ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 来来 高知にここだけ?野市の焼き小籠包 | main | 北川村には中岡慎太郎ゆかりっぽい周辺地がいくつか。生家とか。 >>
中岡慎太郎館に行ってみる。【北川村観光】
0
    ○序章:安芸駅で中休み

    安芸駅。


    初めてくらいの感じだ。
    あんまり行ったことないです。駅。

    『靴が鳴る』って歌が書いてあって、
    そんな歌知らないよと思いながら、見る。

    「おーてーて、つーないでー のーみーちぃをゆーけーばぁ」

    超知ってる!
    魂の二重螺旋に刻まれている歌じゃないか。サビ的なところしか知っていませんが。


    ちょっと駅内部に。
    安芸駅の中はお野菜に魚にパン屋さんと、けっこうなにぎやかさ。


    休憩する。
    車がいっぱい停まっているなーと思ったらタートルマラソンの日のようでした。

    再動。動いたのはムシマルじゃなくて車ですが。


    北川村のフリーウェイ的な道を行き、




    以下はHPより転載。

    中岡慎太郎館

    〒781-6449高知県安芸郡北川村柏木140
    TEL:0887-38-8600

    FAX:0887-38-8601


    [入館料]
    一般(高校生以上)500円・小中学生300円
    団体料金は20名以上より、各100円割引
    減免対象者・身障者手帳1・2級所持者とその介護者1名北川村民
    [休館日]
    毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)12月28日〜1月2日
    1991年(平成3)から柏木地区に着工、1993年(平成5)完成
    ですって。

    入口のパネル。

    慎太郎でなく、大河で慎太郎役の俳優上川隆也さんのパネル。
    それも写真でなくて、絵。
    ・・・・・・最終誰だかよくわからなくなってないか?

    入館。
    500円ですが、竜馬パスポートなどいろいろで100円引き可能。

    靴を脱いで、スリッパ入館なんだね。
    見ぬかるとコケそうになるので注意。


    ・・・・・・・・・・・


    ・・・・・・・・・・・


    ・・・・・・・・・・・


    館内見学終了。
    この館の良く感じたところと足りないと感じたところをー。

    良い点
    ○キャプションの文章描写が熱い
     すぐ慎太郎氏を維新回天にはばたかせようとする。

    ○中岡慎太郎愛がすごい。

     ビジネスの文章じゃねえ。
     たとえば「剣は龍馬半平太と違って目録や免許皆伝といった史料はないが、時には政治的に武力を断行する姿勢からしてきっと強いだろう(意訳、というかうろ覚え)」みたいなことも書かれていたように思う。
     推測や希望まで入っている。
     

    ○中岡慎太郎の偉業を知れた。

    すいませんムシマルそんなに詳しくなくて、「陸援隊の人」、「龍馬と一緒にいて暗殺された人」、あと「ゆずを広めた人」みたいな感じ。
    でも知るところによると、当時火薬庫くらい剣呑だった各所(公家とか藩とか)同士に手を組ませたのは慎太郎さんのおかげ!
    薩長同盟も月島さん慎太郎さんのおかげ!


    ○中岡慎太郎のキャラをちょっと知れた。
    ・ひたむき努力系
    ・足で稼ぐ系
    ・豪胆で、時には武力も辞さない系
    みたいな感じでしょうかねー、間違ってるかもしれないけど。

     
    もの足りない点

    ○途中から難しい、文章説明が多くなります。
    最初と最後は映像で見せてくださるんですが、中盤は日本史便覧かくらいの文字の圧迫感。
    キャプションの文章量はかなり詰まっていて、字体もかため。

    ○歴史背景も詳細に説明しようとして、えらい難しく感じる。
    上と類似なんですが、中岡慎太郎だけでなくいろいろ説明しようとして情報量が多くなってしまった感じです。
    もうちょっと、入口として歴史疎い方にもわかりやすい方がいいかもなーと思いました。
    周辺状況も伝えようとして政府も藩もどうなってるかーってされてもうわかんない感じ。

    この辺ムズイですよねー。
    知ってる人には不要の説明だし、知らない方にはうーん?ってなりそう。

    改めて言うまでもなく、個人的見解を言っております。


    ○1F順路最後の龍馬&慎太郎暗殺!!
    あれはバイオレンスでインパクトありました・・・でもなんでしょうね。
    ちょっとモヤモヤしたというか。
    生い立ちから追っていった偉人が暗殺で惨殺されちゃったからなんでしょうか。

    ドラマや映画で何度か類似シーン見たのもあるかもしれませんー。

    あ、でも龍馬さんはほぼ?即死だったみたいでしたが慎太郎さんは2日くらい長らえたみたい!身罷られる前にいくつか言葉を残されたようで、それちょっと凄いですね。

    暗殺者って、そもそもの目的遂行や目撃者の数を減らす安全確保の意味でも暗殺対象の始末確認って必須に思えます。
    だからひょっとして確実にヤった!って暗殺者は思ったのにそれでも慎太郎さんは頑丈で生きていたのでは?とか思ったり思わなかったりしました。

    そう、何が言いたいのかわからなくなってしまいましたが、
    バッドエンド風味をムシマルは感じてしまったので、ちょっと生きていろいろ遺言を述べたとかその思いが引き継がれてなんとかかんとかなったってなったらちょっとスッキリしたかも。

    単純にムシマルの好みの話かも。


    個人的には
    終始坂本龍馬氏との比較で語る
    とか。
    ほかの歴史ものではだいたい龍馬とセットで語られている気がするので、
    この頃龍馬はこう!でも慎太郎はこう!とか。海援隊はこんなだ、でも陸援隊はこう!


    あとはー
    その偉業でいわれているいろんな対立している二者を仲直りさせるその手管。
    それを具体的に開示
    してほしいなー。
    いろいろ動き回られて活躍されたようです、伊能忠敬より移動してるんじゃないかしら。

    ビジネスマンとか仲人さんとかにヒットしそう!っていう素人考え。



    慎太郎館は平成5年と割と最近できたスポットですがどこか時代がかった感じ。




    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。




    次回、続慎太郎。
    | ムシマル | 高知名所 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 22:42 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/408
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR