ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
宝永町の鳴子屋で日月限定ステーキ丼をいただく。
0
    鳴子屋さんある通りの、ちょっと南側(電停ー店ー駐車場のような立地)。
    そこに駐車場停める。

    10台くらい停められるところの、こっち半分が鳴子屋さん駐車場。
    ほかにもどこかに駐車場ある様子。

    今回は目的きっぱりしていて、ステーキ丼。


    いつかコメントでおススメをいただいていて、
    ふぉんさんのブログほかにも良いよという記事を受け、
    でもなんとなくタイミングが合わず、
    ついに11月のこの日に入店。

    カウンターと座敷っぽい席。奥にももう少しあるのか。

    あ、でかいテレビが壁掛け。

    キョロキョロしながらカウンターに座る。

    すぐ言う、「ステーキ丼を」・・・「大盛りできますか?」
    あ、大盛りできた。それで。



    カツそばやらもある。
    うーん、そそる。
    ひつまぶしもいいなーとニコニコ考える。


    雑誌マンガの類はない、また来店は11:40くらいだのに、続々とお客さんが来る。
    ちらっと隣を見る。
    ステーキ定食注文者だ。

    カウンターだから供されるところが見られる。
    〇番テーブルにステーキ丼が持っていかれるところを目の当たりにする。

    (お客さんの3割以上はステーキ関係注文じゃないか?)
    分母が少ない中の印象論であるが、そう感じた。
    やがてムシマルにも届く。


    ほほう、こういうのか。
    ステーキonキャベツonごはん。

    おそばもミニと聞いていたが、お茶碗以上どんぶり未満のサイズ。友達以上恋人未満みたいなときめいたサイズ。
    わかめやらの具も入っている。

    では。ぐわし!

    イート。

    ぱくり。
    ひゃー。

    まずお肉が、中にレア感残して柔らかい。外は香り豊かに焼かれて。
    ソースもいい。何をおろしてるのかわからないがソースと絡んでよい仕事。

    味がムチャクチャ濃いわけでもないのに、ご飯をすすませる力が卓越している。


    そば屋生れどんぶり育ち、旨いやつらはだいたい友達。

    さらにトッピング。

    ガーリックチップに辛子。

    ・・・・実はこの前情報があるから何度か行く機会を逸したのだった。
    今日鳴子屋行こうかー?あ、でも15時から人に会うんだよなーみたいな。
    お口の匂いが気になって、でも味わうからにはガーリック抜きという優しいやつではなくがっつりしたい。
    そういう欲望です刑事さん。

    今日はまったく、誰にも会わない会いたくない。
    から、平気。

    ざらざらとした肉の食感に、風味と辛味がスパイスされて。

    まったく、なんて野暮で下品で粗野でワイルドでウェットでざらついているのかしら。
    馬鹿ね・・・でも好き。


    ・・・何を書いているのかわからなくなってしまいました。バカなのだ。

    とにかく思ったことは、もっと早くに来ればよかったという思い。


    ナスの味噌合わせたやつ。これも美味しいね。

    いや前評判通りであったステーキよりもむしろこれこそが、
    ダークホース的なこの小鉢こそがムシマルの真に微笑みを誘うものとなっていった…。

    ・・・文体が不安定になっているが、もう気にしないことにする。

    あと青菜的なおひたしと、デザートのお団子。

    団子はなんとなく坊ちゃん団子を連想させる甘味。

    完食。
    完食に決まっているだろう。

    丼・そば・小鉢二品にちょっとした甘味までついて880円。
    (ご飯大盛りでもお値段変わらずでした。)

    夜は、普通の居酒屋使いができる様子。

    お刺身に揚げ物に一品各種にもちろんソバ。

    次にもきっとここに来る。
    カツそば・ひつまぶし・夜呑み使いが候補だぜ。



     
    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。




    | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 21:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
    二回目の『天丼にしかわや』:ちょっとバージョンアップしてる!
    0
      診察で、日赤。
      また検査の待ち時間で食事。

      天丼や にしかわ

      住  所:高知市新本町2丁目5番34-2号
      電話番号:088-875-8755
      定休日 :月曜日の夜,火曜日
      営業時間:昼 11:30〜15:00
      夜 17:00〜19:00

      診察が数か月に一度なので、
      そんなにあらいてないように思っても、優に半年以上ぶり。

      前回の記事はこちらです。

      入店した。

      メニューを見た。
      あれ!
      ちょっと違っている。

      参考。割と開店まもなく。
      IMG_3209
      写真はふぉんさんの『のんびりと高知で』記事写真を拝借。勝手にです。
      すいません。


      と、ことほどさように天丼の並・上とテイクアウト専門のちらし寿司の3つであったが、

      今見たら、

      テイクアウトちらし寿司と、天丼の並と上と、
      さらにえび天丼が増えている!

      さらに待って!
      大盛とか温泉玉子といったオプションが追加されてる。

      ほほう、新メニューのえび天丼は並と上の間の値段780円。
      えび天が3つと、上天丼のえび天2個よりも多い。

      その分、イカやタイ天ぷらはなし、エビと野菜に特化だ。


      うーわ、一長一短で来たなー。

      うおし!
      ムシマル、さっき医療費を払うために多めに高知赤十字病院内ATMからお金引き出したんです。


      もういってしまう。
      女将さんに、「すいませーん、天丼の上、大盛り温泉玉子付きで

      全のっけ!

      来ました。

      上だけ小鉢付き。
      こう、小鉢小皿がちょこちょこつくことで、
      一気にステージが上がるですよ。



      アツアツのお味噌汁に、
      お漬物に、
      豆腐とタコの煮物。


      ドンブリでもなく定食でもなく、「御膳」と評したくなるような。

      天ぷら。主役。

      茄子カボチャといった野菜のほうが手前に、
      食べやすい手前に来ていることはファーストサラダっぽくてよい。

      はふ。
      カボチャ、しっかりしている。

      ああ、カボチャ自体は自分はあんまりご飯のおかずにしにくいのだが、うまい。

      ああああ、おつゆをひとかけ。
      ぱくり。


      ああ、このエビもうまいが、
      ここのイカは別格に良いな、
      大きさは小粒で旨さだけは大王イカクラス。

      ハイパークラーケンタイム。

      イカ天丼作ってくれないかしら。



      そして、半分くらい天丼を消費したところで、
      ころん。
      温玉投入。

      これはもう桶狭間。


      こうなったらもう、こうなったらもう入玉で詰みだ。

      がちゃぐちゃ。
      混ぜる。
      天ぷらと天かすと天つゆとごはん、それらと温玉が混然となる。

      ああ、もう珠玉の
      玉子かけごはん(天ぷら付き)みたいなのができる。



      ああ、なんて下品なんだでも旨い、そういう背徳的満足。



      完食。
      お腹もくちくなる。


      お会計1,010円。
      これがここで1,000円越えをするための唯一解というか、
      なんかここまで頼んでやっと1千円って、安いな。


       
      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。




      | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 20:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
      2015幡多地方の旅その2 土佐清水市ランチに迷い時々散歩
      0
        シリーズその1はこちら

        ムシマルは初日のご飯、一応候補を決めていた。
        前日にちょっとググったくらいのであるが。

        土佐清水市グルメ。

        候補 悗曚Δ个ぁ
        なんかすごいフォルムのうどん屋さんらしい。


        ?わからなかった。
        いや、それっぽいお家は見つけたんですが、看板がない。
        営業中とも書いてない。

        はいっていいのか?
        ・・・・・・うう。
        わからないのでパスした。

        第2候補もこの時にはいささかあったからね、っていささかの使い方を間違っている気がする。




        第2候補『足摺黒潮市場』
        ネットで見て、名前から新鮮な魚扱われそう。

        お、近くに船舶いっぱい。

        黒潮の店は、む。
        道の駅っぽいところなのか。


        あ、『釣りバカ日誌』の絵。


        へー、いいでやんすね。

        中の写真。

        土産尽くし。

        きょろきょろ、お、奥の方がレストランか。

        ぐわー。


        『本日はサバの入荷がないため、清水サバ料理をご提供できません』

        あしからずかー。

        足摺であしからず。

        いや、ほかの刺身は行けたかもしれませんが、なんかショックで離脱。

        候補は消えてしまったが、まだ清水サバ、食べられるのではないか?
        だってムシマルは、これからもどんどん足摺岬に近づいているのだから。





        その前に周辺散策。
        神社。
        鳥居を出たら2秒でドボン!できる。

        いやこの景色、けっこうステキング。
        海の王をお迎えできそうなやしろ。
        すぐ。


        船も撮ったんですが、あでやか。

        別に神に捧げる何かの船ではないか?
        と怪しむも、あでやか。
        5色以上の紐?ロープ?

        飾り付けられていたのか。

        とことこあるく。

        海キレイ。あ、手摺りが円って漢字に見える。

        円があるようになんでしょうかね。
        停泊所のそば、神社のふもと。

        空と海との反射がグレイッツ。
        穏やかな陽光を、ムシマル、浴びる。


        浴びながらも考えている。

        二軒探して、二軒外す。靴底をすり減らしただけだ。

        これで最初に持っていた候補はなくなったし。


        もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
        よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
        クリックするとムシマルが喜びます。




        シリーズその3はこちら

        | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
        英屋で婚活男呑み
        0
          英屋さんに。

          高知婚活のトップブロガーのはるさんと呑むことになったのであるが、
          はるさんが一度呑んでみたいという場所『英屋』へ。

          ムシマル、待ち合わせ場所を間違う渾身のエラーをするも、無事合流。

           
          メニュー。あ、カツオハガツオスマガツオ。

          3種類も出ているの珍しい気がする。

          ちょうどこの頃のことであったので、カツオくんでなくスマガツオくんにする。

          ほか。

          はるさんが太刀魚のポテサラを注文するのを横目に見て、なかなかわかってるぜ、と思った。



          突き出しからの乾杯。

          20分くらいで+1名が。
          ピンクさんという仮名の方。
          別に女性なわけでもピンクなファッションに身を包んでいるわけでもない。
          林家ペーパー氏みたいなわけでもないのである。
          目元とかがサラリーマン金太郎の俳優に似ているのではないかと勝手に思っている。

          ピンク理由ははるさんのブログでそう称されているというものであった。
          ムシマルとは3回くらい会ったことがあるのです。


          カワハギ。


          お刺身、というよりもおつくり、と言いたくなる一品。一緒か。

          脇に添えられたピンキーなのは肝。
          一気にピーキーになる。

          日本酒呑みたくなるちびちびと。
          とろっとした滋味でできたクリームみたいな風情に、どどどどとなる。

          砂肝から揚げ
          でしたな。


          ゴマ、香ばしい、ゴマ。肉弾力。
          口の中で膨満するうまみ。


          この辺りでピンクが注文されたサラダ。

          赤いのラデッシュでよかったか、それがカワイイ、彩りを豊かにしてくれる。

          ぱくぱく。

          ヘルシーさを大切にする(かもしれない)ピンクさんの注文イエスだね。

          太刀魚ポテサラ


          ピントが甘い。サラダはほんのり塩気。
          塩気と甘さでちょうどいいかもしれない。
          ほんこり美味しい。
          これがこの日最後の太刀魚らしくて、なんか得したというか勝ち抜いたような喜びがある。

          お魚とポテト、魚の尖るというか破壊力のあるうまさに、ポテトの丸いようなうまさが合体し、あたかもトゲ付き鉄球になってしまったかのようなうまさ。

          ムシマルは『はかいのてっきゅう』が大好き。それと同じくらい好き。
          グリンガムのムチよりも。

          カツオのたたき。
          正確にはスマガツオのたたき


          大将さんが今おすすめです的な発言を。

          ぐいっとうまい。
          香り立ちこもる、鼻にだけちょっと抜ける。とどめたい。
          ちょっと優しい。


          今回は魚系の注文がやや多め(ムシマルがはるさんに魚良いお店とか何とか言ったせいもある)。



          もうこのころにはムシマルは意思を固めていた。

          二杯目はビールじゃなくて日本酒を。


          するってえとなんだね。
          この辺りでイエロー氏が来る。

          イエローっていうのもはるさんブログ婚活戦隊の一員。
          ムシマルとも数回会ったことあります。

          英屋着かれると「ムシマルさん一人だけ日本酒ですねーwww」みたいなコメント。
          ノリがいいのだ。ラテンなのだ。

          あれ、これなんだっけ?

          お豆腐。


          いろいろ頼んだけれど。

          この頃。
          宴も最高潮のころ、あの事件が起きる。事件というか事案というか、問題というか。
          詳しくはリンク先で。


          男子会で何を話したかというと、
          ・参加イベントどんな感じだったか
          ・高知あるある・婚活でよく会う方のお話し
          ・それぞれの婚活進捗状況

          ピンクさんが熱い話をされたり、イエローさんの情熱的な話を聞いたり、
          はるさんがアドバイス的な話をされたりといろいろ。




          牛筋のうまさは覚えている。


          うどん注文。

          玉子溶かしてイエローカラー。



          ああ、今回はイエローが主役だなもう、とか思いながら黄金色の麺をすする。

          日本酒で焼けた喉にうどんが優しいね。
          いままでムシマルにこんなにやさしくしてくれたあれはないよ。
          日本酒で出来上がったところに流れるうどん粉、違うものが潤される。


          タコから揚げ。
          香ばしい。
          歯応えはまるでタコ界の内村航平。
          そして。


          ムシマルはかねてより欲しかったどんぶり成分を摂取にかかる。
          『海鮮丼』を。
          ほかの方も続いてくれる。はるさんだけ酢飯足りなくて白ごはん。

          来た。


          うむ。
          うむむうむ。


          評価。
          ・ご飯は小ぶりめ、具は多め。
           これは居酒屋さんだから、この丼だけで完結させないためというか、お酒のあて的側面も持たせたのだろうか。

          ・酢飯


          ・具はいくらホタテにブリはまち?どろめ。

           海苔と大葉。


          そう、ドロメ。


          うん、いいぞ。
          海鮮丼の評価、やっぱりいろいろ食べてみて初めて気づく好みってあるなー。

          どうやらムシマルは、高知食材が海鮮丼に入っていると嬉しくなる模様。

          海鮮丼でよく見るやつで甘海老ホタテ雲丹いくらサーモン、ってあるんですがそれだとなんか、北海道丼やき!っていう思いがムシマルには芽生えていた。

          北海道が魅力的土地なのは認めますが、そこは海の幸県高知、海鮮丼にも高知っぽさを出してほしい。



          うむ、県外人にも勧められる。


          かっこんで。
          わさびが効いて。

          ドロメの魚感にムチ打たれて圧倒的に口が開く。
          呑み込む。

          海の財宝がすべて呑み込まれる。
          これは、いいものだ。
          多様性が生命を育みあるいは争わせ、そしてムシマルが胃に収める。

          美味しく男子会終わり。



          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。





          たっぷり3時間半、というか汽車の最終ぎりぎりまで飲んでいました。
          おひとり5,000円くらい。
          | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 17:52 | comments(5) | trackbacks(0) |
          ミナポート88はギャラガとはきっと関係ないのだ。
          0
            桟橋訪問しりーず。

            店名は、「ミナポート88」でいいのでしょうか。

            • ミナポート88協同組合 
            • コミュニティ センター
            • 住所: 〒780-8010 高知県高知市桟橋通5丁目1−56
            • 電話:088-831-2155


            社名は忘れてしまいましたが、どこか会社の敷地内にある感じ。四国ガスか。

            どーん。
            日替わり定食520円。

            行ってみた。

            今日は中華そばと半チャーハンか。

            日替わりメニューでラーメンか、
            当たりなのか外れなのか?



            入ると、お。

            屋根より高い鯉のぼりが縦にすっぽり入るくらい高い。
            わかりづらいかと思います。わかりづらく書いているのです。

            窓も広くて、採光がグッド。
            おしゃれになる素質を持った原石ではないか。



            作業服の職員さん社員さんがいっぱい。


            並ぶ。
            窓口?でメニューを言って、番号札を貰う。お金も払う。

            マンガある。

            よし、『将太の寿司』を読む。

            呼ばれる。行く。もらう。

            あ、お味噌汁セルフなんだ。

            こうなる。

            3品で520円。
            ボリュームと比較すると、まったくもって安い気はしますね。


            そーれ、麺リフト。


            すするるるる。

            うん。
            食堂っぽいラーメン。

            チャーハンもそれっぽい。


            それなりにおいしくできたチャーハンに一礼をして箸をさしこむ

            笹井宏之『てんとろり』より





            うむ、それなりにおいしい。
            お値段的にはお得感ある。

            ムシマルは食堂風のラーメンそんなに好きじゃないから
            評価が小さく見えてしまうのです。


            ご飯ものが食べてみたいなー。
            唐揚げ定食みたいなものとか。

            『将太の寿司』を読みにまた来るか。



            もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
            よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
            クリックするとムシマルが喜びます。






            | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
            「和ちゃん」 南国市れきみん近くのお好み焼き屋さん。
            0




              12:40くらいに入ったんですが
              お昼で呑んでいる人がいる!
              ちらっとみると、お魚なんかを食べられている様子。

              お好み焼きじゃない、ものもあるんだ。



              定食!


              お好み焼き屋さんでもあるんだー。
              しかもお好み焼き+お米な定食ではない(そっちもできます)、
              唐揚げとかフライの、普通の定食。


              意外を衝かれたなー。


              よし、お好み焼き頼まない。
              定食頼む。

              ホルモン定食800円。



              ホルモンは、メニューを見ると単品700円

              それにご飯みそ汁お漬物がついて、+100円。

              破格だ。


              そしてこれは、ホルモンこれは。


              タマネギの樹海のよう。キャベツも。

              おかずになる。
              というか、お酒のアテになるかもしれない、
              濃い目でピリ辛ボリューミー。

              タマネギたくさんで、甘く辛い。
              ホルモン肉もじゅびじゅば脂ノリノリ。

              がぶり。
              ホルモン汁ぶしゃー。

              これは、800円、定食メニューの中で一番高いのも頷けます。
              うーん、唐揚げ定食も良かったかもなー。

              欲を言えば、ごはんがもっとほしい。
              ドンブリで欲しいくらいのおかずとの対消滅物質。


              うーーん、お酒か。

              でもここ、家から微妙な距離。

              タクシーなら?バスは医学部から行けば?

              迷いますが、
              ちょっと味の濃さがあり、何よりお好み焼きを食べていないし、
              一回ここでお酒呑んでみたいですねー。



              あ、「和ちゃん」はお店切り盛り夫妻の奥さまの名前のよう。


              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。




              | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 10:25 | comments(2) | - |
              うらめし屋飯店 南国市 高知大学農学部近くの恨みっこなし
              0

                到着。ここがムシマルの求めていたかもしれないところ。




                『うらめし屋飯店』
                はじめに断っておくが、世をはかなんだ店ではない。
                行ってみるとわかるんですが、高知大学農学部のすぐ裏手。

                うらにあるめしや、『うらめし屋』ということ。

                郵便局を西に折れて進むとあった。
                駐車場、数台分ある。

                中に入る。
                土曜日であった。
                土曜日だと学生さんはあまり、というか全然いない。
                少なくともムシマルの入ったタイミングでは、
                お店切り盛りおばあちゃんと同世代の刀自3名ばかり。


                メニュー、いっぱいある。


                メニューに惑いながら着席。
                あ、マンガいっぱい。

                おばあちゃんから声。
                「日替わりでいいですかねえ?」
                ん、日替わり定食500円。

                よっしゃ。
                今日のメニューはなんなんだろう?

                マンガを読みながら待つ。
                ヴォルグ・ザンギェフが世界一に挑戦している。


                厨房から、トンタンとんたん音が聞こえ。

                料理到着。
                到着時に料理写真撮らせてくださいーとお願いする。OKもらう。
                「ここに来る学生もちょくちょく撮りゆうがよー」と、孫が懐いてくれる嬉しさ自慢みたいな言い方で。


                日替わられる。


                あ、
                さんまと・・・サラダと麻婆豆腐と、これはにゅうめん?天ぷら入り。


                いいじゃないか。
                普通サイズみそ汁でも500円納得な気がするところに、具だくさんにゅうめん。
                お得そう。

                さんま他にフォーカス。

                さんま、太くはないが長い。

                がじ。
                お、味濃いね。

                温度は熱々ではない。
                日替わりは多少のつくり置きがあるのかも。

                これ(お魚)だけでご飯がいけるかな。

                あ、にゅうめん美味しい。


                天ぷらがいいおダシ排出。
                あーおかわりしたいなと思ういい感じ。

                麺類に自信ありか。
                ラーメン定食、気になるなー。


                食事の後日、
                農学部出身のマドモアゼルから、
                スタミナラーメンいいですよとの情報も得た。
                また来よう、今度はもっと交通方法考えてこよう。







                おばあちゃんが、話しかけられる。誰にって、ムシマルにだ。

                「はじめて見るお顔ですけんど、遠くから来られたがですか?」
                初めて来たけれど、家自体は遠くないと告げる。

                「ここはどうして来られたがですか?」
                ほかのブログを見てと伝える。


                「『さんさん元気屋本舗』というテレビでやったがは見ましたかー?」
                アッ、確かに。
                定食の値段なんかはほかの人ブログを参考にしたのだが、
                お店の存在を知ったのはその番組であった。


                その番組(リンクあり、2015/5/9放送)
                で、ここのおばあちゃんは大ファンである三山ひろしさんとお会いできた、というかドッキリを受けたのだ。

                その話をされている。

                ちょうどテレビが来たときの手前くらいにいらっしゃったお客さんもいて、
                お話に花が咲く。

                別の言い方をする。
                この日いたお客さんも、ちょうどそのロケ手前にいたのだとか。
                話がスプリングする。

                「全然、本当に秘密やったがよー」
                「私だけじゃなくて、家族にも秘密でやったがよー」


                「会えんとおもうちょったき、嬉しかったねー」


                「あの思い出で、ずーっと笑っていられるねえ。」

                ひゃー、映画化できそうな良い台詞。



                たいへん嬉しそうに話される。


                この世に善と悪があるなら、
                さんさんテレビさんのされたことは圧倒的に善ぞ。
                こんなに喜んでいるのみられるんなら、それはまさに善功。

                喜びのおすそ分けで、ひろしさんと一緒に写っている写真を数葉見せてもらう。

                お孫さんもそのときにいたんだとか。




                ムシマルも、○○のファンだーって強く言っていたら会えるときが来るんだろうか。

                あ、高知放送の松岡アナとか井出上アナにお会いしたいなー。
                言うだけ言ってみる。

                あと水木しげる御大。
                バナナ食べられるところ見たいのです。



                帰りに気づく。

                あ、日替わりメニュー、ここに書いとんだ。
                黄色いね。


                車を擦りかける。
                さいわいぶつかったのはタイヤ部分。問題なし。

                チェックしているとおばあちゃんが出てきてくれる。
                ここはぶつける人多いがよー。

                みんなは気をつけてね。


                もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                クリックするとムシマルが喜びます。





                | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 21:34 | comments(4) | - |
                「小西湖 咲酒」でピーマン飯
                0
                  高知で有名、もしくは老舗「小西湖」。

                  2014忘年会でみんなと別れ、一人忘年会へ。
                  ※その頃の話を寝かせていました。

                  ムシマルはひとりでも呑む。

                  で、こちらへ。
                  141220_213651.jpg

                  あれ、こんなところに小西湖ってあったっけ?
                  そこは中央公園ほど近く、追手筋へと続く南北の道路に。

                  (あれ?南北じゃなくてもっと東西の道になかったっけ?)

                  わからんけれど、咲酒じゃない店も?
                  つまり、「店は『2店』あったッ!」


                  「ワニ」、「蛙」、「ピーマン」・・・そんなメニューがあるらしい。
                  情報は、こちらから。英屋さん情報。


                  旨い『ピーマン飯』かあ。
                  ワニもあるのかあ、カエルだってある、でもカエルは別のところで食べたからいいかなあ?

                  何を食べよう、「ピーマン」、「蛙」、「ワニ」・・・

                  「らせん階段」「カブト虫」「廃墟の街」!「イチジクのタルト」
                  「カブト虫」「ドロローサへの道」!!「カブト虫」
                  「特異点」「ジョット」!「天使(エンジェル)」
                  「紫陽花」「カブト虫」「特異点」「秘密の皇帝」


                  ジョジョネタを自然な形で混ぜてみる。非常にさりげないですね。
                  素数を数えながら入店。

                  入店してカウンターへ。


                  傘を忘れないように、傘立てへ。
                  雨上がりで呑む日は忘れそうでいつも気がかり。


                  着席してビール。
                  メニュー。


                  何を食べてやろうか?
                  お、肉けっこうある。

                  あ、あた。


                  これであるな?「ピーマン飯」600円。

                  ええ?カエルはあるけれどワニは今日ないんですか?

                  カエル、いやこれは別機会でいいか。


                  ビールをとくとくー。



                  待ちながら、ミステリを読む。
                  うわーこの本、愛媛県のまわしものじゃないか?
                  『帝都に愛媛が誇るスーパー、フジグラン』なんて記述がさいさい出てくる。
                  いいまわすねー。


                  つきだし。


                  ささみみたいなんの梅肉入り揚げ物。


                  うん、最初に酸味。
                  胃液を活発化させる、けっこう王道にして格調高い一手。

                  これでコップ2杯いけそう。
                  記事の続きに続きます。


                  続きを読む >>
                  | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 22:31 | comments(4) | - |
                  「よこやま」 〆にいい、落ち着くにはいい
                  0
                    2次会でサワー。
                    この記事の続きです。

                    どこかというと、おむすびとお茶漬けの『よこやま』だ。




                    サワー後に、
                    注文。


                    悩む。

                    いっつも悩んでいる。
                    なに頼むか。



                    みそ汁にそそられる自分がいて、おむすび+お汁にするか、
                    お茶漬けで優雅に終りたい自分もいて、
                    むー。

                    とりあえず『むかご』注文。
                    連れの方と、むかごってどんなんだっけー?みたいな会話になったので。
                    一次会店にもあって、心に引っかかっていたのであろう。


                    注文時点では、むかごって芋のなんかちっさいやつって、うろおぼえであった。

                    来たのはこのような、
                    おイモの赤ちゃんのようなタマゴのような。


                    もぐもぐ。
                    ああ、だんだんクセになる味。

                    塩味。

                    頼りなく屈する食感、落ち着く。


                    そして来る、頼んだもの。〆。


                    しらす茶漬け。

                    だったと思う。

                    ねぎとしらすとお茶漬けのあの玉が、彩って水中華のていをなす。
                    なるほど人は美しいものに惹かれるものだ。


                    一緒に飲んだ方の

                    サケ茶漬け。

                    おおおう。
                    紅い。

                    液状化した火星のようである。
                    イメージ的には下から湧き上がるような感じ。

                    これもいいでしょうなきっと。



                    しらす茶漬けを食す。

                    ずぞぞ。

                    !?胃が無抵抗。
                    トロイの木馬みたいにあっさりと入り込む。

                    ううう、わさびが染み入る。
                    あーー、いい感じ。ワサビあるっていい。

                    口の中がしらす大漁祭。


                    壁を見遣る。
                    有名人のサインがある。
                    2015年2月にヤフーニュースとかで噂になったス〇マ〇イッチのサインもあった。


                    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                    クリックするとムシマルが喜びます。






                    JR!まだある、
                    と23時ちょいの汽車でかえる。



                    | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 21:46 | comments(2) | - |
                    天丼や にしかわ 栄田町日赤通り
                    0
                       
                      2〜3ヶ月に一度の定期診察の日。
                      平原綾香と同じ病なんです。

                      順調に治療中。


                      採血して、検査出るまで1時間の猶予。


                      ではお昼に外出しますと看護師に言い置いて。


                      どうしようかなー。

                      選択肢は
                      『テンダーフィーリング』『つばき食堂』『うどん まつみ』『お好み焼き 日和』『北欧館』『オムライス』『鍋焼きうどん 千秋』『アジアンデチャイナ』『ヒラク』『おおつぼ』ランチとか?

                      焼肉屋ランチやカフェもある。あ、パスタやさんもあったっけ。
                      駅まで歩けば庄やランチにパン屋にブックオフカフェにKズカフェ、『團十郎』『えききたうどん』。

                      高知警察署もランチできますねー。

                      原付の機動力があればあたご商店街にも行ける。
                      そうするとラーメン各種にレストラン2軒くらいにたこやき屋すし屋といった選択肢が足される計算。

                      逆方向では高知インターのいろいろ店が射程圏内。

                      いやー選択肢が無数。
                      病院周辺ランチは選びがたし。


                      さあて。
                      いろいろ加味して、
                      日赤通り(通称)の新店に。



                      「天丼や にしかわ」

                      最近テレビで見たのです。


                      入店。
                      あ、入り口で座っている人がいる?
                      混雑?

                      と危惧したが、お寿司。

                      持ち帰り専用のちらし寿司を待っている方っぽい。


                      カウンターに。
                      っていうかカウンターしかない。
                      6席±2くらいのキャパシティ。

                      みんな横一列。
                      これは天ぷらの前に人は平等みたいなことなのか。






                      テレビで見た情報によると、
                      「味にしかわ」という天ぷら屋さんの大将さんが
                      新たにメニューを厳選してはじめられたお店とのこと。
                      それは美味しかろう。


                      へー天ぷらやさん、
                      行ったことがまだない「天賀」さん以外にも専門店があったんだねえ。


                      メニューは2種。
                      持ち帰り専用ちらし寿司を入れても3種というシンプルゴッド。


                      持ち帰らないなら天丼の並か上。
                      その二つからどちらかを。

                      うーん。


                      並を選んだ。
                      並と上の差は、えび天ぷら一つと小鉢。

                      じゃあ天丼のメイン内容は並でも十分入っている。いいか、並で。という判断。


                      タンタンじゅわー。

                      天ぷら揚げたり何か切ったりをBGMにする。

                      お腹に響くBGM。

                      またもやテレビ情報ですが、食材によって油の温度を変えているらしい。
                      (高い温度の揚げ機と低い温度の揚げ機を使い分けている)



                      天丼が来た。

                      けっこうな天ぷら盛り量。

                      説明書きによると
                      並はエビ・タイ・イカ各1、野菜3種とのこと。



                      おみそ汁つき。


                      なるほどこっちがおつゆ。
                      ご飯にかければいいか。

                      がぶ。
                      かぼちゃ、あまい。


                      なす、天ぷら良い。
                      みずみずしい。

                      天ぷらにこういう言い方は良いのかわかりませんが、
                      油っぽくない。

                      みずみずしいというか野菜の何かをまだ残している感じ。
                      みずと油ですね。


                      個人的にはじゅわじゅわびたびたのやつが好きなんですが、
                      上品というかジャパニーズスピリットを感じます。





                      おお、この白身魚もプリプリしていますな。これが鯛か。

                      普通の、って言うと普通って何さっていうアイデンティティ問題になってしまいますが

                      ムシマルがこれまで食べたことある天丼イメージって、
                      ナスカボチャエビ大葉、そしてキスなんです。


                      たまに梅肉をちょっとあれしちゃうこともある気がしますが、
                      天丼に出てくるお魚はキスっていう固定観念。

                      それをカンタンに超えてきた。
                      キス天ぷらと鯛天ぷら、なにが違うかあんまり天丼キャリア少ないムシマルが
                      独断であえて言うと
                      細やかさ。プリプリときめ細かく美味しい。

                      この店のが違うのか?
                      おいしさがなかなか搦め手で攻めてくる。
                      まとまりがよくて欠点がない感じ。


                      ダイヤモンドのサイズ単位のようだ。
                      そのこころ?どちらも「カラッと」。




                      正しさの中にいる!みたいな間違いなさ。安定感がある。
                      家を作るときにはこれを大黒柱にしようと思うような。



                      イカ

                      イカめしいイカが来ると思っていたら、
                      なんか違う。
                      食べやすい感じにされている。
                      あとでテレビ情報確認すると、つみれ、イカ団子でもないけれど荒く叩かれているそう。

                      跳ね返すイカ弾力は見る影もない、いい意味で。
                      人を選ばない天ぷら。

                      海老天


                      もうあんまり説明しなくてもいいよね?
                      おいしいよ、ぷりぷりしている。

                      サクサク、っていう2回続ける感じでなく、1回だけゆっくりいうサックリ、みたいな。



                      ダイヤモンドのサイズ単位のようだ。
                      そのこころ?どちらも「カラッと」。





                      全体、てんぷらは上品ですが、

                      ごはんと天ぷらの間に天かすが敷き詰められていて、
                      ちょっとがりがり。

                      いいですな。ぶっちゃけ天かすツユご飯だけでお茶碗いける。



                      ダイヤモンドのサイズ単位のようだ。
                      そのこころ?どちらも「カラッと」。




                      ずずず。おみそ汁もおいしい。


                      タマネギがいやはやこれは!
                      野菜3種は今回カボチャ茄子、そしてタマネギだったようですが
                      タマネギが一番はふはふする。

                      熱量がもう果敢な感じ。







                      うん、けっこうお腹張っている。
                      みたびテレビ情報によれば、ご飯1合使っているよう(少なくとも上は)。

                      元高級天ぷらやさんの野菜魚介おみそ汁ご飯をいただけて680円。

                      【高知駅近くの「天丼やにしかわ」、厳選美味天丼が680円はお得すぎ!】とかってタイトルの記事が貼られそう。


                      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                      クリックするとムシマルが喜びます。




                      よたびテレビ情報。
                      おみそ汁に天かす入れると美味しいらしい。

                      | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 12:31 | comments(4) | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 人気記事ランキング
                      人気記事ランキング
                      + ブログゲスト数
                      ブログゲスト数

                      + カウント開始 2015.1.1〜
                      + はてな
                      + 忍者
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + PR