ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 高知婚活ブロガーの結婚式 | main | 2016の高知新店がひとつ「松原ミート」で肉々しく食べる >>
カフェMuuMuu(ムームー)のマカロンをスパークリングしながら −昼からお酒呑みシリーズー
0

    バスは16時40分に広島に出る。

     

    その時までに、ムシマルに残された時間は2時間くらい。

    お昼からまちに来て、まちでちょっと食べて、そこからお土産を買うなどふらふら時間をして向かおうという算段。

     

    時刻は14時ちょっと、

     

    考えていた。

     

    昼ごはんを定食で取ってしまったから、あんまり無理はできない。

     

    〆ラーメンみたいなものか、

    あまいものか、

    おつまみ的なものか、そんなことを考える。

     

     

    そもそも14時過ぎで(15時16時まで)やっているお店を探すとなると、

    うーーん。

     

    カフェって線が濃厚かなー。

    土佐茶カフェとか、5019バーガーとか?

     

    長居できそうなところがいいなー。

    と。

     

    カフェ MuuMuuを見つける。

    (ムシマルは、ここ、素敵だと思ってたんだ。)

     

    でもモーニングでしか行ったことないのです。

     


    店名 Cafe  Muu Muu

    住所 高知市本町1-2-21 ながせビル
    電話 TEL.088-822-9503
    営業時間 8:30〜20:30(OS19:30)
      火曜定休日  Pなし



     

     

     

    いい機会だ。

    いい機会です。

    いってみよう。

     

    ランチはあるかな。

    なくても、気になっているのだここのマカロン。

     

    マカロン。

    ムシマルの中ではおしゃれな割にはお味は大したことないというか、

    生地がカシュカシュして歯にくっつく洋風モナカみたいなどっちかというと唾棄すべき存在(言い過ぎ)。

     

     

     

    営業中だ。

     

    ニコニコしちゃうねえ。

    かき氷もある。

    甘露雪に、苺三昧だって。

     

    ムシマル、苺のこと今でも好きなんです。

     

     

    溶け雪の白玉ぜんざい。

    それも魅力だ。

     

    だが、すべてのことは私が入店してからだ。

     

    入る。1階はケーキやお惣菜売っている。

    だから飲食コーナーを有する2階に上がっていく。

     

     

    広くはない。

    10人ちょっと入れるかというようなスペース。

     

    上がると、お店の人が。美女。

    カウンターにどうぞとのこと。

    お食事ですか?お茶やお菓子ですか?と質問され、

    「カフェですカフェ使用」みたいな頓珍漢な回答。

     

    まあなんとか通じる。

    カフェ用メニューを見せていただき。

     

    ええと、あれ難しい。

    ドリンクとマカロンのセットみたいなやつはどうすれば頼めるんだ。

    500円ドリンクをたのめば、なんか1つ食べ物がついてくるということなのか?

     

     

    ムシマルはここのマカロンが食べたくて仕方ない。

    前にここに来た時、お店の老婦人に「マカロンは熟成するのよ熟成するとおいしくなるのよ」って情報を聞いてずっと心にぽっかり穴が開いていたのだ。

     

    マカロンが入り込むための穴が。

     

     

    あ!!酒。

    酒が選べる。

    紅茶やコーヒーも選べるけれど、お酒も。

     

    土曜日の、14時だ。

    ひと頃なら家で焼き飯食べながら吉本新喜劇見ているとか見ていないとかそんな時間。

    そんな時間におしゃれカフェでお酒とマカロン。

     

    昼酒と昼マカロン。どっちも選べる私だ。

     

     

    やばいかもしれない。

    もうおしゃれ暴風雨の最大風速はあなたを巻き込み、討ち取るであろう。

     

    飲み物は、オシャレ度の高そうスパークリングワインにしようかな。

    で、どうすればいいか。

     

    ありていに正直に美人お姉さんに聞こう。

    席を立ち、お店のショーケース近くスタッフ出入り口近くにのこのこと近づく。

     

    「すいません飲み物はスパークリングワインください。あとセットみたいなものはできますか?」

     

    できます。

    ドリンクにもよるんですがスパークリングワインなら850円で3品選べます的なお答えをいただく。

     

    それだ。あなただ。

     

     

    それにする。

    「スパークリングワインは甘いものになりますがかまいませんか?」

    「ええっと、マカロンに合うお酒があればそれを。」

    「甘いワインは、マカロンに合いますよ」

    なら、決まりですね。

     

    そしてマカロン選定。

    ここでもムシマルは美人お姉さんのお世話になる。

     

    この中から3種選んでいいんですよと言われる。

    お惣菜というか前菜的なものもある。ハムみたいなものや酸味のあるもの、魚介類のもの。カナッペとかもありかねない。

     

    甘いものもシュークリーム的なものタルト的なものとたくさんあるが、ムシマルは一途にマカロンのみ。

     

    ただなにマカロンがいいかわからん。

    おねいさんに聞く。おすすめを聞く。

    「キャラメルとブラックオリーブと〇〇〇〇(名前を失念)がおすすめです」って。

     

    「じゃあそれを」

     

    「全部こちらの提案通りで大丈夫ですか?」

     

    「じゃあキャラメルとココナッツをチェンジで」

     

    自分の意志表出さえもおねいさんに振っていただいて初めて出すムシマル。

    なんか初心者丸出し。

     

    でもそんな僕でもなんとか話がまとまり、再び席に着く。

     

     

    書棚にある紅茶書籍やベルギービール書籍を気になっていながらも、

    「ほっとこうち増刊号 野菜に恋して」をぱらぱらとめくる。

     

    来た。

    ムシマル(すごいことになった)

    おしゃれの塔が立ったかのようだ。

     

    なんという立体感・・・。そしてなんというマカロン・・・。

    おねえさんはお酒ボトルを見せてくれる。「ガンシア1850ロッソ」?

    イタリアのワインであろうということだけわかる。

     

    実食。しかし、食べるのが勿体ないですな。こんな感情になることは少ないのですが、つまりはそれだけのオシャレ度。

     

    では、まず〇〇〇〇から。

    そう、お姉さんはこっちから逆時計回りに食べると味の濃さなど的にいいですよと優しいアドバイスをくださる。

     

    ぱく。しゅしゃあなる。

    かしゅ。

    なんかしっとりとした、

    女性の瞳だったら憂いを帯びたと表現できるだろう。

    残念ながらマカロンだから愁いを帯びたと表現できない。

     

    もしゅもしゅしない。歯につまらない。

    月の重力で握られたおにぎりみたいな食感。

     

    これは、いい。

     

    甘さはというと、なかなか甘いのだ、

    しっかりと甘い。

     

    そして飲んでみるスパークリング。

    うまい。

     

    しゅわしゅわとほろ甘い。

    酒の妙味が喉と心臓と肝臓に潤す。

     

    しゅわしゅわーーー。

     

    甘いマカロンと甘いスパークリングワイン、思ったよりも合う。

     

    ココナッツ。色はなんだか薄グリーン。

     

    ぱくり。

    おいしいしココナッツ成分を多分に感じる。

     

    ああ、よかったな。

    ココナッツ頼んで本当によかった。

     

    時よとまれと言いたくなるマカロン。

     

     

     

    皮がパリパリとせずにほろほろとしている。

    なんかに沁み入りそうな滋味。

     

    うまいよぅ。

     

     

    そしてブラックオリーブ。

    ああ、これお酒に合う。

     

    このブラックオリーブのちょっとした野性の香り、

    おつまみ系統に位置する位置できる風合い。

     

     

    おいしいマカロンをいただいて、高知までの残存時間を消費することができる。

    どうしたことだろう、不満や不安なんて全然ないぞ。

     

    ほっとこうち特別号を読んでいるとMuuMuuのことが載ってあり(むしろ載っているからここに置いているのだろうが)、

    ここのきれいなお姉さんは野菜ソムリエの資格をお持ちであるとのこと。

     

    へー、才色兼備。

    高知って野菜ソムリエ多い気がするなー。広島では野菜ソムリエ聞かない気がする。

     

     

    はあ!そのお姉さん、女性スタッフさんがおいでになられる。

     

    白桃のスムージー、そう言っていたように思う。

    なんかしらんがサービスしてくださった。

    新商品だから?理由はよくうかがえなかった。

    少なくとも自分がブロガーだからではない。言ってないし。

     

    あ、つめた気持ちいい。

    甘さよりも冷たさ気持ちよさが先立つそれは、夏の日にはすぐ溶けてしまう素材でできていた。

    完食。

    ベルギービールの本を読んでみる。

    読むとベルギービール飲みたくなるですね。

    あ、サイン入りだ。

     

     

    また高知に帰らないとな。

     

    夕食メニューもいただいてみたい。

    下に降りて、お会計。

     

     

    帰りに何げなくテラス席に置いてあった冊子メニューをぱらり。

    !!

     

     

    タイカレーあります。

    次回、MuuMuuタイカレー編がきっと巻き起こる。

     

     

    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

     

     

     

    | ムシマル | カフェなどオシャレ系(ムシマル判断) | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 07:51 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/539
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR