ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< さぬき岩蔵 鳥天あんかけ | main | ソライロ 高知市おまちのラーメン屋さん >>
八千萬ず はみ出す程の天丼。
0
    この日の「いて座」は12位。
    朝のテレビで。


    そんなことが気になっていた。
    そもそも携帯が壊れていて、もうこのときが不運だ。ガラケー。
    10日以上、代替携帯なのだ。

    ムシマルは食事前に最寄りのケータイショップに寄る。
    携帯補償サービスやらなにやらで、携帯が届いたとか。
    ・・・本当は一週間以上前に届いてたとか。

    ショップに着いた電話がかかってきたとき、
    「すみませんこちらが連絡を抜かっていて」
    「え、忘れてたんですか?2〜3日で届くって言っててもう一週間以上だからおかしいと思ってましたが」
    「(それには答えず)すみません。いつ頃来れますか?」
    「仕事が早めに終わったときなど行けるときにふらっと行こうと思うんですが、それじゃだめですか?」
    「いつ頃かわかれば…。」
    「じゃあ○日の昼ごろ」

    と伝えて、その期日がこの日(2015/10/14)。

    店に行く。
    待つ。
    この度はすいませんでしたと謝られる。

    『あなたは代替品を規定の日になっても返してません早く返してね』みたいな通知が届きますが、気にしないでください(意訳)」と言われる。
    どうもその通知は本社かどっかから一週間以上来ないと自動で送られるみたい。

    わかってても止められない。はあ。これがシステムの力か。


    携帯を切り替える。
    データの移し替えか何かのために、4ケタのパスワードを入れてほしいと。
    入れる、普段使わないからうろ覚え。これだっけ?ピロリーン。
    あれ、失敗?「間違えましたかね、入れ直します」
    「いえ大丈夫です合ってます」あってた、音がちょっと正解か不正解かわかりにくいメロディだったのだ。
    なんだそうか、と思っていると。
    「大切な番号ですので、お忘れになりませんようお願いします」

    かちん。普通の言葉なのに、心の波が荒く立つ。

    忘れた方が忘れてない方(ちゃんと合ってた)に『忘れないでね』と言ってるのだ。
    どっちかっていうと「忘れないでね」はこっちのセリフだと思った。


    またしばし待ってデータも移って、携帯引き渡しが無事完了する。お金は口座引き落し。
    郵送で本社かどこかに送るものについては封入までは向こうがやってくれて、
    でも投函はこっちがやってねと。

    礼を言って出る。昼に向かう。途中で投函する。

    そのあとで電話、新しい電話になって記念すべき初電話。だれ?

    さっきのケータイショップ店員。

    すいません取扱説明書とそれを入れた袋をお渡しするのを忘れておりました。今から取りに戻っていただくことはできますか?

    ・・・イヤですけど。
    そこそこの距離がもうある。

    取りに戻ること自体は可能だった。15分もあれば戻れるんだ。

    でも不貞腐れる感情というか、
    連絡忘れて、携帯の復帰遅らせてしまった相手に対して、更に何か忘れてしまってすまんけど取りに来いって言うか?

    こういう時ネガティブムシマルは、自分が忘れられたのは忘れられる程度の価値しかないから忘れられたんだなと思ってしまう。

    そういえば携帯渡すときに手にビニール袋持っててあれは何だろうってちょっと思ったんだ。持ってて渡し忘れたんだね。

    少し黙っていると。
    「こちら側から郵送でお送りさせていただいたり、直接お家までお届けに上がることはできないんですよー」
    ほう、そちらの手間になることはできないのか。

    ふーん。この時ムシマルの心はだいぶ凍っている。

    気安い心情タイミングのムシマルなら行ったでしょうが、行きたくない気分。
    3連続くらいで微妙な扱いを受けて、それでもこっちの方が来いと言われると素直に行きますて言いたくないのと単純に面倒くさいなあという気分。

    「それで?そちらが渡しに来れなければ、どんな選択肢があるんですか?」聞く。ムシマルの声だ。遠くからのようなお腹の中からのような声。

    「えー、先ほどのご提案のようにお越しいただくか、それかもう不要だとおっしゃっていただければこちらで処分させていただきま」
    「もうそれでいいです」

    ということでムシマルは新しい携帯(ケータイ補償だけど、同機種がないので今までと違う機種)になったのに取扱説明書というかマニュアルなしで過ごしています。



    ふう。
    あーもうこんな日はステーキとかちょっとリッチに行くかー。
    しかし。
    営業日も調べて、狙いをつけた新店は。

    その日のお昼だけ臨時休業。

    なんで「いて座」なんかに生まれたんだ!

    いて座自体は悪くないけど、この際悪いよ!

    もう良いや、全然逆方向に行こう。

    記事の続きに。
     
    『八千萬ず』
    というお店で天丼やら海鮮丼やらがステキという情報を最初に聞いたのはいつだったか。

    ほっとこうち情報だったような、ブロガーさん情報だったような。
    あとで見るとにゃお吉さん

    気になっていたんですが、距離として微妙なのと場所が(ちゃんと調べずにいたので)ピンときてなくて、だからなんとなくそのまま現状維持というか行かないままでいたのでした。


    あるとき、といっても神田周辺にご飯に行った時なんですが、
    あ、これかと発見。


    見つけた。
    これで行けるぞと思ってそれから。


    ついにこの日、出かける。
    いろいろあって着くの遅くなってしまった。
    もうやってないかも。
    そういうやけっぱちさで行きました。


    時刻は14時ちょっと前。
    よかったやってる。

    15時までという情報はあっていた。
    おお、すごい。雰囲気にモダンな和風感が見て取れるステキさ。

    カウンターがあるのでそこに着地。

    お店としては居酒屋っぽい位置づけになるのかしら?

    うおおう。
    丼なのは決めていたけれど、決めていなかったら、迷っていた。




    名前がいい
    「はみだし」に「宝盛り」。そそる。


    「おけ盛り」とも。

    営業時間確認でネット検索した時に、
    数名のブログ情報がありましたが天丼か海鮮丼、あるいは定食。

    お魚がすごいよみたいなことが共通の感想。

    魚をリアルで味わうなら海鮮丼か、
    でも大盛りっぽさは「はみだし」ネーミングが上。

    よし。
    決めた。

    『はみ出し天丼』をください」

    「ごはん量調節できますがどうしますか?」え?じゃじゃじゃじゃじゃあ。
    「大盛りで」

    はみ出しの大盛り。

    来た。
    すごい。

    はみ出して……

    いる!

    エビは海老なんかはもう、反抗期かくらいに反り返ってそっぽを向いている。。

    こっちを向いておくれ。


    シルエットクイズでもしこれが出たら、寝起きのゴーゴン(orメデューサ)と間違えてしまうのではないか。そんな感じにぼつぼつごつとつこつと生えている。

    絵具をぶちまけたかもしれないくらいに豊富な色合い。

    小皿がほしいかな?
    ムシマルはおかずとご飯のバランスを気にしてしまうたち。

    ごはんが全く見えないので、てんぷらだけ食べて白米に辿りつかないことを僕は恐れる。

    でも、これだけあるんだまあいいか。
    急に思い直して箸を入れる。

    ナスだ。

    ほほう。

    うん、あー美味しい。ナス幸せ。

    あ、エビがあのピンと立った長いやつ以外にも丸まってるあのエビもサブとして揚げられている。





    お魚が、口に入れた時に初めてわかったんですが、
    なかなか魚の香りを押し広げてくれる。

    何があったんだ。
    エビ2種に、イカに、白身魚、
    ナスに、獅子唐だったかオクラだったか忘れてしまったがそれと、タマネギ・レンコン、

    野菜が結構多い。

    魚と野菜のトータルバランスはちょうどいい感じだ。
    ごはんは大盛りでも途中で尽きてしまう。
    それだけ天ぷらが多いのか。



    懸念したとおりに、天ぷらが余る。
    うむむ、バランス的には普通天丼のほうがいいのか?

    普通天丼というか、『まかない天丼』。
    ここのバイトになったらまかないで天丼がいただけるのか?気になるぜ。


    お吸い物、いい感じ。












    そしてデザートにコーヒーわらび餅をくれた。
    これなかなか良いの。ムシマル好みなの。

    むにゃう、とつぶれた時に、ニセモノの果汁のように飛び出る甘さ。
    お茶を出してもらい、ずずず。




    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。



    胃袋に良い感じのものが入ると、ムシマルの腹の虫もずいぶんあっさり死ぬ。死んではないかもしれないが、暴れるのをやめた。

    (さっきの、大人げなかったなー)胃袋が満たされて、心にも余裕が。
    ムシマルってこども。


    | ムシマル | 大盛り・メガ盛り | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 18:04 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/332
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR