ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 『かもん亭』で初呑み | main | 南国グルメ『はしごでGO』アンケート >>
仁淀川町グルメ『旅館 合田』の塩ラーメン(訪問2回目)
0

     

     

     

    合田旅館へ。

    この辺ではここが唯一のランチどころのよう。

     

    仕事で来たのです。

    不定休の幻のラーメン屋さんに、みんなで。

    水をセルフで取り、注文。

     

    今日知ったことだが、塩ラーメンがあるらしい。

    醤油と味噌しかないと思っていたよ。

    お前の見せた幻かと思ていたよ。

    悪夢ほど目覚めた時が素晴らしい。

    夢じゃない幻じゃない塩ラーメン。

    (少なくても前回メニュー見た時はなかった気がする)

     

    塩にしよう。

    そうしたら、来た。

    透明スープ。

    美しい、ラーメンのイデアみたい。

     

    具はモヤシにネギにチャーシュー、ナルトにワカメ。

    たいせつなものは、地味に見えるってコピーライターが言ってた通りだ。

    誰かは忘れた。多分優秀な方であろう。

     

     

    いただく。ちゅるり。

     

    麺は割とのんきな固さ、たまご麺で麺自体に味がある感じ、

    スープがあっさりしているのでなんか合わせ技で一本取られておられる感じ。

     

    強いる感じでなく、染みる感じだ。

     

     

    麺が好きかも。

     

    今や上の上の上のバランス感覚に思える。

    あっさりなのに沁みわたるのって、どんな技術なんだ。

    でも洗練というよりは別の言葉が似合いそうな味。

     

    「温泉」みたいな。効能書きがあってもおかしくない気がする。

     

    のんきな町のシチュエーションとかもあるんですが、夏休みのばあちゃんちみたいな気やすい異邦感がスパイスになってる。

    あらがえないな。

    多分二日酔いで食べると死ぬほどうまい。

     

    ここで宿泊したらどうだ、と同僚Tさんに言われる。

    このチャーシューがシンプルに旨い。

    手作りといううわさも聞きますな。

     

     

     

    580円、安い(消費税8%の頃の訪問です)。

     

    親子丼もあるそうな。

     

     

    マジでここに泊まることを検討するのもいいかも。

    高知県全市町村で酒を呑むというプロジェクトが発足したら、仁淀川町はここな気がする。

     

     

     

    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

     

    | ムシマル | 麺類・粉もん類 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 19:59 | - | - |









      トラックバック機能は終了しました。
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR