ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< 【高知婚活】20150425とさでん、おきゃく電車で恋しよ!!第7話「カフェを制すものは世界を制す」 | main | 【高知婚活】20150425とさでん、おきゃく電車で恋しよ!!第8話「正解の車窓から」 >>
英屋 ブロガーオフ会2015春(後編)。 肉と昭和とGO!日本酒GO!
0
    この記事の続きです。
    バーニャカウダー。
    英屋さんのバーニャカウダーですぞ。

    バーニャをカウダーする発想はなかったのです。
    ここは
     
    タマネギもあるやつははじめてかも。
    過去2回のバーニャ歴では。

    あ、お酒に合う味つけに晶華している。
    ソース?っていう呼び名でいいんでしょうかそれがお酒進ませる力を持つ。
    苦手なタマネギもバーニャでカウダーしたら大丈夫だった。

    そう、印象ではバーニャカウダーってキュウリとかニンジンとか棒状っぽくできる野菜ばかり使われると思っていましたが、なんかいろいろ彩り鮮やか。


    結晶のように、旨さがきらめく。


    次。
    ムシマルがチョイスしたタラの芽の天ぷら。

    450円でした。
    この苦み。ほろほろ。
    あ、やっぱり天ぷらになんかもっちり感。
    臼歯にはさまれてもちょっとがんばる、みたいながんばりやの雰囲気。

    こちらは春の別れの苦みを体現したか。

    歯車が噛み合う。
    酒にあう。


    フルーツトマトもいいんですよねー。
    糖度計が振り切れ・・・はしないんですがいい感じの数字に収まる糖度。
    フリーザ様の糖度は53万位らしいのでそれくらいでしょうか。



    こう、トマトでちょっと甦って、その勢いでまたお酒という感じ。
    記事の続きに。


    続いて、うつぼ天ぷら
    うつぼもまた、ねばるのです。
    これは英屋さん天ぷらの技法なのか?
    食材の持つもっちりなのかわかりませんが、

    食材がたやすく千切れない。

    あのー遠恋で久しぶりに会ってまた離れるときに
    列車の窓を隔てて口づけするみたいな名残惜しさ。

    誉めすぎかねえ?
    というか表現が変か。見返すとなんだこれ。
    ムシマルは一体何を書いているのだ?

    確かうつぼはがちゃさんセレクトだった記憶。
    わかってらっしゃる。


    こいつは、なんだっけ?

    そう。

    たしか牛タンのネギ焼き880円を2セット。

    もぐ。
    熱い!ヤケドには注意だ。鉄板だぞ。
    タンがグニグニしている。

    飽きない。
    一生、グニグニできる。
    注文一秒、グニグニ一生。




    しかしムシマルの一生グニグニを脅かすものが!
    黒毛ステーキ。1,450円。


    ものはサイコロステーキ。
    よし、ブツ撮り成功。

    やや桃色吐息なことと、ぶちぷちとコショウ粒。
    これだけ覚えて帰ってください。

    肉食ってみる。
    ぐぬぬ。

    ぐぬぬ。


    ぐぬぬ。
    もはや旨くて毒。もしくは爆弾か。
    一休さんが死ぬために(と称して)食べかねない。

    真実、これは爆弾のように。
    肉汁は弾けて混ざれ。

    ムシマルはとっても仕合せに発奮する。
    ムシマルの脆弱な感受性が折れそうになる旨さ。
    エースのフォーカードくらいの力。旨さとはこんなにも乱暴になる。

    がぶ。柔らかい、塩気、?旨み旨み!


    いつからだろう、このときくらいからか。
    ビール2杯後に日本酒に。
    「久礼」1合。日本酒を呑み始める。
    お酒の入った容器を撮り忘れる。
    とても涼しげな器だったのだが。

    ブロガーのなかでは一番『英屋』さん経験値が高いムシマル。

    いうても4回くらいやで。

    でも英屋父娘さんと大橋通アーケードを並んで歩いた(結婚式二次会シェルターへ)記憶はいつだって走馬灯。


    ムシマルのおすすめを、っていう声がどこからかしたので。

    ポテトサラダの太刀魚包焼き。
    お寿司みたいにも見えますね。
    美味しさは前回参照。

    このわざとらしくない銀色!
    吸血鬼や人狼を討つ武器かよ!

    どっかでも書きましたが、ポテトには旨みが移り、お魚にはホクホク感が足される感じ。


    やべえ、英屋さんでこんなに多種類頼んだことねえよ!
    ムシマルの五臓六腑は震えて叫べ。


    ナガレコ。


    ナガレコのコリコリは味色に富む。
    県外の方にもおすすめしたい品。

    歯応えが、大胆。
    これはもう、贅沢の龍河洞。
    肉食って魚食って山菜揚げてもらって日本酒を呑んでいる。


    ああ、酔いがそろそろラグジュアリーな方向に行く。
    日本酒は南2合、続いて酔鯨2合と次から次へ。


    もちろんムシマルひとりで呑むわけでなく、みんなで呑んでいく。

    あ?がちゃさんがいないと思ったら
    『高知の昭和』みたいな写真集(前回ムシマルの元職場先輩も読んでいた)にお熱。

    すごく気に入られている。

    ああ、ここに来て手ブレ。

    鉄板ホルモン。
    ムシマルが注文したんですが、ここがムシマルが常連っぽいところを見せられるチャンスだと思って。

    おいしいお肉、プリプリ、みんなで食べる。
    それだけではない。

    ピザ。

    温玉がもう、こんな!



    じゃーん。

    実はこれ、先ほどのホルモン肉汁のメタモルフォーゼ。
    ホルモン肉炒めを頼んで平らげると、
    その残り汁で焼き飯を作ってもらえる!


    裏メニュー的な。



    タマゴも入って、この風味。
    〆に炭水化物。
    この王道にムシマルはもう。

    ああ、今気づくとお漬物撮り忘れた。

    お一人6000円くらい。
    危険だ・・・旨いって危険。



    英屋さんまとめ
    ・ムシマルは常連ぶった。
    ・お魚定評あるけれど、お肉もやる。
    ・揚げ物の不思議な粘り食感
    ・日本酒が進んでしまう。



    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。





    関連ランキング:郷土料理(その他) | 蓮池町通駅高知橋駅堀詰駅

    | ムシマル | イベント | 22:12 | comments(2) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 22:12 | - | - |
      タラノメが、いつの間にか美味しく思える年齢になってしまいました(苦笑)
      昔は苦くて食べれなかったんだけど、その苦さが今では美味しぃ~
      | 猫 | 2015/05/20 12:27 AM |
      苦みが好きになる不思議。あると思います。
      猫さんどうもー。

      逆に底なしだった甘いものが、たくさんは取れなくなってしまいました。それこそ苦いコーヒーがあれば別なんですが。ふしぎだね日本。
      | ムシマル | 2015/05/20 10:58 AM |









         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + 人気記事ランキング
      人気記事ランキング
      + ブログゲスト数
      ブログゲスト数

      + カウント開始 2015.1.1〜
      + はてな
      + 忍者
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + PR