ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
<< リトルパワーズ 2014秋のオムライス | main | 献血短歌 若者の気持ち >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    風良里『モーニングバイキング』 2014年10月
    0

      嵐の朝、風はもう唸っている。
      秘め事のようにこっそりとモーニングバイキングに行く。


      料金を支払う。
      780円、それが満腹への片道パスポートだぜ!


      さて、お皿を持って、ぶらぶら、おお!

      唐揚げ!
      満足感が違いますね、モーニングバイキングに唐揚げがあると、肉があると。

      グラタン!



      マカロニのやつ。
      子供の頃、小学生2年生くらいのころ、
      ムシマルにとってグラタンは西洋代表凝った料理代表でした。

      『ミスター味っ子』の影響もあります。
      マカロニの中になんか詰めたんでしたっけ。
      それともナスをなんかしたんでしたっけ、
      うろ覚えだけれどもムシマルに多大なる影響を与えた。
      偉大なマンガ。

      『ミスター味っ子供戮虜埜紊諒駆け足感はウサインボルト並みでした。

      そういう、ひと皿目。

      唐揚げ、ポテトサラダ、キャベツサラダ、グラタン、茄子タタキ。

      肉野菜乳製品、すばらしい。



      野菜をセンターにおいて、最初に食べる。
      ああ、茄子タタキ。


      しゅんでいるのです、味が。
      一人だけしゅんじゅう戦国時代を勝ち抜いてしまったかのようなお味の沁みこみ加減。

      ポン酢的存在が茄子的存在を上のほうへ押しやる。

      もう戻れないくらい茄子。


      グラタン。モチイっとして安定感のあるお味。
      唐揚げ。チリソースという触れ込みで、辛いものをイメージしましたが、
      むしろほの甘い。
      唐揚げ肉自体のしっかりした味つけもあいまって、ビールと親和性が高そう。

      うう、朝食べるのがもったいない、
      そう思ってしまう俺は歪んでる。
      今になって、胃袋が欲しい。


      記事の続き。
      二皿目。
      1ターン目には気づかなかった、いや気づけなかったチャーハンが、ある。


      ほほう、今回のターゲットは君に決めた。

      あ!『かぼちゃの冷製スープ』
      すなわちこれ、ヴィシソワーズか。


      こんなオシャレ感のある、そして季節感のあるものが食べられるとはね。
      それが、同じN国市内にあるとはね。


      そんな感慨を含めた2ターン目。

      気のせいか一皿目よりがっつりですよ。

      サラダにピラフにビシソワーズに天ぷら。
      豚野菜炒めに、もやし。

      豚肉野菜炒め。


      定食のメインをはれる存在が、このようなワンオブゼムの1パーツに。
      関羽ほどのものを虎将とか五虎大将軍といってほかの武将と同列にしてしまうのに似ている。
      かもしれない。


      チャ−繁殖す。誤変換であるが面白かったので採用。
      実際はチャーハン食す。

      ん、ウインナー入り。そして、ネギ、カレースパイスの香り。
      カレーピラフといった風情。

      予想とは違うが、
      いい感じ。

      ビシソワーズ。冷たい濃厚さ。
      まっちゅりと粘るように香る。


      2皿目が、終わる。

      次にいく。

      ん?いつものみそ汁じゃない!

      冬瓜とキノコと豚肉のスープ!
      そんなのがあるのか。

      そういう、3ターン目。

      サラダをまた少しと、スクランブルエッグと、
      再びの茄子タタキ、鶏唐揚げチリソース。

      いい、うん、いいね。

      なんか、いいね。

      そして、こいつ。スープ。

      透明感があってあっさりしている。

      それになんじゃ、キノコがたっぷり入っておって、香りが一色に染まっておるではないか。
      バランスを取るためか、豚肉や春雨はさっぱりしている。

      要するにこれはグッドじゃない。
      ベストじゃ!


      いやーこの汁おいしい。
      飲み吸い尽くす僕の方が、逆に吸い込まれそう。


      終わり、かと思いきや粘るムシマル。
      グラタンとチャーハンを貪る。



      コーヒーとともに。

      ムシマルは強欲だから。


      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。



      帰るとき、こんな張り紙になっていたことに気づく。

      長っ尻して、悪かったなあ。
      まあいっか。

      | ムシマル | バイキング・ビュッフェ・食べ放題 | 13:55 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 13:55 | - | - |









             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << May 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 人気記事ランキング
        人気記事ランキング
        + ブログゲスト数
        ブログゲスト数

        + カウント開始 2015.1.1〜
        + はてな
        + 忍者
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + PR