ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< さんぜん酒場 呑み 4,000円150分コース | main | わんぱーく高知でもいい、たくましく育ってくれれば >>
初来訪、高知名店ブルドッグで矢カツカレー!
0
    ムシマルとメリリー・ナッシュ(仮名)氏とでお食事。
    ※日本人です。新キャラじゃなくて今まで出てきたことある方です。

    カフェレストラン・ブルドッグ
    住所: 〒780-0082 高知県高知市南川添15−14


    看板には
    『洋食とケーキの店』『気楽に味わいたい満足感』
    いいですねえ。

    入店。
    早めに、11時40分とかそれくらいの時間に着いたためかムシマルたちが現時点唯一のお客。



    おおストーブ。なんかいい。

    なんだか洋風レトロの心髄をいきなり見たような気がする。

    何にいたしますか?
    あれ?メニューは?

    本日は入口にあるメニューだけなんです、と。

    表に見に行く。

    これは12/27の年末日曜営業だからなのか、いつもこういうスタイルなのかわかっていないけれど、
    品目は厳選気味。

    へー、ビーフシチューだけほかの倍くらいのお値段。
    すごいのが出るのかしら。
    デミグラスのお化けみたいな。

    注文。
    ムシマル:カツカレー
    ナッシュさん:ハンバーグ


    しばしトーク。

    お店の女将さん?みたいなかたが颯爽とされているなーとか。
    ストーブ良いなあーとか。

    そんなトーク。

    来た。カレーだ。
    おお、
    おおおおお。

    矢!

    テレビで見たのか、ほかの方のブログで見たのか、見たことあるビジョン。

    ※ちなみにほかの方ブログ
    ふぉんさん
    kuro子さん

    あと検索したら高知のうまい店・うまいもの食べ歩きマップさん
    ほっとこうち編集長のまっきんさんも。


    ほかの方のを見ますと、やっぱりちゃんとメニューはあるみたいですねー。
    日替わりとかあるんだ。

    このお店、実は割と数年前から行きたかったんですがきっかけというか踏ん切りがなくて。

    なんといいますか、行きたい気持ちがあまりにも高まると逆に簡単なことではいけないぞというか。

    本とかもそうなんす。
    好きになった小説家の傑作といわれてる本って、
    「ガツンと読める環境ととのえて読みたい」とか「イヤなことの一つもあって忘れるために読みたい」とかそういうお膳立て、最高の環境とか逆にマイナスから盛り上げたい。

    手に入ったからってすぐ読むのかみたいなためらい。

    前段が長くなりました。

    期待のボルテージが高くなったから、行きたいのです。
    そして、頼みたいメニューは先人のブロガー方(とくにふぉんさん)ともろカブリですが、

    カツカレー。
    このビジュアルインパクト。
    もう一度同じ写真。

    矢ガモが一時期話題になりましたが、矢カレー、矢カツ!
    これは、もう抜いていいのかな?
    嬉しさとともに来る戸惑い。見たことあるやつだ!



    そしてこのビジュアル。

    矢。ずっと見てられる。



    矢に触れる。
    お、重い。おもちゃじゃない。金属の重み。
    30cmかもっとあるような全長。

    高速で貫かれたら死ぬかスタンド使いになりそうな鋭さ。

    抜く前にカレーをかけるワンシーンもパシャリ。



    そういうことをしていると、
    ハンバーグも来る。


    おお、キノコがハンバーグを飾るようで。
    ソースが雨上がりのような風情で。
    このヴィジュアルで不味かったら逆にびっくりするくらい。



    ぐにょぐんよと音がアテレコ勝手にされている。
    絶対に旨いだろうなー。

    見ていたらナッシュさん一口分くれる。
    いやったーーー!
    ※カレーをちゃんと相応に見返りする。ムシマルは恩を仇以外で返す男だ。

    もぐり。
    歯応えも、肉の食感を残して満足感。
    キノコがもうギュニギュニと食感に心地よさ。
    あーソースすてき。
    おいしいよぅ。


    カレーの方に戻ります。
    矢を抜く。

    バラバラに、ホロホロと崩れ落ちるオニオンとカツ揚げ物群。
    糸の切れたマリオネットのよう。鏡の中のマリオネットのよう。

    しばし、矢をなんか活用できないか考える。

    しかし思い浮かばない。
    しかし思い浮かばないのだ。


    カレーすすすすい。


    む、お味は複雑怪奇。
    この、カレーが持つ辛さと同じか、あるいはそれ以上のインパクトで酸味。

    ワイン?ビネガー?あるいはワインビネガー?
    インドじゃないところにいる。

    よく食べるカレーみたいに、カッカと火照らないカレー。
    瞼の中にある瞳の透明度がうっすらと上がるように、なんか食べるとしゃっきりするカレー。

    引き締まる、引き締まっていくカレー、弓を引き絞るようなハッ!

    オニオンフライがカレーに絡み(ご飯の白が見えないくらいまんべんなくオニオンフライの茶色があるのだ)、ごはんと一緒に口に入れる。。

    またこれで風味が変わる。
    少しばかり野趣の風味というか香りにジャンク感が出てきました。

    ああ、ちがう!ムシマルが今まで食べてきたカレーと。

    ヨーロピアンなのか、複雑な酸味ほかが付いてくる辛さ。

    カツはやや淡白というかむしろオプションくらいの感じ。
    食べやすいさっくり感。

    ムシマルは気がついた、取り返しのつかないほど遅れて、そしてまだどういうわけかもわからずに、
    自分がカレーに取り囲まれていることに。
    それが、肉から、スパイスから、あるいは矢から汗のようににじみ出る旨みだと、どうして自分が気づいたのかわからなかった。

    ムシマルは説明しがたい喜びを味わった時のあの無念無想に入った。


    完食。


    デザートが選べて。

    ナッシュさんはなめらかプリン。


    あぁ、このプレミア感。
    アラモードのような最先端感ではなくて、クラシック。
    流行しないから流行遅れにならない。

    ぬ。ハンバーグの方はデザート+コーヒーor紅茶付き。
    カツカレーの方には飲み物はなしですがデザート付き。


    「ムシマルさんひと口どうぞ」
    わーい、スプーンでちびび。
    ・・・・・・テイスティング!?

    コクありそう。ひと口だと僕あんまりわかんないけど。

    ムシマルは何かというとババロア。


    あ、こっちこそプリンアラモードの上部分みたい。
    すくい。ぱくり。

    ああ、大人のしっかりした味わい。
    『大人のふりかけ』に続く第二弾『大人のババロア』として子供には禁止にしてほしいくらい。

    花とババロア。







    そうかコーヒーを頼むとハンバーグと一緒くらいお値段になるのか。


    紳士淑女の(でもそんなに気取らない)洋食レストラン、っていう今まで行ったことのない感じに、思う。

    行けてよかったー!


     
    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。


    駐車場は3〜4台くらい。

    | ムシマル | カフェなどオシャレ系(ムシマル判断) | 21:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 21:51 | - | - |
      1500円でちっこいハンバーグが1個だけ?
      何だかなあ…。
      | タメやん | 2016/03/03 11:29 PM |
      タメやんさん、

      1,500円でライスサラダハンバーグ(スープもあったかも?)+デザートコーヒーが付くんですよー。


      プレートが大きいのでそう見えるのかもしれませんが、ハンバーグも小さくないですよ!

      ムシマルはカレー側の人間だからハンバーグ評価はちゃんとできませんが、(たまには)奮発してもOKなくおりてぃでした。
      | ムシマル | 2016/03/04 10:37 AM |
      記事紹介あざっス♪
      ブルドック雰囲気良くておいしくてストーブが暖かくて。
      ホントにいい洋食屋さんです。
      久しぶりに自分の記事を見返すとあれッスね(^_^;)
      今の私とちょっと芸風が違うw
      これは近いうちに再訪しなきゃ。
      | ふぉん | 2016/03/06 7:54 AM |
      ふぉんさん、どうもー。

      いいお店でしたね。
      クラシックっぽいのにがつんと面白味もあって。


      自分も数年前の記事を見ると、芸風違うなーと思うことあります。
      変化はいいことなのか悪いことなのか、自分じゃわかんないですねー。

      ムシマルもオムライス再訪!って思います。
      | ムシマル | 2016/03/07 8:35 PM |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/426
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR