ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
夜「びんび」。 ウィークエンダー:最廉価な晩酌セット
0
    やってる。
    気になっているお店が、開いている。


    この辺りを通るとき、
    張り紙に「毎週金曜日は居酒屋として営業」みたいな文言があり、
    立て看板を見るとお刺身など安かった。

    (いつか来よう、金曜日。ふらりと)

    そう思いながらも時は移ろう、
    さみしい秋から寂しい冬へ季節が変わるその頃に、

    ムシマル入店。


    店内は奥がキッチン。
    右と左の壁際に、カウンターのようなテーブル。

    中央に大きなテーブル。

    4人席みたいなものは、ない。

    なかなかこれは、
    酔うたんぼうに良さそうというか、会話より皿とグラスに集中しそう。

    「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず 自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで・・・」
    by五郎さん

    のような、会話を人とでなく酒としそうな雰囲気。


    そこで、そしてそこで。

    飲み物が安い、食べ物が安い。


    そして晩酌セットがある!
    しかも700円でビール1杯、お刺身+2品などの3種のつまみ。


    700円はムシマルの記録する限り、最安値の晩酌セット。



    来た。
    すべてではない、ビールとお刺身だけだけど。


    イサキです。
    そうここのお母さんは言っていた。

    ほう、副菜サイズであるが、6切れ7切れと、そこそこの量。


    ?何か違和感と思ったが、そうかこれか。

    キャベツ!
    まるでこいつは千切り。
    上に乗ってるものはイサキでなくトンカツと錯覚させるそれ。



    ダイコンのツマじゃないんだー、
    価値観を破壊しにきたな。

    ありそうでなかった。

    それがダイコンのツマより刺身との相性が良いかというと、
    そうでもない。

    ただ、キャベツの方が歯応えと食物繊維の差で、食いでがある。

    お腹いっぱいに近づけ作戦なのだろうか。

    3品すべてくる。

    野菜の茎クキしたものと、
    ポテトサラダ。

    意外とヘルシー、ムシマルの健康を考えてくれている!

    ポテトサラダはなかなか芋イモしていました。

    なんというか、マヨネーズ味の濃いサラダの乱立する中、
    素朴、芋の支配率が高く顕現されている。


    うんうん、ポテトサラダって男の子だよな。

    記事の続きへ。
    続きを読む >>
    | ムシマル | 晩酌セット:お酒呑み3 | 06:49 | comments(2) | - |
    八金(やがね) 「二珍六宝盛り」 高知市
    0
       晩酌セットではないか?


      『八金』と書いて「はちきん」と読まずに「やがね」と読む様子。




      この『二珍六宝セット』
      2,000円でワンドリンク付きで、8品くらいある様子。

      これはちょっと豪華な晩酌セットではないかしら。

      それでは、ヒアウィ、ゴー。


      いきなり入り口で迷う。
      なんか入り口が二つあるのだ。

      どっちかは出口かもしれない。

      『YAIBA』で宮本武蔵が
      「ここの出口は入り口じゃー!」って言いながら沈んでいったこと、ムシマルは鮮明に覚えている。

      名探偵コナン君もネクストコナンズヒントも好きだけど、
      ムシマル的には青山剛昌の最高傑作は『YAIBA』。



      靴を脱いで入る。
      カウンターに座る。

      よっこいしょーいち。口ではなく、心で呟く。

      あ、スタッフ女の人ばっかり。だから八金なのか。
      ※県外の方へ、「はちきん」とは“男勝りの女性”みたいな意味です。
       元気な高知の女性によく使う。

      「二珍六宝セット、お酒はビールで」


      ぐび。
      あ、ビールいい。呑みやすい。
      メニューにはカツオ刺身チャンバラ貝地ガキ酢ウィンナーコロッケ川エビアオサノリ四方竹とあるが、メニューは日によって変わるよう。



      どんなものが来るかなー。

      ちなみにこのお店、しようと思えばお座敷遊びができるとかできないとか。


      遊び方や歌の歌詞説明がある。


      タマゴ焼きを頼むとなんか寄付できるみたい。
      鰹ツナ入り卵焼き、いいですな高知っぽくて。


      こういう高知っぽさを売りにしているので、地元民が県外客に土佐雰囲気を味わってもらうのにいいのではないか。


      ちびちび呑んで、メールを返信していると、
      来る。

      A−Haaaa!


      ・カツオ刺身
      ・土佐ジローの串カツ
      ・クジラ串カツ
      ・めびかり
      ・トマト
      ・チャーテの・・・漬物?
      ・ニンニクの葉炒め
      ・ゴーヤサラダ

      という仕立て。

      うん、彩りもよいですね。





      いただいていこう。
      クジラカツ。


      うん、クジラって好きでも嫌いでもないが風味が独特。
      こういうのが一品あるとぐっと高知っぽくなるね。

      カツオ刺身。

      お刺身なので醤油とワサビでいただく、
      +ニンニクもついてくる。


      ニンニクの葉。

      親子丼の上部分みたいにタマゴと鶏肉をあわせている。


      ビールがないなったので日本酒を頼む。


      うむ、回ってきた。酒が。
      あっという間にふらふらゲージが溜まる。

      チャーテっていうのは何か?よくわからん。
      食べたことはあるんだが説明となると??

      ウリみたいな蕪みたいな風味。
      高知県民がよく食べる。

      土佐ジローカツ。
      ムネ肉だかササミ肉だかの淡白なやつなのでタルタルソースがよくあいました。


      隣の席の人が
      ドラマ『モズ』の話から、ラーメン「しなとら」をけっこう気に入っている話を経てやっぱり『半沢直人』ははまったという話に着地している頃、私は呑み終わる。



      2,700円。

      会計したあと、スタッフさんが下駄箱から自分の靴をたたきに下ろしてくれたのが、こう
      女性らしい細やかさ、さすがはちきんと思いました。


      帰り、店員さんに
      「観光で来たがですか?」と聞かれ思わず

      「はい、出張で」と返事。
      意味もなく嘘ついちゃった。

      いや、意味ないわけではなくて、こんな高知名物オンパレードセットを頼むのは県外の人だろうという推測が立つのはよくわかる。
      おまけにパシャパシャっと、記念に撮っているのだから。

      つまりは自然に湧いたその気持ちを邪険にしたくなかった、向こうの思い描いたストーリーを信じさせたままにしたかったのだ。

      雑な言い方をすれば説明がめんどくさかった。
      実はムシマルはブロガーで、あのセットを頼んだのは調査の一貫のようなもの、
      どれくらい名物が出るのかポテンシャルを計りたかったみたいなほんととも嘘ともつかない話をするのって、なんか上手くできる気がしないし、

      呑み途中であるならともかく、もう帰る段になって長話になっちゃうし、

      一回フラットな気持ちでふらっと入ったのは本当だし、
      つまりこの言い訳は後ろめたいからしているのだ。
      たいした理由でなく、ただ面倒くさくて本当のことを言わなかったことに対して。


      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。




      4月は呑み屋さん特集です。
      数ヶ月間溜めた呑みフォルダが火を噴くとか噴かないとか。



      八金
      夜総合点★★★☆☆ 3.7

      関連ランキング:居酒屋 | 蓮池町通駅はりまや橋駅デンテツターミナルビル前駅

      | ムシマル | 晩酌セット:お酒呑み3 | 20:09 | comments(4) | - |
      たいら屋 キッチン&バー 高知市西部の「晩酌セット」キング!
      0
        あの夜のことを、どう評価しようか。

        噂の晩酌セットを君に、
        情熱晩酌セットを君に。


        本日は中万々の『たいら屋』さんに。


        『きっちんたいら屋』と『BAR たいら屋』の二つの顔と二つの入り口を持つとか持たないとか。



        からんころーん。

        入室。

        店内は、カウンターオンリー横並びの座席。
        今にも一斉にゲートが開いてスタートしそう。



        よっちゃん?さん?という方に対応していただく。
        2014年5月のじゃらんじゃらんモーニングを見て11月に来たのだというと、
        「まあそれはそれは」みたいな身振り。

        英語で言うと「Oh...My…my」って感じか。
        テレビでは高倉健さん追悼の番組をやっている。そんな時期。


        「テレビ見てこられたんでしたら、晩酌セットですか?」と。


        ムシマルは語る、イエスであると。

        10品+メイン。さらに飲み物もついて1,000円!

        11。サッカーチームができるくらいの量。
        すげえぜ!

        飲み物はビール。
        お、グラスがいい感じ。

        さすがバーの顔を持つ。


        そして来た。


        ごぼうニンジンの煮物、ほうれん草のおひたし、名前を知らないけれどタマゴと厚揚げの融合体みたいなもの、アジ南蛮、エトセトラetcで8品。

        わーい、これで1,000円?

        いや、まだまだ!

        数分後にブロッコリの和え物・ポテトサラダと一緒に届くメイン。
        なんか溶鉱炉から漏れ出た鉱石のようなそれは!


        爆弾おにぎりサイズのメンチカツ。

        http://img-cdn.jg.jugem.jp/ca7/3131200/20141130_560677.jpg?_ga=1.183965667.417854342.1400386329
        肉汁じゅわー。

        ライトなハンバーグっていっても過言でない。
        うん、表面の焼き加減がいい。
        中も焼き加減いい。
        つまりは全部いい。

        だんだんお客さんが入って来る。
        常連さんと、常連さんに連れられてきた東京の人など。
        なかなかやり取りが軽やか。

        ビールをおかわりする。

        メニューを見ているときになる1品!

        『ぷりんぷりん物語』
        いやームシマルのアンテナにビンビン(或いはぷりんぷりん)来ています。


        頼もうかどうしようか迷う。けっきょくこの日は頼まず。

        ごくごく。
        晩酌セットには味が濃いものはなく、
        どちらかといえばヘルシー系が多いのですが、

        アジ南蛮がお仕事をしてくれて、
        またいろんな味バリエは舌が単調になんかならず、いい感じになる。

        ビール2杯目、終了。


        どうしよう、ビールに問題はないが、
        キッチンとバーが繋がっているぽいので、
        カクテルいきたくもある。
        バー部分の力を見たい。

        メニューも豊富。ぷりんぷりんもある。

        ああ!

        「ギムレット」がある。

        ムシマル、フィリップ・マーロウ小説『長いお別れ』で出てきて爾来、
        憧れのカクテル。

        友達との別れに呑む、かっこいいやつ。

        「ギムレットを」


        しゃかしゃか。



        わーキレイな液体。
        透明で、薄い黄色。友情みたいだね。

        老齢に達しているけれどもどこか稚気を感じさせるマスターさんから、
        目の前でシェイクしてもらい、注いでもらう。

        「これがほんとうのさよならになるんだよ」

        ※おやじさんでもムシマルでもない、フィリップ・マーロウのセリフ。

        ちゅび。
        あ、うまい。
        さわやかさわやか。
        卒業式みたいにさわやかだよ。




        テレビがあって、放映されている。
        ちょうど高倉健追悼番組をしていたことは言いましたっけ?
        高倉健さんのことを、いろんな人が健さん健さんと呼んでいる。

        高倉さんって言うよりも健さんって呼ばれるほうが多いみたいだ。


        なんだかずっとテレビを観ているうちに、
        高倉さんのことを何かで直接お世話になった人のように錯覚していく。

        いい人だったねえ、なんて思わず言いそうになる。よく知らないのに。

        番組は『南極物語』に変わる。
        ムシマルは、そういえば星新一先生がタロ・ジロをオマージュしたショートショートつくっていたなと思いながら観ている。



        隣の人が、日本酒を頼んでいる。
        隣の人は近くの人相手に、悪態のようにその実はじゃれあいのように絡んでいる。

        隣の人の連れは、「近所にあったら通うのにー」と気に入っている。
        常連さんの連れ「ここの天井がすごいですね」

        天井?




        阿亜!
        すごい!



        漏れ聞くと、マスターさんが一枚一枚貼られた模様。

        かっこいいぜ。

        一目の価値あり。


        その頃のムシマル、
        「あ、僕も日本酒お願いします」
        隣の人のを見て、同じの頼んじゃった。


        あわせて、10品あったやつももう食べ終わっちゃった。
        なんか一品頼もう。


        主食系もあり、おつまみ系も存在。



        あ、これにしよう。
        「ミニミニピザっこ」も。
        餃子の皮でピザを作るというものなのだ。

        ちょっこし待って。

        来た。
        4枚の、直径10センチくらいのちっこいピザが出てくる。

        これ300円にしてはボリューミー。

        ぱり。
        あー、いい。
        パリパリの皮。

        とろけめのチーズ。ベーコンなども。

        いやー大当たり、ムシマルジャックポット。



        お会計。
        お腹いっぱい。2,000円台だった。

        もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
        よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
        クリックするとムシマルが喜びます。



        いい雰囲気。

        遠いんがネック。
        電車より汽車の駅を利用するのが吉か。
        | ムシマル | 晩酌セット:お酒呑み3 | 22:44 | comments(0) | - |
        『布袋さん』高知市高須東
        0
          高須。介良だと思って行ったら高須東でした。
          あの辺りどこから高須でどこから介良か、または大津かわかっていないのです。



          『布袋さん』




          晩酌セット
          があるんだ。
          知らずに入って晩酌セット。良い。


          じゃじゃじゃじゃじゃあ、
          「ビールと晩酌セットを」

          飲み物+3品で1,000円。

          ビールと晩酌セット3品ちゅう1品目がきた。
          カツオの煮込み。

          そういえば箸袋に「土佐銀」って書かれていました。
          何でだろうって思いながらいま食べログ見ると、
          「土佐銀とごはんやと布袋さんは姉妹店」ってありました。

          なるほどね。

          食べる。

          カツオの煮込みはお酒のアテとしてのパフォーマンスに優れていた。
          生姜の風味が効いて、
          この三欠片でビール半分くらいいけそう。

          店内。

          映っていないんですが、
          壁に布袋さんの絵がでっかくあるんです。

          12人くらい座敷が一つ。
          カウンターが数席。
          テーブル席が数席。

          そんな按配。

          メニューはラミネート冊子もあれば、
          壁にお札みたいにして一品ごと書いてかかっているものもあれば、
          ホワイトボードに本日のおススメが書かれているものもある。


          レギュラーメニューの冊子には記載されてないものが壁掛けメニューにあったりホワイトボードにしかないメニューがあったりするので、
          正しくない使い方で目移りしちゃうぜ。

          冊子のメニュー一部紹介。

          にぎり寿司がある。ちょっと気になるなあ。
          700円ってことは、ボリュームとしては5貫くらいなんでしょうかね?

          2品目はお刺身盛り合わせ。
          ほほう、晩酌セットに刺身盛り合わせが入ると、ぐっと格調高くなるんだ。

          説明を店員さんがしてくれる。
          ぐれ、まぐろ、ねいり。とのこと。

          ほほう、ネズミ返しみたいな高盃スタイル。

          記事の続きに。
          続きを読む >>
          | ムシマル | 晩酌セット:お酒呑み3 | 21:05 | comments(3) | - |
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << November 2018 >>
          + SELECTED ENTRIES
          + RECENT COMMENTS
          + CATEGORIES
          + ARCHIVES
          + 人気記事ランキング
          人気記事ランキング
          + ブログゲスト数
          ブログゲスト数

          + カウント開始 2015.1.1〜
          + はてな
          + 忍者
          + MOBILE
          qrcode
          + LINKS
          + PROFILE
          + PR