ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    クッキー作った。
    0


      ・砂糖
      ・ココナッツミルク
      ・バター
      ・薄力粉

      材料はこれだけ。
      比率は1:1:1:2。

      きりよく使うために、
      ・砂糖100g
      ・ココナッツミルク100g
      ・バター100g
      ・薄力粉200g

      でつくりましたが、けっこう大量にできます。




      あ、レシピは


      http://cookpad.com/recipe/752195

      の、

      ◆ココナッツミルククッキー◆

      ◆ココナッツミルククッキー◆
      2009/06/20話題入り♪
      ココナッツ風味漂う幸せな味のクッキーです。

      からです。



      まずはぐっちゃらぐちゃらする。


      もっちゃもっちゃ。

      いろいろありますが、全部混ぜたら。

      平たく延ばす。
      最初、すりこぎ棒でいいか代用できるかーって思ってたんですが、
      できませんでした。

      がんばって探して麺棒見つける。



      適度な広さにして、
      型抜きして。


      余熱済みのオーブン150度30分。

      クッキングシートをダイソーででも買うといいよ。




      1/3プレーン、途中から抹茶ラテのパウダーと、チャイの素を入れる。


      クッキーおじさんだよ。ムシマル。

      評価はけっこう良いのでした。

      お菓子作りするムシマル、結婚するにはいいんではないかしら(アピール)。
      ※年に2回くらいペース。

      | ムシマル | 甘味・デザート | 20:21 | comments(8) | - |
      A New Moon 安芸市見晴らしのよいカフェ
      0
        ちょっとカフェっぽいところを発見。安芸市国道沿いで。

        気になる。


         お店情報は
        cafe・gallery a new moon
        所在地 安芸市庄之芝町1-51 そらそらビルの5Fです。
        営業時間 11:00 - 17:00(食事は16:00まで)
        定休日  木・金曜日
        電話番号 0887-34-3157

        情報はこちら(リンクあり)から拝借しました。



        エレベーターから5階に上る。
        どうやら、この建物(ソラソラビル)自体がこのお店のオーナーさんの持ち物らしい。
        エレベーター内にもドーナツなどのPR貼り紙が。


        1Fはいま貸し物件、住居である2階3階にも空き家があるよという風な貼り紙がありました。
        (2015/5訪問当時)

        ここ、前は一階にゲームショップ・マジカルがあったような気がする。

        ちーん。5階到着。
        安芸市のこのあたりにそんなに高い建物がないせいか、
        この高さでも十分に見晴らしがいい。
        遠くが見える。よっほー。


        入り口にはたくさんの雑貨や本。


        こちらは北を向いた客席。

        実際は奥の、南側が見えるソファ席に座る。

        ソファ、すごいいいよ。
        ソファに腰掛けると、チェアと違って人んち(それも実家)に来た感が半端ない。
        お外の植物も、どこか家庭園芸の装いだし。

        記事の続きに。
        続きを読む >>
        | ムシマル | 甘味・デザート | 16:29 | comments(4) | - |
        まる弥カフェ (安芸市) 黒糖ジンジャーミルク
        0
          安芸市の、岩崎弥太郎さん生家のすぐ近く。



          観光地ポイントになった生家を見学しようとした矢先、
          見つけてしまうのはカフェ。


          こんなおしゃれ風カフェが。
          ムシマルちーとも知らなかったよ。


          オープンカフェ。
          春の風情な五月にはちょうど。

          なんだか雑多に小物があって眼をキョロキョロさせてしまう。


          アルコールもある。
          ノンアルコールもある。

          洋ビールも。
          サングリアも。
          なんだろう、ここで異国気分を楽しめられるというのか。

          小岩井の牛乳がお勧めらしい。
          岩崎弥太郎と小岩井牧場は深い繋がりがある。
          詳細はググっていただきたい。

          メニュー。


          ドリンク、400とか500円台。

          えーと、『黒糖ジンジャーミルク』を。

          注文して、お金を払い、待つ。


          ビールとオイルサーディン、あるいはテリーヌといったアルコール+つまみもできちゃう。
          どうしようもなく欲する気分になったが、
          自転車でここに来た身であればそれも叶わず。

          おとなしく黒糖。


          ムシマルはジャン・コクトーのファンだからちょうどいいよね。
          あと神社仏閣も好きだし。

          ちゅー、飲む。
          お、ショウガいいですね。

          甘さにピリリ。
          むしろピリリを包み込む甘さ。


          あ、あれ言わなきゃ。
          「うーむ、小岩井の牛乳は濃いわい」


          ドリンキングオーバー。


          飲み終わりました。
          甘さもあって、なにやら力になりそう。
          これから自転車で帰るムシマルにとっての力になりそう。

          書き留め帳にいろいろ書かれていた。


          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。




          | ムシマル | 甘味・デザート | 18:32 | comments(2) | - |
          「桜いろ」さんから、大人のコーヒーわらび餅
          0
            320円か340円。


            高知市の人気和菓子屋さん「さくらいろ」に行く。
            「王様のいちご大福」がほしかったんですが2015GW時点では、もう王イチゴないの。
            あ、普通サイズいちご大福はあるのです。

            お店おねいさんに
            今度こんな大福出るんですよーって有力情報を聞く。
            トマト大福とか。

            関連ランキング:和菓子 | 菜園場町駅宝永町駅知寄町一丁目駅



            このわらび、クリームをかけて食べる。フレッシュクリーム。
            とろりでどろり。



            どろー。


            あ、この粘性、粘り。



            お値段はわらびもち界ではちょっと高級ですが、

            なかなかの濃厚さ。
            重さがヘビーローテーション。


            小学生みたいな感想ですが、
            あまくておいしい。


            通常のコーヒーゼリーがさらっとしすぎで、
            もっと口と思い出に残ってほしいと感じるものにはグッド!

            もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
            よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
            クリックするとムシマルが喜びます。





            | ムシマル | 甘味・デザート | 12:02 | comments(2) | - |
            ポティロン 南国市隠れ家洋菓子店 のロールケーキ
            0
              ポティロンが、「サタマガ」さんテレビ紹介後にけっこうムシマルブログのアクセス数が跳ねたんです。

              その頃は「ポティロン 高知」検索でムシマルの記事がトップに来る頃でした。

              ポティロン

              住所 高知県 南国市 明見482
              電話番号088-856-7563
              営業時間 午前10:00〜午後6:00
              定休日  水・日
              駐車場  あり


              そんなこともあってというか、
              なにより近所だから再訪。

              行ったのはムシマルでなくムシマルヤンガーブラザー。

              近所にあるって言ってもハハハ大丈夫さ、
              みたいな感じで行ったらケーキを2個買って帰ってきていた。

              「忙しかったのかいろいろ聞いてみたけどあんまり回答なかったぜ・・・」
              レポーター?
              そのアクティブソナーはムシマルよりもブログに向いている気がする。

              で、貰った。
               ロールケーキ。
              イチゴとか、フルーツがちゅぴっと入っている。


              うおーームシマルは甘いものが好き。
              ぱく。



              生地が好き。
              なめらかーな舌触り、

              ムシマルのイメージする『ぐりとぐら』のパンケーキ(カステラ?)はこのようなものであればいい、と思うほどに。
              すべらな心地、冷蔵庫でしばし冷やしたせいもある。

              クリームは清い。
              そんなに強くない甘み。


              気楽にペロリといけちゃう。
              実際にそれをする、ペロリを。



              実はムシマル、3月ごろ「サタ☆マガ」にポティロン投稿したのです。
              シャモライスの週に。

              これが採用されてテレビ放映されたのかも。二重にイエー。
              呑気に喜んでおります。

              武市半平太さん(初代)なき今、甘い系の高知男性ブロガー業界は自分がになうナウ。
              のはまあ、言い過ぎた。



              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。



              | ムシマル | 甘味・デザート | 22:28 | comments(2) | - |
              珈琲屋めろでぃー 硬派な南国市の喫茶店
              0
                南国市の、岡豊〜一宮へと続く道で。
                気になっていたお店に入る。
                喫茶店たくさんのこの通りで、すっごく威風堂々たる存在。
                 
                『珈琲屋めろでぃー』入店。



                関連ランキング:コーヒー専門店 | 布師田駅土佐大津駅北浦駅



                あ!
                ここは高知の喫茶には珍しく、というかなんというか。
                ごはんものを提供していないお店。
                そんなことが入り口の表示紙に書いてある。

                コーヒー専門店みたいな感じか。
                純喫茶?


                ごはんを食べようかなーと思っていたムシマルには、
                ちょっとした躓きでしたが、
                まあいいか。

                車止めてしまったし、ここで帰るのもアレです。
                また、「ライスはないよ」とあるけれど、パンやパスタはあるかもしれない。
                ご飯がなければ、パンを食べればいいじゃない。
                一休さんかアントワネットか。


                入店。
                好きな人にはたまらなそうなレトロ感。ムード。
                窓は少し土がついている?
                でも前がトラックたくさん通る道だからしょうがないか。


                カウンターの向こうには多数のカップ&ソーサー!
                これはちょっと壮観。
                地震のとき大丈夫かしらといらない心配をする。


                理知的そうなマスター。
                家具を買うときはメジャー持参、みたいな雰囲気。


                メニューは、コーヒー数種。
                ブレンド500円か。
                おお、ブルマン(ブルーマウンテンを通ぶって初めて略す)850円だ。

                紅茶やジュースもある。
                メニューひらがなで書いてあるのもレトロ。

                そして、ムシマルの小腹に収まるものは。
                つまり固形物は。
                あ、トースト。
                さくらんぼジャムトースト、
                ケーキ。


                「ケーキセットってありますか?」
                それはない様子。

                ではブレンドとケーキを各々単品注文で。

                850円。
                安くはないけれど、どうか?


                待つ。
                こぽこぽと音がしている。


                理科の実験器具みたいなやつ。
                上方置換とかしそうな。

                でもそのフラスコはまだマスターの手の中に。
                フラスコのまま持って来られる。カップは空だ。
                それを。
                フラスコの中身を。

                一気に空きカップに注ぐ!
                目の前だ。ムシマルの射程距離で。

                とくとくとばー。


                完成。

                ケーキはガトーショコラ。
                日本一になった人のケーキです」とマスターは言われていたような。

                まさかこんなところに日の本一が!
                あれで言えば桃太郎クラス。
                期待が高まる。

                ではいただくとするかね。
                しょっこらっせっと。
                (※「よっこらせ」という何かするときに出るかけ声とこれから食べるショコラをかけたジョークで仲良くなろうという、ムシマル懇親のダジャレです。
                もしもお気に召しましたらワンクリックを。)

                ぐいぐび。


                ん、第一印象
                さわやか。

                キレがある、って気がする。

                コーヒーの味、よくわからないけれど好きなムシマル。


                そんなに苦くない。
                でも香りは、飲んだとき喉に鼻に唇に。

                鎖で繋がれた猛犬のように、一定の範囲内では奮い立っている。


                なんでしょうね、なんと言ったら良いかわかりませんが、
                コーヒー界のセンターというかミッドフィルダーみたいな軽やかに走り回る感じ。


                そして、ガトーショコラは、なんていうんでしょう、これもムシマル上手に語れませんが。

                王道を行く、ロイヤルロードなお味。

                極端にがっしりしているとか柔らかい、とか思うことがなく、中庸。
                お味もガトーショコラ本来の濃厚さを体現した感じ。

                かといって胸焼けするほどではなく。

                ムシマルのイデアのなかの最もチョコっぽいところから湧いて出たようです。
                (※美味しいってことを言いたい)


                BGMは音量抑え目に流れ、
                耳を澄ますとチクタクまるで振り子時計、
                ハッ!本当に振り子時計がある。

                振り子時計の音まで聞こえる、静かさを味わえるお店。
                お客が今時点ムシマル以外いないこともありますが。

                座っている座席は何となく鉄道の一等車両のシートのような感じ。



                お客さんがチラホラ入ってき。
                賑やかになっていく。
                静かに過ごすのもいいけれどお喋りでも楽しいかも。



                珈琲を乾したムシマルはお会計をして去る。
                うーん、贅沢な感じ。

                もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                クリックするとムシマルが喜びます。





                めろでいー
                昼総合点★★★☆☆ 3.4

                関連ランキング:コーヒー専門店 | 布師田駅土佐大津駅北浦駅

                | ムシマル | 甘味・デザート | 06:38 | comments(2) | - |
                サーティワンの31%引き+センプレピッツァをイートイン。
                0
                  鏡川にある橋のふもと。
                  そこのサーティワンに行く。

                  DVC00307.jpg

                  そこには紆余曲折の末、同僚さんズとアイスクリームをいただくという話になったのだ。


                  実はムシマル、サーティワンほとんど買ったことない。
                  一回?あれ、それは直接ムシマルが買ったんだっけ?金だけ出したんだっけ?


                  そんなこんなでまだ春なんだか初夏なんだかの季節に来た理由は。

                  もう一つの理由は、31%引き。
                  2015/5/10までそういう割引セールをしているのだ。

                  画像はサーティワンHPより。 ダブルコーン・ダブルカップ31%OFF:ゴールデンウィークはダブルがおトク!

                  何を選びますか?
                  「ええ?」

                  何もわからない。フレーバーが何かもわかんなかった。

                  見る。
                  メニューはこちら(サーティワンにリンク)




                  よくわからないことここに極まれり。
                  バニラとかオレンジみたいな名前じゃないんですね。


                  ムシマル、本当に以前行ったことあるのかってくらい何もわからない。

                  「俺は冒険して、カーニバルにします!」
                  自分の声ではない、同僚さんの声だ。

                  カーニバルが冒険なのかもよくわからない。
                  カーニバルは冒険なのかお祭りなのか。

                  ああ、でもへんな色している、極彩色こそがカーニバル感なのかしら?


                  「抹茶オレオがありますよ」
                  別の同僚さん(齢若いが先輩さんなので「先輩さん」と呼称することに)からのアドバイス。先輩さんはムシマルよりも相当のサーティワン有段者だ。

                  オレオ?チョコクッキーの?
                  チョコクッキーのオレオだった。
                  チョコクッキーのオレオに、抹茶だった。

                  以下はHPより。

                  オレオ®抹茶

                  アメリカ生まれのオレオ®が出会ったのは、サーティワンの「和」の世界。厳選した国産抹茶の深い香りのアイスクリームに包まれて、オレオ®のビターな魅力が一層アップ。この時期だけの美味しさを、心ゆくまで召し上がれ。


                  ※オレオ®はモンデリーズ・インターナショナル グループにより使用許諾されている商標です。

                  商品画像:オレオ(R)抹茶






                  もう一つは?

                  うーーん、せっかく来たんだから、よくわからないものを頼みたい。
                  表現があれでした、味の想像のつきにくいものを頼みたい。

                  コーヒーチップとかストロベリーとかチーズケーキ的なものはまあ、なんとなくわかる。


                  あ、これはよくわからない。

                  マカロン マカロン

                  マカロンをイメージしたアイスクリーム。
                  ピスタチオとラズベリー風味のアイスクリームと、キャラメルリボンは絶妙な組み合わせで、食感もマカロンそのもの!


                  商品画像:マカロン マカロン
                  入店!(ここまでは店の外でたむろっておりました)

                  入ると、なんか知らないがアイスをくれる。
                  ヨーグルト何とかです、って言われていたような。
                  DVC00308.jpg

                  ムシマルはもう気もそぞろ。
                  ぱくり。
                  うん、つめたい。
                  少し冷静になれた。


                  何とか注文を終え、テーブルに腰掛ける。

                  ムシマルはどうあれ注文を終えた。


                  ワッフルコーン+30円の、上記2つ。
                  DVC00309.jpg

                  同僚さんのアイス。
                  下がカーニバルで、上はオレンジか何かであろうか。
                  DVC00310.jpg



                  では、ぱくり。
                  DVC00309.jpg
                  ほほう、抹茶オレオ美味しい。

                  抹茶はけっこう濃いめ、
                  そこにオレオがサクサクと、・・・サクサクしない。

                  アイスの水分というか氷結分をたっぷり吸って、
                  だいぶアイス色に練り上げられている。

                  全体を通して、けっこう濃厚。


                  ああ、紅茶がほしいな。



                  そして、ムシマルはマカロンマカロンと出会う。

                  いいですね、マカロンマカロン。
                  ダウンタウンの人でしたら、「なんで2回いうねん!」ってツッコミを入れそうなネーミング。

                  情報はメニューにちょっと書いていたようですが、マカロンみたいってこと、
                  先輩さんからきいた、甘めってこと、くらい。


                  さくり。


                  あまったるんたるん!!
                  (先輩さんの言語表現です、非常に表現されているので使わせていただきました)

                  舌が冷え冷えでちゃんと認識していなくて、そのときはメープルシロップだと思ってしまっていましたが、キャラメルソース、これが甘かった。

                  シャワシャワのアイスの中に、トロリの甘いソース。
                  気化冷凍法の隙間を抜ける波紋のような甘さ。

                  これを一言で表現すると、
                  あまったるんたるん。


                  うーん、甘いぜ。
                  さて甘い。

                  アイスを食べ終わったあと、
                  話していると食べ終わったのに長居していると悪いというもっともな意見。


                  ピザを。
                  頼むことにする。

                  サーティワンでなくて、併設されている「センプレピッツァ」で。

                  590円の娼婦風ピザ。
                  DVC00311.jpg
                  辛いやつ。

                  3人で分けても、結構食べでがある。

                  ただ予想以上に辛いので、最後譲り合う。


                  よし、サーティワンアイス屋さんの注文の仕方を覚えた。

                  18時ちょいにお店に入って、
                  19時半くらいまでお店にいた。

                  その間ほぼずっと同僚さんが喋っていた。


                  もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                  よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                  クリックするとムシマルが喜びます。







                  ムシマルは、いやムシマルのヤンガーブラザーのほうがもっとなんですが、
                  「パルム」のアイスが好きです。

                  オハヨーのも。


                  | ムシマル | 甘味・デザート | 11:26 | comments(5) | - |
                  銀不老大福 大豊の変わった豆をスイーツに
                  0
                    こんな。
                    お取り寄せHPより。



                    土佐大津のうどん屋:ひなた屋さん、そこの併設物産コーナーにそれが売られていた。
                    ファーストクラスに云々という文言に惹かれる。
                    2個ほど購入する。


                    2個で324円。

                    へー、JALファーストクラス機内食に採用!



                    取り出す。


                    ふむ、大福。
                    特徴としてはちょっと黒っぽいか?


                    かぶり。
                    意外、白!!


                    ほふーんとクリーミィ。



                    む、ココアのような香り。
                    銀不老ってカカオ豆っぽいの?

                    と思いきやカカオ入りって表示成分欄に書いてあった。

                    うん、美味しい、んだけれど、
                    カカオに白餡にクリームといろいろがあって、
                    銀不老の正体わからず。

                    生地にちょっと風味があるような。


                    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                    クリックするとムシマルが喜びます。





                    名前がかっこいいですよね。
                    からくりサーカスの長寿「しろがね」みたいな。

                    | ムシマル | 甘味・デザート | 21:52 | comments(4) | - |
                    王の名を持つ孤高 大福  『さくらいろ』
                    0
                      6月は「甘いもの」特集で。
                      忌引き中なんで酒ネタはなしで。

                      あ、あと5月はクジ&ダイスの旅お休みしていました。

                      桜いろさんへ。


                      行ったのは2015年4月初め。

                      関連ランキング:和菓子 | 菜園場町駅宝永町駅知寄町一丁目駅



                      これが『王の名が付く苺大福』

                      キャッチコピーというか副題は『これでも苺控えめにしております。』

                      ・・・かっこいい・・・。
                      映画化決定しそう。


                      家で。



                      いやー。
                      圧巻ですなー。
                      南国市主催のS(スィーツ)-1グランプリで出会って以来、
                      年に一度は食べています。


                      むぁっはーん。

                      味はもう、逆に語りません。
                      ゴイスーだったことは伝えておきます。


                      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
                      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
                      クリックするとムシマルが喜びます。




                      6月のいまはもうキングなイチゴ大福はないので、
                      お食べになられたい場合は2016年2月くらいまで待つ必要があるのです。


                      | ムシマル | 甘味・デザート | 17:07 | comments(6) | - |
                      クッチーナ・サクラ 南国市のカフェ
                      0

                        桜 嫌いだったんだ。

                        桜が咲く春は新しい出発、新しい出会いの季節だろ?
                        オレはそれを無理強いされてるとしか思えなかった。

                        でも今年の桜は スゲェいい。

                        『ソウルキャッチャーズ』より。

                        いやほんとはずっと桜好きですよ?時どき苦手なときもありますが。

                        そんな嘘かほんとかわからない前段は置いといて。



                        クッチーナ・サクラ。

                        外観は民家。
                        古民家でもなくモダンというか、家。

                        ここがお店であることを示すものは
                        「open」の表示とクッチーナサクラの表札とメニュー書いた黒板のみ。

                        だから表示と黒板を片付けてクッチーナサクラの表示をアパートの屋号みたいなものと考えれば、ここはもう家になりそう。

                        勝手な当て推量ですが
                        普通の家を、私、お店やる!によし協力しようでこんな感じになったんでしょうかね?





                        これである、家の玄関感。

                        戸惑いながら戸を開けると、
                        ジェントルなおじさんが案内してくれる「奥の席が開いていますよ」

                        靴を脱いで入る。
                        ああ、これでもう家って感じが強まる。

                        家に入る俺、
                        略して家入オレ。



                        なかも一枚。裸電球のきらめき。
                        アパルトメント風。


                        メニュー。
                        ランチは大きく2種。
                        パスタランチとサンドイッチランチ各1,000円。
                        それにデザートがスペシャルのミルフィーユランチ。1,550円だっけ?

                        モーニングもあるそうです。
                        ディナーも。週一くらい?


                        うーん、サンドイッチにしよう。

                        このランチは。
                        ・スープ
                        ・メインのワンプレート
                        ・デザート+飲物

                        という構成らしい。


                        『なごみのカフェブック』が置いてあったので読む、
                        カフェにて新たなるカフェ情報を得る。

                        カフェのウロボロスだ。違う気がするこの例え。


                        スープ。ミネストローネ、でいいよねきっと。



                        おお、この野菜取っている感。

                        ちょっとした苦みも、野菜エキス出ている気がして次に繋がっていく。

                        「HOPE!」ってタイムマシンに刻みたくなる。

                        記事の続きをお待ちください。


                        続きを読む >>
                        | ムシマル | 甘味・デザート | 20:12 | comments(2) | - |
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        282930    
                        << June 2020 >>
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + 人気記事ランキング
                        人気記事ランキング
                        + ブログゲスト数
                        ブログゲスト数

                        + カウント開始 2015.1.1〜
                        + はてな
                        + 忍者
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE
                        + PR