ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
2015幡多地区の旅その12 土佐入野駅の無人駅にある有人ケーキ屋『ケーキ職人 やまもと』
0
    土佐入野駅に、美味しいケーキ屋さんがあると聞いて。
    聞いてというか、観たのだ。



    BSジャパンの『聞き込み!ローカル線の旅』
    IMALU氏と東国原元知事が高知の宿毛〜窪川を巡る旅でここを訪れたのだ。
    土佐入野駅「ケーキの職人 やまもと」

    無人駅にケーキ屋さん。

    ロールケーキや焼きチーズ。

    やまもとぷりん184円。バーナーでグラニュー糖を炙る的な。

    IMALU「なにこれ」「たまごにこだわりが」

    東国原氏「うまっ」となっていたのだ、

    という映像を。


    帰りに寄る。

    ここか。
    『ケーキの職人 やまもと』


    これはムシマルの勘であるが、山本さんが店主の方か。名前的に。


    駅に入る。12月2週目のこの日、クリスマスムードがちらほら。


    あれ、どらやき販売のやまもとみたいな表示があって、そこは無人?


    あ、逆手に有人店が。

    2カ所お菓子屋っぽいところがあって片方はフェイク(販売だけ用店舗?不明です)なので注意。


    お店に入る。


    あ、さっきの婚活で会った方々。
    ムシマルが「俺はここに行くんだ」「有名人も絶賛したんだ」、ってPRしていたのもあり帰りに寄られた模様。
    わーいムシマルの言葉が影響力をもたらしたぞ。

    お店の方(おそらくやまもとさん)に会話、
    「テレビ効果はすごくてシルバーウィークはものすごい行列ができていましたよ」などと往時の思い出を語ってくださる。


    そして、クレームブリュレを見る。
    あ、ブリュレじゃないのか記憶違い?
    やまもとプリン170円(表記は税別)

    おおステキ。
    見やるが、ちょっと惹かれるメニューが。

    それはシュークリーム


    ムシマルの観たテレビではクレームブリュレが美味しいと言っていたが、
    写真では『ブリュレ』150万個!っとあるが
    『シュークリーム』は200万個!!

    やまもと店主
    「大阪や東京と、高知では好まれるシュークリームが違うんですよ!これは高知県の方にご満足いただけるように作ったシュークリームです」

    これは買わねば!
    ムシマル目下の最重要デザートはいろいろあってシュークリームなのだから。

    一個108円。
    購入して、


    すぐ外のテラスというか公園っぽいテーブルで開封。
    封印を解く。
    そこには希望がありましたとさ。

    価格:税込108円(2015時点)。客観的に見て安いですね。

    形・サイズ
    Mサイズ。すこうし小振りかな。     


    薄めの皮生地。
    蓋にはなっていない。クリームはお尻から注入タイプ。


    クリーム:
    お、匂う、香る。
    クリームはしっかりしている。流動性は低い。
    見た目からして一途に甘そう。ほんのり黄色がついて、見た目に甘そう。




    甘さ:
    ぱく。

    これか。
    クリームの濃厚さ。
    バニラエッセンス香りの強さ。

    どちらもを強く感じる。

    やまもと氏の言葉を思い出す。
    あれ、半月経ってから書くともううろ覚えになってしまっている。
    「大都市の人はシュークリームに滑らかさがある方が人気がある。でも高知ではどっしりと一品で満足感を感じるものの方が良いみたいだ」
    ・・・でしたっけ?違っていたら申し訳ない。そんな風な発言。

    その言葉通り、満足感・濃さという点に重心を置いているのがわかる。


    クリームも、見た目より重量級。


    揺すってもフルフルしないかも、ってくらいに安定しているのである。
    ちいさいのにクリームの味がたっぷり楽しめる。
    (小さい巨人だな・・・)

    おもわずに自販機でコーヒーを買ってしまう。アイスを。

    しまった!ホットはもう少し右にあったのか。
    よくある失敗を旅先でうっかりとしてしまう。
    しかし粗忽を笑いに変えるすべもなし、

    こんな時に隣にいてくれる誰かがいれば、なんてな!



    甘さの攻撃力といったものを感じる。
    高知県民はこういう味が好きなのか、奇遇だな、ムシマルもだよ。
    ムシマルも高知県民ながやき。

    楽しむ。

    あとから2人さらに婚活時にその方々にもムシマルアピールしていたために女性の方が買いに来られる。
    ※この場合のアピールとはムシマル自身のことでなくてあのお店についてのことです。

    イベントではムシマルと女性はカップリングできなかったが、
    女性とこの店とは、4組引き合わせた。


    それは成果というか戦果と言えるだろう。





     
    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

    やまもと
    昼総合点★★★★ 4.2

    関連ランキング:ケーキ | 土佐入野駅浮鞭駅


    2015幡多の旅シリーズ完
    | ムシマル | 甘味・デザート | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
    『mimiusagi』 ミミウサギ、ねこしっぽ。 高知市薊野
    0
      甘いものが、好きだ。
      あんまりその素振りを見せていないかもしれませんが。


      初めて来る。甘味カフェ「mimiusagi」さん。



      薊野の、TSUTAYAやサニーマートより少し西、
      しなとらのある信号を南へ。

      するとすぐ見えてくるのが、


      ミミウサギ 
      高知市
      住所: 高知県高知市薊野西町1-24-19
      定休日:火曜日
      営業時間:11時〜18時


      こんなところにこんなお店があったんだなあと意外に思う。
      一本入っただけで知らないことの無明は増える。

      ふむう、入店。
      お店サイズはそんなに広くない、4テーブルとかそれくらい?

      席風景。

      ムシマルは予約してないんです。
      空いている予約席を激写しただけなんです。
      ムシマルがついた席も、でもこんな感じです。

      ご覧いただいてわかるように、イスが可愛い。
      背もたれ低く、コンパクト。

      店内の雰囲気は何というんでしょうかね、洋風のフローリングなんですが、和のテイストがある感じ。
      一角に赤い和傘がころんとしてあったりと、風情ある。

      店内では音楽。女性ボーカルの声が音量も心地よく流れてくる。
      西野カナかな?

      DAM音源。


      まずメニュー見る。
      うさぎ。
       
      パフェか。
      いっぱいある。

      ああ、和甘味。

      和も洋も、ワオ。
      食べもの30品目以上あったような気がします。
      夏はかき氷も各種。

      迷った。

      悩むなー。悩んで悩んで。
      これを選んだ。

      うさぎさんが上部に鎮座まします一品。




      その名も、
      うさぎパフェ。800円。

      ソフトクリームにフレーク、フルーツ。
      抹茶アイス。小豆。
      ちょっとだけ和風の雰囲気。




      いやー完璧なうさぎ感。
      影絵で出てきそうなくらいのシルエット感と、逆にウサギの白さが見事に投影されている。

      ムシマルはうさぎが好きで、うさぎ島に行ったこともあるくらい。

      (まだうさぎがいるよ)えっ!

      ほんとだウサギ。パフェグラスを載せる台さえもがウサギ。

      うさぎとうさぎが被ってしまった。いや、ヒトこれを揃えたという。
      こいつはやられたな。
      スプーンの柄はなぜかブタさん。



      あつあつ白玉580円

      こんな風に湯引きをして、きなこ黒蜜あんこのお好みの調味に付けていただくアズユーライクスタイル。
      これにはお茶がついている。

      オママゴトじゃないけれど、こういうちょこちょこした感じ楽しいですね。



      ごまアイスも鮮やかな、京風パフェ950円くらい。

      わらび餅や緑茶寒天などもちりばめられた、和の星屑プラネットみたいな一品。
      ごまアイスか。あ、グラスの底の方は抹茶アイス。
      なるほどアイスが二層。
      これにもお茶がついている。


      あんみつ姫680円。


      あらこっちにもうさぎさんがいらっしゃるわ。
      こちらにもお茶がついている。

      ムシマルくらい敏であれば、器が可愛いってことに気付くと思う。
      器には羊さんとキリンさんがいらっしゃるだ。
      キッズ好きのするデザイン。


      フルーツいっぱいで、そのままでもいいし黒蜜かけもOKというなんともね。

      寒天だあんこだアイスだ。
      果物だ、バナナだキウイだオレンジだ。苺も。

      姫の名を冠するにふさわしい彩り。


      ○実食

      さあ、パフェだ。
      完璧を語源とするパフェ。
      ムシマルが手を入れるとこの完璧が消えてしまう気がして手が出せない。

      しかし、このまま何もしなくても溶けて消えてしまう。
      朝には。春には。いやもっと早いけど溶けるの。

      (この儚い食べ物は自分が食べないといなくなってしまう)

      食べる。
      甘い。
      あまったるんたるん!

      いろんな甘いものが来るー。
      (2016年いっぱつめ。)


      パフェ上のうさぎをいただいてみる。
      ぱく。

      しゅわっとして、もしゅっ。
      なんでできているんだこのうさぎ。

      寒天みたいにプルプルしてない。
      いったいなんなんだ。

      白い兎が逃げる、ムシマルの観念から。



      アイスで冷える。

      お茶、お茶。
      ない。
      あんみつ系や京風パフェにはあるお茶が、ない。

      (お茶が、ない。)

      何気なしに頼んだがパフェ頼むの久方振りでした。
      パフェってボリュームあるんだなー。

      抹茶アイスと小豆のゴールデンコンビはあっさりとムシマル口内の侵入に成功する。
      ダンボールのスネークくらいたやすくだ。

      和寄りに食べなれた味を、いろんなものがコーディネート。

      アクセントの酸味、いちご。
      食感のまじつし、コーンフレーク、
      少し下まで行けばソフトクリームがお出迎え。

      あ、下層はソフトクリーム一色かと思いきや下の方に眠っている。

      抹茶寒天か。
      あと白玉もある。

      フニクリフニクラしていてよい。
      白いソフトで覆って隠していたわけか、その隠し立て精神は評価しなくてはな。


      完食。






      あとはインテリアを見る鑑賞タイム。
      ウサギの皿が壁に飾られている。

      外縁がごてごてしている対比でちまちましたウサギかわいい。


      あとインテリアといえばこれ。特筆。

      この時計を見てほしい。
      見守ってほしい。

      しっぽうねうねが時を刻んで可愛いのだ。
      写真を2枚撮ったのだが、どっちも同じ尻尾位置というミス。
      連写にすればよかった。


      あとレシートの裏まで可愛い!
      いやあ、かわいいはつくれるんだなあ。


      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。



      別れ際、決心して店員さんに聞く。
      「ここには移転されたそうですが、いつ頃されたんですか?」
      「(2015/11時点で)だいたい3年ぐらいですよ」と。

      ほほう。あ、前は高知駅前にあったのか。
      言われるとなんとなく覚えが。
      hirakuさんの前場所?


      | ムシマル | 甘味・デザート | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
      緊急企画!南国市シュークリーム対決 『シャン・クレールVSポティロン』
      0
        ペロリでシュークリームを食べ損ねて以来、
        ムシマルはシュークリームのことをまじめに考えるようになっていた。


        そうだ!
        食べ比べてみよう。


        そういう思想になった。


        食べ比べる。評価する。
        ムシマルの主観になってしまう。ごめん。主催・審査員・司会進行全部俺なんだ。


        ええとそう、ペロリ行ってシュークリーム売り切れだったとき、口がシュークリームを欲する形になっていて、別店のシュークリームを思い浮かべた時にけっこう浮かんだ。

        南国市って、意外とシュークリームの良いところ多いのではないか。


        昔、南国市観光協会かどこか主催で『S(スイーツ)ー1グランプリ』という
        企画があり、それの参加でふらふらと南国市界隈の甘味処をうろついたことがある。


        また、シュークリームというのは、
        『ハチワンダイバー』にもあるように、安く美味いのです。



        というわけで、今回2店で購入。


        価格・サイズ・皮・クリーム・甘さ
        この5項目で評価するぞい。

        あとムシマルの主観・好みですが、
        甘さのハッキリした、お茶請けになるものが好き。
        だから、ムシマル評価が低いとしても、ヘルシー派の方には逆にすばらしいかもしれない。


        1店目。
        シャン・クレール。
        すぐそばに和菓子屋さんがあることでお菓子のシナジー効果が見込まれる洋菓子店。
        お、店頭近くにあるでかい貼紙布を見ると、シュークリームの写真に『No.1』と書いてある。

        期待が持てる。

        この看板ではマカロンとロールケーキとシュークリームのどれがナンバーワンかはわからないが。

        がー。ドアが予想した通りに開き、入る。
        招き入れてくれる感じだ。

        きょろきょ、1.5きょろくらいでシュークリームの場所を見つける。
        130円。税込みで140円

        あ、「注文を受けてからクリームを注入します」的なことが説明文に書いてある。
        できたてなのか。絞り立てほやほや。

        シュークリームを一個ください。
        少しお待ちくださいと厨房の方にシュー生地を持っていく。
        あそこで絞られているのだ。
        おこられない意味で絞られるのは良いことだ。


        お会計を済ませる。
        無事に受け取る。



        2店目。
        ポティロン
        DVC00220.jpg
        画像は初来訪の時のものですが、行った10月某日、ハロウィン近いらしくカボチャの飾りがありました。

        ムシマルがおお、隠れ家的!と思ってときどき行くお店。
        駐車場も空いている。1台か2台しか停められないのだ。
        グッドチャンス。

        あ、シュークリーム3種出ている。
        普通のと、・・・ラム酒入り!
        あとチョコシュークリーム。


        普通とラム酒入りはお値段一緒で250円か、
        チョコシューは280円。

        ラム入り購入。

        よし、無事これ幸い。

        では審査。








        シャン・クレール
        価格:税込140円。

        形・サイズ
        Lサイズ。ムシマルの握り拳と互角。
        パカッ。あ、上蓋が開くタイプ。
        なかからサザエさんとタマが出てきてフリフリ踊りそう。     


        お、焼き色もついていて香ばしい。ぐしゃっと砕ける脆さを持つ(脆くなかったら食べにくい)。


        クリーム
        しっかりしているというか、ちょっと固形っぽい。
        冷たいと気持ちがいい。クレームブリュレの割れた下部分みたいな感じがする。



        甘さ
        ちょうどいいくらい。
        この場合のちょうどいいというのは、
        お茶請けにもできるしこれ単体でもいけそうなくらいのバランスという意味で言った。


        美味しい、総合平均が高い。段階評価のグラフを作ったら、とがってないきれいな図形ができるんではないか。

        ポティロン
        価格
        税込250円
        シュークリームの中では高めだなーと思う。

        形・サイズ
        Lサイズ。シャン・クレールと同等。
        お、横穴からクリーム注入方式。



        ぶ厚く見える。脆い衣。



        クリーム:
        うわぁーー!
        な、中までぎっしり詰まっている。空気の逃げ場がない。

        もしシュークリームが沈没した船だったら、生存は絶望的。
        でも安心するがよい、シュークリームは沈没した船ではないよ。
        いきる。

        クリームがドロリッチとしている。

        甘さ
        うわぁー!
        ラム酒の風味が思ったより利いている。あとバニラビーンズ?
        クリームが波のように押し寄せてくる。
        満足感がすごい。




        さあ、勝負ということですが仲良くノーサイドってことでも良いのです。
        どっちもとても美味しいから。

        良いのですがあえて決めよう。

        でもTPOで変わっちゃうなー。
        贈答用とか、財布にいくらかとか、ディナー後に食べる用か15時オヤツか用とか。


        でも、1個だけシュークリームを食べる選べるって状況なら、
        ポティロンかなー。

        クリームに押しつぶされそうな経験、この恍惚。
        一回の満足感、すごい。
        過剰なくらいの満足感。

        ブログの写真映えもよかった。


        もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
        よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
        クリックするとムシマルが喜びます。





        | ムシマル | 甘味・デザート | 12:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
        南国市カムリでパンを買う。食べる。
        0
          南国市上田であったか植田であったか
          久礼田(elicoさんご指摘で修正)
          そこにあるパン屋さんに。

          このあたり、意外とお店があるのよな。
          たまにふらっと寄ることがある辺り。


          けっこう久方振りの訪問。
          駐車場は2台くらい。
          秋の夕暮れ。秋の。

          陽だまりの余熱でいくらか温かい。頬をそよ風以上寒気未満が通り過ぎる。
          いい天気の田園地帯ほどいい感じのものはないな。


          パンを3つ買いました。
          パンを3つ買いました。

          来店して買ったのは、クリームパン。
          もっちり。もう少しクリーム多めの方が好きかも。

          ふむふむ。

          そしてこちらが、
          ラピュタのパンって言ったっけ、パズーのパンだっけ、
          宮崎駿アニメにときどき出てくるおいしそう食べ物の一つ。

          目玉焼きだ。

          ぱくり。
          あらあらまままままあ。
          甘い。

          そうか、この食パンのこれ、フレンチトーストだ。
          てっきりバターかと思っていたら。

          つまりは甘さの裏切り。裏切りの甘さ。

          おかずかと思ったらオヤツ。

          この甘いのは、うまい。
          甘いのに目玉焼きは合わないのでは?
          そう思った貴兄、それは過ちですよ。

          白と黄色の甘さアクセントのグラデーション、濃淡。
          グラシアス。


          そしてアンパン。
          高知が生んだ超有名漫画家の生んだ超超有名キャラのモチーフとなったアイテム。
          それが。

          四角い。

          まるくない、ゴマが振ってある、サイコロのような、ミニミニ食パンスライス前のような。
          ねえ、転がして当りが出たら、すごく安値で交渉できそうだ。
          当たりはないけど。1も2も3もなく。

          中は粒のあんこ。




          むっしりー、ばく。

          甘さは控えめ。

          ふむー。

          形の面白さに、中身は質実剛健。
          和魂洋才だね。


          美味しくその日のオヤツ及び別日のお昼ご飯の一部となる。

          3つのパンだとラピュタのパンが一番いいね。
          あんまりよそで見ない。
          面白い。

          お値段はほんの少しする。
          パンが160〜180円とかが多いかな。

          カフェとかあれば個人的にいいよね。



          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。







          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。





          | ムシマル | 甘味・デザート | 22:38 | comments(8) | trackbacks(0) |
          南国市のペロリに行く
          0
            南国市パン屋:ペロリに行くも、シュークリーム売り切れ!

            平日の13時半だったのに。なんて人気だ。
            「予約してくだされば間違いないですよ」そんな意味の言葉を問われる。


            それっぽいものを購入。それっぽいというのはクリームっぽいものだ。
            お店の人に聞く。

            「このパンのクリームって、シュークリームと同じものですか?」

            違うみたい。
            クリームチーズパイもクリームパンも、シュークリームとそれぞれ違うクリームであるそうな。

            家。


            クリーームチーズパイ実食。


            クリームチーズは量それほど多くない?いや、膨らんだのか。

            ふむふむ、落ち着いた美味しさ。



            そしてもう一つ、帽子パン
            名前は失念してしまったが、帽子パンの中では一番人気ということらしい。


            あんことクリームが底の方にある。

            このバランス感、なかなかの絶妙。

            ペロリさんには帽子パンの種類がたくさんありました。

            帽子パンのほうがよりムシマルの気に入りました。
            シュークリームリベンジと一緒にまた買おう。


            おススメくださった苺さん、どうもー。
            買い切るまではこのシュークリーム物語は続く。
            まだまだ上り始めたばかりだからな、この購入坂をよ。



            もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
            よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
            クリックするとムシマルが喜びます。






            | ムシマル | 甘味・デザート | 07:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
            ここだけ大福がここだけすぎるっぽい件。
            0
              とある帰り道。

              さて『大豊』ICで帰ろうかいのう、という道すがら、

              高速のり口その手前で停車。
              理由は上記看板。

              「ここだけ」その言葉が大きく書かれている。

              ここだけ。
              強く惹かれる言葉、地域性を極北のごとく大事にするムシマルに、
              いまのムシマルに必要な言葉。

              場所は大豊町の「末広」というお店。

              最初、この末広というお店、ムシマルは縁起のいい名前だから
              ギフトセンターみたいな、贈り物を扱っているようなお店かと思っていました。

              スーパーマーケット的なお店。

              ずっと間違えていましたよ自分。
              なんか隣にJAとかあるし、スーパーとは思っていなかった。

              入場。
              売り場を聞いて、教えてもらう。

              これが「ここだけ大福」
              1個180円。3個500円。そして、何個かで1,000円。

              購入。2個、360円。


              「ここだけ大福」の説明はこちら(末広さんHP)。
              文章は同リンク先から引用して、こんな感じ。
              大豊町碁石茶「ここだけ大福」とは?

              ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

              日本唯一!完全発酵茶「碁石茶」使用のすえひろ屋オリジナル。高知県大豊町に伝わる幻のお茶と呼ばれる「碁石茶」をまぶし、生クリーム・あんこ・生地・まぶし粉の四層からなる和洋折衷のスイーツです。今までに無い大福の味「すっぱあまい」大福を実現。



              そう、地域の名物お茶『碁石茶』を粉にしてまぶした一品。大福に。

              で、碁石茶っていうのが完全発酵茶とか。乳酸菌がすごい量で、酸味もあるっていう。
              どれ、どれほどすい(酸い:すっぱい)のかな。


              ぱくり。
              あ、あれ。

              甘い。この大福は甘い。

              中にあるアンコと、さらに内奥にあるクリームは、
              まぶし粉の有無にかかわらず現象として甘い。

              まぶし粉だけ食べたら酸っぱいかもしれない。

              でも僕の一口は一口で餡まで届きうる。

              そうすると総合的に甘い寄りの味。
              ちょっと酸っぱい、しゅるしゅるとした風味はありつつ。


              なんか品よく感じるお味。
              ひょっとしたらスイカに塩かけて甘味を強調するみたいな作用が起きたのか?

              あるいはムシマルの想定する酸い味ハードルが高くて、
              ギャップで甘く感じるのかも。


              ヤンガーブラザーこと弟にも一個あげる。
              弟は和菓子に自信ニキなのだ。

              「これいくら?」「一個180円くらい」
              「うん、やすいんじゃない?」

              おお、大賛辞。ヤンガーブラザーにしては。

              碁石茶大福とここだけ大福の食べ比べなどができれば味批評の精度はもっと上がりそう。

              誰か大福を早くムシマルにください。



              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。








              | ムシマル | 甘味・デザート | 21:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
              生姜ロールの謎。
              0

                ケーキ食べてヒリヒリすること、君はあるかい?




                『風工房』
                の生姜ロール。

                『おへんろ。』というお遍路アニメでも紹介されていたケーキ。
                325円だったか。

                食べると感じるのは、予想したイメージを大きく上回る生姜感。

                少しだけピリピリくる刺激がそそってやまない感じです。



                ロールケーキ本体は普通に美味しいケーキ。
                米粉であれされているそうな。
                ふわりとしている。


                この真価は上部にありまする。
                ロールケーキの上部分の雪みたいな白いところが甘い生姜味でした。

                上部の生姜感が強いせいで感じなかった可能性もありますが、生地もクリームも生姜入ってないかと思われます。



                ほかのケーキよりも、もう少し酒にあうケーキ。
                うん、美味しいじゃないすか。


                もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                クリックするとムシマルが喜びます。


                | ムシマル | 甘味・デザート | 21:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
                安田町KILALA 安田からあんたに誇る甘味。
                0
                   安田町に行った帰り。

                  (やすだといえば)
                  ここに来た。


                  KILALA。

                  安田(あんた)と夢ファクトリーKILALA(キララ)

                  高知県安芸郡安田町安田1760-1 ●MAP
                  TEL 0887-30-1735
                  営業時間 10:00〜18:00
                  定休日 火曜(祝日の場合は、翌平日)




                  昨年、職場に長期社会体験の方が来られていて、
                  ムシマルの部署には一日だけでしたが来られる。

                  その方は、甘いものに自信満々お姉さんでした。

                  情報を聞き出す。

                  いくつか聞いた情報(ほかには安芸市の『ちーず屋さん』など)のひとつに、
                  ここのこれがあった。

                  安田の白い夢。

                  こう書いて「あんたのしろいゆめ」と読む。

                  書いてあるとおり、マンゴー大福だ。

                  これを売り出しに町長が東京に出たってお店内のPOP的なものにあったような。

                  マンゴー大福に、

                  お、チーズケーキが百円台。


                  こいつもこいつも購入やきー。
                  (安いほうはヤンガーブラザーに捧げよう)

                  記事の続きに。
                  続きを読む >>
                  | ムシマル | 甘味・デザート | 17:17 | comments(5) | trackbacks(0) |
                  クッキー作った。
                  0


                    ・砂糖
                    ・ココナッツミルク
                    ・バター
                    ・薄力粉

                    材料はこれだけ。
                    比率は1:1:1:2。

                    きりよく使うために、
                    ・砂糖100g
                    ・ココナッツミルク100g
                    ・バター100g
                    ・薄力粉200g

                    でつくりましたが、けっこう大量にできます。




                    あ、レシピは


                    http://cookpad.com/recipe/752195

                    の、

                    ◆ココナッツミルククッキー◆

                    ◆ココナッツミルククッキー◆
                    2009/06/20話題入り♪
                    ココナッツ風味漂う幸せな味のクッキーです。

                    からです。



                    まずはぐっちゃらぐちゃらする。


                    もっちゃもっちゃ。

                    いろいろありますが、全部混ぜたら。

                    平たく延ばす。
                    最初、すりこぎ棒でいいか代用できるかーって思ってたんですが、
                    できませんでした。

                    がんばって探して麺棒見つける。



                    適度な広さにして、
                    型抜きして。


                    余熱済みのオーブン150度30分。

                    クッキングシートをダイソーででも買うといいよ。




                    1/3プレーン、途中から抹茶ラテのパウダーと、チャイの素を入れる。


                    クッキーおじさんだよ。ムシマル。

                    評価はけっこう良いのでした。

                    お菓子作りするムシマル、結婚するにはいいんではないかしら(アピール)。
                    ※年に2回くらいペース。

                    | ムシマル | 甘味・デザート | 20:21 | comments(8) | - |
                    A New Moon 安芸市見晴らしのよいカフェ
                    0
                      ちょっとカフェっぽいところを発見。安芸市国道沿いで。

                      気になる。


                       お店情報は
                      cafe・gallery a new moon
                      所在地 安芸市庄之芝町1-51 そらそらビルの5Fです。
                      営業時間 11:00 - 17:00(食事は16:00まで)
                      定休日  木・金曜日
                      電話番号 0887-34-3157

                      情報はこちら(リンクあり)から拝借しました。



                      エレベーターから5階に上る。
                      どうやら、この建物(ソラソラビル)自体がこのお店のオーナーさんの持ち物らしい。
                      エレベーター内にもドーナツなどのPR貼り紙が。


                      1Fはいま貸し物件、住居である2階3階にも空き家があるよという風な貼り紙がありました。
                      (2015/5訪問当時)

                      ここ、前は一階にゲームショップ・マジカルがあったような気がする。

                      ちーん。5階到着。
                      安芸市のこのあたりにそんなに高い建物がないせいか、
                      この高さでも十分に見晴らしがいい。
                      遠くが見える。よっほー。


                      入り口にはたくさんの雑貨や本。


                      こちらは北を向いた客席。

                      実際は奥の、南側が見えるソファ席に座る。

                      ソファ、すごいいいよ。
                      ソファに腰掛けると、チェアと違って人んち(それも実家)に来た感が半端ない。
                      お外の植物も、どこか家庭園芸の装いだし。

                      記事の続きに。
                      続きを読む >>
                      | ムシマル | 甘味・デザート | 16:29 | comments(4) | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 人気記事ランキング
                      人気記事ランキング
                      + ブログゲスト数
                      ブログゲスト数

                      + カウント開始 2015.1.1〜
                      + はてな
                      + 忍者
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + PR