ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 昼はホームラン、夜はワイン+無国籍、なーんだ         「坐忘」4回目。  | main | 居酒屋『王様』  >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    高知市南部うろうろ(長浜)、あるいは「岸辺20分半、ルーブルに行く。」
    0

      舟を編む。


      ではなく渡る。

      県営渡船。

      あ、この続きです(リンクあり)

      あと50分後には此岸に戻ることができる。

      でも歩くっきゃないでしょ。散歩でしょウロウロでしょ。
      風が吹いているが、形のないものに負けずに歩く。


      おお、廃屋?間違っていたら超すいません。
      DVC00005.jpg
      あばら家、って言うのか?


      がちゃさんは喜ばれるのだろうか。
      廃墟業界的にはどういうのが喜ばれるのかわかっていないムシマル。


      これは人が住んでいるのかもしれませんが、
      お店としてはもうやってなさそう。
      DVC00008.jpg

      昔はにぎわっていた風情をちょっと感じると、寂しい。
      漁で賑わってわいこら言っていた時代があるのではないか?
      いつかわからないけれど栄光が過去にあるのはもう二度と取りにいけない忘れ物をしたような悲しさ。

      『百年の孤独』みたいで。

      アフタヌーン漫画家のカラスヤサトシ氏が「嬉しいと悲しいの区別がつかなかった」って言われているように悲しさみたいなもんがあって、
      でもそれは喜びと結構似た位置にあるのでなんか変な快感を伴うんでしょうか?


      歩く、やー高知市随一の水が近い環境って感じ。
      DVC00007.jpg

      だんだん商店街。
      DVC00017.jpg

      ふらふらーッとあるいて、
      なんかキリのいいところないかな、として。

      ルーブルに辿り着く。
      DVC00012.jpg

      そうか、ムシマルはルーブルまで歩きついたのか。


      入店。
      実は昔、ムシマルが小学生くらいの頃、よくここに来ていた。

      どういう経緯か分かりませんが、両親+弟と、つまりは家族でひと月に一度くらいここに来ていた。

      実に、20年ちょいぶり。

      入る。ふらーっと。
      うわー、中は多分こんな感じでした。
      まあ普通のレストランというか喫茶店風なんですけれど。
      あー入り口すぐのマンガ置き棚、きっとよみがえる記憶、その残滓。


      座って注文。

      メニュー拝見。
      あーからあげ系をよく頼んでいたような気がするなーノスタルジー。
      ハンバーグやらステーキやらもあるのですよね。

      こんな値段だっけかなー、ってあの頃はお子さまだから値段なんざ知ったこっちゃなかった、少なくとも値段に対しての全責任はなかった。

      なんだこれ。


      まさか『少なめスペシャル』ってネーミングがあるとはね!
      ルーブルにあるとはね!

      少なめ加減を前面に全面に出した食べ物があるとは、
      発想だなー。

      懐石じゃないですけれど、おいしいものをちょっとずつ、みたいな感じ?



      少なめの定食まであるよ。
      「中盛り」まであって、これはもうレギュラーより多いのか少ないのかだんだんわかんなくなっていく。

      だいぶこの辺りの新戦術に魅力を感じながらも、
      ムシマルは、これ!


      ペイザーヌ風ピラフ。

      ・・・なんですかね?ペイザーヌ。きっと地名なんだろうなあ。

      1,280円だって。ちょっとするけれども頼んでみた。
      ムシマルの小学生時代には絶対食べたことないんだ。

      来た。


      お膳で来ると、そしてみそ汁がついてくるとどんなものでも和風に感じる。
      そう、メインのことより先に(あ、おみそ汁)って認識。


      いきなりメイン。
      ピラフオンサイコロステーキのかたち。


      ピラフはあれだ、喫茶店で出てくるものって感じ。
      大きめにカットしているのか、タマネギのことが印象に残る。


      お肉は・・・、お、がっしりです。
      なかなかそそる。

      そして、このお肉ソースというかタレというかが、
      ピラフにかかる。

      ピラフにかかって美味しくなる。
      うむ、好循環。


      なかなか風味が豊かでないか。
      ちょっぴりオイリーなのもなんかいい。


      完食、食後の


      コーヒー。
      ずずず。


      あーお値段設定はピラフにしてはちょい高いかもしれません。
      美味しかった。


      げ、もう船は出ている。
      瞬間移動でもムリ、タイムスリップでないとムリ。


      お会計をして再び歩く。

      こっちの岸へ到着してから1時間50分後。

      あ!長浜の船待合所は暖房・テレビ付き。待てる、待てるぞー。


      もう一度、船。
      往路もいいけど復路もね。





      旅は終わったよ!旅は終わったよ!


      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。


      | ムシマル | 高知県内クジ&ダイスの旅 | 17:38 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 17:38 | - | - |









           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 人気記事ランキング
        人気記事ランキング
        + ブログゲスト数
        ブログゲスト数

        + カウント開始 2015.1.1〜
        + はてな
        + 忍者
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + PR