ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 須崎市の街歩き:龍馬ゆかりの地や猫《須崎市巡り◆ | main | 梅原晴雲堂 しんじょう君びいきの洋菓子店《須崎市巡りぁ >>
マルキョー醤油(丸共味噌醤油醸造場)をちょっと見たり買ったり 《須崎市巡り》
0
    で、ナッシュさんとなんとなくの目的地、
    マルキョー醤油に行く。

    マルキョー醤油
    正式名称 有限会社 丸共味噌醤油醸造場
    〒785-0008
    高知県須崎市中町1丁目2−21
    電話0889-42-0129
    創業 大正3年 (1914年)



    特別、ここで何々をせねばならぬってわけではなく、散歩の折り返し地点としての目標点のような。
    まあ見学っぽいことができるようなことを聞いたような気がする。

    ほほう、蔵のようなところ(醸造スペース)と


    それから売り場みたいなところの二つあるのか。


    最初に売り場的場所に行くが、
    そこには誰もいない。

    張り紙があった、隣にお声がけくださいみたいな記述で。

    う、お隣の工場みたいなところに声をかけるのかーおじるな。

    醸造所がらがらがら。
    「すいませーん」
    「見学ですか?」
    「は、はい。」
    「どうぞこちらを見ていってください」
    「ありがとうございます」

    ・・・後で聞くと、ちょうどこの日取材があったそう!
    ムシマル達、取材のひとと勘違いさせてしまった?

    ちょこちょこパシャパシャと撮らせていただく。


    おお、でもこういうところ見られる機会ないなー。
    取材の人には多分リサーチ力は及ぶべくもないけれど、何かを活かそう。

    見学見学。

    大量の瓶、槽・容器、バケツだ。
    見たまんまの感じで言うと、

    瓶に入れる設備と容器系と洗うものとそのための装置、という感じでしょうか。


    雰囲気的には以前見学したことある酒蔵にちょっと似ている。



    けっこう光量がある、明るい気がしますねー。明るいところは。


    ひんやり、まではないけれど落ち着いた空気。
    屋根が高い。

    醸造所と言っても、須崎市の街中にあるのでそんなに大きいところでないのか?と思ったけれど中に入ると広く感じる。

    でも、基準がわかってないというか、中土佐の酒造を見たり土佐山田の酒造をイベントで敷地に入ったことあるくらいだからこれが須崎市の台所のさしすせそ後半部分をまかなえる大きさなのかピンと来ていない。

    うーん・・・
    お醤油を作ったことないからどれくらいのスペースが適切かわからんけど
    須崎市民でもないから須崎市の調味料状況もわからんわ
    取材記者でもないからわからん

    (須崎市にソクラテス現る!)


    ナッシュさん
    「あの、お醤油を購入したいです」と。
    (ありがとうナッシュさん!ムシマルは、こちらの見学許していただいた手前どのくらい見回っていいかタイミングがわかっていなかったよ)

    面白いから見てもいたかったけど、買いたくもなっていたのだ。

    で、移動して販売スペースの方に。


    お洒落なレイアウト。でっかい桶を棚のように。
    このセンスはかっこいいな!


    お若いナウいセンスというか、あんまり物で溢れ返させていない。

    お味噌や醤油学習コーナーなどがあり、
    興味持った方を掴んでしまいそう。



    ナッシュさんはお醤油とお味噌を買う。

    ムシマルは気づいている。

    ここのお醤油、「松」はあるけど「竹」「梅」がない!
    ふふふ見学の成果だぜ。

    『松の甘口』・・・一番人気らしい。
    『小櫻(小桜)』・・・須崎ソウルフード鍋焼きラーメンによく使われている品だとか。
    『さしみ醤油』・・・赤身のお魚に合うように開発。漁師さんも協力とか。

    ※情報はこちらから引用
    の3本セット購入にする。
    http://img-cdn.jg.jugem.jp/2c9/3332125/20160124_1510976.jpg?_ga=1.149950707.417854342.1400386329
    ※写真は後日、家で。セットで700円だったような記憶。

    ほかには「淡口」と、
    『桐』。

    そう『桐』。
    買った後に教えていただいたが、
    『桐』は地元で愛されている系の品らしい。

    逆に言えばあんまり外に知られてないものかも!
    とちょっと興味。

    旨味たっぷりらしいんですね。

    まあそれは次回以降に持ち越そうかなって思ったのだった。



    ナッシュさんの購入された味噌もちょっと見たい。


    青空の下、マルキョー合わせみそを晒す!

    後でスタッフじゃないナッシュさんが美味しくいただいたと思います!



     
    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。




     
    | ムシマル | 高知名所 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 22:35 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/454
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR