ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 『さんかいのおとうふやさん』で呑み会女子トーク聞きver | main | 南国市『さかえ』で呑み会 >>
『鍋焼きラーメン専門店 あきちゃん』でキジ鍋焼きラーメン(大)
0
    水の落ちる音が雨がぴしぴしと傘に肩に響く土曜日。

    高知大学ほど近く。
    ムシマル的には、帰ってきたみたいな立地。

    昔はこの辺に通っていたのです。

    あれ?ここ前は何があったっけ?
    おもしろランドキャンプ?
    ムシマルの記憶をあざ笑うかのようにラーメン屋としんじょう君の印象を刻み付ける。
     
    鍋焼きラーメン専門店あきちゃん 
    住所: 〒780-8072 高知県高知市 曙町2丁目4-30 あかつきビル
    営業時間11:00〜15:00
    日曜休み(たまにやっている)


    駐車場は6台あって(もっとあったかもしれない)、
    建物すぐ裏手に3台、もうちょい東歩いて道路挟んで反対側にも3台という感じ。

    無事に停める。

    入店。
    店主にあなたはムシマル、みたいな表情を受けて入る。
    別のイベントでお会いしたことあるのだ。

    素面でお会いするの初めてなので、初対面といえなくもない。

    「今日は土曜日だからキジがありますよ!」とのこと。

    おお、限定20杯。&土曜日限定
    まだ12時前ということもあって、余裕の注文可能。

    「キジ鍋焼きラーメンの大をー」
    ふう、注文終わり。

    替え玉とかもできるんですねー。

    店内よそ見。


    おお、4位が!4位がおわす。
    須崎のしんじょう君。売ってる。グッズ。
    何という商品化、なんというゆるキャラ!
    しんじょうくん、須崎市の起点、僕らのための遠い神。

    ※ムシマルはしんじょう君を偶像崇拝している設定です。

    キジ以外にもいろいろあるのだなー、とメニューを見ている。

    一瞬にしてメニューが緑くひかる。なんだこれ。

    今はメニュー。
    あ、キジ鍋焼きラーメンは仕入れの関係からか中〜大までだけど、他のものは特大なんてあるんだ。
    って、緑色の光?

    ミラーボール的なものが発光していて。
    音楽も流れている。
    曲は、たぶんZARD!!

    なんかしらんがナツい。
    ぴかぴかする鏡玉、よごれのない電飾、光は今生まれた新しいもののように見える。

    機械工たちが発明家のようにがんばって作ったのだろう。

    しばし、見惚れる。
    ミラーボールと、置いてあった『北斗の拳』に!
    あきちゃんオーナーいわく、「全巻揃っていますよ」とのこと。

    ムシマルはトキが命を懸けるところとかユリアにも死兆星が見えたところとか部分部分しか知らないのです。
    ここに来たら知れる!凡てを。
    修羅の国編は蛇足だそうですがどうなのか。期待が膨らむ。

    来ましたーとコトリ。

    おお、テレビで見たことある。
    この受け皿板。
    なんかりぐった手間暇かけた良い板だったように思う。
    詳細は覚えていないのだ、仕方ない、こういうものは、記憶には残らない。

    自分で経験せねば。

    経験したものは、熱量。

    泡あわ感がたっぷりのお鍋開けた瞬間。
    雨雲に塞がれた出口をここに求めるように、細長い黄色い太陽が。


    ずるるるる。

    うん、あつい!
    熱いけど、たべやすい!


    昔、店主あきちゃん氏が言われていた「飲み干せる一杯」だったか「毎日いける一杯」をというコンセプトが、
    ちゃんとわかる。

    ムシマルがこれまで他に食べた鍋焼きラーメン屋さんよりは
    たしかに薄いようなあっさりのような感じを印象する。


    しかし、鍋焼きラーメンは普通のラーメンと比べてひとつの特徴がある、
    それは普通ラーメンよりもスープにご飯が投下されることを想定されている!

    必ずまではいかないんですが、鍋焼きラーメンにはセットでご飯をオーダーするところが多く、
    中にはラーメン注文したら自動にご飯が付いてくるとこもあったようななかったような。うろ覚え。

    食べ方は、ラーメンをおかずにご飯食べるのもアリですが、鍋だから〆としてご飯をお汁に入れるスタイルもありなのです。
    タマゴもあるし。


    換言すれば、
    普通ラーメンよりお汁までいただき尽くすされやすい料理、鍋焼きラーメン。

    スープの完飲想定が高ければ、スープの健全度の最終影響度も高くなると思われる。


    あ、ちょっと一瞬脱線して。
    しんじょう君がなんか見たことない表情!

    やれやれだぜって言っているようにも見える。
    鍋ラー帽子が大変なことになっているようにも見える。

    しんじょうくんの心情は如何ばかりか。



    本線復帰。ラーメンの味に。

    スープ。
    薄い、というのとは違うか、
    奥に隠れている、というのも近づいた感はあるけれど違う。
    隠れるよりもポジティブに、潜んでいる感じ。

    隠れるのとの違いは、何かを待っているということ。

    キジは潜んでいる血肉となって。



    そしてまたスープ。この透過率、すごい。
    水晶かクリスタルガイザーくらいの透過率でないかと、勝手に思っている。
    (ムシマルは透過率についてあまりよく知らず書いています。クリスタルガイザーもよく知らないのです)

    クリスタルガイザーって、響きがとにかくかっこいいですね。
    生まれ変わったらクリスタルガイザーになりたい、とそう思わせるほどにあるいは必殺技を編み出したらクリスタルガイザーと名付けてしまうほどに。


    ええと、何が言いたいのか段々というかもうとっくのとうに目的地は不明ですが、

    仁淀ブルーに対応するあきちゃんオレンジと言ってもいいかもしれない。ちょっと過言だったかもしれない。



    あと何を思ったんだっけ。


    キジが美味しい。
    弾力があり、ぎにゅん、と。

    潜んでいたのキジだったんだなあ。
    ケーン!

    完食。お汁まで。
    スポットを浴びるのを待っていたかのような空鍋。

    写真撮り忘れましたが、ご飯小を入れたのです。

    こってりしてないので、変な中毒性はない。
    だからこの完飲完食はムシマルの意志だ。

    汝完飲するなかれというなかれ。

    「魂込めた一杯ですよ」とあきちゃんが言う。
    お汁まで、魂いただきました。





    帰り道、キジの「ケーン!(鳴き声)」と北斗のケンでケンがカブってしまったと思う。
    いや、カブってないか?大丈夫ダイジョブ。


     
    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。





    リゾットにガーリックに辛いのもあるという。柚子コショウも。全然飽きない。
    思いついたから言うが(もう誰か言ってそうでもあるが)、

    ここは、あきちゃんだけどあきない(飽きない)ちゃんでもある!
    | ムシマル | 麺類・粉もん類 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 11:12 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/483
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR