ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 「弐の酉 せいわ」 南国市の鶏系酒場 | main | Cafe Beans(いの町)のもーにんぐー500円 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    香美バル2015,燭馨討An+松尾酒造で初っ端のへべれけ(上) 
    0
      復讐スルハ我ニアリ。

      さて時は16時弱くらい、
      香美バルがスタートして5時間くらい経った10/30の16時前。

      今ムシマルが駅を降りて大通りへと歩を進めていると、
      テレビ局のスタッフの姿が見える。
      ああ、『テレっちのたまご』フジサキアナウンサーだ。

      文佳人バルのところで何か話しているなーと思いながら通り過ぎる。

      とことこ。
      これはカロリーをちょっと減らしておこうの気持ちもあって歩くのだ。
      何しろこれからたぶんいっぱい食べることになろうので。

      しかし、たこ焼き屋Anさんなんて、この辺にあったっけ?
      あった。


      壁にメニューが書かれていた。
      たこ焼き、8個で350円、10個で400円と書いてあったかな?
      キムタコやネギタコといった変化形のたこ焼きもある。


      あれ、閉まってる?
      コンコン。

      ノック2回で目が合う。
      中の女性とだ。

      あ、女性けっこうお若い感じ。
      こちらのお店、できてまだ日が浅いのかも?

      たこ焼きもいいけれど、このたこ焼き屋さんのバルメニューはテイクアウトのタイカレー。
      ・・・不思議だね。

      ほれ、ほらほら。
      バルメニューにスパイシータイカレーの存在がある。
      それにチョコブラウニーがついて1チケット。

      くださいな!
      5分ほど待って、目当てのものをいただく。
      タイカレーは〇曜日限定で出されているようです。

      さあて、どこで食べようか。

      復讐スルハ我ニアリ。


      あ、酒造。
      ここへ行ってみるか。


      とてとてと横断歩道を渡る。徒歩一分(もない)。

      松尾酒造さんでチケットを渡す。

      そばにいたおじさんに教えてもらう、
      「ここのおつまみはこのトレイなんかに適当に取って、あ、あとここをひねるとお水が出てくるのでこっちも飲みながらね」
      「日本酒は、だいたい左からすっきりめの味になっているから左か順番に呑んでいくといいかもしれないね」

      おお何も知らないムシマルにありがとうございます貴方は?
      「客」。

      客なんですか!
      スタッフさんでもなんでもなく!

      客は客でも常連さんとのこと。
      蔵開き?新酒をお披露目するみたいなときによく行かれるのでもうお店サイドと顔見知りになられているそうな。

      蔵元さん?っていう言い方でいいのか、松尾酒造サイドの大将さんは陽気な感じ。でよく話しかけてくださる。
      和やかムードってやつだな。和気あいあいと言ってもいい。


      松翁は知ってるけれど、『山田太鼓』を呑んだことないかも。


      純米大吟醸の山田太鼓を。なんとなく高級そうだ。
      ラベル自体はそんなに違いない感じかな。

      ごく。
      あー呑んじゃった。
      すっきり華やか。

      するするとした感じ。香気も味わいも。
      何となしに太鼓の派手なイメージを引きずっていて荒々しいお酒かと思っていたので、この飲み口は
      ドアが開かず体当たりで開けようとしたら引き戸であって急にすすっと開放されたような(比喩がわかりにくいと評判のムシマルブログです)そんな存外な感覚。

      慈雨だ慈雨。
      お昼ご飯まだのムシマルには染み渡るを通り越す何かだ。


      そしてタイカレー
      上段カレー下段お米の二段構えになっていました。

      おお、けっこうごはんびっしり。
      タイカレーもたぷたぷと。

      すくうと、カラフル系野菜が入っている。

      ぱくり。うまい。

      食べやすいといいますか。
      辛さがマイルド。

      甘みのほうが先に来るといってもいい。
      老若男女におすすめできるタイカレー。

      ぱくぱくむふん。
      美味しい。

      復讐スルハ我ニアリ。
      これで、前回香美バル2014のチケットを入手できなかった自分自身への復讐が果たされた。
      復讐はこれでいい。それでもムシマルは、楽しかったことも覚えているから。


      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。




      その2に続くんじゃ。

      | ムシマル | イベント | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:09 | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 人気記事ランキング
        人気記事ランキング
        + ブログゲスト数
        ブログゲスト数

        + カウント開始 2015.1.1〜
        + はてな
        + 忍者
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + PR