ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< どき!生姜農家うどんブロガーとの差し呑みinス・ルラクセであかうし | main | 2016年おみくじ!  >>
どき!生姜農家うどんブロガーとの差しうどんinカレーうどん肉うどん
0

    どき。生姜シリーズ三部作最終作。

     

    生姜王が同じ時間軸の別目線を書いたものはこちら。

    ひょうちゃんうどんというおうどん屋さんに竜一さんと行く。
    高知の有名うどん好きブロガーとともに行く行けるおうどん、よいですな。



    一番人気の『肉カレーうどん』、
    店長おススメの『ひょうちゃんうどん』、
    今夜のおススメはどっち!?

    ムシマルはこの時点では、カレーに興味が寄っていた。

    果たしてひっくりかえせるのか、それともこのままカレーでまかり通るか?

    こうご期待。


    着席、半個室というか仕切りのある二人席に。


    よーし、ムシマルは結局肉カレーうどん。
    竜一さんはひょうちゃんうどんを頼まれた。

    (屋号を冠したうどんを食べるとは、竜一さん、さすがだな・・・)

    そして現れるカレーうどん。



    お値段が900円台だったのでおまち価格かーと思っていたが、
    けっこうなまけまけいっぱい!

    満ちている。


    対して、ひょうちゃんうどん。
    なるほど、名前の響きがひょうすべに似ているだけあって美味しそう。

    ひょうすべは、日本の有名な妖怪です。


    共通するのはお肉。
    あと、液体が入っていることとうどんが入っていること。

    こんなにも共通点が多い。
    ムシマルと竜一さんチョイスの共通点。

    撮影の瞬間。少しだけ竜一さんの手が。

     

    いただく。
    麺、やわらかい。

    あー二店、いい感じのしっかりした調理店から来る後の、ちょっとジャンクな懐かしさ。
    それが、油断を、招いた。

    ムシマルは仕事帰りって言ってましたっけ?
    カッターシャツを着てするお仕事で、つまり、今着ているシャツにカレーが着くと悲劇。

    巷にあふれかえっている悲劇のありふれた主役になるわけにはいかんにょじゃい、という意識が、
    働くはずの意識が。

    あんまり。

     

    なんかもう酔いと安心と漫然とで意識なかった。


    結果、
    おムシ、こぼしすぎ……!
    に。



    絡み合う視線、垂直に伸びあがる肉と麺、
    僕たちはシンクロしていた。



    エヴァンゲリオンの双子みたいな敵を二人でやっつけるやつみたいな感じに似ていなくなななくもない感じで
    完食。



    同時の完食ではなかったけれど、
    46億年の歴史から見たらほとんど同時やな!





    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。





     

    | ムシマル | 麺類・粉もん類 | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 15:09 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/517
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR