ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 逢坂峠たこ焼き屋カツ丼 | main | 南国SA『エリエール』おおきなカツカレー2,060円。 >>
日本酒の『酒の間 くろもしろも』で水餃子ほか!
0

    変わった名前の店だ・・・・・・、それが第一印象。

     

    『くろもしろも』・・・・黒も白も?黒白がそして、どっちもどうだっていうのだろうか。

    清濁併せ呑む感じで黒白両方愛するとか愛さないとかなんだろうか入ればわかるさ。

     

    入った。

     

    テーブル二つ三つくらいカウンター6席くらいのこんまめの箱。

     


    酒の間 くろもしろも
    ジャンル:居酒屋
    住所:〒780-0841 高知県高知市帯屋町1-15-10 帯屋町ビル1F奥(地図
    周辺のお店のネット予約:
    焼鳥居酒屋 てんてけてん 高知店のコース一覧
    居酒屋 王様のコース一覧
    居酒屋 大黒堂のコース一覧
    周辺のお店:ぐるなびぐるなび 高知市×居酒屋
    情報掲載日:2019年7月3日


     

    書いてある通り、『禁煙の日本酒酒場』

    タバコを吸わない人や副流煙だけで喫煙の衝動が抑えきれない禁煙中のひとにはいい。

     

     

     

     お、なんだ。

     松翁さんとスルラクセさんとコラボされるのか。

     

    店内はむしろ洋っぽい。バーとかダイニングとかカフェとかインテリアとか横文字が似合う。

     

    メニューは固定メニューはなく、2Pくらいが食べ物、3Pくらいが飲み物。

    日本酒だけでなくビールや梅酒・ソフトドリンクもあるっぽい。

      

     

    一息ついてお酒を考える。

    日本酒酒場だったら初手から日本酒だ。

     

    うーーん、お腹はそんなに減ってない。

    お刺身やカツオたたきは次にしよう。

     

    お酒は赤岡町から『豊の梅』 ・・・・豊能梅 g×aってやつだ。

    地元のお酒。

     

     

    G×Aってなんなんだろう?

    こう、『げんしけん』かなんかの智識であるが、G攻めのA受けっていう記号だったっけ?

    違うとわかっていながら書く。

    グラス式。

    おお、甘やか。

    ちょっと爪でひっかく程度に豊潤さという後味残して。

     

    高知県産「吟の夢」と、高知酵母AC95を掛け合わせ醸された純米吟醸酒です。

    高知では有名(らしい)酒向けのコメ「ぎんのゆめ」のGと酵母「AC95」を掛け合わせたからG×Aか。

     

    豊の梅さんのお酒、『赤岡酒祭り』で一気飲みに使われるお酒だから勝手に豪快な味だと思っていた。

     

    実はふわっとおいしい。

    甘さが残るのは、鮮魚とかよりなんか別のものに合いそう。苦いものとか?

     

    お通し。

    ナスとスズキのなんか炊いたようなやつ。

    ナスしか映してませんが。

     

    (おおお・・・・・

     日本酒がグラスで来る、お通しが凝ってる、チェイサーにお水が出てくる・・・

     ちゃんとしたところだ)

    そして頼んだポテトサラダが来る。

     

    ムシマルは広島生活で居酒屋さん定跡ができて、

    「ポテサラ」か「煮込み」が初手に多い。

    振り飛車党みたいなもんである。

     

    ポテサラが一工夫!

    焼きホタテが入っていて、姿は保護色に紛れたためか見えないが旨みが出てくる出てくる。

    相良油田くらい!

     

    ホタテが一口ごとにあったりなかったりするギャンブル性も面白い。

    何を隠そうムシマルは競輪競艇競馬パチンコ、全部一回は行ったことあるぎゃんぶらぁ自己中心派。

     

    酒が進む。

    ポテサラランキングに入るなー。

    ムシマルはサラッとしているポテサラよりは燻製にしていたりなんか混ぜてるようなちょっとクセのあるポテサラの方が進行速度が速まって上位入りがち。

     

    美味しくてすぐ呑んだ。

    2杯目はどうしようかと思ったら、「究極」という言葉が山岡さん的に飛び込んできた。

     

    頼んでみた。

     

    羽根屋のプリズム究極。

    ラベルにもちゃんと書いてある。

    プリズムで究極。

     

    ちびちび。

    ありゃ!こっちはあれですね、後味の消え去りっぷりは根こそぎ強盗くらい。

    アルコール度数なんてものがあるのかってくらい。いや酒なんだけど。

     

    飲みやすい。

    そしてポテサラ完食。

    別のものを頼む。頼んでいた。

     

    少し待つ。2人で回しているようで、お客さん繁盛だと少し待つ。

     

    頼んだそれは今夜のメインとなる水餃子(セロリとラム入り)

    餃子でセロリとラムって・・・・メニューのクセが強い。

     

    食べると・・・バランスが取れている。

    皮がモチッとして美味しいところからラムとセロリが・・・・ラムとセロリ?あんまりわからない。

    黒酢で味付け済み。

     

    ラム肉は正直そこまで臭みがないので豚って言われても信じてしまう。

    珍味だと思ったら、ちょっと上品な味でびっくり。セロリが抑えに回っているのか?

    最後の一個を食べるとき晴れがましいような残念な気分になるの。

     

     

    3,100円だった。

    次来たら、お刺身と唐揚げを狙うかもしれない。

     

     

    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

     

     

     

     

     

    | ムシマル | お酒呑み関係 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 21:55 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/616
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR