ムシマルの(主に)高知うろうろ記2

(主に)高知県でグルメ放浪というか食べ歩きというかふらふらしています。ご飯はバイキング・大盛り情報が豊富め。
オムライスとタイカレーが好き。あと短歌と合気道をたまに書くブログです。婚活は休んでいます。
初来訪!『山猫軒』で味噌らぅめんほか注文多め。
0

    一人の男が上町五丁目にいました。
    スリーウェイバッグを担いでデジカメをポッケにしまって、だいぶ不慣れの、電車のカンカン来る通りを、あるいておりました。

    その時ふと後ろを見渡すと、どこか和風で招くような一軒のお店提灯が掲げられておりました。

    そして 玄関 には『山猫軒』という札がでていました。

    (おや、こんなところに)


    山猫軒
     

    高知市上町5-4-3
    070-5510-3525
    12:00〜15:00  18:00〜21:00
    定休日:火曜日

     

     


    店名は宮沢賢治『注文の多い料理店』かららしいです。

    ラーメンのことを「らうめん」と書いてある。
    こういうお店は、どうなんでしょうね、なんとなくこだわりがありそう。

    看板の誘い文句は実に立派なもんです。
    『山猫軒の麺類はすべて500円』

    (こいつはどうだ。やはり世の中立派によくできてるねえ。あまり詳しく知らない上町〜旭らへんでさまよったけど、こんなにいいこともある。この店はラーメン各種を500円で出してくれるんだぜ。)
    (どうもそうらしい。『すべて500円』というのはその意味だ)


    入店。
    ムシマルは戸をスライドさせて、店の中に入りました。
    通路のようになってました。
    まっすぐ進むと左手に厨房そしてカウンター、右手には4人程度でしょうか座れるテーブル席があるのでした。



    ずんずん進んで、カウンターに着席しました。


    見回しますと、暗いわけではないけれど、なんかライトがムーディ。
    (なかなかオシャレにりぐっている。なんだかジャズっぽい音楽も流れているようじゃないか)
    奥には個室風のところもあるようでした。



    お絞りのそばにはスポーツカー。
    こういう雰囲気には、どこか見くびってはいけない男の雰囲気が漂っているようでした。



    おいしい甘酒が300円であるようでした。

    また手元の辺りを見ますと、メニューがありました。
    (ああ、こいつだな)
    そういう当たりをつけて見ますと、どうやら思った以上にたくさんの料理メニューがあるようでした。


    これはまだ氷山の一角です。
    おつまみページとドリンクページもあり、足すとちょっとした数にはなるのでした。

    かつて高知駅でのイベント『カレーVSラーメン』のバトルで、ラーメン軍の一員として活躍していた。
    (そのときは『牛すじ醤油らうめん』での参加だったにちがいないぜ)

    でも今見たら、もっといっぱいあるし、さらに言えばカレーうどんがある!
    カレーうどんって、もうらうめんじゃないしカレーだし!
    ・・・・・・一歩間違ったらカレー部門ポジションとしてラーメン派と戦っていたかもしれなかったのです。




    やまねこ!


    心で叫んだあと、メニューを見分しました。
    (こってりした温かみ、それをこそ今の僕は欲している)
    『豚肉味噌らぅめん』500円に決めたのでした。

    君、これはきっと味噌の風味がムシマルを芯からあっためるぜ。

    「生ビールもお願いします」
    キンキンと冷えて黄色く怪しくひかるビールに、激しく思いを寄せていたのでした。

    到着。

    とろみまではいきませんが、味噌がとくとくと煮溶けたスープに細麺が、入っているのでした。
    中央にはごとごとと豚の粗びきが積んでいるのでした。


    おおおお、おいしそうじゃないか。
    俄かに食欲の促進を感じて、ずるずるとすすりました。


    うまい。

    麺にネギに豚味噌と単純な構成なのに、これはただの単調ではありませんでした。
    ぐいぐいぐいぐいと引き寄せるような味噌の風味の良さがありまして、せきこむように入っていきます。

    この味噌は、桶みたいな・「味噌で世界に笑顔を」って言いそうな店よりも、ずいぶん旨く感じます。
    ムシマル好み。


    ずるずるずるずるずる。
    ムシマルはすすってすすってすすりました。
    細麺ですが、よくその汁の旨みを麺が素直に受け入れており、いつまでもいつまでも食べられそうにムシマルには思えたのです。

    ひき肉風の豚味噌も粗びきで、噛むとグニングニンするので小さいけれど食の存在感があります。
    担々麺や麻婆麺に入っている似通ったいろかたちのお肉よりも、ずっと歯応えがあるようでした。


    音楽はジャズかと思われるメロディが流れています。
    全種ワンコイン麺の店という言葉から感じる安手の店という印象とはかけ離れています。


    らぅめんは食べ終わりましたが、麦酒は少し残っていました。


    おつまみの欄を覗き、
    なんこつに餃子、麻婆豆腐などに迷いながら
    旨辛チキン400円注文しました。


    届いたら、唐揚げのようで
    いただいたら旨辛というより甘辛。

    食べ始めた衣には、しっかりとお味が塗りたくられていました。


    あてになるのです。
    普段のムシマルならご飯ものを頼んだところが、今夜にはこの食べ出のあるお肉の食感を、十分堪能するのでした。


    全部平らげ、お茶(冷麦茶)をいただきました。

    1,400円。

    思い返していました。
    (この場所って、むかし『坊ちゃん』っていうホルモン鍋出すような居酒屋さんだったように思う。)
    遠い昔に上司に連れて行っていただいたような気がしていました。

    坊ちゃんに、山猫軒。
    文学作品の集まる立地なのかなと思いながら、途中でトクホのお茶を買って帰路へと着きました。

     

     

    もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
    よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
    クリックするとムシマルが喜びます。

     

     

     

     



     

     

     

    | ムシマル | 麺類・粉もん類 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
    クリシュナハウスのビーフカレー。
    0

       

       


      クリシュナハウスのビーフカレー。

      古きよき喫茶店みたいな感じ。

      けっこう前に一見さんに行ったおまちの呑み店で
      店員さんに「桟橋らへんにいます」と職場ばなしをしたときに、
      桟橋ならここいいですよってご助言をいただいていたのだ。

      でも割とわかりづらいところにあったのでしばらく行けなかったのだ。
      迷う。

      でもいいじゃない、そんなのはもう過去の話。


      あ、店前に犬がいる。おとなしい。
      名前なんというのだろ。もっとちゃんと見ればよかった。

      店内。

      壁にいっぱいいろいろ。
      絵や貼り紙やポスターに混じってメニューがある。

      あ、又吉先生。


      カレーをくださいな。
      カレーがあふれんばかりに登場。

      おお、具がゴロゴロとでかい。

      ジャガイモなんか満月のようだ。

      スパイシー。

      カレー自体はお汁っぽいカレーで、でもなかなか実に美味しいカレー。

      福神漬け+らっきょう入れがとてもかっちょよくて気に入る。

      ラッキョウ久しぶりに食べたけれど美味しかった。





      完食。


       

       

       

      もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
      よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
      クリックするとムシマルが喜びます。

       

       

       

       

       



      | ムシマル | カフェなどオシャレ系(ムシマル判断) | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
      尾木食堂 またの名を 食事処尾木 特エビ天丼
      0

        2015年11月来訪の記事をアップしていなかった!

        隠しだましすぎて試合終了まで隠していたみたいな感じ。

         

        職場の人からおススメをいただいていた。
        「ここ良いですよーお腹張るき!」土佐弁が懐かしい。

         
        尾木食堂

        店名 尾木食堂
        TEL

        088-872-3526

        住所 高知県高知市大川筋2-4-17

        11時〜20時営業時間、日曜は早く締まるそう。

        目的はこいつです。

        えび特天丼980円ですよムシマルの狙い、あるいは祈りは。

        入店、カウンター空いている。
        着席。

        特っていうのは質でなく量の増加みたい。
        あとビールを。


        ええっと、昼からビールなのはここだけの秘密。

        メニュー。
        そう、外観や表看板のイメージだけでは和食定食割烹系の店と思っていたら、
        ラーメン・チャーハンも一線級のところにいる。カレーもさみしくない位置に。


        でもでも、定食もいっぱいあるんですよ。
        迷ったけど(む、日替わりはお昼限定メニューか!とか)、初志貫徹の星一徹で特海老天丼。

        お品書きで見ると、

        ・海老天丼=ご飯+エビ×2+野菜4種
        ・特海老天丼=ご飯+エビ×5

        と、超エビ特化
        海老に必要な要素以外をオミットした純血種のエビ。

        もしかして、今までムシマルがエビだと思っていたものは違うかもこれから覆されるかもしれない。
        わくわく。

        ほら覆るし、逆立つ!


        カンフー映画みたいに同じシーンを別角度。


        黄金色の巨塔だね。

        なお、食べ物系ブロガーでありながらご飯食べた後もなにエビか早期発覚できず、判別不能のまま美味しく食べることをこころより恥じる(ほんとはあんまり恥じてない)。

        まずは、お前だーとチョイスの一尾。
        他の奴らもおいしく食べてやるからな、と残心しつつがぶり。

        こころもころももころころでサックサクに軽い。

        でっかいエビ天に、しかし衣三倍界王拳でなく身がぎっしり。

        途中経過の真上撮り。

        いやー真上からだとなんだかわかりません。

        この頃ついに塔が倒れる。
        こわれてしまったバランスが崩れた。


        ふうー。
        ひと休み、これメニューを見ると、焼酎安いなー。

        おでんも100円くらいなので、
        焼酎+おでんで500円くらいでほろ酔えるのでないかとビール飲みながら考えた。

        ビール飲みながら焼酎のことを考える、ひどい。

        当該話題の俎上に上った『おでん』をチェック。
        具体的には一本取る。

        おでん串にはメイン具材にプラスしてちょっと小さい三角コンニャク△がついているのが嬉しい。
        てやんでーばろー。

        厚揚げを取ったのは色が沁みていたから、
        この色、この色、
        色は証明している。
        ルミノール反応と同じくらい雄弁に。




        満足して完食。


        お会計は、980円+550円+100円。

         

         

         

         

         

         

        もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
        よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
        クリックするとムシマルが喜びます。

         

         

         

         

         

         

         


         

         

         

        | ムシマル | 丼類・ごはん定食類 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
        去る前日にも『英屋』さんに行く。
        0

          2016/3訪問

          ここで一句

          英屋さん ああ英屋さん 英屋さん

          高知生活最終夜の2016/3/30に、前職場の上司方にお酒誘っていただいたその夜、
          「二次会はムシマル(実際はちゃんと本名)、君のいいところに連れていくのだ、英屋とか」
          みたいな話になり、そこへ。

          先輩方のうち、2名とは一緒に行っており、その時に先輩方が聞こし召した生ガキが良かったとのこと。


          とことこガチャ。
          4人ですが行けますかー?ハイお座敷のこっちかそっちが空いています。
          斥候の役割を無事に果たすムシマル。
          外で待っている3名上司に大丈夫ですと告げる。
          「だいじょうぶだぁ」

          入って、ビール。

          「生牡蠣ありますかー?」
          「ごめんなさい今は時期が終わってしまって、ないんですよー」
          がーん、だな。


          ここからムシマルが注文するぜ。
          見ていてくださいムシマルは、今にお腹いっぱいの果てに行ってしまうぜ。


          ちっ、っちっち、ちっ、シンキングタイム。

          どろめ!

          おそらく県外で食べることは絶無ではないか、という諦観がムシマルを動かした。


          生牡蠣のないムシマルに、ホタテが代用。
          まあなんかホタテってめでたそうな名前だし、旅路には出向には逆にいいかもな。


          きびなご天ぷら。

          やばい、高知エネルギーを貯留しすぎているかもしれない。

          どこかで放出しないと、県外に3年くらい行かないといけないのかもしれない。

          そしての、お肉。


          「頼みすぎじゃないか?」「お肉は高知じゃないんじゃないか?」
          そんなご意見も耳にした。ムシマルイヤーはムシマルイエーだから、あんまり都合の悪いことは届かない。

          ポテサラ太刀魚包み、ただし太刀魚は売り切れていたため別のおさかなにチェンジとのこと。


          「フナかい?太刀魚の代わりにフナ?」
          「フナではないですよーうふふ」
          先輩と英屋娘さんの会話。



          さて、お味の感想がまとめてになってしまう、
          どろめはもはや生み出された海であり、
          太平洋稚魚畑、ムシマル口の中支局、というような感じ。

          ホタテはパワーボートくらいには推進力を持っている美味しさ。沈みこむように堪能する、没入する。

          きびなごは苦みがほんのりあるんですよう、がじがじと骨まで砕くときに粋と野蛮がボーイミーツガールなんですよう。

          ステーキは、もうステーキは先輩に「一次会で十分に食べたのに二次会でも結構行くなあ!」と言われた原因の品。
          ステーキの、柔肌の熱きに耐えかねてはふはふをもふもふしている。
          「高知か?」という声も聞こえましたが、土佐和牛ですから!
          旨さの高波が満潮時にタイヘンなことが起きた大変な波みたい。どんどん説明が下手になっていく。例えが現実と乖離していく。

          お魚ポテサラはもう、なんだ!?(なんだと言われても困るだろうが)
          こんなものが手に入るとは思ってもみなかったがムシマルは心のポテトサラダを得た。そして希望も。


          ああ、十代の狂気がよみがえったな。
          さっき自分が十二、三に戻ったような瞬間を感じたんだ。


          みんなで記念写真。

          英屋娘さんとも記念写真。



          失敗だ。
          ムシマルは今も高知に魂が引き摺られている。


          人、これを未練という。成仏するんやで。


           

          もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
          よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
          クリックするとムシマルが喜びます。

           

           

           

           




           

           

           

          | ムシマル | お酒呑み関係 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
          葉山の茶屋 カレーうどん 【津野町グルメ】
          0

            かわうその公園に。

            おお、かわうそいっぱい。
            むろんリアルではない、石の像であるが。

            本来の目的はここではない。
            公園内というかお隣にある施設、ここ。

            『葉山の茶屋』


            ほほう、レトロ食堂っぽい。

            入って、端っこの席に着く。おきゃくさん1名でーす、と声上がる。

            まわりはちょっとご高齢の方々が井戸端会議風。
            趣味の話が漏れ聞こえる。

            不思議とあまり迷わず、人気らしい「カレーうどん」を注文する。550円。

            カレーメニューは、
            カレーリゾットにカレーライスと、煮込みカレーうどんまで。

            カレー推しの店かもしれない。


            待つ。

            来る。

            うどんドンブリと、小分け用鉢と、それと、お水。

            おしぼりと一緒に最初の水は来ている。
            つまり水2杯目。

            水がグラスサイズで別に来た。ということは。
            辛いのかな・・・?

            そう推察する。


            実食の前に、見聞からの検分。

            見てみて、野菜が多いです。

            ねぎキャベツ人参タマネギ。
            ジャガイモがないのが高ポイント。
            ムシマルはカレーうどんにジャガイモは啜る邪魔になるという判断でそんなに好きじゃないのです。

            ごはんでカレーの時は全然グッドなんです。


            お、とろみ十分にあり。カレーとうどんの間ややカレー寄り。
            よしこれくらいでいいか。見るのは。

            神様、ここまで我慢したんです、どうか、躍らせてくれ。
            麺は跳ねないでくれ。

            ずるる。

            麺もちもち。でも剛性じゃない。
            小籠包の皮みたいな気分だ(?)

            手作りらしいカレーは、辛さはそんなに来ない。
            いや、ちょっとある。
            食べ口が甘いのですぐにそう感じさせないのだ。


            雰囲気的にジャワカレーに似ているような気もする。
            スパイス効いてきた。


            必然、汗をかいてきた。
            小麦粉の粘度で熱量が非常に担保されている。
            からい前に単純に熱い。いいわー。

            ・・・逆に心地よい秋よりも厳しい冬にこれに出会っていたら。
            物語は別のルートだったかもしれない。


            うどん完食。
            ちょうどいい粘り。

            カレーうどんスープだけじゃなくて、ごはんにも良いかも。
            ・・・・・・ハッ!もしやこのスープにご飯を飛び込ませることが、
            カレーリゾット?

            ムシマルはそれを確認できなかった。
            お汁を啜り尽くしてしまったから。


            帰りにふと見ると、ぜんざい350円と書いてある。
            うわーそれ魅力。


            次来たら、おいしくごはん替え玉してやる。

            マンガもあった、こち亀など。



             

            もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
            よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
            クリックするとムシマルが喜びます。

             

             


            店を出る。
            近くにやしろがあり、ほよほよと近づく。
            あ、地面になんかの実が落ちてる。

            銀杏かーと俯いたそのときに。

            ばっちーん!
            がう!「いって!」

            え、なに?襲撃?
            何が起こったかわからずにいると。

            右肩と鎖骨の間くらいにひりひりとした痛み。

            なるほど。
            まさに今、銀杏が落ちてそれがムシマルにヒットしたのか。

            こんなに衝撃あるんだ。
            お坊さんに警策で叩かれたくらいのインパクト。

            かわうその公園に来て、カレーうどん食べて、銀杏に一撃を受けた日。

             

             

             

             

             

             

             

            2015年10月24日のことでした。

             

             

             

             

             

            もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
            よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
            クリックするとムシマルが喜びます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            | ムシマル | 麺類・粉もん類 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
            『レストラン高知』のオムライスは全国準優勝の経歴を持ついいオムライス。
            0

              オムライス街道にお久しぶりに行く。
              過去分はこちらこちら


              この、のぼり凄いよ!
              金太郎が、英雄がメガビッグなトマトを担いで『ようこそオムライス街道へ』!

              今日来たのはレストラン高知。

              『レストラン高知』
              :0889-24-5739
              国道33号 日高村岩目地713

              AM9:00〜PM10:00

              近くにはギャラリーやケーキカフェがある現代企業者のお店。


              祝日の13:20。
              いっぱいだ。

              20分待ちくらいであった。

              20分後のムシマル。
              席についてメニューを見ている。






              おりょ、『熱々トロトロオムライス』は2016/2月はお休み中?

              どっちがコンテストで準優勝したやつなんだ?

              店内を見渡す。

              屋根が高いのは良いですね。
              撮り忘れましたが石窯みたいのがフォルム良い。

              そういえば、何でここのお店だけ『レストラン高知』っていうシンプルな名前なんだろう現代企業社。

              ほかは『ネレウス』『トリトン』とか神系、『あじさい街道』とか『穀物学校』とか・・・
              ・・・・『土佐水木』『パノラマ』・・・そうかよく考えたらそんなに統一性ないのか。

              シンプルは強いというし、良いのかも。

              そうしているうちに見つける。

              オムライススタジアム全国大会準グランプリを取ったのは
              『南国土佐の(熱々)オムライス』か!

              来た。

              おお、なんか、・・・
              ミニチュア模型みたいなかわゆさ。

              野菜パラパラ肉ゴロゴロ、トマトとんとんタマタマふぁさー!


              いただいてみるか、パクリ。

              あっちっち!
              熱量凄いよ。
              ほう、ご飯はあれか、さっぱりしている。
              いたまってない?と思ったらトマトピューレで炊き込んだトマトピラフとのこと。



              これ、茶色のコロコロしたもの、何らかの竜田揚げと思っていたんですが、

              カツオのフリットですって、
              フリットかー3世代ガンダムで頑張りそうな名前だね。

              これ美味しい。香ばしい。

              しかし、
              ひと口が小さいのもあって、何人目かの主役を演じる愚はしていない。
              あくまで個性的なライバル役。
              道化役のトリックスター。

              タマゴさえもスーパーサブにとどまる。

              主役はトマト+トマトケチャップソースーーー。
              しかしこのトマト、決して傲慢な導き手ではない、むしろパートナー本位の尽くす主役。

              特にこの熱々ライスと一緒にスライストマトをぱくつくときの爽やかさ。
              熱が移って甘さも増したようなトマトの風合いが、他のいろいろの彩りをさらに魅力的にする。


              トマトに相応しいオムライスになりたくて困ってる。
              うまいんだ、トマト、すっごく。



              完食。旗を持って帰るかどうか迷う。
              お会計は980円。

              レジに飾られていた、

              オムライスグランプリの準優勝トロフィー。
              みんなが笑ってる、ペコちゃんも笑ってる。



               

              もし好ましく読まれた方がいらっしゃいましたら、
              よろしければ、下のランキングボタンに1クリック願います。
              クリックするとムシマルが喜びます。

               

               

               

               


              オムライス!

               

               

              | ムシマル | オムライス | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              25262728293031
              << December 2016 >>
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + 人気記事ランキング
              人気記事ランキング
              + ブログゲスト数
              ブログゲスト数

              + カウント開始 2015.1.1〜
              + はてな
              + 忍者
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS
              + PROFILE
              + PR