ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 安芸市グルメ『台湾料理 福将』の生ビールセット! | main | ムシマルは広島初心者だから、アンケート!! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    『旬太郎』こんなにも。
    0

      『旬太郎』
      17:40着。


      旬太郎 追手筋店
      088-822-9233
      高知県高知市追手筋1-1-4

      むっちゃ見切れておりますが、『晩酌セット』1,000円と店頭の看板に書いてあって、
      晩酌セットシリアルキラーのムシマルはいただきたく存じあげて、今ここにまかりこし候。

      (1,000円でおばんざい2品+ビールかー、よろし)

      入店。



      お店の規模はそんなに大きくない。
      カウンターなら7席8席くらい、4人席が2つか3つ。
      はちきん2名がやってらっしゃる。
      営業12年くらい(2016年2月時点)。


      「晩酌セットをくださいー」
      「晩酌セットは飲み物選べますよ、ビールに〇〇(たぶん焼酎や日本酒もOKだったと思うがココデ記憶不鮮明)に」
      「手作り豆腐と、ここの大皿から(この日は『柚子入り赤カブ』『ブロッコリーと芽カブのゴマ和え』『カツオの角煮』『根菜煮』)一つ選んでね」

      うおお、決定権はムシマルに。
      「ビールと、カツオ角煮で」

      来た。

      ムシマルの常にない格調性と拡張性。

      ビールに手作り豆腐の組み合わせは、こんなにこんなにもビジュアル面でしっかりした素性をお持ちとは。

      お醤油たらして豆腐をひとすくい。




      こいつはなかなか、とろりーしている。
      トロリー!ふわっ。じゅくじゅく。

      うん、オープニングイートは成功だ。

      カツオ角煮も。ぱくり。
      ああ、おビールが進む。



      そして、いろいろ満足したところで、
      でもそれはジャブで。

      (まだまだムシマルストマックには余裕がありますよ)
      ということでほかの料理を探す。

      (なかなかチョイスが渋い・・・)
      鉄干ってどこかで食べたことがある、旨みの干し魚だったように思う。

      「お兄さんは県外の人ですかねー?」
      「いやー地元です。来たのは初めてですけど」
      「そうかいごめんねー県外っぽかったきね」

      ムシマルは県外っぽいようです。

      「あ、《冬の風物詩》東山の天ぷらってどんなんですか?」すてきレディっぽい。
      「干しイモみたいなやつながですけどね、天ぷらにしたら干し柿みたいな甘みが出てきますよ」

      あ!いつか大月町で見たやつ!あれ、天ぷらにするものなのか。
      「じゃあそれとー」

      「天国に一番近い島ニューカレドニア産天使の海老の塩焼きを!」
      もう完全に食欲よりも名前の面白さで選びました。

      ビール二杯目もこっそり頼む。




      来た、干し芋the天ぷら。

      なかなか見ないビジュアル。

      コロモってるなー。


      どうーれ気分的にもう手づかみ。

      もにゅみ。

      ほっほ、衣はガジガジしてそこにもにゅり。
      非常に好みの食感。

      温かいからおイモの柔らかさ感じる、
      干してるから固いかと思いましたがそんなことない。
      お羊羹の端っこくらいの硬度粘度でしょうか。


      うまっあまっ。でもどこまでも健全な甘さ。

      鼻腔もくすぐられる、ほくほくの風味が凝縮されて固められて、歯を入れると開放されて。

      ひがしやまって全然幼少時身近になかったんですがそれなのにストーブ上で熱して食べていたような疑似記憶が発生している。

      うわーなんていったらいいかわからんね。
      たぶんなんかのキャパシティに達したのです。


      来た、天使のエビ塩焼き。

      ちょっとイメージと違うか。もっと西洋っぽいエビイメージでした。
      それだと680円では発注できないか。
      「皮もたべてよーこの海老は皮が美味しいき」

      へー、天使は皮が美味しい。

      がぶる。

      !!

      皮は衣。
      パリパリの中にムチムチがいる。

      勢いよく締まったエビの身に、塩だけレモンがけのシンプルさがお前を裏切らない。

      K先生に食べさせたくなる品です。


      だいたい完食ー、って頃に。



      お隣のお客さん(常連さん)がいらっしゃって、
      XX設備の方と△△ブロックの方とで、

      「お兄ちゃん、県外の人?」(今日はよく県外っぽく言われるなー)
      「ここは良い店やきねー」
      「ぼくらはここでよく来て、一升ばあ呑むがよ」

      お酒をここでけっこういただく。

      人生相談、ってわけでもないけれど、勢いで悩みを言ったりしてしまう。
      5杯くらいはごちそうになり、すごくいい感じになってしまう。
      お礼をたくさん言って分かれる。

      またここに来たらマタアイマショウ。


      隣の方が呑んでいたぶりかま(この日は700円)がめちゃうまそう!


       

      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。

       

       

       

       


       

       

       

      | ムシマル | 晩酌セット:お酒呑み3 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 21:55 | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << May 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 人気記事ランキング
        人気記事ランキング
        + ブログゲスト数
        ブログゲスト数

        + カウント開始 2015.1.1〜
        + はてな
        + 忍者
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + PR