ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 俺の串なおさん 2回目 | main | 『一日限りの大マルシェin 土佐山田 Field』をふらふらしてみる。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    マルトクラーメン 麺特盛りの全マシ900円。
    0
      ヤンガーブラザーと行く。



      二郎系ラーメンの店に行かないか?って誘う。
      「ほう、よかろう」
      許可。
      いただく。
      brrrr。

      スタイリッシュに運転。
      キキー。


      到着。

      営業時間
      AM11:00〜15:00
      PM17:30〜22:00
      らしい。

      ・・・PM17:30?

      まあいいや入店。

      入店するたびに、
      ここもうチキン南蛮もおやどりひなどりもないのに入口にはでかでかと書いていて、書きやがってと思う。


      ムシマルはチキン南蛮もおやどりひなどりも好きなので、間違えて頼みそうになるんだ。



      席に着く。
      うーん。久しぶり。量ってどんなもんだっけ。

      某麺ブロガーから、ここのお店の味、初期よりも安定したというか美味しくなったというかなんかよい評価をいただいていたのだ。
      へー行ってみよ。と思ったのだ。

      ヤンガーブラザーは、「普通にするよ」という。

      弟は「ムツコイが」の全部普通。
      賢い選択なのかもしれない。


      ムシマルは、
      麺特盛りの全マシ900円にする。
      全マシってのは、ニンニクやら野菜やらカラメ(ってなんだっけ?多分映像を瞬間的に切りとる器具のように思う)やらの具材がみんな多めってことのようさ。

      ヤンガーと会話。

      あ、ほらマンガが置いてあるよ、とか。
      運動部っぽい人多いねとかなんとなく観察して、見えたものをそのまま口にする。


      弟はめんどくさそうだ。

      そして、
      登場する麺。


      こ、これは!
      普通サイズとムシマル注文サイズの対比が可能!

      何で普通頼んだのかなーと思ったら、ひょっとしたらこういうことだったのか!

      高知の周瑜。
      この優しいのがムシマルヤンガーブラザーです。

      この大きさ、度量の差。
      リス組とキリン組くらいの差がある気がする。

      「普通の倍くらいあるな」ヤンガーブラザーの呟き。
      あ、そうですね。

      では実食。
      といっても、一口目は確実に麺に辿りつけない。

      辿りつけない。
      辿りつけない決して。

      ネバー。Never。決して。
      ・・・・・・。

      魚粉と鰹節。

      の、モヤシを食む。

      ぬごっほ。

      ムシマル、カツ節を食べるのが苦手なのか、時々のどにカツ節がくっついてなんか呼吸が変というかゴホゴホしちゃうときがある。
      むせるんだ。

      ガッフ。

      モヤシは非常に味付けされている、いやさ香りづけか。
      カツオの香りとニンニクの香り。

      おお、もやしにキャベツが山のよう。
      マウント・石鎚くらいある。



      ごっつい。

      取る。
      あ、なんか前よりも野菜食べやすい気がする。
      気のせいかもしれない。ムシマルにブラシーボ効果はよく効く。

      ああ、「ニンニクは入れてもよろしいですか?」「はい」って注文時に言ったから、
      言ったからニンニク感があふれる。

      すりおろしたニンニクが、ろ過せず残った固有物のように、モヤシの上に引っかかるようにのっかっている。

      うわ、麺までたどり着いていないのに、もう口の中がニンニクに上書きされた感覚。


      いよいよ麺。


      めんともやし。

      麺の方が日焼けしていることがお分かりだろうか。
      そしてこの麺、なんかネジネジしている。
      麺の曲がり角に固い食感。


      食べごたえがある、啜る系よりも噛み込む系の麺だなと思う。


      えらく太麺だ。
      「えらく太いな。かたい」
      「食べにくい」そんな意見も出る。


      魚粉いっぱいだ、俺そんなに魚粉得意じゃないんだよなーみたいなことをヤンガーが言う。
      ヤンガーブラザーはムシマルと同じ味雷が待っているのか。
      ムシマルも魚粉たくさんはそんな好きでもない。


      でもこの塗り固められる感覚、たまに味わうと、悪くない。
      ラーメンを味わうというよりも魚粉に彩られた何かを楽しむ日、みたい。
      まあ歪んでるんですけどムシマル。

      いや決してまずくはなくて、食は進むけれども。
      また、けっこうモヤシやらキャベツ、いける。


      麺ステージまで来たら、ノってくる。
      がばがばと、溺れかけるものが水を飲むような勢いで啜る。

      ヤンガーブラザーのロットについていくにはムシマルは倍がんばらないと。
      ロットのことわかんないんだけど、足並みって意味でいいのかどうか。

      ムシマルはともかく頑張ればいいんだ。


      かなり食べた気分であるが、残り量は一人前(大盛)って言っても全然人の世に恥じぬ量。
      そうか、ちょっと汁を吸って膨らんでくるスクランブル。

      ああ底の方は底の方でニンニクが強いな。
      ニンニク好きだけに、このどろっとした感じにぞくっとする。

      しながら食べる。


      完食。
      汁は飲み干さない。


      あああ、お腹張ってきた。


      ヤンガーブラザーも完食。
      味は嫌いじゃないけれど、麺は普通のというか食べやすいストレート麺の方が好きだって。





      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。



      今度来るときは、マシマサないやつにしようかね。
      魔王とかも怪しいし、つけ麺や定食もある。
      とりあえずは、家に帰ろう。家に籠ろう。人に会わないように。このにんにくを人に浴びせないように。

      | ムシマル | 大盛り・メガ盛り | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:28 | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 人気記事ランキング
        人気記事ランキング
        + ブログゲスト数
        ブログゲスト数

        + カウント開始 2015.1.1〜
        + はてな
        + 忍者
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + PR