ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 四国旅行の旅with2名高知をサラバして秘境温泉へ!そして〆はお好み焼き。 | main | 高知帰郷からの『讃岐うどん屋』で盛り盛り >>
転勤半年後、『潮江市場』のビフテキをたべたくなる。
0

    はりまや橋で乗り換えして、桟橋3丁目で降りて15分歩く。

    何やかんやで家を出てから一時間くらいかかってしまう。

     

    『潮江市場』、ムシマルはもう一年くらい行ってないのでは?

    2015の年末か2016年1月くらいに行って以来か。

     

    つまりは、ムシマルが広島に異動になることさえ知らなかったころ以来。

    今日のおすすめは、「むしがき」「かきフライ」?

    広島感を出してくれるとは!

    お鍋もある。

    お値段は980円、3種類。

    でも、これを食べるとここの名物『ビフテキ』を食べる余裕がないのでないか。

     

    それに、それに。

    まあいいや。

     

     

    入店。

    大将さんに久しぶりだねー言うてもらう。

    (よかった約一年ぶりで記憶リセットされてたら悲しいなという思いがあったのでほっとした)

     

    ビール。ちょっとお安かった気がする。400円台。

     

    突き出しをいただきながら。

     

    待つ。森見小説を読む。

    先に「ビフテキ」を出してくれる。

     

    広島にもなかった、お肉ぎにゅぎにゅ天国。

     

    ああ、ソースが上品と下品のあいの子。まるでムシマルのようだ。

    肉を焼いて刺激的なソースをかける、ただそれだけでセロトニンがムシマル内部でとめどない。

     

    このまま捨て台詞を吐いて小躍りしたい。ほかに踊りを知らないからよさこい音頭であろう。

     

    この、肉の切れ数を見てくれ、見てくれ。

    オオカミの群れが今襲ってきても、これを置いていけばちょっと距離を稼げるくらいあるのではないか。

     

    ムシマルはけだものだもの。

     

     

    お肉も柔らかくていいんですが、

    これソースも甘辛くてほんのり酸味も感じて、これをごはんやパンにつけても、ムシマルは戦える、生き抜けると思うのだ。

     

    当座の問題は、おビールがなくなってしまった。

    どうしようかな。

     

    確かここの日本酒、司牡丹か土佐鶴かどっちかだったよな。日本酒にしようかな。

     

    あーお口の中でもにゅもにゅと、いつまでもしていたいし、こんなにたくさんあればいつまでももにゅもにゅできそうな気がしていました。

     

     

     

    サラダを頼む。

    ムシマルはヘルシー路線もいけるぜと。

    前に海鮮サラダをたのんだから、今回は生ハムサラダ。

    来た。

    豊穣たる花みたいな感じで、ハムが澄ましてやってきた。

     

    そしてサザエお刺身。

    ああ、サザエさんが愉快だ。

    何が愉快って、肝も付けてくださっている!

    かんらかんらとわらうしかない。

     

    ひやー、ムシマルのテーブルが華やいできた。

    声をかぎりにスウェーデン語でわめきたくなってきた。しかも、ムシマルはスウェーデン語なんて話せないのに。

     

     

    お酒を頼む。日本酒ではない、焼酎だ。

    徳島の焼酎だったかな「一番札」。

    なんか目の前に「一番札」って書かれた板があるので、意識下無意識下に購買意欲が働く。

    (こいつがステルスマーケティングってやつか・・・・・)

     

     

    ロックでいただいてみる。

    きりっとした味と覚えているが、ムシマルは焼酎全般をきりっとした酒だと思ってしまっているのだ。

    そのきりっとした酒で、肉とサラダと貝に向かう。

     

     

    もぐもきゅ。

     

    コリコリとした貝肉がムシマルの歯に触れているぞー!

     

     

    おいしい。

    お刺身系を頼んだという瞬間から、ある程度生身の肉質を想定していたので

    このコリコリした、無機質というかゴム側に忍び寄るような弾力の躯。

     

    こう、なんか予想の上を行く弾力で弾みがついた気がする。

     

    サザエの肝は苦くて、人生みたいに深みがある。

     

    いやー、曖昧な夜が明瞭化した。

     

     

    あと。このくらいの時間に、今いるお客さんのお料理づくりがひと段落し。

    大将さん隣のお客さんと一緒にテレビを見る。

     

    MCと番宣俳優が一緒にまちのグルメを回る、みたいな番組を仲良く見る。

     

    「いやー、愛之助さんは〇〇だね」みたいな感じになる。和やか。

     

    そしてCMのときだった。食器洗剤のコマーシャルでした。

    「自社の製品はこのように油汚れを落とします」と、汚れまくりの茶色い皿をスポンジで縦一文字に一拭き。

     

    そこだけ真っ白。

     

    思わずムシマルはこう言いました。「モーゼの十戒か」

    すると隣のお客さんが反応。「いやー君の若さでそんなの知っているなんてなー。映画を見たんですか?」

     

    ええ!?

    すいませんなんかポロリと言っちゃったんです。映画、わかんないんです。

     

    強い押しに弱いムシマル。

     

     

    あ、あと会話ではこんなことがありました。

    自慢になってしまうここの箇所。でもうれしいから晒す。

    大将さんが、「『ムシマル高知』で検索したら出るがやったっけ?」と聞いてくれる。

    「えームシマルさんですか、ブログ何かで見たことあります」かわいらしいバイト店員さんが言ってくださる。

    店員さん「じゃあ潮江市場のことも書いたことあるんですか?」大将「そうだよー」みたいな。

     

    ふうふふ、

    ムシマルは独身男性だし婚活男性だし承認欲求もあるから、

    ヤングウーマンから認知されていると思うとまんざらでなさが尋常でない。

     

    (これが、男心というものだ。

     大正時代には常識だ)

     

    日本酒を吞む。司牡丹。

     

     

     

    いや、あったかいのがいい。

    一つ早く冬を、ムシマルは今冬きっと高知より長く広島で過ごすであろうから。

    だから先に冬っぽいことを。

    高知の冬を惜しんで、高知の秋にこんなことを。

     

    熱燗とおでん。

     

    ぐつぐつと沸きたっていくような熱が、そのままムシマルの内部にこもるみたい。

     

     

    ああ、肉。おいしかったなあ。

    バリサンドはひょっとして、なくなってしまったのだろうか。

     

    居心地がなんかいいのです。

     

     

     

     

     


     

    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

     

     

     

     


    | ムシマル | 大盛り・メガ盛り | 08:09 | comments(3) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 08:09 | - | - |
      日頃楽しくブログ見させていただいてます。 私の書いてるつまらないブログですが、リンク集を作ろうかと普段拝見しているブログの管理者様にリンクを貼らして頂く事が出来ないか聞いてるところです。高知と広島の二つリンク貼らして頂いてもいいでしょうか?
      | 土佐流 和楽 | 2018/07/21 2:40 AM |
       土佐流和楽さん、どうもです。

       OKです。
       どうぞどうぞー。
      | ムシマル | 2018/07/30 11:30 PM |
      了承有難うございます、早速リンク貼らせていただきました。今後も楽しみにブログ見させて頂きます。
      | 土佐流 和楽 | 2018/08/01 5:29 PM |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/542
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR