ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 四国旅行の旅with2名徳島で(もう一回)うどん『さぬきや』と徳島列車 | main | 四国旅行の旅with2名て鷦_颪N上長推薦のオシャレスポット『edge』。 >>
四国旅行の旅with2名1儔2018初春with島根高知合同職場呑み。
0

    高知着。

    ホテルなど寄りつつ、時刻18:30頃。

     

     

     

    英屋さんに行ったのさ。

    島根の方と、高知の方と。

     

     

     

    高知の方というのは、ムシマル異動前の職場である先輩方だ。

    ムシマルチョイスで『英屋』さん。

     

     

    恐らくムシマルが10回くらい入ったお店。

    常連を装えるお店。

     

    席だけ予約である。

    「あれー、ムシマルさん」英屋娘さんと再会である。

    「まだ帰らんがー?」「異動はまだですねー、今日は島根の方を連れてきました」みたいな会話。

     

    何品か頼む。

    ああ緊張する。高知の方の中にはムシマルよりもお店詳しい方がいらっしゃるのでそれでだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「どろめ」を、ぬたで。

    いかにもな土佐プロローグだ。

    ムシマル的にはこのままエンドロールでもいいくらい。

     

    ああカ−テンフォール、というヤツだ。

     

    私は今この感動的な犠牲(どろめの)に涙がこぼれそうだということだ。

     

    尊い食事というものは常に

    尊い犠牲の上にある。

     

     

     

    みんな揃って、乾杯。

    ムシマル+島根民2名+高知民3名の、6人呑みである。

    英屋さんからは角部屋?みたいないい感じの部屋をいただく。

     

     

     

    「小イカ(スルメイカ)の中華風アヒージョ」 である。

    ピントは合っていないが、気にしていない。

     

    つやつやとくろびかり。

    香りよし、でこいつはビールが進む独特のクセ。

     

    こいつは、良い。

     

    見たこともない観察対象を見つけ!

    それがこちらの予想を次々と越えてくる!

    これが喜び出ないならいったいなんだ!

     

     

    秘密のメニューなども行った後、

    ウツボの唐揚げは!

    モッチリの中にザクリとした風味が剣呑さを感じさせ!

    さすが海のギャングさま!と思わせる。

     

    世にいう「さすぎゃん」である。

    言わないけど。

     

     

    『ジョジョ』っぽい、トマトとチーズのカプレーゼ。

    そう言えば車中で実写版ジョジョ4部の話をしたな。

    Aくんはあんまりジョジョ知らないけど映画見たって。すげえぜ。

    ジョジョファンのムシマルでも映画見てないのに。

     

    トマトは、高知が誇るオムライス海道狷高村”だったか、狷礎”だったか。

    日高村だったような気もするけれど覚えてないの。

     

    おいし。

    自分のチョイスじゃなかったから、意外の感があるおいしさ。

     

    カプレーゼこんなにおいしかったっけ?

    『カプレーゼ』!解説はしない。美味しいから各々各店で購入したまえ。

     

     

     

    太刀魚ポテトサラダ。

    英屋さんの必殺技である。

     

    誰も死んだことはない。

    ただムシマルの探究者としての魂はここで死んだ。

     

    もうこれ以上のお魚ポテトサラダは探さなくていい。

    ムシマルは彼のお魚匂いがするお酒アテになるポテトサラダを、完ぺきだと思いはじめていたわけだ。

     

     

    やばい。誰よりも県外民観光者S&Aさんよりも、ムシマルの方が堕落の堕天しきっているかもしれない。

     

    たたき。そうタタキ、ここでタタキ。

    カツオの塩たたきと普通タタキをそれぞれ頼む。

     

    ちょい厚め、風味よし。

    うまいタタキが、久しぶりだ。

    塩たたきは狎纏”、ポン酢タタキは狒或”を司っているような味がする。

     

     

    「ここおいしいなあ でもちょっと高級じゃないろうか?」N上長が聞かれる。

    「普通の居酒屋さんか、ちょっと気持ち上かもしれません」そんな返しをしたと思う。

     

    よかった、評価は上々Feel so  Good って感じだ。

    島根出身S&Aさんもおいしそうである。

    日本酒を、飲んでいる。

     

    『美丈夫』だ。

     

     

    キンメダイと、ブリも盛ってもらっちゃう。

    高知コンプリートに一歩近づく。

     

    ピースサイン撮り逃し。

    キンメダイの甘やかさは、開いた口が塞がらず開いた瞼が閉じず縮んだ心臓は膨らまないくらいにすてきだ。

     

    だいたいに甘さが口のなかに残るお魚が好きだ。

    酒でうつくしく流すことができるから。

     

     

    そうして2時間くらいいて。

     

     

    お会計。

    「思ったよりはおたかくないなあ

     〇〇 また来よう」的評価もいただき、一次会が終わる。

     

     

    ああ、なんか県外の方に喜んでもらえてよかった。

    2次会に続く。

     

     

     

     

    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

     

     

     

     

     

     

     

    | ムシマル | お酒呑み関係 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:08 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/577
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR