ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 『中華そば 楽』で二択(+)に惑う 南国市おおそね | main | 食1グランプリ2015 前編(岡豊山編) >>
八金(やがね) 「二珍六宝盛り」 高知市
0
     晩酌セットではないか?


    『八金』と書いて「はちきん」と読まずに「やがね」と読む様子。




    この『二珍六宝セット』
    2,000円でワンドリンク付きで、8品くらいある様子。

    これはちょっと豪華な晩酌セットではないかしら。

    それでは、ヒアウィ、ゴー。


    いきなり入り口で迷う。
    なんか入り口が二つあるのだ。

    どっちかは出口かもしれない。

    『YAIBA』で宮本武蔵が
    「ここの出口は入り口じゃー!」って言いながら沈んでいったこと、ムシマルは鮮明に覚えている。

    名探偵コナン君もネクストコナンズヒントも好きだけど、
    ムシマル的には青山剛昌の最高傑作は『YAIBA』。



    靴を脱いで入る。
    カウンターに座る。

    よっこいしょーいち。口ではなく、心で呟く。

    あ、スタッフ女の人ばっかり。だから八金なのか。
    ※県外の方へ、「はちきん」とは“男勝りの女性”みたいな意味です。
     元気な高知の女性によく使う。

    「二珍六宝セット、お酒はビールで」


    ぐび。
    あ、ビールいい。呑みやすい。
    メニューにはカツオ刺身チャンバラ貝地ガキ酢ウィンナーコロッケ川エビアオサノリ四方竹とあるが、メニューは日によって変わるよう。



    どんなものが来るかなー。

    ちなみにこのお店、しようと思えばお座敷遊びができるとかできないとか。


    遊び方や歌の歌詞説明がある。


    タマゴ焼きを頼むとなんか寄付できるみたい。
    鰹ツナ入り卵焼き、いいですな高知っぽくて。


    こういう高知っぽさを売りにしているので、地元民が県外客に土佐雰囲気を味わってもらうのにいいのではないか。


    ちびちび呑んで、メールを返信していると、
    来る。

    A−Haaaa!


    ・カツオ刺身
    ・土佐ジローの串カツ
    ・クジラ串カツ
    ・めびかり
    ・トマト
    ・チャーテの・・・漬物?
    ・ニンニクの葉炒め
    ・ゴーヤサラダ

    という仕立て。

    うん、彩りもよいですね。





    いただいていこう。
    クジラカツ。


    うん、クジラって好きでも嫌いでもないが風味が独特。
    こういうのが一品あるとぐっと高知っぽくなるね。

    カツオ刺身。

    お刺身なので醤油とワサビでいただく、
    +ニンニクもついてくる。


    ニンニクの葉。

    親子丼の上部分みたいにタマゴと鶏肉をあわせている。


    ビールがないなったので日本酒を頼む。


    うむ、回ってきた。酒が。
    あっという間にふらふらゲージが溜まる。

    チャーテっていうのは何か?よくわからん。
    食べたことはあるんだが説明となると??

    ウリみたいな蕪みたいな風味。
    高知県民がよく食べる。

    土佐ジローカツ。
    ムネ肉だかササミ肉だかの淡白なやつなのでタルタルソースがよくあいました。


    隣の席の人が
    ドラマ『モズ』の話から、ラーメン「しなとら」をけっこう気に入っている話を経てやっぱり『半沢直人』ははまったという話に着地している頃、私は呑み終わる。



    2,700円。

    会計したあと、スタッフさんが下駄箱から自分の靴をたたきに下ろしてくれたのが、こう
    女性らしい細やかさ、さすがはちきんと思いました。


    帰り、店員さんに
    「観光で来たがですか?」と聞かれ思わず

    「はい、出張で」と返事。
    意味もなく嘘ついちゃった。

    いや、意味ないわけではなくて、こんな高知名物オンパレードセットを頼むのは県外の人だろうという推測が立つのはよくわかる。
    おまけにパシャパシャっと、記念に撮っているのだから。

    つまりは自然に湧いたその気持ちを邪険にしたくなかった、向こうの思い描いたストーリーを信じさせたままにしたかったのだ。

    雑な言い方をすれば説明がめんどくさかった。
    実はムシマルはブロガーで、あのセットを頼んだのは調査の一貫のようなもの、
    どれくらい名物が出るのかポテンシャルを計りたかったみたいなほんととも嘘ともつかない話をするのって、なんか上手くできる気がしないし、

    呑み途中であるならともかく、もう帰る段になって長話になっちゃうし、

    一回フラットな気持ちでふらっと入ったのは本当だし、
    つまりこの言い訳は後ろめたいからしているのだ。
    たいした理由でなく、ただ面倒くさくて本当のことを言わなかったことに対して。


    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。




    4月は呑み屋さん特集です。
    数ヶ月間溜めた呑みフォルダが火を噴くとか噴かないとか。



    八金
    夜総合点★★★☆☆ 3.7

    関連ランキング:居酒屋 | 蓮池町通駅はりまや橋駅デンテツターミナルビル前駅

    | ムシマル | 晩酌セット:お酒呑み3 | 20:09 | comments(4) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:09 | - | - |
      めんどくさくて~話をあわせて~的な、話を会わせる嘘~時々あります(ФωФ)ほんとの話をしても、解らないだろうし長くなるーみたいな(苦笑)
      | 猫 | 2015/04/04 12:26 AM |
      はじめまして。

      最近飲み屋さんに入って考えるのは、飲んでいる最中に話しかけてくれる飲み屋さんはいい飲み屋なのか、悪い飲み屋なのか・・・でしょうか。
      私は基本的に喋ることも苦手ではないですし、黙って飲むことも不得意ではありません。

      でも中にはひとりで飲みに来て話しかけてくれないのはつまらない、ひとりで飲みたいのに話しかけられて疲れる、と言った話も聞きます。
      難しいですね、どちらも正しいし、どちらも正しくないなんて・・・。

      私は美味しいお酒と料理が楽しめるなら店に合わせますけどね!
      | すいか | 2015/04/04 10:56 AM |
       猫さんどうもー。
       そうですねー。省エネ的な感じというか、そこまでして誤解を解かなくていいかとか、一番通じやすいストーリーで全体に支障なければ嘘でも言い方とか、たまにありますよね。
       
       短歌の世界だと嘘っぽい方が逆説的にリアリティが出る不思議。
      | ムシマル | 2015/04/04 11:31 PM |
       すいかさんはじめましてコメントどうもーです。
       ムシマルはずっと話されるとちょっと苦手ですね。
       お話自体は結構ありがたいんですが。自分がけっこう影薄いタイプという自負があるので、覚えていただいたり目をかけてもらえるのは嬉しいのです。 そういう相反する気持ちがあるのです。
       すげえ我儘ですが適度に相手してくれると嬉しいです。最初か最後にさらっととか。

       金曜にラジオで聴いたんですが「呑み席で近くの県外の人に話しかけるのがおもてなしやきー」みたいなお便りがあって、善意は嬉しいけれど人によるよなーって思いました。
      | ムシマル | 2015/04/04 11:49 PM |









       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR