ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 仁淀川町グルメ『茶農家の店あすなろ』にあすなろう、沢渡茶の店。 | main | 菜園場の『吾平』はふるきよき居酒屋さん。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    菜園場の『吾平』はふるきよき居酒屋さん。
    0

       

      『名月』がしばらく臨時休業と当日に行って知る。

       

       

      元上司(以降Yさん)と飲むことになっていたが、肝心の店が閉まっていた。

       

       

      ありゃあ、近くの店を探すか。

      ということで『吾平』さんへ。

       

      ムシマルは行ったことがある気がしていたが、行ったことあるのは『とりあえず吾平 高知インター店』であった。

      別の店だった!

       

       

      だから、店に入った瞬間から(あ、ここ初めて入った)とわかった。

       

      広い店で、団体さん多数の様、2回くらいにも部屋がある様子。

      おねえさんが「すいません今日は団体さんがいっぱい来てるんで揚げ物焼き物が時間かかってしまいますーー」と。

       

      「早くできるものもありますか?」「魚やなんかはすぐにできます」

      時間はあるし、一部すぐに来るんならいいや。

      決定。

       

       

      ビールを注文。

      まずはビール。

       

      うま。

      五臓六腑六根清浄に染み渡る。

       

      染み沁みである。

       

      お姉さんがお盆を持ってきた「突き出しを選んでいただけます」

       

      珍しいスタイル、全品に250円って書いている。

       

      ポテサラと鶏モツ煮込みをチョイス。

       

      おいしい。

      「ご飯がほしくなる味」そのとおりである。

       

      ご飯にぶっかけたい。

      ちょいと塩気が利いている。

       

      ビールもつきだしもすぐ来る、うれしい。

       

      にぎやかで昭和の感じ漂って、メニューも豊富。

      これはもういい店だ。

       

       

      煮る系は早く来てくれることもあってムシマル評価が高い。

       

       

      Y上司が頼んでいた「たまごやき」、

      キャッチコピーに「びっくり」と書かれてあったのでどう得るのか気になっていた。

       

      目の前でスタッフさんが熱々に卵液を流し込んで目の前で作るやつ!

       

      パフォーマンス力のあるやつだ。

      うん、おいしい、カタチがどんどん変わる。流動体から固形物へ、華やかなオレンジから落ち着いた黄色に。

       

      おいしいおいしい。

       

      ウインナーのチョリソーとかそんな料理。

      普通のウインナー色しているけど、辛い

       

      割かし刺激が来るほう、耳にまで到達しそう。

      やたらにビールが進む。

      2杯飲んで、3杯目はちょっと変わり種に変える。

       

      サマーエールとやらである。

      刺激少なめ飲みやすい。

       

       

      トウモロコシの天ぷら。

      あまい。

      デザートみたいに甘い。

       

      ほっほっほ、甘露カンロ。

      いやマジでトウモロコシは煮るより焼くより揚げたのが一番甘いかもしれない。

       

      甘くフライハイ!

       

       その後、鯖寿司などを頼む。

       

      種類多いけれど、みんな美味しい。

      愛される店である。

       

      焼き鯖は案外に硬派でした、パリッと身皮厚くご飯もがっしりされている。

       

       

      お腹いっぱいになった。

      禍福はあざなえる縄の如し。

       

       

       宝永町付近で迷っても、さまよった結果いい店に巡り合うことはある。そういうこともあっていい。

       

      ムシマルのなかでは葉牡丹に類する店みたいなイメージとなりました。

      古き良き活気ある居酒屋さん。

       

       


       

       

       

       

      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。

       

       

       

      | ムシマル | お酒呑み関係 | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 07:31 | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 人気記事ランキング
        人気記事ランキング
        + ブログゲスト数
        ブログゲスト数

        + カウント開始 2015.1.1〜
        + はてな
        + 忍者
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + PR