ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< クッチーナ・サクラ 南国市のカフェ | main | やすだ(うろうろ)じかん(上)。 歩けども川。すぐ山。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    【高知婚活】20150425とさでん、おきゃく電車で恋しよ!!第3話「プロフィールは突然に」
    0
      第135回直木賞もどき、婚活部門呑ミネート候補。
      第134回は生姜王子が受賞されています。

      第2話はこちら

      おきゃく電車で恋しよ!!イベント開始の
      最初はいろいろな説明。

      資料確認。
      イベント概要の説明。
      スタッフの紹介。


      スタッフさんは
      とさでんの方が、運転士含めて4名くらい?
      あと、県の方?女性のアドバイザー的な感じの方もいらっしゃった。


      概要でいうと、

      最初はお一人3分弱のトーク×12
      (今回は欠席なしの男性12女性12でした)。


      お一人終わるごとに男が席移動。

      いわゆる、
      はるさんの言う『婚活回転寿司』!!

      男移動だけのパターンしかこの世にはなさそう。

      ここで突然、ムシマルは気づく。
      お隣の人や前の方はプロフィールカード持っているっぽい!

      ムシマルは?ムシマル、もっていない。

      あれー?
      ことここにいたって理解する。

      県の結婚応援サイトで参加確定したあと、
      なんか通知が来るかなーと思って来なかったなーと思っていたけれど、やっぱりあったのだ。

      うまく来なかったか、来ていてもムシマルがうまいこと通知確認できなかったかどっちか。
      (※後で探すと、携帯料金通知とかに紛れていました。ちゃんときていた)

      原因はともあれ、ピンチなのは確か。

      PRする情報内容が、相手の事前視覚情報がゼロ近似値。

      これはかなり不利。


      ばばっ!手を挙げる。
      県?のピンクジャンパーの方が来てくれる。

      ムシマルは言う。
      「プロフィールカード忘れてしまいました。今この場でばばっと書くんで、一枚いただけますか?」

      探しに行ってくださる。


      メロスを待つセリヌンティウースみたいな気分で、ピンクジャンパーお姉さんを待ち焦がれる。
      あるいはピッコロさんやら天津飯やら強者がナッパにいいようにされているときのクリリンの『悟空ーー!!早く来てくれ』みたいな心境。

      この気持ち、もしやコイ?
      一人吊り橋効果。


      しかし、時は無常。

      いろいろあったが始まってしまう。

      目の前の女性からプロフィールカードを受け取る。
      うう、ああ、われあやまてり!

      謝る。渡せるプロフィールが無いことに。そして徒手空拳で会話。

      そのせいもあってか、最初のトークはへどもどする。
      目の前のノンシャランな感じのするおねいさんに笑われている気がしてしまう。
      (最初のトークの失笑布石もあって余計に)

      ほかの人より足りないものがある→自信がなくなる→うまく動けないという見事な負の連鎖。

      みんなは俺のようになるな。

      お一人めが終わった頃、白紙のプロフィールカードが届く。
      許せピンクジャンパーさん、一度だけ君を疑った。


      間に合った、んだか間に合ってないんだか、
      ともあれここからだ。


      お席移動してください。
      隣に移る。

      順番的に、さっきまで男性8番さんが座っていた左隣に。

      えーと、アンケートとプロフィールカードと、バッグとお茶と。
      パタパタと持つ。

      「カバンをお持ちの方は、荷物置き用机に載せていただくと席移動がはかどります」
      アナウンスに従いカバンを置く。
      身軽になる。

      ムシマルのカバンは全部で1t以上あるので(ダウト!)これで試合用の本気でなく戦闘用の本気が出せる。

      カバンは置いてきた。ハッキリ言ってこの戦いにはついてこれそうもないから。



      こと、ここに及んでドラゴンボールネタを挟み、
      怒涛の第4話に続く。


      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。




      小説風に行くと書いてましたが、なんかけっきょくいつもの感じになっちゃいつつあります。
      | ムシマル | 婚活関係 | 09:17 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 09:17 | - | - |









          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 人気記事ランキング
        人気記事ランキング
        + ブログゲスト数
        ブログゲスト数

        + カウント開始 2015.1.1〜
        + はてな
        + 忍者
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + PR