ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
サウスブリーズビアホール!うふふな飲み会編 
0
     
    酒!呑まずにはいられない。

    今回行くのはこちら

    サウスブリーズホテルのビアホール。
    サウスブリーズホテル


    ご存知、泊まったことないけど利用したことはたくさんのお店。


    ねえ、あれなはなしをすれば合コン。


    婚活で知合った方(男性)に飲み会するから来ない?と。


    18:50くらいに到着。


    呑む。


    ムシマルブログ読者さんがいらっしゃると聞いたの。


    ムシマルは赤面している。

    むしろ読者さんより緊張しているくらいに。

    いやこれは一杯引っ掛けてきちゃったからだ。一杯引っ掛けてきちゃったからだ!
    このエピソードZERO、ひとりゼロ次会はこのあと。

    和風の、畳で座布団の、広いところ。
    そこを2列陣取るのが今回の飲み会。



    さささ。
    すみっこに。


    うわ!

    「赤の座布団が女性で、朱色の座布団が男性です」
    ムシマル、いきなり朱色と赤色を間違い赤に座るオープニングミス。

    赤と朱色って色彩イメージが似ている。これが赤と黒なら間違えなかった(ダメな言い訳)。




    「ムシマルさん」
    「こちらの方が」
    「ブログの読者さんです」

    あらあらまあまあ。
    おかわいらしくていらっしゃる。

    こういうことを現場では言えず、
    このブログで書くこと自体がなんというか、
    ダメな気がします。
    芸能人で言うとどなたになられるのでしょうか?ほんわか系で山口もえ系統?
    よくわかりませんね。


    読者さんの対面に座られた男性さん「瞳がキレイですねー」

    ひゃー。
    うわすごい。自然な感じでそんなことを言える。分けてほしい、素敵。

    トーク力でムシマルはダブルスコア以上の大差がついているなーとは気づいている。



    そういうことを乗り越え、今ムシマルはごはん食べます。
    ・水菜とパプリカのグリーンサラダ
    ・ネギトロたくあん巻き寿司
    ・寄せ豆腐
    ・カツオの揚げタタキ
    ・手羽中唐揚げ
    ・ゴーヤチャンプル
    ・ソルべ


    といった精鋭ぞろい。
    ビール注文。

    記事の続きに。



    続きを読む >>
    | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 15:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
    チャビーズキッチン 期間限定!イタリア料理っぽい店の中華バイキング
    0
      見知らぬバイキング!
      なんて甘美な響きだろうか。


      6/25〜6/27の期間限定で夜バイキングしております、とのこと。


      それを教えてもらった方と食べに行く。
      Lineで教えてもらったのだ。

      ムシマルは始める前まではLineを蛇蝎のごとく嫌っていたが、
      ライン凄いじゃん!

      ラインのいいところその Д丱ぅング情報を教えてもらえる。



      というわけで到着しましたのは
      高知市一宮のチャビーズキッチン(チャビーズさんブログリンクあり)さん。

      来訪は初めて。
      でも店主をお見かけしたことは2〜3回ある。
      草や感謝祭でお見かけしたことあるのだ。


      店主=チャビーさんでいいのか?

      その辺よくわかっていない。
      でもいいんだ。
      わかんなくて。
      いつかわかる日もくるさ。

      高知のサグラダファミリア・沢田マンション卒業生という話も聞く。
      それも今はあまり知らずに。


      バイキングばいきんぐ。

      入店。

      入り口左手の席に。
      バイキング情報くださった方(仮にギターさんと称す)と合流。

      ワンドリンク注文、ノンアルのキリンフリー450円。


      さあ、あとは?
      食う。


      バイキングは2200円。

      90分一本勝負。

      ほほう、いわゆる定番の中華メニューがとことこと。

      ほいこーろーに、麻婆豆腐に、バンバンジーに。

      約8種のおかずに、甘味としてゴマ団子・杏仁豆腐。




      まずはムシマルのターン!

      チンジャオロースに春雨サラダ。
      チャーハンも。





      二手めのゴマ団子(3個)。
      この段階での悪手に見えるが、出来たてをいただくというメリットは細かい差配を超える。
      妙手、後手ゴマ団子!




      熱々のゴマ団子になら花京院の魂を全がけしても良い。



      麻婆豆腐はあっさり味。
      もうちょっとガツンと来てもいいんだぜ。受け止める度量ありますよ。




      中華飯、間違えた、八宝菜うまし。

      美味しいこれ。

      いや、もうこれは八宝菜じゃない。
      七宝菜〜ウズラの卵を添えて〜だ!
      笑い飯さんのネタです。


      肉の旨みが溶けて、餡かけで蔓延している。
      各具がそれぞれのベストを尽くしているようですよ。


      今回一緒に行ったイベント発見してくれたギターさん、
      「中華をちょっとずつ色々食べられる、あんまりないぜ良いぜ」(意訳)
      と讃えられる。
      たしかにそうですねうひょー。

      普段は洋のお店らしく、オシャレ空間。
      ギターが置いてある。

      「気になるね」
      ギターさんというお名前からもわかるようにギターが弾けるギターさん(ムシマルが勝手に付けたのだが)、ギターに興味。

      ちょっと弾きたくなったりもするみたい。

      ひととする話って面白い・・・。
      と思った33の夏。





      「ラーメンが頼めますよ」
      ほいたらちっくと頼もうか。

      ギターさんが厨房に声かけしてくださる。
      うう、ありがたいと思っている。
      何一つすことのできないムシマル、せめて、ラーメンをらげようと思う。

      平らげて成す、「平成」に相応しい一大事業だ。

      とん。
      うむ。半ラー、くらいのサイズ。



      あちちち。

      容器があの、ピクニックとかお花見で使われたりするような薄手の使い捨てのやつなので持つと器がふにゃって曲がる。

      みんなは俺のようになるな。

      ずるるる。



      あ、あっさり。
      メンマ香りが良い。
      お肉もよい、

      ほほう、本格ラーメンっていうよりはもっと軽い場所にある感じ。
      麺も一つの具のような。

      こういうのもいいわなあ。
      WAAANABIIIII!

      まだまだいくよ。


      ユーリンチーみたいな鶏から揚げ南蛮ソース風もあり、
      それをムシマルが取りおいしいオイシイしていたあと、

      「あの鶏肉の下にあったサラダ、沁みてて美味しいね」みたいにギターさん。

      え!ムシマル驚愕。
      肉しか取ってない・・・。

      がた。向かう。
      なし。補充待ち。


      がう。
      ムシマルは泣いた。川ができて、海に達し、命が生まれそうになるくらい泣いた。

      それは嘘として、

      補充待ち・即・食の体制を整えた。
      斉藤一並のポリシーといえよう。



      色々と話したり、
      新しいのが来るたびに取りに行ったり。

      しかしそろそろ一周したようだ。一蹴してやろうか。

      チャーハン2杯め。
      言ってませんでしたが

      チャーハンは炊飯ジャーにinされている。


      食べよい味。
      そんなに尖っていない。炊飯ジャーにしばらくいたことと関係あるかもしれない。


      いつしか補充される大皿が、前に食べたことあるメニューになったとき、
      だんだんまったりする。



      最後に杏仁タイム(註:杏仁豆腐を食べて〆にする時間)

      こっちがムシマルで。


      こっちがギターさん。


      ユーリンチーみたいな鶏唐揚げの下のサラダ、待っていたけど来ず。
      なあに、ムシマルに恐れをなしたに違いないぜ。


      食事終了。

      駐車場は前に数台、後ろにも4台ほど。




      今度、俺、ここの『全米が泣いたフレンチトースト』食べるんだ。



      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。





      7/23〜25に、今度はイタリアンバイキング、
      8/23にチャビ−ズさんで婚活っぽいイベントのようす。




      | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 10:53 | comments(4) | trackbacks(0) |
      kitchen so_ko 1,000円札を握り締めて!プチバイキング 2015/5/29
      0
        バイキングが好き、ムシマル。
        タイカレーが好き、ムシマル。


        両方がいただけるものは?

        大好き!



        さてこういうことでso_koさん、高知市追手筋1丁目の2F。

        に行く。

        何ヶ月に一度のメモリアルバイキング。

        so_koさんブログ(古道具ときどき猫。)かほっとこうちチェックでバイキング情報を窺い知れます。

        前回行ったのはーーー。

        ちょうど一年前!(記事リンクあり)。
        昨日のことのように今はっきりと思い出す。
        揺すって起こしたムシマルをまるでコドモのようにトラブルとは一切無縁で入店。



        ムシマル、基本土日休みなんですが、けっこうプチバイキングイベント日と土曜当番の日や他予定が被ることが多くなんだか来られていなかった。

        じゃあ一年ぶりにお店の方に会ったのかと思うと、そういうわけでもなかった。
        2回くらい別のときにお会いした気がします。
        よさこい祭りのときにお弁当売られていたり。


        来店時、お店の奥様に顔を覚えていただいており。
        どーもと軽く会釈。

        「女性客が多く料理がそんなに減っていないので、がんがん食べちゃってください」と
        励ましのお言葉をいただく。

        もしかして励ましのお言葉でなかったにせよ、たくさん食べようと思いました。まる。

        (おいしくいただいてやるぜ)


        後払いの1,000円
        スタイル。
        自分が先に1,000円を渡そうとしていたことに気づき指摘を受け、財布を仕舞う。

        中央8名くらい座れる卓に(相席)、そこに腰をかける。

        一瞬である。腰掛けたのは。
        すぐさま席をたち、カレーをご飯にかけたり荷物をイスの背にかけたり汗をかいたりするのに忙しかったから。

        カレー。タイカレー。グリーンカレー。

        ムシマルの中のカレー王国がインドからこっちの王制の国になってしまったのはいつからだろう。

        あのときかもしれない。
        いやあのときかもしれない。

        インドカレーも美味しいけれど、インドカレー自体は家カレーに近い。
        どっちかっていうとナンが目当て、外食でインド店に行くときは。

        タイカレーの何が好きって説明しづらいんですがココナッツミルクの食べくちの柔らかさとそれを裏切る刺激?
        ううーんやっぱり言語化は次回以降。


        1ターンめ。

        グリーンカレーにパスタにナスタタキ!になすグラタン。

        カレーを
        ぱくり。
        くはー。
        即効性の。
        直線距離からの辛さ。
        ハイウェイの辛さ。

        ジャブが全部ストレートの威力のような。

        はふはふ。
        犬みたいな鼻になってしまう。いや鼻に汗をかいて濡れていることの比喩表現だ。

        あ、でも昨年よりも汗量が抑えられている・・・?

        辛さが前回よりも控えめなのかもしれないし、
        ちょうど位置取りが良く、エアコンの冷風を即受けできる位置にあったためかもしれなかった。




        ほか。
        パスタ。和風な梅肉のもの。
        食が進む。


        ここの通常ランチは、カレーとパスタとチキン系がメインの様子。
        実際、この数日前にバイキングイベントでないものを試してみようと行ったら、
        遅くて満員で食できなかった経験を持つ。

        パスタはこの食べやすさ、危険。
        パスタだけでお腹いっぱいにしてしまうのは惜しい、この場では。
        ほかの料理は外国感に溢れているから、パスタは和でバランスを取られたのか?

        ナスのタタキも語らなければ。

        ナスタタキがあるお店は無条件に良店とムシマルは決めてかかっているが、
        そんな条件反射、よだれの出る犬のようなマネをしなくても良かった。


        ナスタタキ美味しい、
        素揚げの具合と酸味ダレの沁み具合とがあいまって、いいおかずになる。
        大きさがいいのかもしれない。

        大きめに切ったやつだと水分が残っていることもあるが、こちらはカラッと。
        のちポン酢でじょわっと。

        水気が多いと味が薄いように感じてしまうムシマルにとってはボッチリ。


        あーお酒もほしくなっちゃう。

        我慢する。







        2ターンめ。

        よう、ハンバーグ、行っちゃっていいかな?
        行く。


        2ターンめは
        チキンカツにハンバーグにポテトに、謎の豆腐。
        挽肉とトマトのっけライス。春巻き。


        前半だけ見るとバーガーショップのようだ。

        ハンバーグはホロホロと。
        うう、この肉のツブツブ感、いいですなー。
        これだけでご飯がいけるし、パンを挟んでもいいし、カレーに入れても大活躍するだろう。
        万能。

        春巻は一年ぶりのタマゴサンドみたいな具。カラッとした感じに密度のあるこまいゆで卵
        が合う。

        ああ、これ美味しい。

        ずんだ豆腐か何かか?
        緑色の豆腐に、豆を想起していた。

        ぱくり。
        なんだろう。豆の確信が持てないまま、美味しくいただいてしまう。


        その謎は後半に明かされる。
        記事の続きに続く。

        続きを読む >>
        | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 00:00 | comments(6) | - |
        ビュッフェレストラン EZE 2015年の5月
        0
           
          ムシマルブログの華、バイキング・ビュッフェに足りないものが。

          そう、「2」になってからまだビュッフェレストランEZEの記事がない。


          というわけで行く。

          初めての方に、説明しながら。
          ここは高知のおまちの辺り、高知パレスホテルの1F。HPリンクはこちら。
          そこにあるバイキング。



          ここの売りは野菜。
          自然派ビュッフェの呼び声も高い。

          もう、野菜なんてこんなだ。




          月によってけっこうメニューが大きく変わる。
          ムシマルが行った2015年5月は

          [5/1〜5/31のメニュー]
          5月は日高村・霧山茶業組合さんのお茶を使ったアジアンテイストのお料理が登場。洋菜・和菜はもちろん、デザートもたっぷり食べ放題でお召し上がり下さい。


          ということ。

          4月はわかりませんが、3月は「トマトdeスパニッシュ」だった模様。
          そんな風に、いろいろ変わる。


          12時前に着席。
          後払いだよ。
          広い店内は、しかしお客さんでいっぱい。
          マダムっぽい人などを主に、女性率がかなり高い。

          よっしゃ。
          行ったろやないか。

          はい、1ターンめ。
          ムシマルのバイキングはターン制なのです。


          まずはサラダ。ドレッシングは複数選べるうち、シーザーなやつ。
          ごはんは古代米(普通米もある)。
          古代進のファンであるムシマル(ダウト)は古代米でご飯を進ませる。

          ムシマル内のヤマトが発進していく。

          そしておかずを数え上げる。
          ・季節野菜のフリッター・・・ニンジンなど。歯応えを残す感じでいい。
          ・四万十町産ニラの韓国風チヂミ・・・もっちりとおいしい。でも気付いた、この膨らみ加減はボリュームはすぐお腹いっぱいになっちゃうと。
          ・あと副菜ちょこちょこ。




          あとはお気付きであろうか、容器も木皿。
          美味しく平らげる。

          ここで火がつく。
          何に?
          食い意地に。


          食べ尽くす"美味さ"
          なんてわかりやすい・・・・・・・・・

          ムシマルの身体は人間でできているが本当は
          食べものでできている

          最初にミルクを飲んだときから
          大きくなるために食べて・・・
          食べるために生きて・・・
          生きるために食べて・・・
          食べて 食べて 食べて 大きくなるために 
          美味しいもののために 
          美味しいものを食べるために

          生きてきた

          心で叫ぶだけなら・・・誰も文句は言わない・・・
          全部・・・
          何もかも食べてやろうか
          ※1


          記事の続きへ。
          続きを読む >>
          | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 20:35 | comments(4) | - |
          ピノッキオ 高知市の土佐道路
          0
            ピノッキオに行く。

            1,980円。

            2013年末くらいにリニューアルっていうか経営が変わったんだって。
            ムシマルは仕事中運転中のときにラジオで新オーナーがラジオでPRしたのを聞いた。


            へー、どう変わったか行ってみよ。


            コリーヌさん、ムシマルにとってはたぬきのケーキが好きだった場所。

            いまはもうムシマルの脳髄にあるコリーヌのたぬきケーキ。


            あ、ピザの種類増えていないか?


            で、季節ごとか、ひと月ごとかわかりませんが、
            数種のレギュラーメニューに混じってイレギュラーのメニューも混じるようす。

            で、人気のあるやつがレギュラーメニュー入りしちゃったりね。
            そうゆうこと、あるよね。



            スタイル自体は以前と一緒、
            パスタとピザを一品ずつ注文するティモシースタイル。

            ティモシーって言うのは口からでまかせ。




            ふんふん、まあ大体は一緒。



            最初にサラダ!

            けっこうサラダ種類あります。

            パクパクーとしていたら、ピザ。



            なにピザでしたっけ?
            “屬覆里漏个┐討い襪鵑任垢。


            ピントがあいたいときにあえない、あえなくてあいたくて震えてしまうんですが、
            とっと生地厚めのもっちりスタイル。

            これでけっこうお腹張っちゃいますだ。

            こちらは秋鮭の和風スープパスタ。


            ああ、パスタっぽくない。
            北海道っぽい。

            上品な煮汁につるっとした麺を入れたみたいな。
            けっこう白菜の味香りが強い。

            そう、白菜もあるとお鍋を連想しちゃうなー。


            変り種枠というか、まかないから生まれた枠でしょうかね。


            ムシマルは餓えた獣。
            死せる餓狼家畜の安寧虚偽の繁栄なのです。

            端的に言うと、ビュッフェおかわり。


            焼きそばにハンバーグにグラタン。
            子供のころに大好きだったものの三銃士。

            「我ら生まれたときは違えども、死ぬときは一緒!」

            それ、三国志ですけどね。


            今でも焼きそばとグラタンとハンバーグが大好きであることは付記しておく。


            サラダ2。
            ムシマルはサラダを食べることを覚えたよ。

            ワカメのミネラル分で回復を目指すぜ。

            PSゲーム『エアガイツ』ダンジョンモードでは、ミネラルを取ると器用さが上がるよ!





            美しくないふちに付き具合ですが、カレー。



            あ、うまいうまい。


            こんなものもある。

            だし!

            お茶漬けみたいなのができるよ、っていうダシ!

            これは以前無かった気がする、でもピザとパスタがウリなのにまさかの和!!

            やっぱり此処が日本だからかな?
            和に引っ張られている。

            コーヒータイム。
            デザートタイムに移行するのだ。



            この、大げさな音を立てて出る注ぎ方!
            いやーやけにセクシーな紫ピンクな発光もするし、コーヒーって大げさなマシンだよなあ。


            デザート、ムシマル以前も言った気がしますが、
            高知が誇るバイキング「EZE」よりもデザート豊富。


            ブランマンジェに金時芋。
            おイモには、自由にクリームやあんこをかけてください、って言う
            イモに対する非情な自由度。



            あえての黒蜜。


            うん、くろい宝石だ。


            デザート大国、ピノッキオ。



            チーズケーキ!ゼリーをくすくしゅにしたもの!プリン!


            それを『進撃の巨人』の巨人みたいに食べる。
            1.6m級奇行種。




            食べた。
            あー、口からの「甘いいき」。
            マタンゴみたい。


            効果はムシマルにのみ届き、帰って寝ました。

            もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
            よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
            クリックするとムシマルが喜びます。



            うーん、大きな変更はない気がします。

            何でもありますね。
            イタリアンにもっと特化したほうがイイかなーって素人ムシマルは思います。


            | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 20:19 | comments(2) | - |
            大津食品団地バイキング 2015年1月3週めの食べ放題は、タイカレー!
            0
              高知市大津の高知県食品工業団地組合会館内食堂


              DVC00738.jpg

              今日は・・・。
              DVC00093.jpg

              !!!タイカレー!


              11時〜13時の、週1回火曜日やってる大津団地食堂バイキング。

              今日はなんとタイカレーじゃん。

              入店。550円

              前来たときは500円、消費税8%になってから+50円になったみたい。


              前払い、無事に終了。





              うふー、記事の続きに。
               
              続きを読む >>
              | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 09:15 | comments(0) | - |
              風良里『モーニングバイキング』 2014年10月
              0

                嵐の朝、風はもう唸っている。
                秘め事のようにこっそりとモーニングバイキングに行く。


                料金を支払う。
                780円、それが満腹への片道パスポートだぜ!


                さて、お皿を持って、ぶらぶら、おお!

                唐揚げ!
                満足感が違いますね、モーニングバイキングに唐揚げがあると、肉があると。

                グラタン!



                マカロニのやつ。
                子供の頃、小学生2年生くらいのころ、
                ムシマルにとってグラタンは西洋代表凝った料理代表でした。

                『ミスター味っ子』の影響もあります。
                マカロニの中になんか詰めたんでしたっけ。
                それともナスをなんかしたんでしたっけ、
                うろ覚えだけれどもムシマルに多大なる影響を与えた。
                偉大なマンガ。

                『ミスター味っ子供戮虜埜紊諒駆け足感はウサインボルト並みでした。

                そういう、ひと皿目。

                唐揚げ、ポテトサラダ、キャベツサラダ、グラタン、茄子タタキ。

                肉野菜乳製品、すばらしい。



                野菜をセンターにおいて、最初に食べる。
                ああ、茄子タタキ。


                しゅんでいるのです、味が。
                一人だけしゅんじゅう戦国時代を勝ち抜いてしまったかのようなお味の沁みこみ加減。

                ポン酢的存在が茄子的存在を上のほうへ押しやる。

                もう戻れないくらい茄子。


                グラタン。モチイっとして安定感のあるお味。
                唐揚げ。チリソースという触れ込みで、辛いものをイメージしましたが、
                むしろほの甘い。
                唐揚げ肉自体のしっかりした味つけもあいまって、ビールと親和性が高そう。

                うう、朝食べるのがもったいない、
                そう思ってしまう俺は歪んでる。
                今になって、胃袋が欲しい。


                記事の続き。
                続きを読む >>
                | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 13:55 | comments(0) | - |
                居酒屋『王様』 
                0
                  ホットペッパー11月号に載っていた『王様』に行く。
                  11月いっぱいまで平日はドリンク100円とか。

                  お得、それはムシマルを蛾のように引き寄せる。

                  ポップな看板。

                  2階。階段上がる。

                  一段上がる、靴は履いたまま。
                  席は、半個室みたいなやつっぽい。
                  カウンターはなし。

                  4人掛けを一人で使う。

                  どうしようかな。
                  ドリンク2杯呑んで200円、2〜3品頼んで1千円台でべろべろになれるのではないか。

                  とおもっていると。


                  店員さんに、
                  お一人様でも『食べ呑み放題』ができます。しかも今なら
                  3,000円→2,500円
                  3,500円→3,000円と500円引き。

                  食べ放題かー。
                  最初の固定セットみたいなのが来て、それを消費しつつ一人一品ずつのオーダー。
                  てんてけてんと同じようなシステムなのか。


                  食べ放題と聞いて引き下がるムシマルではない。
                  2,500円(いつもは3,000円)のコースに。
                  +500円の3,000円コースだとモツ鍋とか刺身とかプラスされるみたい。

                  あれ、こっち3,500円のほうの写真だ。



                  ビールとサラダが来る。セットのやつ。

                  ぐびぐび。

                  そんなにせずに、お刺身ととんぺい焼き。これもまた食べ放題コースに最初についてくるやつら。


                  お刺身はタコとマグロとサーモンとタイ?ヒラメ?
                  鯛(仮)はおいしかった。
                  ほかは多少水っぽかったかも。

                  とんぺい焼きは安定のソース味。

                  枝豆と、フライドポテトと春巻き。



                  お腹いっぱいになるね。この時点で。




                  あれ?またとんぺい焼きみたいなのがでてきた。

                  豚肉入り、
                  ?食べ放題についてくるセットにはウインナーが初期サービスで来ると書いていたのですが、とんぺい焼きみたいなのふたたび?

                  あ、オーダーしよう。
                  最初についてくるやつを全部食べきらなくても頼んでいいみたい。

                  呼び出しボタンを押す。来る。
                  「肉豆腐ステーキを。あとビール」


                  来た。
                  お豆腐の上に豚肉の焼いたのを入れ、ネギとピリ辛ドレッシングをかけるというやつみたい。

                  思っていたイメージと違う。
                  こう、鉄板みたいなやつで来るかなと、肉は牛肉かなと。

                  まあこういう予想して、実際来たやつとの違いを楽しむのもあり。


                  お味はまーまー。
                  ご飯のおかずよりはビールのアテとなるお味。

                  メニュー冊子が大概写真付きのりぐったやつ(ファミレスみたいな)なので、
                  写真に載ってさえいればどんなものが来るかはイメージできます。

                  豆腐肉はメニューに載っていなかったのです。



                  ポーン。呼び出しを押す。
                  「オレンジサングリアを」

                  容器がドリンクバーのやつっぽいですね。
                  飲みやすい。さすがオレンジ。


                  「あとカルボナーラを」


                  カルボナーラはしょっぱかったです。
                  しょっぱめにしたのをタマゴで中和してねってことでしょうか。

                  うーん、しょっぱい。

                  ふう。大体制覇。


                  次は豚トロにしようかな。
                  ぽーん。
                  ・・・・・・。

                  来ない。2分経つ。

                  押し切れてなかったか、ほかの人の呼び出しベルに掻き消されてしまったか(ムシマルは飲食の注文受注接客業で働いたことないのでどんな仕組みかわかっていない)。


                  今度はしっかり。
                  ぽーん。よし鳴らした音も間違いなく確認。

                  来ない。


                  2連打。来ない。


                  気づくと店は喧騒で、隣の半個室にもハンガーにかかった服が見えていたりと、混雑の様相を呈し。
                  来ない理由はわかる。わかった。
                  忙しさであろう。
                  理由がわかったからといって、ムシマルが手を緩める理由にはならないんですけれど。


                  ぽーん。
                  来ない。


                  結局最初に押してから13分くらいして、
                  店員さん到着。



                  「豚トロを」
                  「・・・料理の注文は以上でよろしいですか?」

                  んー?
                  「食べ呑み放題ひとり1回につき1オーダーって書いているんですけど、何品も一度に頼んでいいんですか?」

                  「あ、食べ飲み放題だったんですね、失礼しました。」
                  食べ飲み放題のメニューを指差して言っているのに?

                  大丈夫なのか現場はよっぽど混乱しているのではないかなんで現場で呼び出しが流れるんだ事件は起きているのかという思いになるが、


                  まあいいや。
                  新店だし。


                  ・・・・・・来ない。
                  ちびちびとサングリアと枝豆残りを消費する。

                  ひととき待ってはふたとき信じ、三つとき疑い四つとき祈り、五つとき諦め六つとき焦り、
                  ななとき折れては八つとき曲がり、ここのつ待ちわび
                  十でとうとう・・・ぽち。
                  ポーン。

                  「はい」来た。来てくれた。
                  呼んだら着てくれるのがこんなにうれしいものとは。

                  「日本酒の桂月と揚げパンバニラ(そんな名前ではなかったかもしれません)」

                  このときはだいぶお店に対する信頼性が下がっていたときで。
                  「お猪口は一つでかまいませんか?」
                  って確認されたときには
                  (何人もいるように見える?)
                  ってちょっと反射的に嫌口というかなんか言いたくなってしまいましたが
                  (お店のマニュアルなんだ、新店なんだ、怒るところじゃない)と我慢。

                  どうやらちょっと機嫌を損ねていたみたい。

                  ムシマルは、料理が来るのに時間がかかるのは全然平気なんですが、
                  呼んでも無視されるとか、オーダーが通ってないとか頼んだのと別のものが来るとかされてしまうと途端に機嫌が斜め、いやもっと傾くかも。

                  なんというか存在の耐えられない軽さというか、
                  自分のことをきちんと認識されていないのではないのかというコンプレックスから来る気がする。

                  途端に、
                  (あっそう、ムシマルの声が通らなかったか。じゃあ次は大絶叫で注文しようか?)みたいな極端に走りたくなる。

                  実際オーダーが通ってないことちょくちょくあるのだ。





                  10分後。


                  来た。

                  あれ、豚トロを追い抜いてきた。
                  ぱくり。甘い。
                  食べ放題にデザートも入っているのはうれしい。
                  飲み放題のソフトドリンクにコーヒーもあればもっとうれしいところだが。

                  よっぽどかかっているのか時間。

                  日本酒をちびり。

                  桂月で頼んだのに銚子が「土佐鶴」印字。
                  中身はきっと桂月さと思うが、信頼関係が崩れ気味なのであまりはっきりしたことがわからない。



                  店員さんが来る。
                  「ラストオーダーの時間になりましたが、ご注文はかまいませんでしょうか?」

                  ・・・・・・
                  「豚トロが来ていないんですけれど、30分くらい前に注文した豚トロが」
                  「それが来たならいいですでもだいぶ前に頼んだやつが来ていないのにラストオーダーって言われるのはちょっと・・・・・・」

                  店員さん「確認してきます」

                  ・・・あー。
                  これ考えないようにしてたけどオーダー通ってないパターンだ。
                  30分だもんなー。

                  後から注文したバニラ揚げパンが10分以上の大差で追い越しちゃったもんな。
                  ウサギと亀の競争いわく、どっかで寝てるよこれ。

                  何人もが頼んで一人抜けるなら(ショックだけど)まだわかる。
                  1:1で1品頼んで忘れられたとしたらショックだ。
                  『シッ〇ス・センス』みたいにムシマルはもう死んでいるんじゃないか。

                  日本酒。呑む。



                  豚トロ、来る。女優みたいに待たせたやつが来る。

                  店員さんはすごく平謝りで遅くなってすいませんと言う。
                  また、飲み放題のラストオーダー延長いたしますと言う。


                  お肉を食べる。
                  デザート後の肉。アウトオブ別腹。
                  うん、やわらかい。

                  甘いやつを食べたあとのせいか、調理者の味付けがそうなのか、しょっぱく感じる。
                  日本酒はすすむ。

                  食べ終わる。


                  ブラッドベリ本を持ってきていてよかった。



                  お会計は
                  2,500円。

                  2,500円で
                  ビール2杯サングリア1杯日本酒1合。
                  枝豆刺身とんぺい焼きフライドポテト春巻きサラダ+カルボナーラ+豚トロ+肉豆腐ステーキ+揚げパンアイス。
                  お腹いっぱいになる。

                  店員さんはお会計時にもすごく謝っていた。


                  感想としては、
                  一人で来ることはしばらくない。

                  2014年11月いっぱいは開店サービスでお安くなっているし、
                  店員さんもまだ慣れていないだろうし。
                  混雑が予想される。

                  落ち着いてオーダー漏れとかなくなったころでしょうな、行くとしたら。
                  じゃあ2020年頃にお会いしましょうー。

                  | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 17:51 | comments(0) | - |
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << March 2017 >>
                  + SELECTED ENTRIES
                  + RECENT COMMENTS
                  + CATEGORIES
                  + ARCHIVES
                  + 人気記事ランキング
                  人気記事ランキング
                  + ブログゲスト数
                  ブログゲスト数

                  + カウント開始 2015.1.1〜
                  + はてな
                  + 忍者
                  + MOBILE
                  qrcode
                  + LINKS
                  + PROFILE
                  + PR