ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    2015幡多地域の旅その1 三原村どぶろく街道を少しだけ
    0
       
      幡多に行きたいので、行く。


      振り休が土日と結びついたとき、それは成った。

      2015/12/11〜12の話。

      出発するも、いきなりのアクシデント。


      前日の大雨の影響で、
      高知〜いの 50km規制。
      いの〜土佐市 通行止め。

      ありゃ、着くのが遅れちゃうかなーと思ったが、
      別段本日行かなきゃいけないところはない。

      お宿にチェックインすればいいくらいなのです。

      吞気ではあるが、10時台には黒潮町に。

      あ、ムシマルはあそこに行きたくて行きたくてたまらないのだった。
      そこに行ったのだった。
      『海の王迎駅』



      「海の王」って!?

      って思ったんです。

      この駅に来たんですが海の王って何か結局わからず。
      住宅群が近くにあったのでその方々用の駅?
      通勤メインか、あるいはサラリーマンの誰かが海の王なのか?

      全然ググってもないムシマルの海の王って何か予想レース!
      [罪になったり都会から(海を渡って)くだってきた大名や貴族?
      ▲ジラとかシャチこそが海の王?
      いろいろの中国拳法がお得意な拳士(ただし真っ二つ)


      くらいでしょうかね。

      いつか会いたいものだ、海の王。




      それからはしばらく語ることはなかった。

      のんびりと慣れた道、は言い過ぎかもしれないが数度通った道をまた上書きするような感覚。

      天気のことだけ少し気にしていたっけ。





      そうこうしているうちに走行を間違う。
      間違うというか、カーナビの言うことを3回に1回しか聞いていなかったらこんなことになってしまった。


      あ、しまった。


      宿毛に来てしまった。

      今回は(前回2013の旅で)土佐清水市に行けなかったのでそこに行こうと思っていた。

      のに、宿毛市。




      不思議だ。

      ちょっと行き過ぎた。


      フリーウェイで平田まで行ったところで

      方向転換。

      カーナビよ、足摺までの道を聞かせておくれ。


      こっちに行くのか。工業団地のようなところを抜けて、やや細い道へ。

      あ、三原村に入ったぞ。

      どうやらそういう立地か。



      目指していたのは足摺岬だったが、いつの間にやら三原村だ。
      観念して途中からカーナビの言うことをちゃんと聞くようになる。



      おお、でもなんか良い道につく。
      川と緑。
      広くないうねうね道であるがちょっと下りてみる。

      うむ、自然。

      で、がーっと足摺を目指していると、
      偶然?あるいは必然なのか、


      どぶろく街道に出る。

      おお、ムシマルの知っている三原村のイメージは『どぶろく特区・三原村』。
      初めて三原村に行ったときにどぶろくをお土産にいただいたことがあって、その印象は強くなる。

      しばらく行っていると、それっぽい旗がはためく。
      そこには『農家食堂・風車』と。
      時刻は11時頃。ちょうどいいかもな。

      お昼を食べるところ、一応事前に当たりを付けていたのであるが、こういうのは巡りあわせ。

      車を適当なところに止めて、ふらふらと近づく。


      あれ、いない?
      外から覗くもお客さんもお店の人もいない。

      行く、が、返事反応がない。

      ただのしかばねなのか?



      予約限定のお店?それとも定休日か、あるいはもう少し経てばお店が開くのか?

      ぼーっとしていてもあるいはウロウロしていても答えの出ない問いではあったが、
      答えの方が歩み寄ってくれることもあった。

      「ミョウ○ンさんの知り合いかねー。」
      何やらとなりの家からご老人が。

      「は、はえぇー?」
      ムシマルは素っ頓狂だ。予測していないところからの発言に慌てる。

      (ミョウ○ンさん?間違われてる?あ、この風車店主?)

      ムシマルの脳がミョウ○ンさんにあたりを付けるには、ちょっと間の抜けた時間を要した後で。

      「あ、ちょっと通りかかって食べられるかなーって思ったんですけど」
      「朝から出ちゅうみたいやねえ」

      親切なお隣さんに礼を言う。
      不審なひとと思われなかったかしら?とどきどきしながら。

      風車さんを今、ネットで調べる。
      ここにリンクがありました。


      まあ一軒外しちゃいましたが、
      街道と言うからにはもう一度二度チャンスがあろう。


      好奇心の入り口を刺激され、好奇心本体を引きずりおろされたようになっている。



      と、再びうねうねしていると予想の通り見つける。

      『農家民宿 今ちゃん』


      リンクはこちら

      道は狭く細い道をちょっと入る。
      見た目は大きめの農家。

      その実は・・・?

      手前に止めて、坂道を上る。

      おじさんがいる。
      お魚を干している。

      すいませーん、声をかける。
      今回こちらは覚悟ができているから平気。

      ・・・・・・・。

      ありゃ。食堂は今やってないみたい。
      ご飯はやっぱり予約制かー。

      でもどぶろくは買えるそう。
      よし買うかー。

      1,300円
      ですー。

      よし、ムシマルとヤンガーブラザーで酌み交わすかー。(家に帰ってから。一人旅だから今は)


      『椿姫の伝説』

      そういえば幡多で、ほかにも椿がなんちゃらって見たけれど、なんかあるのか?

      と、購入の時にお家の中に入ったんですが
      『吉田類』のサインがある!

      聞くと、吉田類さんがここで呑んだのですって。

      こ、こんなところにも。


      前にテレビで
      「グルメロケに行くとよい店は必ず(ホンジャマカ)石塚さんのサインがあるんだ」っていう芸人さんを見たのですが、そんな感じ。

      (そうかーこういう気分なのか)
      穴場的なところだと思って行ったとき、
      自分の嗅覚が間違っていなかった安堵感というか嬉しさとともに、
      自分自身がファーストでなかったというか後発隊だったかーという出遅れ感を感じてしまう。

      また、どぶろく街道に今度はちゃんと行かねば。
      食堂レポートしてみたいのです。予約すると食べられるっぽいです。

      見ると、

      イノシシ餃子、山芋ごはん、どぶろくまんじゅう、ツガニ、取れたてタマゴのオムライス、どぶろくゼリー


      すごいじゃなーい。




      土佐清水市。

      到着。紆余曲折あっての。

      全11話?12話?


      その2に続く。


      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。





      | ムシマル | 高知名所 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
      四万十町をめぐりめぐる君を辿りムシマルのさんぽ道。
      0
        2015年の夏。ムシマルはそれを思い出す。

        四万十町にGO!GO!したときのこと。

        散歩したのです。

         
        「スッポン買います。」でっかく書かれている。
        ごめんなさい。持ってはないのです。



        ああ、いいモジャハウス。

        「生まれる前からエコだった」感があります。

        いやーいい古民家だったと思いきや、
        どうやらカフェ喫茶らしい。
        現役の。

        あとから知る。たまらんですなー。


        あ、がちゃさんに捧げるキリスト看板。


        お遍路の「岩本寺」すぐ近くにキリスト看板。
        なんか字体がゴシック。

        記事の続きに。


        続きを読む >>
        | ムシマル | 高知名所 | 11:12 | comments(0) | - |
        四国遍路のお接待どころ:高知東部(芸西〜安芸辺りの自転車道)
        0

          夜須から安芸市に繋がる自転車道を通っていて。
          気づく休憩所。

          「いらっしゃいませ 粗末な小屋ですが休んでいて下さい 英子」
          という表示の小屋。


          中は凄く飾りつけ。
          畳やイスで休憩できるところ。

          ムシマルはお遍路さんではないので、休憩はしない。
          ただ紹介だけさせていただきたいと思う。


          おそらく何か感じることがあると思う。この次の写真だけで。


          人形と折り紙とがたくさん!壁にはたくさんの貼紙とその中に言葉。

          ひとり遍路の人にも、寂しくないようにっていう配慮なんだろうか。

          何にも知らずに入ったら、ただ圧倒される。

          なんか明るい?
          なんか明るい。

          照明電気が入っているわけではない。

          あ、トタン屋根。


          それはむしろステンドグラスのように。
          光を赤熱っぽく通し。


          (なんか、圧倒されるけれど怖くはないな)
          怖がりなムシマル、宗教心って言うのも十分恐怖の対象というか、
          がちがちのガチの宗教勧誘を3回くらいされたことがある身としては、
          もう少し慄いてもよかったかもしれないが、不思議と怖くない。

          それは、ここの方が自分の宗教世界の押しつけという形ではなくて、
          あくまで徳を積むとか感謝の発露とかお接待の精神とかそういうものだからなのかもしれない。

          お茶接待のご用意もあり。


          お遍路したことはないけれど室戸貫歩(90数キロを歩く)経験者からしたら、
          足を伸ばせる、ねっころがれる、雨風をしのげるっていうだけで十分な癒し。


          こう、少しでも心を慰めるべくの飾りつけも、何となく泣ける。


          立ち寄り者書き留めノートにも、たくさんの方が寄せ書きされていた。






          ところ変わって。
          ここもお遍路さん用施設。
          「善根宿 萩森(はぎもり)」




          ここで宿泊できる様子。

          どっか書いてあるところに電話して開けてもらうようなシステムと書いていたような。



          こういう優しさがあれなんでしょうかね。
          世界に誇れるあれなんでしょうか。

          世界遺産に登録したい由縁でしょうか。

          ほかに、芸西村の老人ホームだったかデイサービス施設だったかにも休憩接待所あり。



          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。



          続きを読む >>
          | ムシマル | 高知名所 | 21:25 | comments(0) | - |
          南国市〜安芸市への自転車道2015(復路)
          0
            往路編はこちら。

            案内に従い、


            岩崎 弥太郎さんの生家
            に。

            いつの間にか大通りからこっちに移転していたもよう。



            弥太郎さんの後姿。


            あんまりこのアングルってないかなーと思って。
            安芸市を望んで大きく手を広げる。
            「安芸市は我が導くー」みたいな感じでしょうか。

            入場無料。



            こ、これが。何かの逸話で有名な。

            日本列島っぽい庭園の石。

            これで弥太郎さんファミリーは日本なんかちっさいちっさいみたいな感じなんでしょうか。

            四国の脇から木が生えていますね。

            弥太郎ハウスは割と大きなお家で、ガイドさんもいらっしゃっていた。
            素直な日本民家。

            消防の何かも置いてありました。

            赤い。消防っぽい。

            小道を歩く。


            なんせムシマル、小路を歩くことが大好き。

            この車では行けない感じ、イエスですね。


            なかなか良いね、この いっつあすもーるわーるど。


            満足して。
            帰る。

            帰る前に、畑山ってところにたやすく行けるものかと聞いてみる。
            地図看板の画で見ると、けっこう近い。
            ちょっと北上したら行けそうにも見える。

            途中まる弥カフェの店員さんに聞くと。
            「車で30分〜40分です」と。
            それじゃムリだと判断。


            土佐ジロー、食べたい。
            今度、別のとき、俺、行く。


            いろいろ寄り道しながら戻る。
            スマイルアキにも寄った。
            あそこ、ダイソー3割ツタヤ5割、その他のお店2割、って感じでしたねー。

            帰り途中。

            ピーヒョロロという声とともに。
            だからそれは、きっとトンビ。

            どうやら一羽が別の一羽を猛烈に攻撃しているようで。

            思わずムシマル、激写。
            コンパクトデジカメをズームして連写する。

            だってこんなの見たことないのだ。
            ムシマル、近くで呑気に留まっている鳥しか撮ったことがない。

            戦う鳥達の午後。




            おお、撮れた撮れた。

            だけど何か一方的。
            5分から8分ほど見上げていたが、やられながらちょっとずつ遠くに飛んでいった。
            その後、その鳥の行方を知るものはいない。

            ちょっとしたスリル。



            帰路。
            DVC00292.jpg
            自転車漕ぎ漕ぎ。
            DVC00304.jpg


            行きほど寄り道をせずに帰る。

            大体、純移動3時間くらいのもので安芸市から我が南国市に到着。


            もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
            よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
            クリックするとムシマルが喜びます。




            | ムシマル | 高知名所 | 11:07 | comments(2) | - |
            龍馬マラソン2015のコースを自転車で追う。(後)
            0
              前編はこちら
               
              そしてもう桂浜。海。



              左手で海を見たり感じたりするといい感じ。
              右手にはベッドルーム・ウィスパーズ(愛のために眠る場所)があるので注意。


              ずんずんずん漕ぐと、
              『県庁おもてなし課』のロケ地だよってのが看板で出てくる。



              関ジャニ∞の方と堀北真紀。
              「必要やき」つぶやく。

              アイスクリン売りさんは近くには見られず。
              なぜかはわからないが、もしかしたら今が真冬であることとかかわりがあるかも知れぬ。
              高知っぽい。


              どんどん行くと、ここは堤防?すくなくとも防災関係の工事中。

              南海地震被害県高知っぽい。
              もう各所に避難タワーができてる。


              お、こっちは信号の交換中?
              れあレアだ。


              さらに行くと、おお、しらす干し。



              ああしらすのかほり。
              高知っぽい。


              土佐市到着。

              DVC00130.jpg


              高知市南国市土佐市を制覇。

              はっ!
              もしかして今年土佐市までちょっと沿線が延びたのは、

              「南国土佐をあとにして」


              みたいな、南国市土佐市を股にかける的なことがしたかったんでしょうか。




              そして遂に折り返し地点
              折り返しは、長い橋を渡ってしばらく行き、
              『かちかち山』さんをちょっと行く。
               DVC00132.jpg
              折り返しマークが。

              そう、どこからか気付きませんでしたが、
              〇kmとかをみちみちに書いてくれている。



              折り返しての、


              再び橋渡り。


              ここで渡った後すぐ左に折れちゃって、道を間違う。

              うねうねーと。でもここもいい道だ。

              土手沿いなんで仁淀ブルーがはっきりわかる。


              2キロほど進んで間違いに気付いて戻る。



              おお、空。パラグライダー?


              おお、良いですけれど高所恐怖症のムシマルからすれば、まさに、鬼畜の所業。
              言い過ぎました。

              ちょっと感情移入するだけでむずがゆくなります。

              けっこう折り返す。
              ここも戻るのか。

              しかし『文庫鼻』?
              芥川作品の文庫版のことか?
              変わった地名。


              けっきょく信号を直していたところを曲がるのでした。

              途中、片道交互通行。
              DVC00136.jpg

              何しているのかと思ったら草を刈っている。
              2/15に備えてなんだろう。


              そろそろ脚が痛くなってきた。
              痛いっていうか坂道上るときに太ももの前側の筋肉がピキピキしているのを感じる。


              よーしがんばる。
              と思ったら矢先にまた道を間違う。


              まっすぐ行ったけれど、ホントは左折するのだった。
              なんとか復帰。



              ここだ、こっちだ。


              そう、この黄色いのんがムシマルを導いてくれる。39km。
              シャアにとってのララァがムシマルにとっての黄色いのだ。
              DVC00147.jpg DVC00146.jpg


              開けた。春野の地。

              写真ではあれですが、遠くに春野運動場の野球スタンドが見れる。
               DVC00145.jpg




              いよいよ上る。



              ウイニングー。
              先頭。まだ誰もゴールテープを切っていません。
              DVC00155.jpg
              ゴールテープもありません。

              けれどもGOAL。



              記録は、4時間半くらい。

              記録は、4時間半くらい。

              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。



              迷わなきゃ4時間切りでしたでしょうか?
              +ちょこちょこ写真撮影タイムがなければ3時間半くらい?

              龍馬マラソンに参加されるみなさま、がんばてください。


              | ムシマル | 高知名所 | 21:18 | comments(0) | - |
              高知県南国市の掩体壕(えんたいごう)散策
              0
                 高知県南国市は前浜というところに、
                掩体壕(えんたいごう)という設備がある。


                簡単にいうと飛行機の格納庫。
                いや、軍用飛行機の防空壕
                といったほうが使用目的を説明し切れているかもしれない。

                イメージ映像はこちら。
                前浜の掩体説明看板より。



                説明文を見て初めて知ったんですが、
                高知龍馬空港の場所って前は高知海軍航空隊だったんですね。

                空ゆかりの地っていうことらしい。


                こういう掩体って、ほかには千葉県や大分県や北海道にもあるらしいです。
                高知県南国市にもあることは知っていたが、
                また前浜の道通るときにちらっとフォルムを見たこともあるけれど。

                行ったことはない。


                行ってみた。
                な、なんじゃこらこら。

                えんたい壕の中をくりぬくように小路。
                後に資料(前浜公民館に置いてあったパンフレット)を見ると、
                ここは掩体7号のようです。

                通り抜け掩体

                これって珍しい気がするんですが、どうなんでしょう。
                なにぶん珍しさ加減を知らないもので。

                中は涼しい。
                おおっている長さ的にはそんなにないはずなのに(10mくらい?)、
                ちょっとした鍾乳洞気分というか、3度くらいひんやり感があります。

                脇でちょっと草も生えているので、そのCO2削減効果も発揮しているのかもしれない。



                抜けていく。
                記事の続きに。
                続きを読む >>
                | ムシマル | 高知名所 | 00:15 | comments(0) | - |
                東洋町散策1悗辰討いい茲諭△匹海に繋がっている。
                0
                  小道を歩く。


                  なんか、小路、すきー。



                  目的もなく歩いているように見せて、
                  実は、
                  わが逃走経路!

                  目的地はここ甲浦駅。



                  ただ、ここに来たこと自体に目的はない。

                  ほら、ムシマルって鉄道にあこがれているところあるじゃん?

                  うぉぉん、ムシマルはまるで汽車だ。


                  なんかこう、そのうち『聞きこみローカル線の旅』で紹介されるんでないかと思うとすべてがいとおしい。


                  ホームまで上ってみる。

                  イスにクッションがあって、
                  それが『とっとこハム太郎』!

                  この微妙な時間差、ナイスだね。

                  これが妖怪ウォッチじゃ全然ダメ。
                  ポケモンでも違う。
                  鬼太郎だと逆に渋さというか、わかってる感が出ちゃう。
                  ハム太郎ってとこに時代を感じるぜ。
                  (力説)


                  駅。すぐトンネル。

                  トンネルを抜けると徳島なんでしょうねえ。

                  異界感出てる。

                  高ポインツ。


                  クルマを道の駅に置いていたので、帰り。

                  もう一回海が見たいの。



                  なんかパンダもいた。
                  パンダは海に帰りたそうにしている。

                  うみにかえしますか?
                   ⇒はい
                    いいえ



                  再び道の駅。
                  『波のりのたれ』っての売っていた。


                  アントダイナのたれ。
                  この辺のおいしい洋食屋さんらしい。

                  帰りにチェックしたお店数店寄ってみるが入れず。
                  お祭りに参加しているか、サーファーがいっぱいでムシマルがおじたのだ。



                  帰りに食べる、こけら寿司。


                  はーニンジンのオレンジが華やかっシブですね。

                  ぱくり。

                  もうケーキみたいな見た目だから甘いかと思ったら、
                  やっぱりお寿司。

                  ほのぼのと柚子の香。

                  酢も、しょうきかせちゅうわけでなく、
                  やさしめ。


                  ぎゅううってなってるって聞いたので固いのかと思ったら
                  そこまではいかずガッシリ、って感じ。


                  かわいい見た目でけっこう満腹感。


                  もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                  よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                  クリックするとムシマルが喜びます。


                  | ムシマル | 高知名所 | 22:16 | comments(0) | - |
                  東洋町散策⇒靴咾丙廖?俺は俺の意思で遊ぶ。
                  0
                    で、ひとしきり歩いてからの祭り。

                    高知県東洋町の「あそびな祭」。

                    第1回らしいよ。




                    ふーん、地域のお祭りか、
                    まあ言うても焼きそばや焼鳥なんかの定番メニューばかり・・・・・・、

                    これはー!



                    ジャンジャン丼。
                    どうやら東洋町のご当地メニューらしい。

                    たのまずんば虎児を得ず。


                    ワンコイン。500円。


                    ほほう、海の町らしく、お魚系、
                    それに鶏卵がぽとり。



                    ふんふん、

                    購入し、
                    近くの腰掛けられそうなところに座る。

                    実食。記事の続きで。

                    続きを読む >>
                    | ムシマル | 高知名所 | 22:13 | comments(2) | - |
                    東洋町散策 ヽい見たいの!
                    0
                      東洋町。
                      東洋町である!


                      ここでなにかが1位になった暁には
                      『東洋一』の名をほしいままにできる、魅惑の地!

                      歩くと、いい感じにこじんまり。


                      ちょっと歩くとどっかに通じている。

                      港町らしく、海に出る。船着場みたいなところ。

                      おお、レトロ。

                      潮風とお日様による色合い加減がいい。

                      海。


                      ズーム。


                       ああ、船を陸に上げる台車みたいのがある。
                      こういうのが、なんかいいなあ、と、思います。


                      避難所が麦わらの一味。


                      まさか前門の海賊、後門の津波災害になろうとは。


                      あれ?

                      かっちょいい蔵。

                      そして、「嗚呼日露大戦役」?


                      「江藤新平」が祀られている。
                      テストに出るタイプの偉人。

                      あれ、幕末・明治とかの政治家か志士じゃなかったっけ?
                      高知の人だったっけ?


                      あとでみると、
                      江藤新平捕縛の地らしい。

                      勉強になるなあ。
                      その碑がある。



                      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                      クリックするとムシマルが喜びます。


                      | ムシマル | 高知名所 | 21:18 | comments(0) | - |
                      山内神社 初詣で2015 (下)ジャパニーズビューティフルこと巫女舞
                      0
                        引き続き山内神社です、三翠園から徒歩3分。

                        前回は奉納演武が終わったところ、
                         
                        合間に。



                        絵馬描くスペースがあるのです。
                        ちょっとズームイン。
                        DVC00052.jpg
                        よく見ると羊絵入り。
                        DVC00053.jpg


                        いやー巫女さんが頑張って作ったかと思うとほのほのしますね。
                        巫女さんフェチにはたまらない一品。


                        御神籤を購入。購入って言い方は違うのかも。
                        「小吉」であったことをここに記す。


                        お汁粉、いただく。
                        DVC00054.jpg
                        お団子白玉は2個。

                        いただく、
                        ちょっと薄いかなーと思ったら底のほうに沈殿していました。

                        かき混ぜ大事。


                        うん、風強かったんですが暖まりました。


                        さてこのお写真はちょっと世にも奇妙?
                        DVC00061.jpg

                        神社の敷地で
                        初詣客がいつつ、侍が闊歩するなかで巫女さんが畳を敷いてもくもくと準備中、ってだいぶシュール!!

                        いい写真が撮れてわりとホクホクです。


                        準備の間に外を見遣る。

                        記事の続きに。
                        続きを読む >>
                        | ムシマル | 高知名所 | 15:41 | comments(0) | - |
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        27282930   
                        << September 2020 >>
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + 人気記事ランキング
                        人気記事ランキング
                        + ブログゲスト数
                        ブログゲスト数

                        + カウント開始 2015.1.1〜
                        + はてな
                        + 忍者
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE
                        + PR