ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 2015秋の大阪‥群爾梁羹蠅巴里觚外 | main | マルトクラーメン 麺特盛りの全マシ900円。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    俺の串なおさん 2回目
    0
       12/7の記事をちょっとだけ変えて再投稿してます。


      俺の串なおさん 

      住所: 〒780-0841 高知県高知市帯屋町1丁目14−23

      レバー写真から始まる『俺の串なおさん』記事2回目。
      2015/10月の来訪。

      がらがらがら。

      すいませんあいてますか、いっぱいっぽいですねどうもー
      まってくださいおきゃくさん、おひとりですか、じゃあまんなかがあいてますよ


      そんなやり取りで、飛び込みで行ったけれども受け入れてもらえる。
      遠慮の綱引き。

      じゃあ、ビールと、レバーを2本。

      待っている間に、キャベツのお通し。ぱりぽり。

      水気がある。このキャベツ。

      この日のメニュー。


      前回行った時から、結構変わっている。

      手羽先ってあったっけ?ナスも、厚揚げも。
      ビールが来る。


      うずら巻きを注文。


      がじ。
      はじけるタマゴ。

      肉の味わいに、タマゴの香味旨みが足され、ひときわ鮮やかに口の中は彩られ、思わず知らずほころばせずにはいられません。ほころぶのは顔です。口元です。

      鳥皮。


      ぐにんぐにんと口内で囁く。
      ここは囁く者たちの家だ。家にたとえたのは口の中のことです。
      これを顎の訓練用具としてSTさんか誰かに納品すればいいかもしれない。
      何にとっていいの?よくわからない。

      この辺り。この辺りでムシマルに変化が訪れる。
      ムシマルの状況に、というべきか。


      左お隣の方が、フェイスブックつながりの方だと気づく。
      お会いしたことはないんですが、お酒好きということでつながっていたのだ。
      それが今回たまたまの同席。

      「この店はいいよー」と言ってくださる。
      たまにフェイスブック投稿見る限り、すごく常連さんなんです。

      右隣の酔客は、東京からのお方。
      最近高知に来られて呑み場所を探されてここに来た的な。

      良いねイイねという話になる。

      焼き厚揚げの味噌かけ。

      甜を感じる少し甘めの味噌。

      ああこれはおいしい。
      なぜというのに、豆腐の持つ剥きだしのふくよかさに、柔らかい味の味噌がそれらを覆ってあまりあるのだ。


      だいぶすきだなあー。
      でもこれ、380円。安いけどレバーが2本行ける価格。

      そっちを行くか。
      悩みの時間。

      悩んでいる間に梅酒を頼む。




      知らない料理を注文。正確には頼んだことなかった料理。
      手羽先。
      最初にでてきたとき、「つくね」かと疑ってしまった一品。

      食べかけ写真で申し訳ない。でも骨の姿を見せたかったのだ。
      食べると確かに鳥らしき味、鳥の骨らしき、もの。

      ああ、アバンギャルドとワイルドを同時に味わう感じ。
      たんぱく目な味の中に光る野性。

      味よりも気分が良い。


      豚ハラミ。


      これは一言でいいかもしれない。肉厚
      キン肉マンで言うところの「肉のカーテン」と較べられる。

      強い、激しい。名状もしがたいほどの頑強なうまさを覚えまして、私は口に頬張ります。

      そうしていつまでもいつまでも続くかと思われた肉の重奏を楽しんでいる内に、この絢爛たる味わいは終わってしまいました。


      野菜も食べなくてはな。ナス。

      ナスとかつぶし、ナス皮までいただく。
      焼いたのにみずみずしいとはこれいかに。

      ただムシマルは、水気多いのより油分の強いのが好みだったのです。


      レバーも合い間にいただきました。
      loverレバーは、旨かったー。
      こう言っただけでは、まだムシマルは自分の胸に溢れている数多い賛嘆の声を、十分に言い表すことができていないと考えていました。有頂天の歓喜に包まれていることを、もっと自然の言葉で言いたかったのですが、できませんでした。


      酔っていたのです。



      お会計は3千数百円くらい。

      2回行って、2の2で同席隣席した方々と楽しくお話しする。
      カウンター7席しかないからでしょうか、アットホーム。

      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。



      お客さんに、カレーを出しやー私を雇いやーって言われてて面白い→なおさん。

      このあと、さらに鴨メニューやらたたき系やら、進化系やきとりになられておられる。
      | ムシマル | お酒呑み関係 | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 06:59 | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 人気記事ランキング
        人気記事ランキング
        + ブログゲスト数
        ブログゲスト数

        + カウント開始 2015.1.1〜
        + はてな
        + 忍者
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + PR