ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
<< 東京の旅2015―佝 | main | 東京の旅2015▲好イツリーの近くで『たまひで いちの』 >>
婚活短歌〆С茲妨かうときに読むような短歌
0
     
    短歌でまーちょっとでも前向きになっていただければという思い。

     

    もし明日晴れたら恋をしてみよう雨でもとりあえずしてみよう(岡野大嗣)

    すばらしい婚活(or恋活)短歌の始まり方。
    このようなポジティブな気持ちで行きたいものです。

    晴れるとスッキリして恋。雨だとメロウになって恋。いいね。
     

    気をつけていってらっしゃい 行きよりも明るい帰路になりますように

    (枡野浩一)

    優しい!枡野さん優しい!婚活に行くときはこんな感じとしたいものです。

    そんな前向きな気持ちが無ければ、とても会場にたどり着けないよ。


    真ん中が見えてないから恋になる 縦に書かれた「変態」だって(佐々木あらら)

    恋やらは、そういう勘違いというか思い込みでスターツするのだろうなーという思い。

    そういう、猫まっしぐらみたいな一直線がないときっとスタートできない。ムシマルは。



    物凄い音が弾けてのけぞった 恋に落ちるとメガネが割れる(木村比呂)

    めがね、ムシマルは伊達メガネなんで割れても大丈夫なんです。

    この歌、好きだなー。恋の衝動性がすごい伝わる感じですね。


    逢えばくるうこころ逢わなければくるうこころ愛に友だちはいない/雪舟えま

    ぞくっとします。けっこう字余りしているんですが、それも含めて「くるうこころ」っぽい。最後急に言い切りしちゃうところも勢いが強い。


    日本中数えきれないひとがいてそのほとんどに会わないでしぬ?(今橋愛)

    当たり前のような真実を、でもざっくり残酷に突きつける感じ。

    一日10人に会っても、一年でもN国市民数に1/10満たないという数字。

    どうしましょうね?




    喜劇でも悲劇でもない毎日の観客席に君を探した
    南野耕平

    すごく共感します。舞台スポットライトでなく観客席から探すことって、婚活っぽい。



    もう好きじゃないなと言えばじゃあ嫌いなのかと聞いてくる人滅べ/山川藍
     
     

    諦めろ無駄だ止めろと声がする何故だか俺の声に似ている/山本左足

     

    マイナスの思考が追いつかないほどのスピードでゆく必要がある

    脇川飛鳥
     

    もういちど愛に期待してみることに決めたんですね 八月ですね(平賀谷友里)


    AよりもむしろBがと言う人よCもあるから落ち着きなさい(南野耕平)


    ・君じゃなきゃ駄目なんだけどその「君」が誰なのかまだ判明しない(岩手県 山本左足さん)


    ・「好きです」は「好きになって欲しいです」の少し控え目な短縮形(東京都 古燈さん)

     

    春がもう近くにいるね専用の機器で測ったわけじゃないけど(岡野大嗣)

    岡野さんの言い回し!春が来たという主観を絶対に信じられている、というこの感じ。客観的なものは必要ないよ、って。


    ・どしゃぶりで洗い流してみたけれど落ちないこれは油性の恋だ(広島 価格未定さん)
     


    さようなら言ってるいまのきみ テールランプにまみれいちばん綺麗 (木村比呂)

     

    生きていることはべつにまぐれでいい 七月 まぐれの君に会いたい(宇都宮敦)

     


    “Re:林家ペーがいた”って件名のみじかいメールが告げるお別れ(宇都宮敦)

     


    なにゆえに君をなぐさめてるんだろう ふられたのは僕 ふったのは君

     


    あすからは誰の歩幅も気にせずにグングンいくさ それだけのこと



     

    なんとなく好きだっただけの歌の詞の意味がわかってなんだか痛い by Re:

    「もう」なのか「まだ」なのかわからないけど思い出あたりに位置するあなた(仁尾智)  

    ありがとう ここでお礼をいうことがゴールじゃないと教えてくれて(仁尾智)

    泥棒のはじまりは嘘 さよならはいい思い出のはじまりであれ(仁尾智)

    形あるものみな消える 僕たちの別れに形がないのが救い(仁尾智)

    さよならは約束 再び逢うまでの 果たされることがない前提の(仁尾智)


    もう一度来たらここには最初からカフェなどないと言われそうで好き(仁尾智)

    きょう吹いた風にも気づけない僕にあしたはあしたの風は吹かない(仁尾智)

     

      「おいしい」と微笑む美女の舌先で溶かされてゆく魚の死骸
      別れたくないっていうか愛されたまま逃げるのがめんどうくさい

    手をつなぐきっかけを待つ僕を乗せ静かに曲がるゆりかもめです

     

     

    冗談のように始めた恋だから これでいいんだ いいんだこれで(野良ゆうき)

    もうずっと黄色い線の内側にさがって恋を待ちつづけてる(野良ゆうき)



    約束というより願いだとしても 最後の言葉はまたねがいいね  (平賀谷友里)

    ひとりですあすもときどきひとりです 雨でも降ればいい気味でしょう(平賀谷友里)

    次がまだ始まらないからこの恋を捨てないでいるだけなんだから(平賀谷友里)


    愛してる幸せだって言いながら早く過労死してしまいたい (平賀谷友里)

    愛してるものと離れてほっとする もう私に傷つかなくていい(平賀谷友里)

    あのひとを愛し過ぎないためだけに繰り返された予言や祈り(平賀谷友里)


    これからもきっといろいろあるけれどいつかなつかしいんなら愛だ(平賀谷友里)

    ドトールで止まない雨を眺めてる どこに世界は続くんだろう(平賀谷友里)

    一番にあなたを好きでいるためにもっとたくさん理由がいるの (平賀谷友里)

    平賀谷友里

    けどけどが多いんだけど結局はあなたがすきです 必要なんです

    なにかひとつもらえるのなら死ぬ日まで信じてみたい約束が欲しい (平賀谷友里)

    ためになる本を一冊読むよりもあなたのせいで不幸になりたい(平賀谷友里)



     
     

     


    こんなにもふざけたきょうがある以上どんなあすでもありうるだろう (枡野浩一)

    何故僕があなたばっかり好きなのか今ならわかる生きたいからだ
    早坂類

    ミラクルで奇跡みたいなミラクルで奇跡みたいな恋だったのに
    枡野浩一

     


     

    おおぜいの他人の中に君はいてだれでもなかったそのときはまだ
    蝦名泰洋

     


    ちょっとだけうそつかないとそのままじゃ私がやさしくないのがばれる

    おつかいでいそいでるから前をいくカップルなんてうらやましくない
    その道が雪でうまってまっ白になっていたからいい気味だった
    しょーもないことで胸がいっぱいになってご飯がのどを通らなくなれ
    脇川飛鳥

     

    わけもなく悲しくなってくるのってどこまで僕のせいなんだろう
    カルピスが少しうすいというだけで泣いてしまったことがあります
    鹿ケ谷街庵



     

    従来は心は羽ばたかないけれど 浮かれていればあり得なくない 

    二卵性だからそっくりではないよ 特に左薬指なんか 

     

     

     

    推理小説を読んでる謎めいた君が恋人として捕まる 

     

    犬だって棒にあたっているんだし希望もきっと道に落ちてる 

     

     
    げんきだようまくやってるたのしいよなんでもないよなにもない泣い(西村湯呑)

    【嶋田さくらこさん歌集「やさしいぴあの」より5首!】
    おとうふの幸せそうなやわらかさ あなたを好きなわたしのような
        



    駅までの道が昨日とそっくりで今日という日の正体を知る


     

     

     

    酒に酔う前に自分に酔っているような男と飲みたくはない

     

     

     

     

    ・さんせいう すべてのものを肯定し微笑むための雨ならば降れ(大阪府 田中ましろさん)
      


    ・【アンケート】付き合ってみた感想をお書きの上で、別れてください。 (埼玉県 焼きみかんさん)

     

     

     

    ・ぺこぺこの胸を抱えて生きてゆくあなた以外の愛を食べずに(東京都 山田水玉さん)
     

       

    ・仕方なく飲んでいるのだ牛乳を飲んで酔えたら牛乳を飲む(岩手県 たきおとさん)

     

    ・酔ってなきゃ言えない事は酔っている時に言ってはいけない事だ(岩手県 山本左足さん)

     

    ・君の名を検索窓に打ち込んで見つけたときの胸の高なり(兵庫県神戸市 麻倉ゆえ(あさくら・ゆえ)さん)


    ・笑ってる貴方の傍に居たいからスナップ写真折ってみるのだ(奈良県 龍翔さん)

    ・アーチェリー日本代表選手団合宿参加中わがキューピッド(大阪府 泳二さん)

    このユーモアがムシマルにほしい。



    ・近似値にどれほど意味があるだろうあなたの愛そのものになりたい(神奈川 小林ちいさん)

    けっこうはっきり言うよね。

    ・失恋の予感はいつも指先を切るコピー紙のような不意打ち(大阪府 岡野大嗣さん)
    そう、コピー用紙で指切るときって、痛い!って思うよりもびっくりって、感じ。

    なんで!って。突飛なようで、わかる。


    ・逢いたい逢いたいあ痛い愛に生きたい逢いに行かないだから恋(北海道 ことのはさん)

    このラップのようなリズム、その心地よさから散文に戻るときが逆に壊れるようで、すてき。「逢いに行かないのだから恋」という逆に感じる言葉がむしろ痛切。


    ・真っ直ぐにきみのところへ落ちてゆく物理法則ぜんぶ無視して(岩手県 山本左足さん)

     

     
     


    ・送られたメールはいつも美しい少し乱れてみてもいいのに(大阪府 千葉昌美さん)

     


     

    終わらなきゃ気づけなかった ひらがなのさようならには二個○がある
    (仁尾智)


    僕を好きなきみだったから好きだったはずだったのに今でも好きだ(仁尾智)



    「こんにちは」「さようなら」という10文字の中から愛を探すしかない工藤吉生
     


    人生をやってることにはなってるがあまりそういう感じではない (工藤吉生

    うわー実感。ムシマルは実感がほしいんだ。
    人生って良いよね。クソゲーだけど。

     

    なんつうかまああれだなあ信長はよくあと十五年も生きたな
    (岡野大嗣)

     





     

    「ぜんぶ好き」以外出口のない問いに「おっぱいです」で勝負して散れ
    それじゃあね君が別れてよかったと思えるように禿げたりするね
    佐々木あらら

    | ムシマル | 短歌 | 15:24 | comments(2) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 15:24 | - | - |
      婚活頑張っ!(*^^*)
      | 猫 | 2015/07/12 12:59 AM |
      猫さんどうもー。

      婚活したら不思議なことに、異性より同性の知り合いが増えました。
      なんでなんでしょう?
      | ムシマル | 2015/07/13 8:39 PM |









           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR