ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 追手筋宴舞堂でダンシングドリンキングイーティング【ビアホール】(前編) | main | 島ちゃん チャーシューメン750円 >>
追手筋宴舞堂でダンシングドリンキングイーティング【ビアホール】(後編)
0

    後編。
    前編はこちら

    あらすじ
    ・お一人3,500円ビアホールやっているので職場で行ってみる。
    ・最初に何品か来た後はオーダーバイキングで頼み放題。
     2時間飲み放題食べ放題。
    ・20時になると、ダンシングがある様子。ムシマルが踊ることに。ムズイ。




    諦めが虚無のように飲み込む、ムシマルを。
    確かにムシマルは小学生のときに運動会で『よさこい鳴子踊り』を踊ったダンスエリートだ。

    だが。

    だが一回目のお手本としてあのお姉さん店員が踊るあのダンシングには、
    直線に鳴子を鳴らすだけじゃなく肘や膝をひねる曲線運動が入っていく!
    今回は右、次は左に揺れるなど実にリズミカル。リズム感がいるやつだ。

    ダンスエリートではあるが、リズム感と記憶力には自信がなくてね。

    やれやれ、敗戦決定の舞台ではあるが飛び込むしかないか。

    写真は同僚さん兼白カメラ女子さん(兼撮影協力兼アートディレクター兼エクゼクティブ記念写真プランナー)による。

    飛び込んだ。一周するくらい、一曲かかるくらいのダンシング。

    反省点は
    ・店員さんの動きについていくのにいっぱいいっぱいで真顔。ノー笑顔。
    ・「スナップが利いていなかったね」と言われる。



    やってみてわかりましたが、よさこいの踊り手さんはほんまいい笑顔なんですねにゃお吉さん

    ※踊りは店員さん側からお誘いありますが、強制ではないです。

    「厚揚げ豆腐です」

    「コロコロステーキです」

    おお、厚揚げはこちらが頼んでいた、柔らかでジューシーかつヘルシー気味な味は良い。

    だがコロコロステーキは・・・?

    向う側の注文によって来たようである。
    そうだ、説明していないことがあった。

    最初の方で、店員さんに聞いたのだ。
    「一皿空けたら、一品頼めるんですか?」
    「バイキング一品頼めるのは、3皿空けたらになります」


    最初は意味がわからなかった。
    それでは間尺が合わなくなるのではないかと。

    そうではなかった。
    話を聞くと辻褄は、合った。

    一品注文したら、3皿来るのだと言う。


    このテーブルだけ一皿っていうのはできないみたいだ。
    一蓮托生というかワンフォーオールオールフォーワンというか。

    12人だから4人1皿換算で3皿なのかなー。つまり8人で来ていたら1品注文二皿で来る?
    その辺は想像になる。

    たこわさにステーキ(成型)も来る。
    ステーキにはポティトォが侮れない量来る。

    なかなかステーキ2種、いい感じ。

    エビチリが来る。


    こ、これって、すごいぞ。
    すごいって食べ物の量がだ。量が凌駕している。

    チラ。

    どうやら12人席の逆端の方、あちらでKさんたくさん注文が発生している様子。
    後日聞くと、ムシマルが職場にホットペッパーのビアホール食べ放題メニューを置いていたためそれを見て注文したいメニューを既にメモられる猛者だったご様子。

    迷う時間がない、だと!?
    次々来る。

    手羽先のダブル。


    塩とタレ。


    ムシマルは酔っ払い、あとこちら側に女性が多めなこともあり、
    こちら(側テーブル)の食事消費が追いつかない。



    がじがじと野性の、一匹の、アバンギャルドのムシマルに戻る。
    無口でがじじ。

    ここで手羽先か、面白い。
    なかなか美味しい。


    時刻は8時半過ぎ。
    うむ、いよいよデザート。
    いよいよファイナルリクエストタイムだ。
    間違えたラストオーダーのお時間。

    この段には、ムシマルは後輩さんに「まぶたが落ちてますねー」と4回くらい言われる。
    瞳を閉じてキミを描くとかなんとかー、それだけで良いとか悪いとかなんとかー。そんなこともあまり考えていない。

    寝オチしない、ただそれだけ。

    ビールばかり4杯。
    お腹いっぱいになっている。


    クレームブリュレ。
    そしてアイスを頼む。

    撮影協力はカメラ女子同僚さん。

    「クレームブリュレ?クレームを入れないかんねー」といった声がどこかから聞こえてくる。
    案外自分の喉からかもしれない。


    クレームブリュレって何ですか?って質問もどこから出て、
    「パリンと割れるプリンみたいなアイスみたいなやつだ」と、これはどうやら自分が発した声のよう。
    多分本質はこの説明では伝わらないのであろう。


    あーざらざらがりり。

    うんうんいいよ。

    デザートが選べるっていうのは良いですね。

    呑み会〆でアイスが来ることはときどきあるけど、プリンとアイスならムシマルはプリン、プリンと大福なら大福。


    あ、アイスも来た。
    それも「大豊の碁石茶」アイス。


    土佐っぽい。
    しかも添え物がミレーじゃない?高知の。


    碁石茶、紅茶に近い風味があるなー。おいし。


    まだ来る。もう終わりかと思っていたら。

    ポップコーン。
    同僚さんのお顔を撮ってしまったので星でキラキラさせてごまかす作戦。



    これがけっこう香ばしい。
    キャラメルが壊れて流されてキャラメルクラッチな味わい。

    コーヒーが欲しい、ホットのやつ。

    「今すぐにキャラメルコーンを買ってきて そうじゃなければ妻と別れて」
    佐藤真由美「プライベート」収録


    キャラメルコーンはキャラメルポップコーンじゃないけれど。





    最後に「謎かけして」というリクエストが。

    職場で暇な時間に謎かけを考えているからだ(因果応報といえる)。
    えーと、えーと。

    「お題は○○さんで」


    えーと、えーと。

    ここぞという場面なのに、物書きの端くれなのに、気の利いたことは言えなかった。いつものことだ。(有栖川有栖『乱鴉の島』新潮社より)

    5分、10分。

    「○○さんとかけまして
     この飲み会の今の状況とときます

     しまいです(姉妹です・仕舞いです)」

    おそまつ!



    気付けばお会計を後輩さん(という名の課の先輩さん)が済ませてくれる。
    ムシマルが限界だと判断したのだろう。

    きっと私は、自分の夢の中に迷い込んだ夢遊病者みたいに見えることだろう。
    事実、それがいまの私なのだ。(バリー・ユアグロー『憑かれた旅人』)


    いやー頼りのない先輩ですが、頼りのないがよい頼りですね?
    ありがたいありがたい。

    21時15分とかそのあたり。
    解散。

    途中でよったコンビニで傘を忘れそうになりながらも、無事帰る。


    飲み会終了。
    ビアホールは、人生に似ている。


    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。




    お刺身なんかも頼めるので注文すればよかったかな。
    あ、あと見返したらガレットあるじゃん。
    オプティミスタ以来食べる機会のないガレット。
    四万十のりコロッケも高知っぽい。


    | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:33 | - | - |









      http://mushimaruuro2.jugem.jp/trackback/298
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR