ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
【中村・宿毛線】聞きこみ!ローカル線 気まぐれ下車の旅【土佐くろしお鉄道】
0
     
    番組説明。
    鉄道駅を乗り降りしながら、聞き込みだけで10ヶ所の名所登録を果たすという企画テレビ。
    月曜日BSジャパンで20時〜22時にやっている。

    この回には
    そのまんま東こと東国原元知事とIMALUさんが出演。



    ‥監参饉厂勝土佐くろしお鉄道株式会社
    ∀線の名称:宿毛線・中村線
    6茣屐Ч眞慮 宿毛駅〜窪川駅
    け悗凌堯ο線の長さ:22駅・66.6km
    ケ超罰始年度:昭和63年(1988 )中村線を土佐くろしお鉄道に移管・開業
    平成9年(1997) 宿毛線 開業
    ζ団А土佐くろしお鉄道は、旧国鉄中村線を引き継ぎ開業した、第3セクターの鉄道。
    宿毛線・中村線は、高知県西南部に位置する路線で、土佐湾や清流・四万十川をはじめとする豊かな自然に囲まれた地域を走る。
    普通列車においても、沿線各地の特長を表現した、カラフルなラッピングが施されている。また、夏の期間中、車内に風鈴をあしらった「風鈴列車」も運行しており、乗車するだけでも楽しいと評判。地元の方はもちろん、観光客にも愛され続けている。
    番組HPよりリンクあり

    では、いきなり10ヶ所発表。


    平田駅「スワロー会館」 ききこみ 愧聾気凌予犬ε后スワロー会館』

    平田駅「赤亀山 寺山院 延光寺」 ききこみ◆慘亀榲狙發領郛譟延光寺』

    中村駅「(一社)四万十市観光協会」

    中村駅「一條神社」 ききこみ『名物猫がいる一條神社』

    中村駅「安並水車の里」 ききこみぁ愿脹爐慮局景!安並水車の里』

    中村駅「居酒屋なかひら」 ききこみァ慳省夫婦の店!居酒屋なかひら』

    中村駅「新ロイヤルホテル四万十」 ききこみΑ悒機璽咼梗慢!ホテル四万十』

    中村駅「高瀬沈下橋」 ききこみА悒好螢襪叛箏福高瀬沈下橋』

    中村駅「屋形舟なっとく」 ききこみ─愡曜十巡る!屋形舟なっとく』

    中村駅「四万十川周遊バス」

    中村駅「パンのピノキオ」

    土佐入野駅「ケーキの職人 やまもと」

    土佐入野駅「入野海岸」 ききこみ『サーファーに人気!入野海岸』

    窪川駅「水車亭(みずぐるまや)」 ききこみ『高知名物!芋けんぴの水車亭』

    記事の続きに詳しく。




    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。





    続きを読む >>
    | ムシマル | 雑記 | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
    2016賀正
    0
      2016年になりましたね。
      よい一年でありますように!

      申年ということでサル写真
      (byわんぱーく高知)。


      おさるさんはムシマルにとってのモンキーなんだよジョジョォォォォーーッ!





      みなさまよいいちねんでありますように。
      お酒を少し控えたいです。
      ちょっと体重制限もしたいところ。


      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。





      | ムシマル | 雑記 | 22:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
      人気のある丼、どんぶリア充について(好きな丼アンケート報告)
      0

        アンケートは継続して募集中です。
        どしどしご応募ください。


        記事いただいている時点で(2015/12/19)63票。
        合気道が18票だったんです、
        こっちはそれよりは多いだろう、でも30票くらいかなーと思っていたら
        この票数。

        四捨五入すれば100票だぜ。
         
        適当に分析したり拾い出したりして見ていきます。


        ○その他のどんぶり。
        好きなその他の丼には「三色丼」や「麻婆丼」という声が。

        ああ、三色丼。好きだなそういえば。
        甘ーく調えられたあの味、どんぶり界では割と独特かも。
        お弁当業界のほうでよく見たかも。
        そぼろひき肉とタマゴとでんぶのやつ。

        と、思ったら。
        出身:北海道。
        ひょっとしてこのコメント主さんのいう三色丼は、
        イクラホタテカニ三色丼!?
        そりゃうまいやで。

        丼の数!

        ムシマル、かつて昔『丼サミット』というものに参加したことがあるんですが、(これにリンクあり)はも天丼からモツ煮丼からフグ丼から、焼き鳥丼に角煮丼と、
        およそ人類の思い浮かぶものはすべてドンブリになってきたのではないか。

        アンケートの丼セレクトには一考の余地はあったかもしれない。
        in麻婆丼、角煮丼とかしてもいいのではないかしら。



        ○カツ丼・天丼・親子丼・うな丼・海鮮丼、が上位五天王。
        五天王になってしまった!
        記事時点ではカツ丼がダントツ1位で、天丼2位、親子丼3位、うな丼4位、海鮮丼5位。
        天丼以下はみな1票差で5位まで。

        ネームバリュー的には割と納得ができますねー。

        あと、意外に感じたのが牛丼。
        現時点(2015/12/19)では1票で下位

        牛丼屋さんが県内に何店も、というか全国的チェーン店があるので
        知名度とか露出はAKBくらいあって国民的イメージでした。

        事前イメージでは牛丼はベスト5くらいかなーとなんとなく思ってました。
        だからこの結果は意外です。面白い。

        安価なイメージになっちゃったんでしょうかね?
        「安くて旨い」、という『御馳走』にはちょっと及ばない印象というか。



        ○カツ丼は男性が多め、天丼は女性票多し。親子丼は半々に近い。
        アンケート作成したムシマルだけでしょうか?男女比や出身別がわかるんです。

        それで見る限り全体は63票で、女性7割弱くらい男性3割強くらいの比率でした。
        ちょい女性多めですねー。

        で、カツ丼の男女比が男6割、
        天丼が女子率が85%、
        親子丼は全体比とおおよそ一緒の男3割女7割。
        うな丼もほぼそんな感じ。
        海鮮丼は女性8割男性2割。


        肉々しい系は男の支持高し、
        お魚系と天ぷらは女性人気。




        ○ご当地ドンブリの伸び悩みは食機会数不利のせい?

        他県からもご意見いただいています!
        北は北海道から南は沖縄までもという、全国放送のラジオかっていうくらい各地からいただいてます。
        海外からも票アリ。


        これはたぶんムシマルブログからでなくて『人気ブログアンケート』のアンケートだけ見て投票してくれた方も多数いらっしゃりそう。

        『高知:それ以外』は『45対55』くらいの比率。
        これはつまり、高知のご当地ドンブリを知らない方も多数だということ。

        今回列挙したご当地ドンブリはわりと中心地からは距離があるし、県内人でも食べたことない方も多いであろうか。
        そういう不利は否めないか。

        お味じゃなくて食機会という点で不利っている気はしますね。


        有名どころを避けて、ご当地ドンブリだけでアンケートってのも面白いかも。







        以下はコメントの拾いですねー。
        ○カツ丼は警察で出ないそうです!
        コメント『てか警察でカツ丼は出ないらしいぞ(笑)』より。
        あれ、自分どっかで、出されるけど自費でお支払いって思ってました。
        なんか取り調べの透明化っぽいことででなくなっちゃったのかしらん。


        ○おすすめ店もいただきました!

        うなぎ・・・源内
        カツ丼・・・県警の地下。

        おお、県警の地下には一回行ったことあります(リンク有り)。確かにカツ丼ちょうどよかったかも。しかもお安い。『こち亀』もある。

        源内行ったことないっすね。御座周辺っていううろ覚え。
        「贅沢な気分を味わえる」らしい。
        実際ここ数年贅沢な食い物になってきつつありますが、お給料日とかにちょっと行ってみるかー。





        その他ちょっとだけご意見紹介。

        『海鮮丼』
        温かいご飯の上に、お刺身・・・個人的には大好き! お刺身がほんのり温まって、旨味が増す気が致します!
        • 30歳代/男性/高知
        ムシマルはお刺身温かいのにそんなに慣れていない(たたきはOK)ので、この意見は面白い、と感じました。自分がむむ?って思うだけで確かに普通食材は温かいほうが良いですよね。

        『親子丼』
        卵の生すぎず硬すぎずトロトロな絶妙な火の通り加減と、甘すぎず辛すぎない味加減、汁が多くてびしゃびしゃのご飯ではなくもう少し汁が欲しいなくらいの汁量(笑)親子丼を愛してやまないです!byどくちゃん20歳代/女性/高知


        お、こだわりが。
        確かに汁多いと雑炊かよ、って感じてドンブリじゃなく思うときありますね。

        いいなあ、みんなドンブリに一家言あるなあ。


        一家言といえば、

        『中華丼』
        うずらのたまごが宝石のようで愛おしい/女性

        うずら玉子が、宝石…。
        確かにとろみがかったあんの中にひときわ黄身が色彩として華やか。
        ううむこの表現。ちょっと使いたい、欲しいです。



        もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
        よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
        クリックするとムシマルが喜びます。





        | ムシマル | 雑記 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
        散歩:公園橋重機。
        0
          12月初め、浦戸・種崎。
          松の公園をふらふら。


          松って塩に強いから沿岸にあるんでしたっけ?

          お、マイマイカブリ。

          型、遊具。

          へーブランコやらアスレチック的子供遊び場所があるんだ。

          犬やお子様との散歩ぴーぷるをちょこちょこと見かける。

          あっちには釣り人たくさん。

          目的いろいろでなんだかんだで老若男女のバラエティ豊か。


          公園を抜け、あの橋の下まで行こうと思う。
          あの架け橋の根元には夢が埋まってるんだ(埋まってない)、

          浦戸大橋のポテンシャルを今、見る。


          猫、夕陽に目を細める。

          たぶん何かを待っているんだろう。
          それは釣り人の成果をお裾分けしてもらおうと狙っているのかもしれないし、
          夕陽が暮れた後の闇の訪れを期待しているかもしれないし、
          帰らぬ我が子を心配しているかもしれない(母猫かどうかというか、性別も知らずに適当言う)。


          海の近くにいる猫は、適度にしたたかそうで、適度に人間にすり寄ってきそうで好き。


          テトラポット。



          ムシマルのテトラポット話聞いたことありましたっけ?

          テトラが沿岸にあるの、
          要らないものできっと捨てられてるんだろうなってちいさいころは思ってました。

          なんだか自然発生的に存在しているとも思っていた気がします。
          テトラポットに価値があることを信じてやれなかった少年時代を過ごした。

          おお、なんだかわからない機器。

          今、そこにある機器。

          やっと橋の根元。


          浦戸大橋工事中?
          補強工事だろうか。





          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。





          | ムシマル | 雑記 | 02:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
          散歩:猫。
          0
            海が見たいの。冬の海。


            種崎、



            自動車学校などがありつつ、とことこと歩く。

            大きな道ではない、というか道ではないのか。
            堤の上をひょろひょろと歩いている。ムシマルが。


            あ、猫。


            行儀がいい。

            あれ、来る。

            こっちに来る。

            どんどん来る。



            ムシマル猫には逃げられ、犬には吠えられることが常の身。
            向かってこられると逆に戸惑う。

            道を開けたほうがいいのか?
            いや撫でれるチャンス?

            うわうわもう。


            こっちを見ている感がすごいと思いつつ、撮る。
            あ、止まった。
            眼前15cm。

            あ、寝転んだ。

            か、かわいい。

            あ、あくびした。


            寸前まで来られて寝転ばれてあくびされた。
            これはもう、あれだよな。

            警戒心は少なくともないよな。


            知らない猫をめっちゃ撫でる。

            知らない猫をめっちゃ撫でた冬の日。桂浜の近く。
            竜馬さん、あなたは偉大でした。



            もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
            よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
            クリックするとムシマルが喜びます。





            | ムシマル | 雑記 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
            海鮮丼のことを考える【イデガミ問題】
            0
              『イデガミ問題』、それはムシマルが勝手に言っているだけの問題だ。
              2015/11/04、それは電波に乗った。

              RKCのAM放送、『ぱわらじっ!』という番組で井手上アナが提唱されたのだ。
              井手上アナがステキで困るという問題ではなく(もちろんステキであることが自明であるが)、その番組内のテーマがムシマルの琴線に触れた。

              その内容は、
              「ご飯の上にお刺身を乗せちゃうと、ご飯の熱が新鮮なお刺身に移っちゃって、もったいない!」
              というもの。


              そうなのだ。
              ムシマルも同じことを海鮮丼に対して思っていた。

              ラジオではもう一方のパーソナリティ久保田さんにその説を否定されていましたが、
              ムシマルはイデガミ問題支持派です。


              そもそも論としては、
              その日のラジオのお題が「ご飯のお供といえば?」だったんです。

              ずーっと全部は聴いてなかった(仕事で運転時に聞いていた)んで抜けがあるんですが、
              たぶん「お刺身」って回答が視聴者から出てきたんだと思います。

              そんな流れで、「アツアツの白ごはんをお刺身に乗っけるのは熱が移る」という話が出た模様。

              久保田さんはどう否定したか。
              すなわちこの熱量の移動は微々たるもので、またもうすぐ食されるため時間も短いため、影響を考える必要はないという論旨であった。


              ラジオ中では、二者の意見には折り合いがつかず、つまりはどちらの意見も統一されることなく残っていたようであった。少なくともムシマルが聴き及ぶ範囲では。


              さて、両者の意見が出たところで、ムシマルはどう考えるのか。


              前述したように、イデガミ問題に対しては同意である。
              これは決して井手上アナが可愛いからかばいだてするわけではない。


              ラジオ中では、イデガミ問題は「ご飯のお供として」「お刺身を白米上に乗せること」
              を条件として意見されていたが、
              ムシマルはこれを単純化するために「海鮮丼」として表現したい。


              ちなみに井手上氏は、海鮮丼が酢飯で、温度馴染まされているものならOKよ、と言われていた。度量の広いことである。



              ここで、イデガミ案から離反する。離反というと、聞こえが悪い。旅立つ。飛躍する。



              まずムシマル論として、『海鮮丼は美味しい』というところは前提である。

              海鮮丼は、旨い。


              ここで料理について。


              料理というものは、最も良い瞬間をとらえることを美徳とする。
              そのために生産者は旬をおさえ、調理者は状態変化に気を遣う。

              では状態変化の最たるものは何か。
              もっとも左右されやすいものは気温である。

              ごはん=あたたかいほうが美味しい
              お刺身=つめたいほうが美味しい


              となる。
              これを一緒にするなんて、水と油を混ぜようとするような暴挙ではないか?

              しかしそれでは、
              『海鮮丼が美味しい』という公理1大前提に反する。
              むしろここは、「なぜ海鮮丼は温ごはんと冷鮮魚とがまじわるのに美味しいのか?」を考えるべきではないか。

              ここで考えてみてほしい。
              水と油が混ざる条件がある。
              宇宙空間ないしはその環境に類似した条件下だ。

              宇宙では水と油は混じる。地上では混じりあわないのに。

              海鮮丼は旨い。これは紛れもない事実(ただしすべてはムシマル主観)である。
              水と油のようなはずの者同士が混じって奇跡のようにうまい。

              つまり海鮮丼とは宇宙空間である、宇宙であったという結論に何でかなって、この記事を終える。

              ラジオで聴いたときはもうちょっと違うことを考えた気もしますが、なんかこうなりました。

              「俺の胃袋は宇宙だ」みたいな感じ、『海鮮丼とは宇宙だ』結論になってしまいよくわからない。



              ここで関係あるようなないような、アンケート!
              あなたの好きな丼を答えてほしく思うのです。
              回答してくださると、現投票状況が見れます。




              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。



              麺好きの方、好きな丼は「うどん」という一休さんみたいなやつは無しで。

              | ムシマル | 雑記 | 21:50 | comments(4) | trackbacks(0) |
              オススメの小説を教えてください!『ガソリン生活』
              0
                オススメの小説を教えてください!


                『ガソリン生活』を読了したので、その感想を。

                これは意思を持つ、普通な車の話。

                このちょっと人間に甘いファンタジー設定、好き。

                なかんずくは、終わらせ方。
                エピローグがすばらしかった。


                後日譚好きな人にはけっこうたまらないかも。



                途中ちょっと横道というか伏線未遂みたいなところもあって、
                やきもきするタイミングもある。

                でもなんていうか、そういうところも作風っぽい。


                伊坂氏のいつもといえばいつもの感じが、車に言わせることでシニカルに映えている気もしますね。




                ガソリン生活

                新品価格
                ¥1,728から
                (2015/3/2 02:08時点)


                | ムシマル | 雑記 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
                光の種から僕らのために。
                0
                   ココナッツカプチーノ!

                  ココナッツ好きのムシマルの血が瞬間沸騰したメニュー。

                  注文。
                  メニューが出欠簿みたいなのでした。


                  『光の種』という帯屋町の喫茶店に。
                  コーヒーと健康っぽいランチを置いてある様子。


                  イベントの待ち時間1時間ちょっとを潰すのにどうしようかということで、
                  気になっていたここに入ってみる。

                  でもご飯はこの後なんだよなあ。
                  コーヒーだけにしよう。

                  「ムシマルさんは飲まないんですか?」
                  相方の人が言う。
                  「これから3時間半の飲み放題食べ放題ですよ、吞まないです」
                  もっと食べてればよかったとイベント後に気づく。




                  そして来る。

                  まず器を誉めます。
                  ほー十字マークだ。ムシマルが十字に連なる一門であることを強いての狼藉か。
                  ありがとうございます。



                  おお、いい泡感。

                  ずずず。
                  む。充満するバブルガムブラザーズ。
                  密集からのぞく、液。

                  そこに確かにココナッツの源流を見た。


                  ほんわか甘くて。
                  熱くて。

                  このコーヒー、いいね。





                  おいしく飲む。



                  「カフェなんて普段行かないですよーはっはっは」
                  ヨサコン待ち中(受付から開始までに1時間半以上ある!)に
                  暇をつぶすためにここへ来た間の会話。


                  「ムシマルさん一人でカフェとか行けるんですねー」
                  いや一人でごはん食べたりはするよ。
                  たまに女性ばっかりのときは不安になるけど。
                  ごりごりな坊主頭が女性客ばかりのときにときどき。



                  大体そんなカフェは食事。コーヒーだけ飲むのは確かに珍しいかも。


                  でも今回は時間つぶしだしね。
                  時間つぶしで喫茶に入るのにためらうのは逆に意味がわからんけど。


                  580円だったかで、満足。




                  もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                  よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                  クリックするとムシマルが喜びます。



                  | ムシマル | 雑記 | 23:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
                  ムシマルの野望2015
                  0
                    行くぞ!と決めた場所。

                    10/17にso_koプチバイキング。
                    いいですかみなさん、プチバイキングですよ!

                    キッチンソーコさんのリンクはこちら



                    あと香美バルに参加します。





                    あとはぼんやりとした行きたいところ。
                    いつ行けるかも決まっていない。

                    夢を見ました。
                    寝てるときに見る夢。
                    2015/4/14から15にかけての睡眠時。

                    夢のなかの私は岡山に旅行に行っておりました。

                    夢から覚めた私も、
                    岡山に旅行に行こうと思いました。

                    夢に引き摺られているようです。


                    なんか海のそばを進んで、どっかの居酒屋で肉を食べていました。
                    夢の方です。


                    休みシーズンを避けて、行きたいです。
                    あんまり知識ないんですけど。
                    岡山県は桃太郎とブドウと、倉敷とくらい?
                    ベネッセがあるところでしたっけ?
                    桃太郎ランドはないのでしたっけ?

                    あと蒜山ホルモン焼きそばでしたっけ、それが気になります。
                    あと備前の刀剣博物館。

                    真庭ってところも行ってみたい。
                    何があるのか知りませんが、西尾維新の小説(というかラノベ)で真庭忍軍っていうのがいた。



                    あと2015/9/13から2015/9/14にかけての睡眠時には
                    島根か出雲か鳥取か米子に行く夢を見ました。
                    適当に汽車で行って、路線が繋がってなくて行ったり来たり道に迷う、という夢。

                    島根はいいな。聞き込みローカル線の旅で戦場カメラマンがいろんなところに行っていて、ちょっと憧れます。
                    出張でチラッといったんですが、ちゃんと行きたいなー。
                    しまねっこもかわゆいし。

                    鳥取は、米子と鳥取同時に行くと大変そうだなー。
                    鳥取行くんだったら思い出の地、いわみに行きたい。

                    米子行くんなら、鬼太郎。鬼太郎。





                    ほか、
                    微細だが大いなる野望を。


                    タイカレー。

                    日の出町辺りに一軒、
                    あと朝倉方面に一軒、これは2回行ったが2回とも店やっておらず。
                    旭の手前ちょっと北にもあるらしい。


                    酒呑み店は
                    ・座くろ
                    ・お肉のケーニッヒ
                    ・はな佐
                    ・河庄

                    などに怪しい思いを抱いております。








                    | ムシマル | 雑記 | 21:40 | comments(2) | - |
                    ゲーム遍歴 
                    0
                       
                      ムシマルはTVゲームが好き。



                      で、これまでにやったゲームの中でちょっとマイナーなやつを紹介。
                      マイナーっていっても、(ゲームしたことないヒトでも知ってる)FFとかドラクエ・マリオポケモンに比べたら無名くらいの意味合いです。

                      ゲーム好きな方にとっては、そんなメジャーどころを!みたいなこともあろうかと思いますがご了承ください。

                      記憶を大事にするために、wikiとか見ずに書いています。
                      間違えていたら、あやまる。


                      『燃える!お兄さん』
                      :アクションゲーム。
                      ムシマルの幼少時代いた土佐市高岡では、
                      というかそこの『おもしろランド キャンプ』ではレンタルゲームができました。
                      まだ米屋の近くにあったころ。

                      一週間くらいゲームを借りれて数百円?そんなお得遊び。

                      週間少年ジャンプに連載されていたマンガのゲーム化。
                      あんまり覚えていませんが『あう』『なのだ』とか、主人公口癖を武器にしていたような?
                      アヒルがいたのを覚えている。
                      クリアはきっと、していない。


                      『ビックリマン』

                      PCエンジンだったでしょうか?アクションっぽかった。
                      あんまりビックリマンっぽくなかったかも。
                      敵を倒してお金を貯めてアイテムを買った記憶だけはある。


                      『ゴーストバスターズ』

                      有名な映画のゲーム化。ハマった記憶。
                      あの掃除機でオバケを吸い込むのが楽しかった。
                      今?でいうモンスターボールにポケモンを吸い込む感覚?
                      違うかもしれない。


                      『シュビビンマン』

                      なんだか名前だけ覚えている。
                      どんなゲームだったかは覚えていない。


                      『未来っぽい、メカっぽい人たちのする野球ゲーム(タイトル不明)』
                      機械化された人々の野球ゲームみたいなやつ。
                      投球が時速200kmとか出てたかも出てなかったかも。

                      『ドラッキーのAリーグサッカー』

                      スーファミだったかも?割と大味なサッカーゲーム。
                      必殺シュートしだいだったような。でも割とハマる。


                      『スクラップ・スティック』

                      パーツを組み合わせるロボットRPG。スーファミかな?
                      近接武器とかミサイルとかのチョイス。
                      あれの走りだったのかもしれないですね、アーマードコアの。


                      『魔神英雄伝 ワタル』:アクションRPG
                      ファミコン。今で言うテイルズシリーズのようなエンカウントした後アクションになるゲーム。楽しかった記憶。主人公名を自分にしたら、自分の名前の武器が出てきたときにすげー俺の名前がゲームに出てるってなんか感慨があったような。
                      (例:主人公ムシマル  武器「ムシマルの剣」)

                      これも確かレンタルゲームでプレイしたため、クリアしていなかったような。

                      『パイロットウイングス』

                      飛行機の離着陸とか、パラシュートパラグライダーでの目標地点降下とか、
                      そんな練習ができる珍しいゲーム。
                      「有野課長」で最近見て懐かしく思い出す。けっこう有名になったかもしれないそれで。

                      うまくいかなかったら教官にマジ注意される。
                      何面かに一回、急にシューティングになる。
                      ジェット噴射ランドセルみたいなやつにはまった記憶。


                      『絶対ヒーロー改造計画』
                      PSP。『トルネコの不思議なダンジョン』みたいな感じ。ダンジョンRPG。
                      人体改造とかBGMがヒーローソングっぽいやつとか、なかなか変な道を進んでいる。



                      『ラクガキ王国』
                      自分の描いたラクガキが敵と戦ってくれる。
                      色とか形で攻撃力とか防御力が変わるのだったかな?
                      PS2でしたが、未来を感じたものでした。
                      もっと絵のうまい人だったらもっと楽しいんでしょうね。



                      マリオUSAとかアインハンダーとか半熟英雄とか海腹川背とかまだありますが、ほんじつはここまで。


                      | ムシマル | 雑記 | 10:27 | comments(10) | trackbacks(0) |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 人気記事ランキング
                      人気記事ランキング
                      + ブログゲスト数
                      ブログゲスト数

                      + カウント開始 2015.1.1〜
                      + はてな
                      + 忍者
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + PR