ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 献血短歌 若者の気持ち | main | 居酒屋 南風(はえばる) 2015年初居酒屋 >>
高知県南国市の掩体壕(えんたいごう)散策
0
     高知県南国市は前浜というところに、
    掩体壕(えんたいごう)という設備がある。


    簡単にいうと飛行機の格納庫。
    いや、軍用飛行機の防空壕
    といったほうが使用目的を説明し切れているかもしれない。

    イメージ映像はこちら。
    前浜の掩体説明看板より。



    説明文を見て初めて知ったんですが、
    高知龍馬空港の場所って前は高知海軍航空隊だったんですね。

    空ゆかりの地っていうことらしい。


    こういう掩体って、ほかには千葉県や大分県や北海道にもあるらしいです。
    高知県南国市にもあることは知っていたが、
    また前浜の道通るときにちらっとフォルムを見たこともあるけれど。

    行ったことはない。


    行ってみた。
    な、なんじゃこらこら。

    えんたい壕の中をくりぬくように小路。
    後に資料(前浜公民館に置いてあったパンフレット)を見ると、
    ここは掩体7号のようです。

    通り抜け掩体

    これって珍しい気がするんですが、どうなんでしょう。
    なにぶん珍しさ加減を知らないもので。

    中は涼しい。
    おおっている長さ的にはそんなにないはずなのに(10mくらい?)、
    ちょっとした鍾乳洞気分というか、3度くらいひんやり感があります。

    脇でちょっと草も生えているので、そのCO2削減効果も発揮しているのかもしれない。



    抜けていく。
    記事の続きに。

    南下している、海を向いているとまた掩体。

    入れ食いだぜ。

    一度に2えんたいを捉える。

    こうしてみると、けっこう大きさが、まちまち。

    また、何にも知らないでみると、
    古墳、前方後円墳とかのそれっぽくも見えます。
    お墓のような、灰色の色合いと朽ちた感じが、そう見せるのでしょうか。

    ちなみに掩体は、
    コンクリのものだけ作られたわけではなく、
    木や竹、土で作られたものなんかもあるようす。

    その中で取り壊すのがめんどいコンクリ製だけが戦争終わったあとも残ったんでしょうか、と想像する私





    えっと、こちらは6号かな、1号かな。

    どっちかわかりませんが、シンプルスタイル。

    いわれると確かに飛行機を受け入れる形をしている。

    真横。

    巨大な滑り台のような感じに見える。
    キリン組クラスまるごとの園児が横一列で滑れそう。
    滑り心地はごつごつで最悪でしょうが。

    で、この辺りで見学用駐車場や説明看板を発見。

    ああ、全部で七つもあったんだ、と知る。

    う、うへー!

    「神風特別攻撃隊菊水部隊白菊隊」とある。

    高知も特攻隊やっていたんですね。聞いたことあるかもですがちゃんと知らなかった。
    無知で申し訳ない。


    もっと、最前線というか、海外や沖縄とかの遠くの話かと思っておりました。


    特攻用飛行機の名前も乗っている。
    「白菊」
    美しい名前だけれど、あまりにも特攻に相応しい名前。
    亡き人を弔う菊の花を生者の乗り物名にするのか。


    特攻の時には、250キロの爆弾を両サイドに付けて飛ぶという。

    だめだ、絶しやすいムシマルの想像を絶してしまう。
    250キロ爆弾のほぼ爆心地。

    そこまでなら痛いとか当たった、とかいろんな思いも一瞬で消えるんでしょうか。


    次を目指す。

    おお、道の果てにも掩体。

    5号掩体は公園になっている。


    といってもほかに遊具があるわけでなく、
    砂利とベンチって感じ。シンプル。



    でかい。

    一際でかいもの。


    資料によれば、4号掩体
    ところどころモジャっています。



    またもや資料によれば、
    双発の大型機を入れられるようにしてあるとのこと。

    双発って、エンジンが2つある飛行機、って理解で良いんでしょうか?

    半端な理解でやっております。

    田んぼの中にあると、遠くからでもけっこう目立ちます。

    でも高さ自体は5m〜8mで、2階建て民家とかに意外と紛れてしまう。

    高い。

    届かない。

    中は地元の方が倉庫的使用しているのか、

    土とかごちゃごちゃしたものがある。

    資料によると、掩体の中にはアメリカ軍の機銃掃射の跡があるものもあるのだとか。

    テーマがテーマだけに、あまりへんなこと書けずの文章となりました。

    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。



    面白いっていうのも言い方変かもしれません、
    こんなのあるんだなあ。
    | ムシマル | 高知名所 | 00:15 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 00:15 | - | - |









         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR