなくて脱藩って言うんでしたっけ?






                気になって食べられなかったものは
                〇岡豊山
                ・土佐ジロー串
                ・奥物部シカ子
                ・軍鶏ッケ
                ・柚子酢鶏

                〇旅広場
                ・きじ重
                ・ブリマグロもつ串焼
                ・かつお生姜丼
                ・食べまい丼

                でしょうか。
                | ムシマル | イベント | 08:50 | comments(2) | - |
                食1グランプリ2015 前編(岡豊山編)
                0
                  ある春の日だった。
                  っていうか今日だった。

                  去年も春、今年も春。
                  毎年来る春に、一緒にそのイベントはやってきてくれる。





                  第6回土佐の食1グランプリ。
                  with四国ご当地グルメ。



                  バスもあるけれど、ムシマルはとことこと登っていく。
                  駐車場の場所は大学医学部であるけれど、バスの発車位置は去年と違っていた。
                  大学内の、より岡豊山寄りのパーキング。


                  歩く。

                  桜がぐんぐんぐんぐん落ちていく。
                  敷き詰めるべき絨毯であるような錯覚さえ起こす。


                  桜ばかり見て、山を見ていない。

                  それでも登りつく。
                  人は何かに気を取られながらでも高みを目指せるのだ。

                  辿りついたその場所は、13時の岡豊山。
                  400何十年前にはここで長宗我部さんがあれした場所で、
                  ムシマルはあろうことか食べることだけを考えている。


                  人は多い。
                  山頂で何百人が思い思いに何らかの行動をとっている。

                  まったく持ってムシマルと同じくらいのいやしんぼ達だ。
                  いや、ムシマルより早く着いている分、よっぽどのいやしんぼだ。

                  ふらふらと、
                  ふらふらと。


                  あれもこれもと買い過ぎないように、

                  あくまで気のない振りを装う。
                  口笛なんて吹きながら、いやムシマルは口笛吹けないんでした。
                  (※口笛吹けないのはフィクションで、本当のムシマルは吹きまくりです)

                  おし、腹が減っている。
                  麺類かなー?ドンブリかなー?最初はどっちかで小腹を満たそう。

                  岡豊町に25あるエントリーグルメの中で、
                  入り口付近に見つける。

                  ビビンバ風山くじら丼500円。

                  大豊町は燈ので家さんの一品。
                  土佐弁丸出しのキャッチコピー。


                  山くじら、その正体は?
                  『もののけ姫』でおなじみししがみさまこと、イノシシ。
                  イノシシの肉
                  である。

                  ジビエ狙いのムシマル、よかったよかったと思う。
                  ミッションクリアだ。

                  は、もう一本。
                  隣に、400円鹿肉のからあげが。
                  香美市、429(シカニク)からあげとのこと。


                  そういうことがあっての、1ターン目。

                  DVC00252.jpg
                  ビールも買う。
                  このためのウォーキング、

                  さて、今週は辛かった。
                  クルマの鍵はインテリジェントなやつがどっか紛失しちゃうし、
                  週前半は風邪ひいていた。
                  すっげえよく寝ていた。

                  声は出ず、代わりに咳は止まらず、茫洋とした心で過ごす数日間。
                  憂い男であった数日間は、しかしイノシシ肉と鹿肉のくさびで終わる。


                  ほほう、ビビンバ丼。

                  ムシマルがこの瞬間に記憶を失ったとしてもビビンバドンという名前をつけそうなそれ。

                  豚がイノシシであるということ以外は、圧倒的ビビンバ。

                  ぱくり。
                  ピリ辛の風が吹く。
                  トマトやらナムル部分だまだ食べたのは。

                  疑いない確信が間違いなくなっていく。
                  ああ、ビビンバ確定なってしまった。

                  そんな間違いないブルーに少し遅れて未知の踏破、イノシシ肉に。
                  見た目はチャーシューとかに使われそうな感じ。
                  四角かったら角煮のような。

                  がじ。
                  こりっとしている。

                  中国で干支が猪でなく豚であるように、ある程度代替可能であるところの豚−猪ですが。
                  まずビビンバが猪肉であることに違和感がまったくない。

                  むしろあつらえたかのような似合いっぷり。
                  ムシマルがショップの店員だったら「まるでこの料理のために育ったみたいによくお似合いですよー」って言う。

                  こりこり感は、合っているかもしれない。


                  そして、
                  429からあげ


                  ・・・どうも、こういう感じの数字3つだとムシマルは326(ミツル)を連想してしまう。時代的、世代的なものがあるかもしれない。


                  琥珀のように茶色く、なんかのようにぎざぎざしている。

                  一口、よりは二口くらいが最適イーティング数なのかと判断する大きさのからあげが、
                  数えてないけど10個弱くらい。


                  いやー鹿肉はね、難しいんですよ。
                  クセがあって淡白だから。

                  ムシマルもなんだかんだで津野町の方からお肉もらって、
                  処理が難しいお肉だなーっと思った記憶の経験がありますぱくり。


                  あれあれ、おいしい。
                  下味の処理がしっかりなのでしょうね。
                  ちょっとこゆく醤油とかニンニクとか漬け込ませているのでしょうか。

                  ビールをカモにして生計を立てられそうな、そんなグルメ存在。




                  まただ。
                  ムシマルは思う。
                  またいのしかが揃った。あとはちょうだけ。
                  前にジビエを食べたときにも、こんな風に猪鹿蝶まであとひとつになったことがあったように思う。

                  もういつかも思い出せないあの時もそうだが、今もあと一つを揃えられそうにない。
                  ツーアウトまで来てあと一人を抑えないままマウンドを去る気分。
                  マウンドに上がったことないんですけど。

                  幸いにして、というべきか不幸なのか蝶料理出品店はない。

                  (ちょう=鳥類ってことで何とか制覇した気分になろう)
                  誤魔化しさえも後ろ向き、自分をいつわることは得意。


                  岡豊山はどっちかというと県東部グルメが多くて、
                  食べたことあるものやその気になればすぐ食べられそうな(近場の)ものは避け気味。
                  でありながらすごく惹かれるものが。


                  「軍鶏ッケ」というメニューに行列が。
                  売り子さんが高校生で、しかもなんかコスプレ。
                  黄色髪とか緑髪カツラで、初音ミクかなんかのコスプレなのだろうか?

                  高知農業高校の方が開発か協力したみたい。


                  買おうかどうしようかすごい迷ったが。
                  柔らかいコロッケに、歯応えの良い軍鶏肉がアクセント。きっと旨いだろうな。
                  ビールもあと少し残っているし。

                  かなりな惑い。不惑まであと7年くらいある身としては存分に迷う。


                  振り切って、デザートにいく。
                  何が理由というわけでもなかった(並ぶのはめんどかったが)。

                  軍鶏ッケ欲に身を浸してしまっても良かった。
                  日本三大欲求の一つの軍鶏ッケ欲に。

                  それを押し止めたのは、桜だ。
                  桜の花びらが、落ちていた。
                  雨の終わった後、そして始まる前の桜木のした。
                  落ちていて、そして今から落ち行く無数の花びら。

                  それはムシマルに、甘美なものを想起させた。

                  足は向かい、声が弾み、財布の小銭を探した。
                  DVC00254.jpg
                  こうなった。


                  こちらも南国市の、西島園芸団地。
                  去年まではトマトカレー(第1回優勝)を売り出されていたそこが、
                  今年は『西島いちごパンケーキ』を。

                  これは、心の遠距離なのだ。
                  お店こそ、Nの国内にあるが、なかなか園芸団地にパンケーキを食べに行きづらい、のだ。

                  一人カフェするムシマルが何を、と思われるかもしれないが、
                  なんか園芸するところに行ってパンケーキだけ注文しづらい意識があるのです。

                  そして、ムシマルのうろ覚えによれば西島園芸団地で購入すると、もっとお値段したような記憶。

                  もっとボリューミーなやつだけど、もっとお値段(800円くらい?)してしまう、そんな気がした。ソフトクリームも入ってなかったっけ?


                  今回のやつは400円だっけ?
                  興味あるけれど手が出ていなかったムシ丸にとって絶好チャンス。


                  ぱくり。
                  おお、イチゴいちごしている。

                  ケーキbetween&aroundストロベリー。
                  英文法とかすっかり忘却のかなた。


                  ハチミツも入っておられるな。
                  パンケーキは土台というか基礎建築としてしっかり・・・いやむしろ描かれるのを待っているカンバスのように余白としての存在感。
                  クリームとイチゴがもう、あとはわかるよね的な仕事をしている。


                  鴨串を購入。
                  3万数千羽くらい生産しておられてほとんど京都に輸出して、京都では京がもになるんですって。


                  家族でやってらっしゃるのか、
                  小学生男子が売り子。

                  一本150円で5本600円。
                  小学生だから計算を間違えているのではない。
                  5本だとお得サービスなのだ。

                  2本購入。300円。


                  このブースのお隣くらいで土佐ジロー串も販売。そちらも1本150円でした。

                  食べ比べも面白いかもですね。

                  賢い小学生にお釣りをもらい、串を食す。

                  皮の脂がドメスティックですよ。
                  満足度がエクゾダスしそう。

                  ああー鴨肉の皮串でムシマルの小さなお腹を大きく満たしたい。

                  ほこVSたて、鴨肉対あぶらとりがみ。
                  さあ何いってんだこいつみたいな感じで終りが近づく。




                  で、もらった紙を投票する。

                  4/4も4/5も14時までに購入すると投票券がもらえまして、
                  14時半が投票締め切りです。

                  〇KBみたいに券欲しさにCDを大量買いしないようにね。

                  もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                  よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                  クリックするとムシマルが喜びます。






                  | ムシマル | イベント | 21:18 | comments(10) | - |
                  アペリティフの日2015in高知市中央公園
                  0
                    3/11。

                    この日は仕事が休み。
                    じゃあ、出かけようか。

                    がたんごとんー、がたんごとんーー。
                    到着。

                    高知市中央公園。
                    ベロベロの神様モニュメントがお出迎え。

                    17時から開始しているアペリティフの日
                    アペリティフって何となくワインのことと思っていたら、食前酒のことらしい。
                    違った、食前酒やソフトドリンクで一口ディッシュと一緒にゆったり過ごすライフスタイルを言うのだとか。



                    中央公園に屋台が出てお酒が出るのはよくある風景ですが、いつもと違うのはその酒と料理の種類。
                    全体的に洋風に垢抜けている。

                    お店もイタリアンやダイニングや洋食店といったオシャレポイントが高い店が多い。

                    17時半ごろで、人もまだまだ、空いている。

                    どっかいこう、って


                    ムシマルがよく行くス・ルラクセさんが出店中。

                    最初はここだ。

                    寒い、なんかあったかいのを。
                    と思ったら、ホットサングリアというのがあった。
                    わーい、赤で、600円で。


                    ほかに鴨肉とクスクス(ってなんだろう?)、


                    土佐あか牛ペンネを購入。

                    ええっと、席は?この中央の畳席、いいの?
                    スタッフさんに聞くと、席料も予約も要らない様子。

                    では、実食。
                    ずずず。サングリア、スッパあま温かい。

                    クスクスってはじめて食べたんですが、なんだこれ。
                    最初、ちねりご飯かと思いました。

                    ※ちねり飯とは、いきなり黄金伝説でよゐこ濱口が米飯食べたさに小麦粉とかを米粒大にしてお米感を代替する料理。

                    ごはん感覚で食べる。
                    そういえば欧州ではライスは穀物だからサラダ扱いみたいな側面があるとか。

                    鴨おいしいですねえ。満足。


                    ペンネは、よくわからないまま購入しましたがパスタというかマカロニの一種?
                    贅沢な肉入りミートソースパスタという感じ。


                    あぁ、道がついてしまった。


                    ホットサングリアを飲み乾す。
                    中から文旦が出てきた。

                    買い足しに行く。

                    グランディールさん、だったか。


                    フォアグラフランス巻きという商品。

                    一見普通の太巻き。
                    実は秘密が・・・・・。


                    こ、これはフォアグラが具材として入っている。
                    意外!それはフォアグラ。

                    うーーん、珍味。
                    なんか違う感はある。

                    正直ですね、おいしさのバランス取れているのはジャパニーズ太巻きですが、

                    横合いから濃厚さが殴りつけてくる、みたいな変な感覚。
                    ブロガーとしてはネタにもなるし、変わったネタだしで、お祭り一品としてはなかなか良い。



                    ほかに、パスタ。
                    アモーレ・アモーレでなくてアーロニーロ・アルルエリでなくてエス・ノトでなくてアーリオ・オーリオ。



                    一人前で550円。

                    具材費でいうとどうか知らないが、量でいうと安い。
                    一番お腹たまるかも。

                    ピザのフェデリコさん。
                    買ってないがピザも。20cmで800円。


                    するる。
                    うんうん、おいしい。


                    白ワイン購入。

                    やー屋外で、テントの下、畳の上で、ワイン。
                    アルコールの何らかの作用であったまっってきた。




                    プラスティックや燃えるゴミはお近くのゴミ箱に。
                    終えたワインのグラスは、購入店に返す仕組み。

                    Vitaさんで豚肉のパテを購入。
                    これもうまい、つまみとして優秀。

                    お土産、明日のお昼ご飯用に
                    オステリアビベールさんの「コロッケ」と
                    グランディールさんの「ローストビーフのエクレア」を購入して買える。


                    18時過ぎには帰路に。
                    ついつい買いすぎる。


                    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                    クリックするとムシマルが喜びます。



                    | ムシマル | イベント | 21:47 | comments(2) | - |
                    龍馬マラソン2015のコースを自転車で追う。(前)
                    0
                      龍馬マラソン2015便乗企画!

                      完全な便乗ってわけではなく、
                      ムシマルも龍馬マラソン、ちょっとしたボランティアで縁があるのです。

                      あとは期せずして4連休をもらって(普通の土日休みに振替休日を前後につけてもらった)、
                      なんかどっかに行く、あるいは何か体力を使い切っても回復日があるなと、
                      そういう次第なんですね。


                      2/15の龍馬マラソンに向けて。


                      なんかふらっと行っちゃいました。


                      ちょっとムシマルのチャリ、オルディナ号で行ってやろうと思って。


                      スタートは龍馬生誕地・上町(去年のスタート地点)より200mほど東へと行った、
                      県庁前。



                      ここのがキャパが大きく、1万人規模を目指すスタート地点として
                      こっちが良い、ってなった模様。

                      高知城、見えます。


                      GO!



                      そのままのんのんのんのん行くのだ。
                      DVC00161.jpg

                      橋を渡り葛島。
                      DVC00163.jpg
                      ここを右折して、高知新港まで行けばだいぶショートカットだけれど、
                      もしマラソン時にやったらいろんな人から
                      そんなことをしてお前はいけないやつだ、って言われること必定。

                      ショートカットはダメ、絶対。
                      マリオカートではないのだから。



                      ※上写真はマラソンコースでないです。
                      ただ、ここをまっすぐ行くと、南国バイパスとの交差ポイント。
                      マラソンコース右折ポイントはここをまっすぐ行くとたどり着きます、という説明。


                      南国バイパスと高速乗り場がある道路の合流点。
                      去年にはなかった新しい道に右折。

                      ちょっと行くと新ハイウェイのICみたいなのを作っている。
                      DVC00106.jpg

                      右手遠くに、工場っぽいところが見える。


                      飛び出し小僧くん?に注意しながら
                      S字を抜けると



                      いい天気。アイムファイン。

                      トンネル。

                      そう新コースになってトンネル数が増えたと思います。


                      抜けていく。
                      ムシマルはこの道を「とりやき食堂」に行くのに2回くらい使ったことがあります。

                      左手になんかよくわからない人工建造物があったり、それを横目に過ぎたり。




                      トンネルを抜ける。


                      まだ海は見えない。


                      なかなか焦らす。
                      焦らしにかかっている。



                      飛出し小娘ちゃんが今度はいる。名前は適当に言っているけれど。



                      スタートしてから(たぶん)10キロm以上。
                      県外参加者なんかはもう太平洋が見たくて見たくてたまらなくなっているであろう。

                      もう数百m南下で海、ってところまで来させておいてまだ見せない。
                      考えてるぜ龍馬マラソン運営委員会。
                      DVC00109.jpg
                      策士だ。
                      なかなかの見晴らしストレート。気持ち良い。

                      スリーエフ閉店中改装計画進行中。
                      県外ランナーさんは、高知のコンビニ、改装多いなーって思われるかもしれない。
                      2月15日くらいにはもうスリーエフ→ローソン計画は最終段階になってるかも知んない。


                      またトンネル。
                      個人的にトンネルは寒いし残響が多くてちょっとヤなんですが、


                      でもクルマなかったら意外とうるさくないし
                      風もこなくて寒さもそんなになんでしょうか?
                      わかりません。ムシマルには何もわかりません。


                      抜ける。





                      ごはんやを越える。高知市に戻る。
                      右折すれば武市半平太生家ってところも惹かれるが直進。

                      龍馬マラソンされる方って、やはり龍馬好き多いんでしょうかね?半平太はお好き?




                      ああ、ここまで来るとやっと海がちら見え。

                      DVC00112.jpg
                      しかし、である。
                      まだ、ちらちら見えるレベルである。

                      海の日光反射かと思いきやビニールハウスの反射だったり。

                      ここで少しずつの海見たい欲求成分ガス抜き。


                      あ、公園?と思ったら犬の訓練所で。


                      へーこんなところにあったのか。
                      三里らへんからこっち来るときに犬訓練所ありみたいな看板見た気がしますが、
                      それがここかー。


                      高知新港近くまで着く。
                      ショートカットしたらここに着くよ。



                      ※ここから
                      DVC00163.jpg

                      この辺りが高知の重工業地帯。造船もしている。



                      この辺りのスリーエフでトクホの飲み物購入。
                      よし、痩せてやる。

                      よし、いよいよ行くぞ、と。
                      どこに?

                      龍馬マラソン最大の難所。

                      天険・浦戸大橋。

                      途中。歩道の凹んだところに石で補填されているのを見る。
                      DVC00119.jpg

                      けっこう色味が多いけれど、まさか五色石?


                      そしていよいよ浦戸お橋。


                      うわー歩道部分細っ!

                      チャリで行ける限り漕いで見よう、って思ったのですがちょっと無理そう。
                      いや自転車は本来車道なんですが、これ絶対迷惑かける。

                      もう歩道を自転車ついて押す。

                      途中、何名かのランナーに抜かれる。

                      海。

                      遂に海完全解禁。


                      隙間から浦戸湾。
                      浦戸湾見るとサイバラリエを連想しちゃうムシマル。

                      なんとか渡る。
                      トラックが脇を通るとドキドキするので、

                      マラソンで道貸切はケンミンも爽快ではないだろうかと感想する。
                      空も海も一望。



                      橋を越えて、あの海岸線に。シャー。


                      「長宗我部ステージ」
                      って書いてある。
                      長宗我部ステージってなんだ、もて勤みたいなご当地アイドルが踊るのか?
                       DVC00125.jpg
                      よくわかりません。なんか歴史説明が。


                      そしてもう桂浜。海。



                      左手で海を見たり感じたり

                      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                      クリックするとムシマルが喜びます。




                      後編はこちら


                      | ムシマル | イベント | 17:59 | comments(0) | - |
                      『「高知家の食卓」県民総選挙2015』のご案内
                      0
                        ※画像をクリックでリンクに飛びます。

                        今年も県民総選挙やります。
                        他県民やらなにやらにおススメできる店舗を最大3つ申込むのだ。


                        ムシマル、去年はやってなかったというか申込みハガキがどっかいってたのでやってないのです。


                        今年はやりました。

                        さらに
                        特別公開、ムシマルの申込み店舗。
                        3店って、結構迷う。

                        うーん、あ、地元地域以外も選べるのか。
                        N国市民でも黒潮町とか選べるんですね。


                        うんでも地元縛りで行こうかなー。

                        「とびきりいいところは地元の人が知っている」って『聞き込みローカル線気まぐれ下車の旅』でも言っていた。


                        その結果。
                        あと『風月』『ごめんや』『フウとミイ』『龍潭』が悩ましい感じ。
                        あーごめんや入れればよかったかなー。

                        『黒〇』はなんかムシマルよりも愛する、通う人がいそう。

                        独自性というかムシマルカラー出すんなら『ごめんや』さんでした。
                        まあでも、いいや。


                        応募者には抽選でプレゼント貰えたりもするそうです。


                        下記になります。
                        世帯ごと投票なのに、ムシマル家族に一言の断りもなしですが、まあでも、いいや。

                        推薦店舗
                        推薦店舗1 店 名:カフェレスト風良里
                        住 所:南国市左右山102-1
                        メニュー:モーニングバイキング
                        理 由:おいしい 、ボリュームがある 
                        時間帯:朝食
                        推薦店舗2 店 名:カフェレストデミタス
                        住 所:南国市大そね甲2290-2
                        メニュー:たこやきグラタン
                        理 由:おいしい 
                        時間帯:昼食
                        推薦店舗3 店 名:黒まる
                        住 所:高知県南国市大濤2301-4
                        メニュー:こくまる
                        理 由:おいしい 
                        時間帯:昼食、夕食・飲み会



                        | ムシマル | イベント | 20:03 | comments(0) | - |
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        282930    
                        << June 2020 >>
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + 人気記事ランキング
                        人気記事ランキング
                        + ブログゲスト数
                        ブログゲスト数

                        + カウント開始 2015.1.1〜
                        + はてな
                        + 忍者
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE
                        + PR