ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 南国市『土佐力舎カフェ』のモーニングで塩パン他 | main | 南国市『中華そば 楽』の担々麺は重い >>
宿毛グルメ居酒屋『おとと』でいただく
0


    『アバン宿毛ホテル』

    www.avan-sukumo.com

    所在地〒788-0000 高知県宿毛市宿毛1108

    電話0880-63-1180


     

    宿毛市でもアーバンな立地に位置するホテル、駅まで歩いていける距離。

     

    アメニティ充実、ドリンクバー無料利用可能(夕方くらい限定)、お値段安めとムシマルにはちょうどいい。

     

     

     

     

    ドリンクバー使っていいなんて太っ腹だと思って、野菜ジュースを飲む。

     

    歩いて居酒屋さんに行く。

    実は今回は仕事の都合、いわゆる出張っていうやつ。

    居酒屋さん情報を同行する先輩方が聞いておられ、行っちゃおうということになる。

     

    『おとと』、魚ってことだろうか?

    https://tabelog.com/kochi/A3904/A390403/39005715/

     

    入る。

    お写真は右がつきだし、左がお刺身盛り合わせを撮ったもの。

    「(大皿の盛り合わせやなくて)そっちを撮るかえ?」みたいな指摘を受ける。

    そう言えば大皿を撮り忘れました!

     

    ええと、代わりにこういうエピソードがあってねみたいな話をしますと。

    お刺身盛り合わせはいろいろ入っていたのです。

    何のお魚だろう、この青魚っぽいのは?サンマではないかこの皮の感じ、こっちは何?と疑問符を浮かび上がらせていると(ムシマルも当然わかっていない)、

    「このおすすめメニューにあるお魚刺身が、盛り合わせにも入っているのではないか」説が!

    じゃあ、これはこのウルメで、こっちの鯛みたいなんはメイチか!

    名探偵はここにいる。

     

    補足説明、

    今回は職場のひと6名で行っています。

     

    ムシマル注文、からすみ大根。

    「渋いの頼むねー」と指摘、ついつい日本酒を軸にしたときによさそうなもの頼んでしまう。あとあんまり知らないものを。

     

    アボカドとエビのサラダ。

    くう、これを頼んだ方は計算されているな、って。

     

     

    ムシマルはひとかどの男になりたいと思っていた。
    だがまあそれにはなれなくても、アボカドの男にはなれるかもしれない。
    これを食べていればね。

    ※ムシマルがアボカドを食べるときにはこのコメントが入るようになりました。

     

    エビとアボカドの相性の良さは、なんかセットでサンドイッチみたいなやつの具になるくらいいい感じである!

    おいしい。

    牛肉のタタキ、2人前だったか。

    ウシをたたく。

     

    いやこれは美味しそう。

    のび太君みたいに頼りなくはかなげな感じを出しているが、劇場版のび太君くらい純粋さに満ち溢れた美味しさ。

     

    ぬたあんとしているその様は武蔵が吉岡七十人斬りした時みたいに脱力されている。

     

    そしてもっと頼みたいとタコ天ぷらを

    今回一番おいしかったかもしれない、タコ天ぷら。

    やらかさのなかにあって、つぶれない柔軟な意思がある。

    違った意思はない。意思はないが、弾力自体が何かの決意表明かの如くしっかりしている。

     

    宴では、ちょっとむずかしい話をしたりしなかったり。

    地元の話をしたりしなかったり。

     

    その中で、ムシマルが大食いだとかそんな話が出たよ。

    じゃあ炒飯と焼きそばを・・・・合計4人前!

    試される大地!

     

    高知の胃袋と呼ばれたことがあったかもしれないムシマルは美味しくいただく。

    海鮮塩焼きそば。

    潮のべたつきが適度に酒にからむな、締めにいいけどあてとしても使える麺。

     

    エビとピーマンの幸福なマリアージュ。

    ムシマルは結婚適齢期(の後ろの方)だからマリアージュという言葉を多用していく。

    あとマリアって名前の人がいとこにいるから・・・・理由になっていないかも。

     

     

    レタス炒飯、うん、うん。

    アジアがしっかりしている、レタスが邪魔していなくて一服の清涼剤のようになっているアジアじゃなくて味だった。

     

    和食専門なたたずまいに見えてチャーハンに一家言あるなんて隅に置けないなあ。

     

    今日はお酒は2杯まで、何か知らんが止められてるのだ、

    いや止められていないけれど自分はこれくらいにしているからねセーブ&明日にアタックだよ的アドバイスをいただいているから、代わりに食欲マシンが作用している。

     

    じゃこ炒飯。

    2種のチャーハン、3種の炭水化物をいただくというこの贅沢。

    アスリートには忌避されるかもしれないが、酒飲み後の炭水化物はたまらない。

    抜けた下の歯を屋根に投げるくらいやめられない。

     

    終盤に来て、麺2人前+炒飯2人前。

    いやでも6人割だから、ひとり0.75人前。・・・・あれ?0.75人前ってまあまあ多い気もしますね。

     

    食べる、食べる。

    なかなか美味しい、塩気がきいている。

     

     

    食べたー。

     

    6人で24,000円とかそれぐらいでした。

     

    お魚と料理メニューをもっと撮っとけばよかったです。

     

     

     

    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

     

     

     

    | ムシマル | お酒呑み関係 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 14:39 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/637
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR