ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< フライパン いの町・生姜焼き街道・700円 | main | 香美バル2015のことを本気出して考えた。 >>
防災サバイバルリーダー養成研修その8 最終日:もやってねえなコレ
0
    まったく、思い出ってやつは寄せては返すな!?

    昨夜いつ寝たのか記憶がないけど前記事はこちら

    7時半に食事。
    8時半くらいにチェックアウト。

    9時に談話室に集合の流れ。

    よし、チェックアーウト。

    2泊3日に、ビール缶が何本かで、1万5千円ちょい。
    食事良かったなー。


    談話室に入る。
    あ、昨日参加できなかったKさんだ。
    「昨日のスタードーム作りうまくいきましたか?」
    ・・・・・・。

    なかなか答えにくい質問。
    成功したとも言えるし、失敗したとも言える。

    ごもっていたら、察してくださる。
    Miさんが詳しく説明してくれる。


    9時。マロさんは来ない。
    マロさんは準備中とのことなので、
    代わりにサコティム氏が一日のスケジュールや目的目標を再説明してくれる。
    あ、あとキョウちゃんは準備かなんかでいらっしゃらない。

    さてそこから、アイスブレイク。

    ではどうする、もうモノボケはいやだよ的な雰囲気のなかで、
    Miさんが名乗り出てくださる。


    こう、目を合わせて相手の名を呼んでボールを投げる(受け取った方はお礼を言う)のと、
    名前を呼びながら隣の人の肩を叩くのを並行して行うゲーム。

    シンプルに見えて、意外と焦る、集中しないとあわあわする。

    なるほど、相手の名前を覚えたり相手の目を見て話す効果が期待できるのか。


    次に、アイスブレイク二つめ、
    人の輪の中心に鬼役?の人が立ち、特定の誰かを指差す。
    指された人は座りながらなんか言い、指された人の左右隣の方はその人を指差しながらなんか言う。

    間違えたり、うまくタイミング上手に動作できなかったりしたら鬼役交代、っていうゲーム。

    これもなかなか油断できないので集中しちゃう。

    気がつくとマロさん到着。

    準備ができたそう。こちらもアップは完了。


    ほっと平山すぐ下の公園に。

    まずはロープワークをするのです。
    ロープ、渡される。

    「まずはキングオブノット、もやい結びをします」
    いきなり来た。

    こうしてこう、こう。こっち側から通します。

    うん・・・・・。
    うん。

    「ムシマルさんの慣れてない感じ、ロープはじめての感じですねー」
    マロさんに言われる。

    じ、実はムシマル、数年前に習ったことが。
    でもそれは言わない、言えない。

    ハマさんに教えてもらったりして、なんとなく覚えてくる。
    ああ、失敗。

    成功率が30%未満、しかも成功したか失敗したかあんまり自分ではよくわからないという体たらく。

    これは?・・・・マロさん「できてませんねー」あう。

    スタート地点で、もとに輪を作るんですが、
    そこで方向間違えたりするとゴール間違うんです。


    やべー。ムシマル劣等生。
    紐講座の劣等生。

    2種め。
    「巻き結びです」

    杭とか結ぶのに良い結び方。

    サコティムとペアを組ませていただく。
    おお、注意点はわっか2つで重ねたときん重ね方だけか。これは何とか。
    成功率70%。


    3種め、「自在結びです」
    おお、これ。結んだあとで張りを増したり緩めたりできる、
    今回3種の結び方のなかでは一番「知っているとスゴイ・できるやつ感」あるやつ。

    「4回おんなじことをするんです」おお、マロさんがいともたやすく。
    な、なんかできそうな気がしてきた。

    できたー。

    よしよし。成功率90%。


    「今から、この3つの結びを使ってタービングしていただきます」
    タービングは、屋根作りのようなイメージ。

    早速結びを!

    ああ、でも結び方3種っていうのはすごくありがたい。

    以前に結び方講習を受けた時は、
    短時間で次々に6つも7つもやって、まったくもってところてん方式に抜けていったことでした。

    3つなら、まだ記憶領域が活躍している。


    使うものは、
    ・幕(シートみたいな、テントの上部みたいなやつ)
    ・竹(テントの柱的)
    ・石
    ・ロープ
    ・ペグ(土に挿して固定する杭みたいなやつ)
    ・ハンマ(ペグ挿し用)


    スタート。
    えーと、幕で石を包んで丸めて、そのくびれ部分と竹を巻き結び、っと。
    やったーできたよ。

    次はペグ。
    ロープの角度は45度くらいがいいとのこと。
    こちらは張りを調整できるように自在結び。

    他の方は、これまた自在結びで木の枝に結んだりされる。

    しばしして。
    完成!

    おお、屋根ができた。

    (もやい使ってないけど他2種でいろいろと結べた!)

    「はい、お疲れさまです。もう一個作ります」
    もう一個かー、

    今度はオシャレというか便利な道具を使うバージョン。

    「焚き火もできるようにちょっと丈夫なセットで2万円くらいします。モモンガといいます」
    ムササビだったか?どっちかのネーミング。


    これは軽くて丈夫、このテント下で火を焚いても大丈夫です。
    みたいな説明をされる。

    おお、穴を通すところがある。
    おお、立てる棒が組立て式。

    というわけで、簡単に組み立てられる。
    文明の力って、強い。

    完成!



    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。





    炎と踊る第9話に続く。
    | ムシマル | イベント | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:02 | - | - |









      トラックバック機能は終了しました。
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR