ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
坐忘 四人呑み 初コース(猪木編)
0

    最後に座忘に行ってから3日後。
    坐忘なう。

    今回は、初コース。
    3500円呑み放題。


    とことこと歩いていると、
    今日呑む人とばったり出会う。

    ソフトバレーで知り合ったお人だ。

    一緒に入店。


    あ、もうお一人も来た。

    しばらく猪木の話で盛り上がる。

    何が猪木か、なんで猪木かというと、
    ムシマルとプラス3名で坐忘予約してもらったのであるが、

    前日、予約をしてくれたNさん(あるいはイエローさん)にグループラインで
    「予約名ってなんでしたっけー?」と聞いたところ。

    「イノキです!」みたいな反応が返ってきたのだ!

    ええ、イノキ?猪木?
    たしかNさんの苗字、猪木じゃなかったよなー。


    ・・・・・・まあ、そんなこともあるか。
    『3名様でお待ちのフリーザ様』みたいなこともあるのかと思ったのだ。


    あまり考えずに判断。
    果たして、当日夕方ちょっと前「予約名は○○(Nさんの苗字)です」と連絡が。

    な、なんだなんだ。

    みたいなことがあってひと波乱あったのでした。


    そんなNさんも来られて、
    飲み&お食事開始。

    サラダ。


    ズッキーニとトマトとがりがりした感触。


    サーモン!たこ!そんなカルパッチョ。


    カルパッチョ業界に熱いものが走るなー。


    そしての、アヒージョ。

    アヒージョ業界が震撼するくらい、
    具だくさんのアヒージョ。

    あれ、アヒージョってもうちょっと油主体というかパンに味のある油をつける、ってイメージではなかったか、
    これはもう、極限スープだ。






    具がいっぱいあるから、もう、ちょこちょんちょんだ。


    ああ、貝の出汁の香りがする。
    魚介の風味がてかてかした油にさえ吸い付いて。

    油と同じような光彩、
    沈む生き物と同じような水彩。


    ぬ、ぐ、ふぬぃぅぅっぅ。


    ↑はムシマルの満足の音だ。
    そうは聞こえないかもしれないが。




    は!次に来たのは。
    長いものステーキ。

    おいしいのです。
    これはもう、語るのも逆によいか、というような感じ。
    確か別のところでは結構語った気がする。

    軽いのに、風味豊か。でも食べでがある(語っとるやん)。

    あ、語るといえばこの席で何を語ったかというと、
    ムシマルが高知去るから、みんなでどっか行こうかという提案があり、そこをちょっと詰めたりしていました。

    あとあだ名付けとか、
    食べ物の話とか。

    飲み物。

    たしかAMさんが頼まれたマンゴーなんちゃら。
    甘い。

    お肉も来る。

    ムシマルはこれを見て、ああワインだな、と注文してしまう。

    いま改めて写真を見ると、
    結構いい器でないかしら。

    器を誉める、ムシマルは海原雄山みたいになりたいような絶対なりたくないような、そんな男なのだ。

    そしてここのパスタ美味しいですよ。

    ジェノベーゼ。

    キノコとかベーコンとかで、わかりやすくおいしい。
    これは大事なことかもしれない。

    ジェノベーゼ、って言葉自体が何かわかりにくさを内包した言葉であるから(そうか?)、
    なんかジェノバっぽさってなんなのさ、っていう感じがあるではないか。

    それをこう大丈夫です、わかりやすくおいしいですよっていう感じのお肉とキノコ。

    マスターはそういうつもりはないとしても、ムシマルはここのこのわかりやすい美味しさ、むろん誉め言葉だがが好き。




    酔う。


    次の約束も決まり、うどんの旅に出ることになる。


    帰りは送っていただいて、もうニンニンするしかない。

     
    | ムシマル | お酒呑み関係 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
    土佐大津呑み 『呑楽(のんでたのしく)』
    0
      呑んで楽しく。
      良いコンセプトですねー。

      ヘイスティングズさん(仮名)に連れてってもらう。
      行ったことあるんだってー。

      ムシマルは行ったことない。入ったことない。
      前をよく通るので、このお店ができたときから知ってるのに。存在だけ。


      『晩酌処 呑楽』
      住所: 〒781-5103 高知県高知市大津乙1022−4

      先導してもらって、入る。

      テーブルにカウンターに座敷席。

      ん、女将さんがお花もらってる?
      ・・・ふむふむ。

      壁際に所せわしと並べられているメニュー。

      ふむ、唐揚げにイカリングすりみ天ぷらと揚げ物充実。
      餃子に干物、干物がいっぱい。

      雰囲気にどこかしら楽しさと懐かしさが二世帯住居している。

      店内では居心地のよさを感じる常連さんたち(だろう)が飲んだり女将さんに話しかけたりしている。

      すいませーん。
      玉子焼き、梅酒。

      玉子焼は鉄板でじゅうじゅー。
      お、ケチャップ。


      ごく。梅酒おいし。
      あららららら、飲みやすくて失敗しちゃいそうな飲み口。

      冬に熱された鉄板で熱された玉子がムシマルの舌に熱を伝播している。
      ムシマルはもう火傷しそう、玉子焼から受け取った熱をもてあましそう。


      とり。

      おお、ぐにぐにとした味。鳥の鶏たる由縁を知る。


      ウツボの唐揚げ。


      おお、高知居酒屋さん中でもそんなに置いてないメニュー。

      多くないというか、高知全居酒屋さんちゅうの1割くらいの店にしかないメニュー?

      意外に身近なところにあるものだ、ウツボ唐揚げ。
      風味良い。

      風味良い。


      ああああ、こちらおかずポテンシャルを発揮され出した。

      ヘイスティングズ氏は、車で来られたノーお酒。


      ご飯ものを欲したら、お茶漬けがあるよとの言葉。

      ああ、風邪に効きそう。風邪ひいてないんですけど。

      二杯目ドリンク:カシスとお茶漬け異色のペア。
      異色のペア。
      セイウチマンとネプチューンマンくらいの異色のコンビ。


      「お刺身はありますかー?」
      あ、今日はなのかお刺身はない様子。

      ずぞぞぞといただく。
      あー良い誕生日祝いだ。

      ムシマルの誕生日近いので、奢ってもらっているのです、ヘイスティングズ氏に。

      ごちそうさまの後、お会計の前。
      気の良い奇跡が一つだけあった。

      ここのお店の女将、ムシマルと誕生日一緒!

      びっくりですねー。あなたもノストラダムスと同じ誕生日なんだね。



       
      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。


      お値段手頃そうでいいですよねー。
      しかし、そう。
      おかず系いっぱいなんですが、主食系がほしいですねー。
      サバずしでも焼きそばでもおにぎりでもいいのであると嬉しいなー(チラッ)。

      | ムシマル | お酒呑み関係 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      凛々 鈴のや 男呑み
      0
        歩く。
        ネコが見ている。
        ネコを覗くとき、ネコもまたムシマルを覗いているという。

        電車から10分くらい歩いて到着。
        『凛々 鈴のや』


        非常に上品な感じ。
        今回は、職場の男子会?なのです。

        今の職場の人も、今は別のとこにいる人もいて5名。
        呑む。

        この日の手書きメニュー。


        突き出しにビール。


        どろめだ。

        サバの刺身。


        くー。
        美味しい。

        日本酒のことを考えるが、あの時潰れてから、日本酒は迷惑かけてしまったらダメな可能性の時はそんなに行かないようにしている。


        サバずし。



        これもまた、美味。

        まず紋様が、刀の柄みたいに美しい。

        カツオのたたきを上司が頼む。

        ここに提供されるちょっと前、厨房の方では火の手が上がっていたのです。
        料理人がたたき焼いているところが、ガラス越しに見れていた。
        けっこうな炎高さ。フランベかと。


        む、なんていうか、味もいいんですが、量も上品め。

        上司、肉を頼むの巻 第一弾。

        『阿波地鶏の塩焼き』
        肉質が良かった記憶。



        卵焼き。


        これも美味しい。


        からの、ステーキ。
        土佐和牛の赤身網焼き。


        ああ、ね。

        見た目からして美味しいだろうと思って、やっぱり見た目も美味しい。

        なんだもう。

        一番人気がスタートから飛び出して最後まで1位で勝つ、みたいなある意味盛り上がりがないくらいの旨さ。

        肉汁がラインダンスを踊るくらいの旨さ。

        四方竹の天ぷら。

        ムシマルが注文したのだが、
        四方竹なら家近くにあるよ的なことを言われる。

        いやでも、ムシマルには近くて遠い。

        ああ、全体に日本酒向けだ。
        そう思っていると上司が日本酒を始められる。


        ウツボ唐揚げ。


        美味しかった。

        1人3,500円とか。
        あれ、安い?

        上司が多く出してくださった?
        「ちょっと少なかったからだよ」

         
        | ムシマル | お酒呑み関係 | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
        森國で呑み(南国市呑み)
        0


          森國に、二回目の来訪。

          行くと店主大変そう。
          「今日は一人なんですか?」「そうなんですよー大変で。料理にお時間かかるかもしれません」2015/12/29の忙しい時、大変そうだが注文。


          ビール2つと。

          ウツボ南蛮漬け500円、へーちょっと珍しい。


          「ネイリのお刺身と、サバ炙りずしと、お刺身盛合せと、カキフライ。」
          「クリームチーズ揚げ出しとタコ唐揚げもー」


          ネイリのお刺身。


          ネイリ、春っぽい色。
          うむ、弾力がある。


          友達に、京都の話をずっと聞く。
          お祭りとか、鞍馬寺とか上鴨神社などいろんな写真を見せてもらったのだ。
          そう、iPadならね。

          京都に五か月いたという友は、京都の春から秋まで見ていた。

          水道橋だっけ、京都のブリッジとても素敵。

          カキフライに揚げ出しチーズも来る。



          揚げ出しのチーズ。ワインがきっと合う。

          にゅううっとしたお味。


          こいつが特によかったです。

          さばずし。
          サバ炙り寿司ということで、タタキのような中がレア。

          道の駅でおかあさんがつくっている系(それもおいしいですが)と違い、
          職人っぽさを感じる。

          こまやかさ。

          風味がまとまっておさまってくる感じ。



          一個1個は強くないけど、口の中で醸すというかいい感じ。



          タコ唐揚げ。


          タコ唐揚げもいいでれす。
          1個1個が大きくなくてくにゅくにゅと食べやすい。

          はみかえらないくらいの、歯の侵入を最後に許す感じ。
          トランポリンじゃなくて高いところから落ちる人への安全配慮クッションのよう。



          「お刺身盛合せありますかー」
          で、あった。




          二人で6,800円くらい。

           
          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。



          | ムシマル | お酒呑み関係 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
          GALLERYで少し呑む。
          0







            なかなかの渋さ。
            | ムシマル | お酒呑み関係 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
            さんぜん酒場 呑み 4,000円150分コース
            0
              酒食や・さんぜん酒場 
              ガストロパブ
              住所: 〒780-0841 高知県高知市帯屋町2丁目1−14
              電話:088-826-0811

              今宵のあれはここ。

              二階にある、宴席へ。
              カンカン(上る音)。

              2015年11月の忘年会を、いまごろアップする時季外れ的外れ。

              まあいいだろう。そういうブログだ。

              忘年会は婚活で知り合った方と。
              といっても浮いた話でもいつもの婚活レンジャーの方々との呑みでもない、

              婚活イベントでみんなで何か企画(クラス会の出し物に近い)をやる、みたいな

              しかしその実行時に(計画編と実行編の二回ある)、ムシマルお仕事入ってしまって参加できず。
              その心残りをあれしては成仏できないということで、
              せめてその顛末を知りたいなと思って有志の打ち上げ兼反省会的忘年会な飲み会に参加。


              靴を脱いで入る。
              靴はそのままでいいですよ、と。
              そうなんですね!

              あ、個室風。
              すだれで隔離。

              けっこう広いな。


              着席。
              わーい鍋だ。

              今回お店&コースチョイスはかつてのリーダーさん。
              なかなかのチョイスやで。

              へー、何かしらこちら、つみれ?
              ほー、いいですなあ。


              メンバーは7名くらい。
              男5人くらい女性2名。
              女性もっと多かったらしいけどキャンセルなんだって、悲しいね。

              切り干し大根。
              前菜的でほっとするね。



              たたき。
              うむ。
              参考写真少なめ、すまんな。


              パスタもうむ。

              飲み放題のメニュー。

              チューハイやカクテルまで各種取り揃えられている。

              ビールを2〜3杯行った後、いろんなお酒にチャレンジング。

              サラダも来た。

              おお、けっこうお料理が来る。
              お鍋抜いても150分飲み放題でこれくらいの量なら全然納得できるのではないか。
              この言い方では、『めぞん一刻』の響子さんみたいな鈍い人には伝わらないかもしれない。

              今きっぱり言っとく。

              お得だ!お腹いっぱい食べられる!


              そこに、いやそこで。

              伝言ゲームをやったんですよ。
              伝言絵心ゲームって言った方がいいのかな。
              『AKUMAゲーム』みたいなやつ。

              このゲームをその婚活イベント2回目でやったのでした、
              それを見たことないムシマル(とほかの2回目未参加の方)用にやってくれるって!参加させてくれるって!

              スケッチブックを持ってきていただいて、

              お題を言われて絵を描いて、その絵を見た人がまた絵を描いて、その絵を見た人が最初のお題は何だったのか当てるクイズ。

              ・・・・・・・・・・・・・・・

              2連勝!

              けっこう楽しいね。
              ちなみに『ジャムおじさん』『坂本龍馬』などがお題でした。

              エンターテイメントも終わり。

              ああ、お鍋美味しい。


              鳥つみれ鍋。
              意外に鍋が今季初だ。

              コショウが効いている。


              ごはんで雑炊にするか、中華麺で〆ラーメンにするか選べます。

              多数決で中華麺に決まる。
              コショウ利いているのが効いてきて、旨い。



              おおーお腹いっぱい。

              カルーアミルク頼んだのに、ない。
              ぷんぷんだよ。

              抹茶ミルクに変更してニコニコ。


              ミルクはあるのか、かるーあが切れちゃったか。


              美味しゅうございました。
               
              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。





               
              | ムシマル | お酒呑み関係 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
              帯屋町スタジアムの男呑み忘年会
              0

                「ムシマルさん免許証は持って来られましたか?」
                ムシマルお酒呑んじゃうのに運転しないのにできないのに免許証持ってきた。

                「これで掴み取りができますね」
                これでムシマルは掴み取りができる。しかし掴み取りってどんなんだ!?

                婚活ピンクさんとの会話。

                帯屋町スタジアムのはなし。
                呑みに行くことに。忘年会。2015/12/29とか30のはなし。だいぶまえ。


                店名を『肉バル』と間違えて覚えていましたが、
                『帯屋町スタジアム』が店名のよう。

                カンカンと上る二階。

                高知県高知市帯屋町2−4−12 ユニオン帯屋町2階
                17時〜24時
                無休

                細かい説明よりは、『ひろめ市場の向かい』って言う方が早そう。

                前述婚活ピンクさんチョイスのお店。


                インテリアはオシャレ。飾りの本がある。

                あれ?全然野球場じゃないぞ。
                スタジアムって野球場みたいなイメージでしたが、インドア派っぽいレイアウト。

                売り子さんが野球テイスト。
                ボールガール?なんていうのかよく知りませんが野球ユニフォームをウェイトレス服代わりに身に纏われる店員さん。



                (変わった空間だ・・・)
                ぶっちゃけると野球場じゃないところで見るユニフォーム姿にはドキドキしますねえへへ。


                みんな集まり(7人くらい)宴る。

                ビールにつまみ。


                オシャレ。

                サラダ的なもの。


                オニオンリング的なものもいただく。

                パスタ的なもの。

                今日のおススメパスタその1とその2みたいなものがあって(うろ覚え)、
                こちらはその1だったか。

                うん、平麺で美味しかったですね。

                ここで振り返る。
                この日は急きょその二・三日前に忘年会しないと婚活lineグループで呼びかけがあって忘年会をしようということに。


                その場所がこちらで集まったのが7人(たしか)。
                お互いのトピックを話したり一年の慰労をする、というような趣旨でしたっけか。


                で、その呑み出席の誕生月の人は『掴み取り』がお得にできるそうな。
                『オマール特典』!・・・なんかそれちょっと聞いたことない響きでおじます。

                たまたま、その7人の中で12月当該月生れがムシマルだけ。

                だから免許証を持ってきたのだ。
                ということでファーストオーダー時にお願いする。
                19時ちょっと。

                このタイミングですが、フードメニューはこちら



                だけどフードメニューにないものが、
                カツオのタタキはメニュー表にはないけど頼めるそう。
                表ののぼりに『高知で一番カツオが安くて』とあったから頼む。


                幾らかはわかっていないけど確かに安かった気がします。


                ふむ、塩たたき。



                チキン南蛮?

                きれいだねなんか、
                ピンクだ。


                カルパッチョ。

                こっちもキレイだね。あ、カツオ。

                ?なんだっけこちら。

                ポテトサラダの生ハム包み?
                ポテサラかはわからないが何かを上手に包んでいた。


                パスタその2が来る。

                80分くらいしてきたパスタ。

                オレンジに染まり上げたなシェフ。

                エビ。

                ついに帯屋町スタジアムのイメージキャラ?エビの姿が散見されるように。
                エビ美味しい。


                21時くらいか。
                ここでお声がかかる、

                つかみどりOKになりましたと。

                へー、ガタタ。7人が行く。
                連れ立って中央の厨房、そのすぐそばにある水槽に。

                これか!


                なるほど、ハサミは封印しているのだな。
                これならカマキリにだって負ける恐れのあるムシマルも勝てる!

                よーし、腕まくりして、お父さん頑張っちゃうぞー。父じゃないけど。

                いやしばし。
                あ、これなのか、これでつかむの?
                マジックハンド。

                ふふん相手の武器は封印こっちは遠距離、敵射程外から攻撃。
                敗北する要素が皆無。

                婚活茶色さんに撮っていただく勇姿。・・・勇姿かなあ。まあ今回のハイライト。

                予想以上に手ごたえがある。重みがズシリ。

                相手の盲点というか死角をつく。

                勝利の確信。
                敵は宙吊りにされる初めての感覚に戸惑っているよう。

                うしゃ。

                勝利!「とったどー」


                そのあとのムシマルの戦果が料理に。

                こう!

                わいるどだですねー。

                あー色物枠でなく美味しい。。
                けっこう、これは楽しいかも。

                サングリア。



                美味しかったし面白かったけれど、料理遅さが気になりました。
                複数メニュー頼んだんですが、パスタ1時間ちょい待ち、エビつかみ取り2時間弱待ち。
                あと19時過ぎ時点で〇〇が今日はもうありません、って言われること多かったので行かれるなら早めがよいかも。

                それだけ覚悟していただければ。

                お時間にゆとりある方・お誕生月の方オシャレ店好き方向けー。


                もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                クリックするとムシマルが喜びます。






                 
                | ムシマル | お酒呑み関係 | 16:13 | comments(4) | trackbacks(0) |
                南国市『さかえ』で呑み会
                0
                  ごめん駅。18:40ごろ。


                  いや、この駅、みんなに言いたいんですけど、
                  0番ホーム
                  があるんですよ。

                  「1・2・3・4」じゃなくて「0・1・2・3」番ホーム!
                  なんでだろう?
                  まあそんなことはいいか?


                  待ち合わせ、出発する『さかえ』に。


                  到着。
                   酒処 さかえ 
                  住所  南国市後免町2-8-3
                  電話  088-864-3972
                  時間  17:00〜23:00
                  定休日 日曜・祝日
                  駐車場 あり

                  今日は5〜6人の呑み。
                  幹事はムシマル、
                  ここはムシマルの独善で決めましたー。


                  参加者は香美市〜高知市くらいの人であったので、中間地点である南国市にするが良かろうと判断した。
                  あと途中参加予定の方も、割と来やすいかもと。


                  行くと、個室を用意してくれている。
                  畳にテーブル、エアコン効かせてくれていて、和室というかなんか正月実家呑みみたいな感じ。

                  人数が当日までわからないという不特定要素だったので、
                  コースにせずに何品かだけお願いする。

                  予約笋靴燭箸、
                  「すいません人数が6人くらい、当日になってみないと正確な人数わからんのです」
                  「じゃあ、お鍋とあとお寿司なんかを用意しちょいて、足りんなったら他に注文してもらうようにしましょうかー」



                  で、これがそのグランドスターテイングメニュー。


                  おお?
                  なんかお正月っぽいイメージだなあー。
                  お寿司お刺身お鍋。


                  それではスターティングメンバー5名でカンパーイ。

                  鍋に目を向ける。
                  モリモリです、夢のようだ。

                  龍馬さんのあの南国市が売り出し中のごめん美味くてごめんの南国市は龍馬の先祖才谷家の住まう土地。
                  ごめんケンカシャモ鍋!

                  煮えたぎるほどたぎるのを待て。


                  お寿司。

                  こちらはマグロのづけ寿司か。
                  色が濃いですね。何となしにゼリー感がある。

                  いただく。

                  ムウ、小振りなのもあってきゅっと引き締まっている。
                  海の山椒くらい小粒で、でもピリリと辛くはない。

                  お刺身。
                  なんとクジラが入っている!
                  肝心のクジラ刺身アップ画像がないのはご愛敬。
                  ショウガがかかっていて、くゆんくゆんしているのです。

                  カツオお刺身もありながら、
                  選ばれたアップ画像は

                  ぶりぬた。

                  歯応え良くて高反発。
                  香り独特の、鼻に独特の風味。

                  おいし。

                  ビールじゃなくて日本酒も合うだろうなあ、
                  でもこの呑みで日本酒いったらもう、真っ逆さま真っ逆さま。
                  落ちてしまう大の字で眠りの国に。

                  来てくれたお一方が、
                  駅まで走ってこられた(約7キロ!?)その途中善行を積まれた話など聞きつつ、
                  盛り上がる。

                  ちなみにこの飲み会はイベント参加者繋がり。
                  2015年に行った木を切ったり火を付けたりするイベントの関係なのです

                  鍋は煮えつつビール飲みつつ。


                  お鍋を取っていただき、食す。


                  シャモ肉。
                  お肉の皮部分まで、押し返す力。


                  シャモは今も闘っているのかと思うくらいの高反発。
                  シャモにとって肉るということは、何もかもを押し通すということだから。

                  それに勝つ人間の、歯。
                  すごいよやっぱり人間は。

                  すき焼きの、ちょっと甘口の風味が良くて2杯はいただく。


                  8時半ちょい。
                  もうお一人メンバーが来る。

                  21時半までに二人が去られる。

                  5+1-2で4人になる。

                  ニューメンバーも来たので注文を新たに、

                  大皿よりアジの南蛮漬け

                  しゃものヒモ+たまご。

                  他の方の評価では「くせがあるけどおいしい」「好みがわかれるかも」。

                  うむうームシマルはこんなに好きなのに。
                  まあ臓器系だし、好み出るのは仕方ないか。
                  甘い、あと引く味です。

                  ビールにも、合うと思います。

                  そしてこちら。

                  里芋の唐揚げ。

                  ほっくりとホコホコを上げかためたみたいな珍味。

                  これよそでいただいたことがなくて、ここでよくいただけるので、
                  隠れ名物と思っている。

                  ほの甘く、うまい。

                  「お酒のメニュー表みたいなのありますか?」と女性陣が聞いて
                  大将さん「ごめん、メニューはないがよ」

                  大将さん「なんでも聞いて。チューハイも、ソルティドッグもあるきね」

                  まさかのソルティドッグ!
                  あのグラスの縁にお塩ついてるやつ。
                  美味しかったのですそれも。

                  そしてアルコールに良いことを本能で感じたのかシジミの潮煮。


                  4時間くらいは居て、
                  一人5,000円かもうちょっと。


                   
                  もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                  よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                  クリックするとムシマルが喜びます。



                  終電を逃して、代行で帰る人に乗せてもらって途中で下していただくつもりが
                  なぜか高知市のダンスするお店『GET』に付いて行って千鳥足で踊って4曲で全身にアルコールの効果が覿面に現れて店内で寝て3時起きでいろいろあって始発で帰る。

                  風邪も引かず、媚びず、顧みず、全体的にはハッピーエンドでしょうかー。


                  幹事としての感想としては
                  ・日を適当に決めた(新年会だから1月中だよなという判断)ので、時間調整いまいち
                   だったことですねー。
                   日さえ合えば+5名くらいは集められたかも。ほかの週は大丈夫なのにこの週だけNGが二名くらいいました。

                  ・お店チョイスは満足いただけたっぽい!
                   美味しい+アットホーム+ムシマルが顔覚えてもらってる店ということでチョイスしましたが、欠点がないわけでもなくて。
                   慣れてないと場所がわかりづらい(呑み通りとも商店街ともちょっと離れているポツンとしている)+建物が古め(トイレもちょっと古式)という2点で、
                   いわゆる女子ウケするか心配しておりましたが
                   場所は駅からみんなで行って解決、建物も全然好意的に受け入れてくださる。
                   「ええお店やねー」とか言っていただき良かった良かった。

                  ムシマル的にも初あそこのシャモ鍋いただけてニンニンなんですが。
                  | ムシマル | お酒呑み関係 | 19:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
                  『さんかいのおとうふやさん』で呑み会女子トーク聞きver
                  0
                    現象的には、はるさんがブログでこの記事を書いた時の飲み会話。


                    大丸の向かいにあるドラッグストアを持つ建物の3階。
                    『さんかいのおとうふやさん』
                    住所: 〒780-0841 高知県高知市帯屋町1丁目2−3 大丸 エポカ 3F
                    電話:050-5265-1580
                    営業時間17:30〜24:00 無休

                     

                    三階と山海の珍味的なものをかけているんだろうなー、と思う。

                    お店を取ってくれたのはグリーンさんという方。
                    ではガーッ。ウィーン(エレベーターで上がる音)。

                    おお、新しいお店。2015年のどこかの段階でできた新店らしい。
                    案内される。
                    おお、庭っぽいところ。

                    ちゃんと見てないし撮ってないからあれですが、
                    はりまや橋みたいな赤い橋があったようななかったような。

                    撮ればよかったなー。

                    案内される。個室、和風座敷でふすまの囲い。
                    けっこう広いのであるな。


                    みなさま到着。
                    6人での飲み会。

                    コースは頼まず、お料理を事前に数品頼んでいる。

                    カツオのたたき。


                    せいろ蒸し。

                    お野菜お肉を蒸す、なんともヘルシー系ではないか。
                    女性陣の注文。

                    この注文だけでもチョイス力の的確さがわかる。
                    『さんかいのおとうふやさん』のメニューはこちら

                    何であったか?焼きナスの生春巻き?


                    ムシマルが注文したのはダイコンの唐揚げ。


                    コロモが軽い、大根も濃くない程度に味が染みているので、パクパクいけそう。


                    こ、これは。

                    炊き込みご飯。ライスが全く写っていませんが。
                    おしゃもでかき混ぜるんですが、パキパキとレンコンを割る音が心地よい。

                    レンコンごはん、悪くないなー。
                    これなかなか炊き込みご飯界の中でも一世を風靡したり面目を躍如しそうな一品。

                    あとこれ美味しかったです、味付けしっかり。

                    名前忘れてしまったんですが、野菜炒め的な。ゴボウの香りよし。

                    ウツボ唐揚げ。

                    高知県民はウツボを愛するっていうところを見せたよ。

                    取り分け皿の分だけしかないですが、

                    エビと明太子のクリームうどん。


                    これもなかなかですねー。

                    チキン南蛮アボカドタルタル。




                    他方がはるさん・ザ・ブロガーにお会いしたいということもあって実現したこの飲み会。
                    最後にはるさんが「ブログと、会ってみての印象はどうでしたか?」
                    「はるさんはあんまり変わらないですねー」

                    「ムシマルさんは・・・もっと大柄で、もっと食べる人かと思っていました」
                     
                    食べが足りなかった!

                    そうかー、次回お会いする機会があるならたくさん食べよう。
                    女性と飲むときは多少のセーブをしているのです。
                    あとムシマルは平均身長にけっこう足りてないおちびです。


                    その後たくさん食べた。






                    男性陣で感想戦。
                    「そうかー、五台山そうかー」とか
                    「男性の方に共感しちゃうね」とか。
                     
                    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                    クリックするとムシマルが喜びます。




                     
                    | ムシマル | お酒呑み関係 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    《昼から呑み三部作2》ひろめ市場平日夕方(早め)呑み
                    0
                      ひろめ市場で昼呑みの続き。


                      テレビはまだ、『妖怪ウォッチ』をやっているような時間。

                      「珍味堂でお寿司やってるよ」


                      あれ、前からやってたっけ?
                      高級なやつは1貫200円、あとは100円。

                      くじらありますよくじら。

                      ムシマルは単独行動。

                      タコ焼きくださいな、一人前をポン酢で。

                      安兵衛の餃子も買いつつ(この日は明神丸おやすみ)、たこ焼きお寿司。


                      なかなか素敵な二次会。
                      お寿司の貝が美味しかった!爆貝。


                      食欲が減衰しなかったので、貝の良さに魅入られたムシマルたち、

                      ホタテバターを行ってしまう。

                      いいね今日は冬の貝祭りですよ。


                      あれ、ひろめ市場にミラーボールがある。

                      前からあったんだろうか?気づいてやれなかった。

                      お寿司おかわり。


                      旨し!
                      鮨し。

                      これとかもう、野卑を通り越して鋭敏。


                      あれ、こんなに買ってたっけここで?

                      かにみそと豚角煮。
                      日本酒でフィニッシュしてもいいくらいの多様性。

                      そしてムシマルと職場先輩の間では割とガチガチのガチにヘビロテの注文。

                      チーズナン、あのインドのお店で。


                      モチッチチチイイイチッチチチチチ!


                      柔らかい甘い美味しい。


                      もう満足という生易しい言葉じゃいられないぞ!と。

                       
                      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                      クリックするとムシマルが喜びます。




                       
                      | ムシマル | お酒呑み関係 | 17:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 人気記事ランキング
                      人気記事ランキング
                      + ブログゲスト数
                      ブログゲスト数

                      + カウント開始 2015.1.1〜
                      + はてな
                      + 忍者
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + PR