ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 黒潮町で恋しよ および 2015幡多地区の旅その11 | main | 【中村・宿毛線】聞きこみ!ローカル線 気まぐれ下車の旅【土佐くろしお鉄道】 >>
2015幡多地区の旅その12 土佐入野駅の無人駅にある有人ケーキ屋『ケーキ職人 やまもと』
0
    土佐入野駅に、美味しいケーキ屋さんがあると聞いて。
    聞いてというか、観たのだ。



    BSジャパンの『聞き込み!ローカル線の旅』
    IMALU氏と東国原元知事が高知の宿毛〜窪川を巡る旅でここを訪れたのだ。
    土佐入野駅「ケーキの職人 やまもと」

    無人駅にケーキ屋さん。

    ロールケーキや焼きチーズ。

    やまもとぷりん184円。バーナーでグラニュー糖を炙る的な。

    IMALU「なにこれ」「たまごにこだわりが」

    東国原氏「うまっ」となっていたのだ、

    という映像を。


    帰りに寄る。

    ここか。
    『ケーキの職人 やまもと』


    これはムシマルの勘であるが、山本さんが店主の方か。名前的に。


    駅に入る。12月2週目のこの日、クリスマスムードがちらほら。


    あれ、どらやき販売のやまもとみたいな表示があって、そこは無人?


    あ、逆手に有人店が。

    2カ所お菓子屋っぽいところがあって片方はフェイク(販売だけ用店舗?不明です)なので注意。


    お店に入る。


    あ、さっきの婚活で会った方々。
    ムシマルが「俺はここに行くんだ」「有名人も絶賛したんだ」、ってPRしていたのもあり帰りに寄られた模様。
    わーいムシマルの言葉が影響力をもたらしたぞ。

    お店の方(おそらくやまもとさん)に会話、
    「テレビ効果はすごくてシルバーウィークはものすごい行列ができていましたよ」などと往時の思い出を語ってくださる。


    そして、クレームブリュレを見る。
    あ、ブリュレじゃないのか記憶違い?
    やまもとプリン170円(表記は税別)

    おおステキ。
    見やるが、ちょっと惹かれるメニューが。

    それはシュークリーム


    ムシマルの観たテレビではクレームブリュレが美味しいと言っていたが、
    写真では『ブリュレ』150万個!っとあるが
    『シュークリーム』は200万個!!

    やまもと店主
    「大阪や東京と、高知では好まれるシュークリームが違うんですよ!これは高知県の方にご満足いただけるように作ったシュークリームです」

    これは買わねば!
    ムシマル目下の最重要デザートはいろいろあってシュークリームなのだから。

    一個108円。
    購入して、


    すぐ外のテラスというか公園っぽいテーブルで開封。
    封印を解く。
    そこには希望がありましたとさ。

    価格:税込108円(2015時点)。客観的に見て安いですね。

    形・サイズ
    Mサイズ。すこうし小振りかな。     


    薄めの皮生地。
    蓋にはなっていない。クリームはお尻から注入タイプ。


    クリーム:
    お、匂う、香る。
    クリームはしっかりしている。流動性は低い。
    見た目からして一途に甘そう。ほんのり黄色がついて、見た目に甘そう。




    甘さ:
    ぱく。

    これか。
    クリームの濃厚さ。
    バニラエッセンス香りの強さ。

    どちらもを強く感じる。

    やまもと氏の言葉を思い出す。
    あれ、半月経ってから書くともううろ覚えになってしまっている。
    「大都市の人はシュークリームに滑らかさがある方が人気がある。でも高知ではどっしりと一品で満足感を感じるものの方が良いみたいだ」
    ・・・でしたっけ?違っていたら申し訳ない。そんな風な発言。

    その言葉通り、満足感・濃さという点に重心を置いているのがわかる。


    クリームも、見た目より重量級。


    揺すってもフルフルしないかも、ってくらいに安定しているのである。
    ちいさいのにクリームの味がたっぷり楽しめる。
    (小さい巨人だな・・・)

    おもわずに自販機でコーヒーを買ってしまう。アイスを。

    しまった!ホットはもう少し右にあったのか。
    よくある失敗を旅先でうっかりとしてしまう。
    しかし粗忽を笑いに変えるすべもなし、

    こんな時に隣にいてくれる誰かがいれば、なんてな!



    甘さの攻撃力といったものを感じる。
    高知県民はこういう味が好きなのか、奇遇だな、ムシマルもだよ。
    ムシマルも高知県民ながやき。

    楽しむ。

    あとから2人さらに婚活時にその方々にもムシマルアピールしていたために女性の方が買いに来られる。
    ※この場合のアピールとはムシマル自身のことでなくてあのお店についてのことです。

    イベントではムシマルと女性はカップリングできなかったが、
    女性とこの店とは、4組引き合わせた。


    それは成果というか戦果と言えるだろう。





     
    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

    やまもと
    昼総合点★★★★ 4.2

    関連ランキング:ケーキ | 土佐入野駅浮鞭駅


    2015幡多の旅シリーズ完
    | ムシマル | 甘味・デザート | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 12:40 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/403
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR